野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

雌阿寒岳2017-2  

 猛暑が落ち着いたと思ったら、昨日はいきなり豪雨で「大雨洪水警報」が出ちゃいました。
 朝から雨の予報でしたが、11:30までは曇りでした。
 が...昼過ぎに雷が鳴ってからというもの、スゴイ雨が続いて「警報発令」となりました。
 
 空が壊れてしまったのか?と思うほどの雨でしたね。
 どうも異常気象が増えてくるのが心配です。
 今日は曇り&雨がちで、一気に20度近く気温も下がりそうで~す!


 さて、雌阿寒岳の続きです。

 火山らしい不毛の大地ながら、ここでも植物たちは行きています。

  s-TG3-20170715-093049-0.jpg
 砂礫の中にようやく生きているような状態の『ヒメイワタデ』を見つけました。

 s-TG3-20170715-093112-0.jpg
 雌阿寒の名前がついた『メアカンキンバイ』もあちこちで群生をつくっています。
 s-TG3-20170715-093156-0.jpg
 s-TG3-20170715-093258-0.jpg


 
 s-TG3-20170715-093401-0.jpg
 少しばかり歩きにくいガレ場を進みます。 この辺は霧がかかると危ないようです。

 s-TG3-20170715-093608-0.jpg
 八合目到達です。この先で巨大なカルデラが見られます。


 s-Ca-20170715-093900-0.jpg
 s-Ca-20170715-093903-0.jpg
 s-TG3-20170715-093644-0.jpg
 パノラマを意識して撮ればよかったのですが、カルデラの左側、中央、右側と別れています。 (一番下に雌阿寒山頂が見えます)

 現在のところ、ここから煙などは出ていないようです。
 s-Ca-20170715-094020-0.jpg
 山頂をズームで見てみました。 けっこうな人で賑わっているようです。

 s-TG3-20170715-094814-0.jpg
 これから左側の尾根を伝い雌阿寒岳山頂へ向かいます。

 s-TG3-20170715-100737-0.jpg
 斜めにガレ場を進み、オンネトーからの道との合流点を目指します。


 s-TG3-20170715-100853-0.jpg
 s-TG3-20170715-100922-0.jpg
 s-TG3-20170715-093124-0.jpg
 このガレ場では『メアカンフスマ』の群落が点在しています。

 
 s-TG3-20170715-100957-0.jpg
 最後の急斜面の途中に九合目の看板がありました。

 s-TG3-20170715-101355-0.jpg
 振り返ると歩いてきた不毛の大地が見えます。 左の白っぽいところの尾根を伝ってきました。

 s-TG3-20170715-101449-0.jpg
 ようやく合流地点に到着です。山頂は目と鼻の先です。

 s-TG3-20170715-101510-0.jpg
 左側上が山頂になります。

 s-TG3-20170715-101518-0.jpg
 風が少し強くなってきましたが、小石が飛ぶほどではありませんので安全です。

 
s-TG3-20170715-101858-0.jpg
 活動中の火口が大きく口を開けています。
s-TG3-20170715-102621-0.jpg
 火口の中には緑色の『青沼』が見えています。 正面は「阿寒富士(1,476m)」で昨年登りましたがキツかった。
 s-TG3-20170715-102148-0.jpg
 

 s-TG3-20170715-102015-0.jpg
 裏側に広がる広いカルデラ(正式名称=中マチネシリ火口)です。 
 s-TG3-20170715-102629-0.jpg
 火口の右側尾根を伝ってきたわけです。 遠くに見えるのは「雄阿寒岳(1,371m)」です。


 最後に山頂到着の証拠写真を。
 s-TG3-20170715-101828-0.jpg

 好天でしたが、遠くが霞んだようになっていてスッキリとは見えませんでした。

 今回は上から眺めるだけだった「中マチネシリ火口」を間近で見て、縁を回って登りました。
 登山者が少ないコースで道は荒れ放題の感もありますが、良い経験ができました。
 珍しく水2リットル+麦茶を飲み干し、帰る途中の道の駅で更に水分補給をしました。
 でも、ペースを落としたことと、小休憩を数多く取ったことで、汗も疲れも少なくて済んだようです。
 残念なのは高山植物との出会いが少なくて、気が抜けた感じです。

 長々と最後までおつきあい、ありがとうございました。

 さて、次はどこイコカナ?


  ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

 
関連記事
スポンサーサイト
コメント

めちゃくちゃ暑そうですな( ;∀;)
見てるだけで汗が吹きだしてくるぞ(笑)

昨日はゲリラ大騒ぎで
窓を開けて涼んでたデコは

あ~ぁ急いで閉めて拭きふき
急だからっ(^▽^;)

グランドキャニオンみたいだなぁ
。。見た事ないけどさっ

♪デコ♪ #gwQYCaNk | URL
2017/07/17 09:11 | edit

おはようございます

火口を一周したようですが
火山性ガスの心配はないのですか

山の名前が付いているってことは
ここだけの固有種なのでしょうね

山親爺 #- | URL
2017/07/17 09:15 | edit

こんにちは。

野村ウシさん こんにちは。

いつもご訪問戴き有難うございます。
それにしても高山植物の名前を熟知されていますね。
感心します。

それから遠くの雄阿寒岳の手前にある湖は
「阿寒湖」ですか。
昨年観光で行ったばかりなので。
今年は諸事情で無理ですが近いうちの夏季に是非
訪れてみたいと思っています。

シッタレ #- | URL
2017/07/17 11:11 | edit

Re: ♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん..コメントありがございます。

> めちゃくちゃ暑そうですな( ;∀;)
> 見てるだけで汗が吹きだしてくるぞ(笑)
**半分は木影を歩いたことと、ペースを落としていたので
 思ったより汗も出ませんでした。

> 昨日はゲリラ大騒ぎで
**来ましたねぇー、窓から飛沫が入り込んでいましたね。
 あちこちの道路で排水口が埋まっていましたよ。

野付ウシ #- | URL
2017/07/17 15:14 | edit

Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがございます。

> 火口を一周したようですが
> 火山性ガスの心配はないのですか
**現在の噴煙は山頂の新火口ですが、風の方向でガスが来ることもあります。
 ただ、強力なガスではなく、一瞬のことですね。

> 山の名前が付いているってことは
> ここだけの固有種なのでしょうね
**それぞれの山の名前が付いたりしてますね。
 最初に名付けたからでしょうね。
 例えば「メアカンキンバイ」は他の山でも見られますので。

野付ウシ #- | URL
2017/07/17 15:18 | edit

相変わらず

きれいな写真ですね。
この日は開けたところも辛いものがありましたよね。
風が吹くと幸せ感じました。
昔登ったことがあるけどほとんど記憶ありません。
改めて、ガスると怖いところですね。
青沼の水の色が不思議ですね。
羊蹄山のお釜にもこういう色の池みたいのが春先に見られます。
この天気続きでも干上がらないんですね。
事故なく下りて来られてなによりですが、私は何かあったんじゃないかとワクワクしながら読んでました。
いや~、無事でよかった(笑)

watanabe #- | URL
2017/07/17 15:20 | edit

Re: シッタレさんへ

シッタレさん..訪問&コメントありがございます。

> いつもご訪問戴き有難うございます。
**こちらこそ、ありがとうございます。

> それにしても高山植物の名前を熟知されていますね。
> 感心します。
**少しは覚えましたが、念のためもあり、その都度確認しています。

> 今年は諸事情で無理ですが近いうちの夏季に是非
> 訪れてみたいと思っています。
**雄阿寒岳の下に広がるのは阿寒湖ですね。
 昨年は雄阿寒岳から見下ろすこともできました。
 また北海道へいらしてください。

野付ウシ #- | URL
2017/07/17 15:22 | edit

Re: watanabeさんへ

watanabeさん..コメントありがございます。

> この日は開けたところも辛いものがありましたよね。
> 風が吹くと幸せ感じました。
**本当にソヨソヨ微風でもありがたかったですね。

> 青沼の水の色が不思議ですね。
> 羊蹄山のお釜にもこういう色の池みたいのが春先に見られます。
**火山ガスは風向きで稀に巻き込まれますね。
 呼吸が一瞬できなくなるので怖いことです。
 火口の中の池はいくつか見たことがありますが(蔵王とか白根火山とか)、
 大体はこんな色が多いですね。
 
> 私は何かあったんじゃないかとワクワクしながら読んでました。
> いや~、無事でよかった(笑)
**期待を裏切ってしまったようで、スミマセン(笑)
 多少の怪我などはやむを得ませんが、五体満足で帰宅しないと次がないのでね。

野付ウシ #- | URL
2017/07/17 15:30 | edit

山頂付近では荒涼として西部劇に出てくるようですね
高山植物の黄色い花にもちゃんと虫が止まって生き物の逞しさを感じました
火口の中の水は独特な色ですね
硫黄とかなんでしょうか

れみわ #- | URL
2017/07/17 15:43 | edit

すごいねぇ~
茶色の世界・・・^^;
その中の『青沼』がきれい~

お疲れ様でした。

くぅ #Dv6DZoa6 | URL
2017/07/17 16:59 | edit

Re: れみわさんへ

れみわさん..コメントありがございます。

> 山頂付近では荒涼として西部劇に出てくるようですね
> 高山植物の黄色い花にもちゃんと虫が止まって生き物の逞しさを感じました
**何もないような場所でも、動植物は活動していますね。
 焼け付く砂漠の中と同じような状況ですね。生命力は逞しい!

> 火口の中の水は独特な色ですね
> 硫黄とかなんでしょうか
**硫黄とか硫化水素など有害物質で変色するんですね。

野付ウシ #- | URL
2017/07/17 19:35 | edit

Re: くぅさんへ

くぅさん..コメントありがございます。

> すごいねぇ~
> 茶色の世界・・・^^;
**旭岳に登ると同じような世界が見えてきますよ♪
 裏側に巨大なカルデラがありますので更に圧倒されます。

> その中の『青沼』がきれい~
**本来は雨水ですから濁った水でしょうね。
 何やら有害物質で色づいているようです。

野付ウシ #- | URL
2017/07/17 19:38 | edit

雲一つない青空と360度の大展望は気持ちよさそうですけど、緑が無いのでやっぱり暑そうです(^^;)
2014年に訪れた時は青沼の火口と温泉コースの火口からも噴気が上がっていましたが、今はそれほど活発ではないんですね。

中ノ俣 #Y2kgqtPU | URL
2017/07/17 21:46 | edit

野付ウシさんへ

こんにちは。

昨日はこちらもかなりの土砂降りで
向かいの山が崩れるのではと
見ていてなんだか怖くなりました。

野付ウシさんは本当に山がお好きで
生涯青年な気がします!🏔ザ・山男!

あと10年!
次はドコの山でしょうね!
私も楽しみです!

iomama #rjxAb6ec | URL
2017/07/18 12:57 | edit

野付ウシさん こんにちは~

暑さに負けないでよく登りましたね~
お花達も歓迎してくれたみたい☆

昨日、今日は一気に寒く?なりましたね
長袖着てます^^;

reimi01 #- | URL
2017/07/18 13:20 | edit

Re: 中ノ俣さんへ

中ノ俣さん..コメントありがございます。

> 雲一つない青空と360度の大展望は気持ちよさそうですけど、緑が無いのでやっぱり暑そうです(^^;)
**山頂は風もあって特に暑くは感じませんでしたが、森林限界を抜けるまでは暑いですね。

> 2014年に訪れた時は青沼の火口と温泉コースの火口からも噴気が上がっていましたが、今はそれほど活発ではないんですね。
**2016年頃からは落ち着いているようです。

野付ウシ #- | URL
2017/07/18 14:30 | edit

Re: iomamaさんへ

iomamaさん..コメントありがございます。

> 昨日はこちらもかなりの土砂降りで
> 見ていてなんだか怖くなりました。
**北海道はめったなことで豪雨災害は起きませんが、
 このところは妙に心配になったりしますね。

> 野付ウシさんは本当に山がお好きで
> 生涯青年な気がします!🏔ザ・山男!
**アハハッそうなれるといいですね。
 山男!と言うほど経験も歴史も浅すぎですけどね。^^;

野付ウシ #- | URL
2017/07/18 14:33 | edit

Re: reimi01さんへ

reimi01さん..コメントありがございます。

> 暑さに負けないでよく登りましたね~
> お花達も歓迎してくれたみたい☆
**種類は少なめでしたが、荒れ地を埋める花は素晴らしかったですよ。

> 昨日、今日は一気に寒く?なりましたね
> 長袖着てます^^;
**今朝は12度まで下がり、何と嫁さんが暖房入れました、ハハハッ

野付ウシ #- | URL
2017/07/18 14:35 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top