2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
雌阿寒岳2017
- 2017/07/16(Sun) -
 昨日の暑さはスゴかったですねぇー。
 北見でも36.9度まで上り、帯広に次ぐ暑さでした。
 一転して、今日は凌ぎやすい気温(28度予想)ですが、大雨になるとの予報です。
 (大雨洪水警報出ていますが)

 昨日の猛暑の中をバカが登山に行きました。(野付ウシのことです)
 標高1,500mなら少しは涼しかろう、とも思ったのですが・・・果たして。

 雌阿寒岳(1,499m)は既に登ったことのある山ですが、今回は初ルートです。
 通常はオンネトー側か野中温泉から登る人がほとんどです。
 今回は山を挟んで裏側から登る「クラシックコース」ですね。
 かつては阿寒湖側から林道を入って、このルートを利用することが多かったようです。

 家を出たのは6時前...津別を通り、阿寒湖温泉の手前からフレベツ林道を10kmほど入ります。
 林道は先へ続きますが、途中に「雌阿寒岳登山口」があり、駐車スペースがあります。
 
 s-TG3-20170715-124652-0.jpg
 既に先客もいてなんとなく一安心です。 07:15既に25度になっていました。

 s-TG3-20170715-124615-0.jpg
 準備をして登山口から更に林道を進みます。(500mほどは旧林道)ここから山頂までは5.5kmほどです。

 s-TG3-20170715-073908-0.jpg
 林道から林間のルートへ。 登山客が少ないこともあって整備は数年間手付かず? 笹を漕ぐように進みます。

 s-TG3-20170715-074710-0.jpg
 3合目近くまではとにかく胸まである笹を漕いで進みます。足元がよく見えないです。
 s-TG3-20170715-075450-0.jpg
 倒木がかなりあって、迂回したり上を超えたりですね。
 s-TG3-20170715-080516-0.jpg
 幸いなことに笹だらけの道を歩いても「ダニ」がいなかったこと。


 s-TG3-20170715-080555-0.jpg
 少し雰囲気が変わり、笹漕ぎは終わりました。視界もだんだん開けてきます。45分経過です。

 s-TG3-20170715-082122-0.jpg
 傾斜地を抜けながら進みますが、急勾配がない登山道ですね。暑いのでペースも落とし水を補給します。

 s-TG3-20170715-083001-0.jpg
 右手に白いものが見えていましたが、近くまで来ると火山の跡で硫黄が露出しています。(活火山ですから)

 s-TG3-20170715-082325-0.jpg
 登山口から2km来ました。 この前後からはハイマツのトンネルが延々と続きます。

 s-TG3-20170715-090219-0.jpg
 まったく風があたりませんので暑かったですね。それとハイマツの下は状態をかがめて歩くので腰が疲れます。

 s-TG3-20170715-083125-0.jpg
 前方に「剣ヶ峰(1336m)」が見えてきました。 とんがり山の左へ回り込んでいきます。

 s-TG3-20170715-083546-0.jpg
 五合目まできました。 およそ100分経過です。

 s-TG3-20170715-084140-0.jpg
 相変わらずのハイマツくぐりで「キバナシャクナゲ」が少しだけ。 既に先終わる時期でしたね。

 s-TG3-20170715-085930-0.jpg
 六合目もハイマツトンネルの中でした。 トンネルの中は枝が突き出していて、随分と頭も小突かれました。
 トンネル以外でも、樹木の枝が伸び放題でしたので、とにかく足元が見えない、頭がぶつかるの連続でした。
 途中で遭った登山客も「数年ぶりで来たけどひどい荒れようで驚きました」と言ってましたね。
 登山客が少ないルートまでは手がまわらないのでしょう。


 s-TG3-20170715-090323-0.jpg
 突然右手に現れたのは大きな石に彫られた『南無妙法蓮華経』??らしき文字。 「法華岩」と言うようです。
 
 s-TG3-20170715-090701-0.jpg
 徐々に高度を上げてきたので、視界がひらけたところで阿寒湖が見えてきました。遊覧船も見えます。
 野付ウシにしては珍しく、水分補給と小休憩を繰り返して進みました。この先は木もなく日陰がなくなります。
 直射日光がビシバシ! 紫外線は最強レベルのようです。(長袖でしたが暑くてまくり上げています)

 s-TG3-20170715-091921-0.jpg
 剣ヶ峰の麓を回り込むあたりから、少しだけ花が見えてきます。 これは「マルバシモツケ」ですが、もう終盤でした。
 s-TG3-20170715-091827-0.jpg
 
 
 
 s-TG3-20170715-091851-0.jpg
 とにかくたくさんみられるのが『イワブクロ』です。
 s-TG3-20170715-092002-0.jpg
 登山道脇にたくさん群生、或いは一株ごとに散在しています。
 s-TG3-20170715-092019-0.jpg
 ちょうど今が見頃のようです。

 s-TG3-20170715-092058-0.jpg
 七合目まで来ました。 
 s-TG3-20170715-092102-0.jpg
 上を見上げればトンガリ岩がゴロゴロしています。 何か落ちてきそう!

 s-TG3-20170715-092622-0.jpg
 地を這うような僅かな植物以外は、荒涼としたガレ場が見えています。風が心地よい!

 s-TG3-20170715-092641-0.jpg
 ここでようやく山頂が見えてきました。 左が「阿寒富士」、右手のなだらかな山が「雌阿寒岳」です。
 およそ2時間経過です。
 
