野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

海別岳にチャレンジ 続編  

 いくらなんでも寒すぎですね。
 風も冷たく雪が舞うのですから、春の話題がいっぺんに覚めてしまいます。
 これが北海道で春を迎える儀式のようなものと、諦めるしかないですね。
 予報では午後には雪が収まって来そうです。

 さて、海別岳はどうなったか!!

 時折フッと弱くはなるものの、風の勢いは衰えるどころか強くなる一方。 
 野付ウシは飛ばされぬように、座り込んで呑気に写真を撮っています。

 s-TG3-20170411-092103-0.jpg
 斜視だけも見上げる位置から、横の目線で見られる位置になりました。

 s-TG3-20170411-085225-0.jpg
 その左には標津岳や武佐岳、西別岳まで見えています。

 s-Ca-20170411-092009-0.jpg
 オホーツク海も深く濃い青色がとても美しい!

 なんて、呑気なことしている場合ではありません。風がひどくなっています。
 
 s-Ca-20170411-085821-0.jpg
 山頂方面を見れば、明らかに強い風のようですし、頭の上を雪原から剥がれた氷が無数に飛んでいます。

 s-TG3-20170411-091427-0.jpg
 歩く面は凍ってガチガチの状態なのがわかります。ピッケルが必要か?と思うほど。

 s-TG3-20170411-092036-0.jpg
 スノーモビルで散々踏み荒らされた雪原は、そのまま溶けて凍って凸凹のガチガチです。

 s-TG3-20170411-092049-0.jpg
 ハイマツ帯の一部が雪の表面から顔をだしていますが、この程度では風よけにも使えません。


 休憩がてらに今度は凍てついた「エビの尻尾」を撮影。
 s-TG3-20170411-094124-0.jpg
 さすがに風が強い地帯ですから、固く長い雪の固まりです。

 s-TG3-20170411-094147-0.jpg
 この強風でも落ちない、壊れないのが凄い。

 s-TG3-20170411-094231-0.jpg
 ただ、残っているのは一部だけのようです。

 s-TG3-20170411-095617-0.jpg
 すぐそばの樹木の下には、風で落ちたと思われる「エビの尻尾」の残骸が積み重なっています。


 s-TG3-20170411-094159-0.jpg
 風で雪が削られて残るのは、固く凍った雪と氷だけ。 ポール(ストック)の先が容易に刺さらないような硬さです。

 s-TG3-20170411-100139-0.jpg
 このすぐ上が俗に言う「1155」と呼ばれる場所で、急斜面が一旦終わる標高1,155mの位置です。

 実は強風は右斜め前、つまり山頂方向から吹いてきます。
 体に風を受け急斜面を登るのが、これほど辛いとは思いませんでした。
 5歩、10歩程度で休まないと動けないのです。

 ギリギリの状態で1155まで這い上がり、座り込んで一瞬で『撤退』を決めました。

 山頂までもう少しですが、この状態で無理に進めば、何かあった時の余力が無くなるからです。
 常に万一を考えないと山は危険ですからね。
 もう少しで知床連山も全部見られる位置でしたが、さっさと諦めました。

 小休止の後に下山開始です。
 下りはトントン拍子に歩けましたが、林に入った途端、雪道は溶けてザクザク状態へ。
 風が強い山腹と違い、林間は風もなく日差しが当たるからです。
 何とも歩きにくい・・・それでも下りは楽ちんですね。

 林の中は縦横無尽に走り回るスノーモビルの跡だらけ。
 GPSを持っていないと道がわからなくなりそうです。
 規制対象外とは言え、商売のためとは言え、知床の山をもう少し大事にして欲しいなぁ・・・


 s-Ca-20170411-111912-0.jpg
 すっかり柔らかくなった雪道を下山し、改めて海別岳を振り返ります。。。綺麗な山ですよ!

 s-Ca-20170411-114145-0.jpg
 斜里岳をズームしてみました。こちらも厳しそうで、まるでアルプスの山でもみているよう。


 s-TG3-20170411-114645-0.jpg
 車を止めた少し先にあるT字路...ここは『天に続く道』とも言われています。 逆からみれば天に伸びているような道。

 斜里の街を抜けてもう一度斜里岳、そして見えなかった知床連山を見て帰宅。

 s-TG3-20170411-115229-0.jpg
 斜里岳よ! 今年も登ってやるから待ってろよ!
 s-TG3-20170411-115416-0.jpg
 手前から遠音別岳、羅臼岳、硫黄山、知床岳と続きます。
 
 皆さんの期待に反して、途中撤退となりました。
 下山してみて確認できたのは、野付ウシ以外に誰も登山していなかった事実です。
 平日とは言え、晴れで風弱い...の天気予報にもかかわらず、です。

 はたしてリベンジの機会はあるのか、ないのか、わかりませんね。
 
 長々と、最後までおつきあい、ありがとうございました。



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
コメント

挑戦は、夏ですか
名峰と呼ばれるだけあって
斜里岳の山容は、素晴らしい物がありますね!

今日の此方は猛吹雪状態
真冬に逆戻りしたような感じです

山親父 #- | URL
2017/04/13 07:54 | edit

Re: 山親父さんへ

山親父さん..コメントありがとうございます。

> 挑戦は、夏ですか
**海別岳は登山道がないので、検討するとしたら1年後かもしれません。
 斜里岳は沢渡りがあるので、水量が減る夏場以降ですね。

> 今日の此方は猛吹雪状態
> 真冬に逆戻りしたような感じです
**こちらも雪が降っていますが、夕方までに止むようです。

野付ウシ #- | URL
2017/04/13 08:01 | edit

海別岳は冬限定の山ですけれど、条件の良い日に巡り合うのは至難ですね。
このところ強風で寒いです。
お疲れさまでした♪

スノーモービルが凄くはいっているのですね。
樹木など傷んでいないのかしら・
ある程度の、規制をしてほしいくらいですね。

凛々しい斜里岳、また登りたいな~

ハマナス #- | URL
2017/04/13 08:14 | edit

とってもいい天気
青空広がって空が澄んでますね

今日はぼ~ぼ~ォですよ( ;∀;)
も~ォ

冬っこれから?(苦笑)

デコ #gwQYCaNk | URL
2017/04/13 14:02 | edit

Re: ハマナスさんへ

ハマナスさん..コメントありがとうございます。

> 海別岳は冬限定の山ですけれど、条件の良い日に巡り合うのは至難ですね。
**ずっと条件の良い日を待ち、前夜にも確認したのですが、残念です。
>
> スノーモービルが凄くはいっているのですね。
> 樹木など傷んでいないのかしら・
**低木の皮が剥けたり、折れたりしていました。
 それと爆音で鹿などが逃げ回っていることもあるようです。

> 凛々しい斜里岳、また登りたいな~
**私は今年もチャレンジしますよ。

野付ウシ #- | URL
2017/04/13 14:30 | edit

Re: ♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん..コメントありがとうございます。

> とってもいい天気
> 青空広がって空が澄んでますね
**野付牛ブログの山のお天気のこと??
 青空でしたが台風並みに風が強くなって戻ってきました。

> 冬っこれから?(苦笑)
**こちらは朝から雪が降ったりしていましたが、午後になり日差しが。

野付ウシ #- | URL
2017/04/13 14:33 | edit

行動力がすごいです
そして出てくるものがみんな見事ですね
お陰様で素晴らしい山々の景色を堪能しています

れみわ #- | URL
2017/04/13 15:26 | edit

Re: れみわさんへ

れみわさん..コメントありがとうございます。

> 行動力がすごいです
**好きになると動けてしまいますね。
 この山は少し他とは異なり、冬しか登れないのがミソ。

> そして出てくるものがみんな見事ですね
> お陰様で素晴らしい山々の景色を堪能しています
**気に入っていただけたら良かったです。(^_^;)

野付ウシ #- | URL
2017/04/13 15:42 | edit

お疲れ様でした
どんな時でも引き返す勇気も必要ですよね

斜里岳今年こそ登りたい
沢の水が少なくなる夏以降が
チャンスですね

soraの風 #- | URL
2017/04/13 20:36 | edit

Re: soraの風さんへ

soraの風さん..コメントありがとうございます。

> どんな時でも引き返す勇気も必要ですよね
**無理に行って周囲に迷惑も掛けたくないし、
 またチャンスもあるかもしれませんのでね。
 
> 斜里岳今年こそ登りたい
**昨年はちょっとアクシデントもあったので、また今年も
 チャレンジしようと思ってます。

野付ウシ #- | URL
2017/04/13 20:51 | edit

お疲れ様でした
いやぁ~本当に撤退は正解ですよね
自分も十勝岳連峰の上ホロに向かう途中で撤退したときも
強風でした
でも、登山でいつも思うのがあれだけ苦労した登りが
下りは簡単
極端にいえば1時間かけて登ったのに下りは10分
あの苦しさは何だったのよ?と思います。

都丸 #- | URL
2017/04/14 03:38 | edit

Re: 都丸さんへ

都丸さん..コメントありがとうございます。

> いやぁ~本当に撤退は正解ですよね
> 自分も十勝岳連峰の上ホロに向かう途中で撤退したときも
> 強風でした
**台風の風に向かって進むような、しかも急斜面の上りですから、
 体力の消耗が半端なかったですね。

> 極端にいえば1時間かけて登ったのに下りは10分
> あの苦しさは何だったのよ?と思います。
**それでもまた登りたくなるのが不思議ですね。

野付ウシ #- | URL
2017/04/14 13:13 | edit

風はヤバいんですよ。
多少の雪や雨なら怖くないのですが強風はダメですね。
撤退は正解です。
次回は天気が良くて風の弱い日にリベンジですね^^
来年の宿題にするというのも登る動機になっていいと思いますよ。
なにしろこれだけの景色が見えるのですから。
もう、うらやましいです。

watanabe #- | URL
2017/04/14 21:01 | edit

Re: watanabeさんへ

watanabeさん..コメントありがとうございます。

> 撤退は正解です。
> 次回は天気が良くて風の弱い日にリベンジですね^^
**ハイマツの状態など考えれば、今年は諦めようと思います。
 踏み抜きだらけだと、体力消耗激しいですから。
 おもったよりタフな急斜面の連続でした。

> 来年の宿題にするというのも登る動機になっていいと思いますよ。
> なにしろこれだけの景色が見えるのですから。
**やはりテッペンから眺めてみたいですね。

野付ウシ #- | URL
2017/04/15 08:34 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top