野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

 山道の春  

 4月としては異様に気温が高い日々です。
 昨日も一昨日も20度まで気温も上昇しました。

 きょうも20度超えの予想です。(日曜には一気に下るそうですが)

 4/18・19と続けて山歩きをしてきました。
 一部併せて掲載とします。


 s-TG3-20180418-083325-0.jpg
 つい先日の積雪はあっという間に消えていました。 (20cmほど積もっていました)

 s-TG3-20180418-092403-0.jpg
 吹き溜まりの尾根筋にはまだ残っていますが、ザクザクで間もなく消えそう。

 s-TG3-20180418-095257-0.jpg
 頭上には早春の花姿を見せる「ハンノキ」の雄花がブラブラ。

 s-TG3-20180419-144102-0.jpg
 触れると煙のような花粉が飛び散ります。 これで咲いている状態です。

 s-TG3-20180418-095537-0.jpg
 中程をポキっと折ってみました。 何やら複雑な構造ですね。

 s-Ca-20180418-101142-0.jpg
 普段より足元が安定せず時間が掛かります。 山頂は気温10度でした、夏みたい。 
 吹き溜まりの下には、まだカマクラが健在でした。

 s-Ca-20180418-101201-0.jpg
 高い気温が続いていますので、そろそろ退役の日も近そうですね。


 折り返しての五合目上の休憩場所に、何やらメモがありました。
 s-TG3-20180418-103604-0.jpg
 白樺の樹液を採取している登山常連さんがいるのは知っていました。 おそらくその人のメモでしょう。

 s-TG3-20180418-103612-0.jpg
 すぐそばの雪の中に、大と中のペットボトルが二本冷やしてありました。
 白樺樹液は今時期限定で採取ができる貴重なものです。美容と健康に良いですよ。
 野付ウシも一口味見...ほんのりと甘みがありました。 ゴチソウサマ!


 s-Ca-20180418-104956-0.jpg
 途中、頭上に見つけた「ヤドリギ」です。 今時期に黄色い花を咲かせます。 ちょっと遠いかな?

 s-Ca-20180418-112829-0.jpg
 水溜りでゲコゲコ泣いていた「エゾアカガエル」たち、近づくとピタッと鳴き止みました。 下側にカエルの顔が4つほど。

 
 s-TG3-20180418-110430-0.jpg
 湿地ではようやく「エゾノリュウキンカ」も開花しました。 これから続々と花が広がります。
 s-TG3-20180419-132839-0.jpg


 s-TG3-20180418-110617-0.jpg
 中に混じっているのは、そっくりながら別種の『エンコウソウ』の花です。 小型で茎が地面を這います。


 s-TG3-20180418-111804-0.jpg
 さらに、林道側に降りると、水の流れる場所にネコノメソウを発見。 傍らの苔の緑がとても新鮮!
 s-Ca-20180418-113056-0.jpg


 s-TG3-20180418-111829-0.jpg
 「チシマネコノメソウ」かと思われます。 似たものだけで20種ほどあるので判定も難しい花です。
 s-TG3-20180418-111945-0.jpg


 s-TG3-20180418-112738-0.jpg
 渓流沿いの道端では次々に春の花も芽を出しています。

 s-Ca-20180418-113327-0.jpg
 小さな滝ながら、水量が増して轟音を響かせていました。


 s-TG3-20180418-112545-0.jpg
 土手側には多くの「エゾエンゴサク」が咲き出します。
 s-Ca-20180418-113544-0.jpg

 
 s-Ca-20180418-113756-0.jpg
 今年のダム湖の氷解は一気に落ちずに、徐々に溶けているようです。

 残りの画像については、追ってUPの予定です。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 フクジュソウいっぱい  

 市街地では一部の日陰を残し、雪も消えました。
 寒冷地とは言え、春一番の草花も終わり、本格的な春の花が咲こうとしていますね。

 そんな中、人がほとんど訪れない公園の藪地で、フクジュソウの群生を見つけました。

 その前に、あるきだしてすぐ見つけた花を少し・・

 s-TG3-20180417-110433-0.jpg
 意外と少ない「黄色のクロッカス」を民家の裏手で見つけました。

 s-K70-20180417-121328-0.jpg
 シャクナゲの花芽と昨年の花の残骸・・・新たに咲くと古いものは自然に落ちるようですね。

 s-K70-20180417-113107-0.jpg
 開花の早い「キバナノアマナ」も、たくさん見かけるようになっています。今がピークでしょう。

 s-K70-20180417-111358-0.jpg
 雪のあるうちから、葉が出るまで花を維持している「マルバマンサク」は、花の期間がずいぶん長いですね。

 s-K70-20180417-111037-0.jpg
 s-TG3-20180417-110729-0.jpg
 ようやく咲き始めた「エゾエンゴサク」です。 山裾ではこれから様々な変異の花もみられそうで楽しみです。


 公園の歩道から坂を登ると、反対側には浅い谷があり、藪のような状態になって人も入り込みません。
 

 s-K70-20180417-115812-0.jpg
 s-K70-20180417-120908-0.jpg
 そこにたくさんのフクジュソウが、陽射しを浴びて咲き誇っていました。

 
 s-K70-20180417-120211-0.jpg
 s-K70-20180417-120145-0.jpg
 s-K70-20180417-120306-0.jpg
 s-K70-20180417-120702-0.jpg
 葉が伸びる直前で、正に今が見頃ピークと言った状態でしょう。


 s-TG3-20180417-120318-0.jpg
 s-K70-20180417-115848-0.jpg
 s-K70-20180417-115613-0.jpg
 こんなにフクジュソウだらけにした、ブログアップも初です。


 s-TG3-20180417-120746-0.jpg
 フクジュソウの画像は、今シーズン最後となるでしょう。

 s-TG3-20180417-120730-0.jpg
 いつもの年より、たくさんのフクジュソウを楽しんだ気がしました。 
 s-TG3-20180417-120632-0.jpg

 「春の使者:フクジュソウ」...また1年後に会いましょう!



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top