 時間的に大した長さでもなく、写真も少なめですが、この先は次回へ持ち越しとします。m(_ _)m

 

 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 山:阿寒知床 | CM(12) | ▲ top
<<雌阿寒岳2017-2 | メイン | 猛暑続く>>
コメント
- こんにちは -

いや~ この暑さの中をですか
野付さんの、タフさには頭が下がります
2017/07/16 15:00  | URL | 山親爺 #-[ 編集] |  ▲ top

- -

暑かったですねぇ~
旭川は33.6℃でしたが、充分暑かったです。
今朝の最低気温は22.1℃(4:15)でしたが、
今現在の気温は19.2℃。
なんだか変!最高気温が午前中の気温になりそうです。

ほんと野付ウシさん、フットワークが軽いですねぇ。
それを見送る奥様エライなぁ~
それぞれが自立していらっしゃるんでしょうね。
わたしは夫におんぶに抱っこです。(;´▽`lllA``

うん。うん。この季節は「水分補給と小休憩」大事ですね。
無事にお帰りですね。
お疲れ様でした。
2017/07/16 15:01  | URL | くぅ #Dv6DZoa6[ 編集] |  ▲ top

- -

素朴な質問ですが?
かなりキツそうに見えるもので・・・
登山口と書かれていますが、登山届とかは必要ないのですか
2017/07/16 16:22  | URL | れみわ #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: 山親爺さんへ -

山親爺さん..コメントありがございます。

> いや~ この暑さの中をですか
> 野付さんの、タフさには頭が下がります
**7割が樹木やハイマツが陽射しを遮りますので、
 多少は暑さを防げたのかもしれませんね。
 本当は風を期待していたのですが、山頂付近で少しあっただけでした。
2017/07/16 17:46  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: くぅさんへ -

くぅさん..コメントありがございます。

> 旭川は33.6℃でしたが、充分暑かったです。
**北見がプラス3度でしたか、でも夕方急速に涼しくなりましたよ。
 これが北海道の良いところ!

> ほんと野付ウシさん、フットワークが軽いですねぇ。
> それを見送る奥様エライなぁ~
**昔からこんな感じで、それぞれが動き回っています。


> うん。うん。この季節は「水分補給と小休憩」大事ですね。
> 無事にお帰りですね。
**さすがに30度越すようだと、大量の水分を意識しますね。
 真夏以外は仁頃山往復で200ccもあれば余すんですけど...
2017/07/16 17:50  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: れみわさんへ -

れみわさん..コメントありがございます。

> かなりキツそうに見えるもので・・・
> 登山口と書かれていますが、登山届とかは必要ないのですか
**キツくなくても登山道があるところに「入山ポストあり」ですね。
 基本は氏名や住所、人数・予定コースなど記載してから登るのがルールです。
 でも、初心者コースなどでは記載しない人も少なくないですね。
 私も地元の仁頃山は年に百回以上登りますが、記載しません。
2017/07/16 17:54  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top

- なにか -

事件が起きそうな前振りですね。
ワクワクしながら読み進めると「続く」ですも(笑)
やだな~
それにしても昨日は暑かったですね~

2017/07/16 19:39  | URL | watanabe #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: watanabeさんへ -

watanabeさん、こんばんわ。

> 事件が起きそうな前振りですね。
> ワクワクしながら読み進めると「続く」ですも(笑)
**すみませんね、m(_ _)m
 そんなつもりはなかったんですけど...何事も起きませんでしたよ!

> それにしても昨日は暑かったですね~
**もう少し涼しいと期待していたのですがねぇ...
2017/07/16 19:41  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

雌阿寒岳は 何度も登ったけど
 オンネトー側からで
  阿寒湖が見えるけど 
    長距離 登山だと 思って
阿寒湖からは まだ 登ってません
2017/07/16 20:48  | URL | 北海道のくま #-[ 編集] |  ▲ top

- 野付ウシさんへ -

こんばんは。

暑い中の登山お疲れ様でした!
我が家は予定では今日雨竜沼湿原に
登る予定でしたが
土砂降りになりました。

暑すぎる中の登山は
私にはちょっと自信がありません(^_^;)

でも野付ウシさんを見ていると
楽々のようで
普段から登ってらっしゃるから
流石!体力ありますね!
2017/07/16 23:42  | URL | iomama #rjxAb6ec[ 編集] |  ▲ top

- Re: 北海道のくまさんへ -

北海道のくまさん..コメントありがございます。

> 長距離 登山だと 思って
> 阿寒湖からは まだ 登ってません
**いわゆるクラシックコースと呼ばれますが、少し距離が長いですが、
 急勾配がほぼ無くて、時間的にはオンネトーコースと同等です。
 笹ヤブとハイマツくぐりが少し長すぎますけど...
2017/07/17 15:08  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: iomamaさんへ -

iomamaさん、コメントありがございます。

> 我が家は予定では今日雨竜沼湿原に
> 登る予定でしたが
> 土砂降りになりました。
**残念でしたね、雨竜沼はこちらから遠くて行ったことありません。

> 暑すぎる中の登山は
> 私にはちょっと自信がありません(^_^;)
**普段から歩いていないと無理はできませんからね。

> 普段から登ってらっしゃるから
> 流石!体力ありますね!
**今のうち、歩けるうちと思っています。
 病気・怪我が無ければ、あと10年は大丈夫でしょう。
2017/07/17 15:11  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |