タイトル画像

春の雪解け氷解け

2017.04.28(08:11) 832

 予報ではこの先も一時的な雨があっても、気温は安定するようです。
 つまり、吹雪が来たりすることは、ないということです。(多分)
 (昨年は4月30日にドッサリ雪が積もりました)

 で..昨日ようやくタイヤ交換をしました。
 どっちでも走りに影響は無いのですが、このタイミングで冬垢も落とすわけです。
 車も磨いて気分良くしたところで、ザァーっと本降りの雨!!
 夕方、歯医者の予約があったので、やむなく雨の中を出掛けました。
 まぁ、そんなもんでしょう。(-_-;)


 さて、仁頃山は足早に春へ向かっているようです。

 s-TG3-20170426-121128-0.jpg
 ダム湖からの眺めですが、ほぼ解氷状態になったと言えます。

 s-TG3-20170426-120850-0.jpg
 真ん中あたりは少し残っていますが、1-2日で消えるでしょう。

 s-TG3-20170426-090856-0.jpg
 久々に東新道から登山を開始しましたが、ほとんど雪が消えています。

 s-TG3-20170426-093237-0.jpg
 管理車道五合目に合流する手前、最後の急斜面あたりには雪があります。

 s-TG3-20170426-095526-0.jpg
 そして五合目を過ぎるとまだまだ大量の雪が残っています。ザクザクで歩きにくいです。

 s-Ca-20170426-101952-0.jpg
 山頂は風邪も弱く、温度計に陽射しが当たっているので11度にもなっていました。

 山からの眺めは特に変わらず、トットと下山を開始します。

 雪解けが進み、ザクザク雪の下側は水が染み込んでいる状態。
 冬のブーツも一応防水ですが、2年目であり、しかも一日置きに使用するので
 撥水効果も薄れたようです。 少し水が染みているようです。

 s-TG3-20170426-110417-1.jpg
 これからは花が楽しみです。 小さな「ヒメイチゲ」が土手に咲いています。 細く小さくひ弱な花です。

 s-TG3-20170426-112246-0.jpg
 エゾノリュウキンカは「この場所では」3割ほどが開花したようです。

 s-Ca-20170426-112318-0.jpg
 僅かしかない水芭蕉も咲きました。


 s-TG3-20170426-112748-0.jpg
 これは湿地に成長している「チシマネコノメソウ」という小さな花です。

 s-TG3-20170426-112647-0.jpg
 緑色と黄色の変わった花です。

 管理車道を降りてから、林道沿いを歩くとチョウチョがヒラヒラ舞っています。

 s-Ca-20170426-114933-0.jpg
 クジャクチョウに似てますが『コヒオドシ』という春の蝶です。

 s-Ca-20170426-113619-0.jpg
 この蝶は羽がボロボロになったように見えますが、そうではありません。
 『シータテハ』という蝶です。 本来は夏によく見られるようですが林道で沢山飛んでいました。

 もうすぐ駐車場所へ、という頃に嬉しい出会いがありました。
 今年はほとんど見ていない鳥が突然現れたのです。

 s-Ca-20170426-115917-0.jpg
 樹木の下のほうから、キョロキョロしながら幹をチェックしているのは『クマゲラ』でした。

 s-Ca-20170426-120210-0.jpg
 くるくる幹を周りながら虫を探しているのでしょうか。 頭の模様から雌のようですね。

 最後に嬉しい出来事があり、1人ニヤニヤしながら帰宅したのです。。。(^_^;)


 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村



野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(26) | [EDIT]
タイトル画像

春の勢い

2017.04.27(09:43) 831

 出かけたついでに、高台にある「北見市緑のセンター」へ立ち寄りました。

 緑のセンター
 三角屋根は温室、その右が本館。(施設照会写真拝借) ※この日は臨時休館

 s-K5-20170425-095015-0.jpg
 雪がある時から開花し始めたエリカの花は、満開状態でした。

 s-K5-20170425-095046-0.jpg
 寒さに強い花ですね。
 s-TG3-20170425-095413-0.jpg

 
 s-K5-20170425-095940-0.jpg
 白い可憐な花が1輪だけ咲いていました。 名前がわかりませんが園芸種ですね。(クリスマスローズっぽいかな)

 
 裏側の土手を中心に花を探してみると、小さな花が次々にみつかります。

 s-K5-20170425-095634-0.jpg
 過日も掲載した「モイワナズナ」がドッと出てきたようです。
 s-TG3-20170425-095535-0.jpg

 s-TG3-20170425-100750-0.jpg
 草原でシロチョウがいましたが、羽を広げてくれずに種類特定できません。近寄ると逃げられちゃった。


 s-TG3-20170425-101010-0.jpg
 これまた全体が5cmほどしかない黄色い花。 『イヌナズナ』というアブラナ科の花でした。
 s-TG3-20170425-101059-0.jpg


 s-K5-20170425-101616-0.jpg
 芝地に埋まるような小さな春の花『オオイヌノフグリ』がアチコチに出てきました。
 
 s-TG3-20170425-101212-0.jpg
 関東などでは3月には咲いている花ですね。
 s-TG3-20170425-101301-0.jpg
 微細な花ですが、魅力的でもあります。

 s-TG3-20170425-103514-0.jpg
 片隅で一部開花したシバザクラが。本格的には連休明けでしょうね。
 画像下側、茶色い大きなアリさんが走り回っていました。(噛まれたら痛そう)


 落ち葉だらけの森の入口を歩いていたら、珍しいものを発見しました。
 s-TG3-20170425-102618-0.jpg
 上のオレンジ色が目を引いたので枯れ葉を取り除いてみれば、なんとキノコでした。

 s-TG3-20170425-102723-0.jpg
 「シロキツネノサカズキモドキ」という春のキノコです。 食べられません。
 全体の高さは3cmほど、盃の直径は1cm足らず、細い木の枝から出ていました。

 野山には不思議がいっぱいです!



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


野付牛・四季彩々(いろいろ)


花・植物 トラックバック(-) | コメント(14) | [EDIT]
  1. 春の雪解け氷解け(04/28)
  2. 春の勢い(04/27)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