野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

流氷街道網走  


 我が街の代表 『そだねぇ~JAPAN』 のカー娘達が、銅メダルを獲得しました
 オメデトー、そして応援ありがと!
 実力に不運・幸運が入り乱れた試合ですが、チームワークの勝利ですね。
 これでカーリング人口が増えてくるといいですね。



 
 さて、流氷を見に行った ミニドライブの続きです。

 s-TG3-20180222-105303-0.jpg
 流氷を存分に見た後、北浜駅から網走市内へと向かいます。

 いつものように網走の道の駅へ立ち寄りました。(駐車場が広くトイレも綺麗なので)

 s-TG3-20180222-112814-0.jpg
 道の駅 『流氷街道網走』 は、観光船の乗り場など複合施設の一部になっています。
 建物裏側は船着き場(網走川)です。 すぐ前に帽子岩が見えます。
 したがって今時期は流氷観光船に乗る団体客がたくさん出入りしていますね。

 s-TG3-20180222-115802-0.jpg
 ちょうどオーロラ2号が遊覧から戻ってきたところでした。 驚いたのは乗船料金が値上がりして、何と3,300円!!
 もう乗れませんなぁーーーー! 

 ここに立ち寄ったのは早めながら、昼食にしようと思ったkらです。
 この数年は網走に来たらココでランチタイムです。

 s-TG3-20180222-114737-0.jpg
 ご存じの方も多いかと思いますが、網走は何度も映画のロケ地になっています。レストランも「キネマ館」という名前。

 s-TG3-20180222-114726-0.jpg
 入り口で食券を購入して席で待ちます。番号を呼ばれたら受取り、食後にはトレイを自分で下げる方式です。
 セミセルフサービスってとこですね。名物と言われる料理もいくつか並んでいます。¥500~¥1,200ほどですね。

 s-TG3-20180222-113100-0.jpg
 中は4名テーブル席とお一人様でも使える大きなテーブル、そして窓際にも横並びの席があります。

 s-TG3-20180222-113247-0.jpg
 で...野付ウシが食べたのは「網走ちゃんぽん」で¥900・・・アサリやホタテを含めた具たくさんのちゃんぽんです。
 食べ物の写真はめったに撮らない野付ウシですが、1枚ぱちり!(ちなみに1Fの売店で生麺タイプで販売しています)

 s-TG3-20180222-115010-0.jpg
 これは売店でも打っている『網走ビール』です。 青やピンク、黒などの異なった色がついています。(素材の色です)
 小さな瓶ですから値段が高いですねぇ...当初は3種類くらいでしたが増えましたね。

 s-TG3-20180222-115543-0.jpg
 帰りがけに「北の桜守 撮影セット」なるものを見つけました。 吉永小百合さん&堺雅人さん出演の映画セットの一部です。
 北海道の札幌や網走を舞台とした映画で、今年の封切りですね。 ※北の桜守公式サイト

 s-TG3-20180222-115708-0.jpg

 s-TG3-20180222-115633-0.jpg

 s-TG3-20180222-115557-0.jpg
 吉永小百合さんの120本目の映画だそうで、出演者は他にも有名人がたくさんですね。 ヒットするかな?

 以上、流氷を見ながらのミニドライブの様子をUPしました。 オシマイ


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

北浜の海  

 今朝も青空! 朝の気温は-6度と昼のような感じですね。
 春の兆しなんでしょうね! でもまだ遠いですが...(*_*)

 話は突然、猫の話になりますが、我が家の猫TOMが満14歳になりました。
 既に二日経過してますが、誕生日には多めにオヤツをあげました。
 本当は病気持ちなので指定の療法食しか与えてはダメなのですが・・・
 一昨年暮れの『膵炎』でダメかと思ったところを、何とか耐えてくれました。

 s-TG3-20180222-164430-1.jpg

 療法食だけのニャン生は可哀想なので、時々好物の鰹節など与えていました。
 東京やオーストラリアを行き来し、波乱万丈のニャン生を生き抜いた猫です。
 これ以上、辛い思いもさせたくない! あとは自然に任せることにしています。
 掛かり付けの獣医さんにも、その旨を伝え投薬もしていません。
 療法食以外のオヤツも微々たる量ですが、毎日与えています。(獣医さんには内緒)

 子も孫も1万キロ彼方で、夫婦二人だけの生活に潤いを与えてくれるTOMです。
 大好きな散歩も、もう少し雪が解けたらたくさんできます。
 この後も穏やかなニャン生を過ごしてもらいたいなぁ...と思います。
 


 さて、網走の流氷の続きです。 能取岬灯台を後に、網走市内へ向かいました。

 s-K70-20180222-102926-0.jpg
 市街地への入り口にある「二ッ岩海岸」へ一時停車...今年は流氷が海岸を埋め尽くしていました。

 s-K70-20180222-102935-0.jpg
 ちょうど斜里岳が正面に見えています。

 s-K70-20180222-103049-0.jpg
 例年はこの湾内は海面が出ていることが多いのですが、今年は氷が多いですね。(湾の反対側の住宅地です)

 網走市街地を通り越して「鱒浦漁港」のビューポイントパーキングへ。

 s-K70-20180222-104952-0.jpg
 赤い灯台、知床連山、そして流氷がセットで撮れるビューポイントです。

 s-K70-20180222-105018-0.jpg
 欲を言えば、後方の山々の稜線がキリッと見えると最高なのですが。


 海岸沿いを走り「北浜駅」へ向かいます。
 沿線には多くのドライブインがありましたが、今は無残な姿を晒しています。(閉店や倒産)
 巨大な土産&食事の旗艦店も閉店し、寂しい海岸線になりました。

  s-K70-20180222-105041-0.jpg
 手前の平らな部分も海ですので、入り込むと危険ですね。

 s-K70-20180222-110056-0.jpg
 『北浜駅』到着です。 オモチャみたいな小さな駅ですが、今は大人気で大型バスも停まります。
 (軽食&喫茶の「停車場」のホームページがあります)

 s-K70-20180222-110106-0.jpg
 ホームから見て右手には海を挟んで知床連山が見えます。

 s-K70-20180222-110154-0.jpg
 反対側は網走市街地方面へ続きます。

 s-K70-20180222-110352-0.jpg
 網走から斜里・ウトロまでの海岸線は、ほぼ流氷で埋め尽くされています。(沖合に少し海面が見えます)

 s-K70-20180222-110545-0.jpg
 今は無人駅で停車する列車も少ないですが、観光客が自由に出入りできるため、ホームにも人がたくさん。

 s-K70-20180222-110709-0.jpg
 駅の待合室ですが、十数人も入れば身動きできない狭さ。観光客が貼り付けて行った付箋がびっしりです。
 中に入ってみると、中国語が飛び交っていました・・・やっぱりね。

 s-K70-20180222-110421-0.jpg
 もう一度、流氷と知床連山を眺めて、網走市内へ引き返します。(駅の横にある展望テラスからの眺めです)


 あと1回続きがあります。 次回へ・・・



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top