タイトル画像

2017 流氷-3

2017.02.13(08:58) 757

 今日は山へ行きたかったのですが、金曜日に「歯こぼれ」があり、食事に支障をきたすので、
 9時に電話してから予約可能な時間に診察へ行く予定です。
 刃こぼれならぬ「歯こぼれ」で、いよいよガタが来ているようです。(-_-;)


 さて、流氷のお話しは今日で一旦区切りたいと思います。
 似たような景色ばかりになるので、時期をみてまたお話しを。。。

 ということで、三回目は能取岬灯台周辺からの眺めを。

 s-K5-20170209-141314-0.jpg
 灯台のある岬の海岸が絶壁ですので、上から眺めることになります。(近年は降りられません)
 若い頃は夏に下まで降りてウニを採ったことがあります。当時はたくさん採れました。(^-^)/

 s-K5-20170209-141457-0.jpg
 少し霞んでいるものの、知床連山も見えて素晴らしい眺めです。

 s-K5-20170209-141510-0.jpg
 アチコチに藍色の海が見えた方が流氷も引き立つかもしれません。

 s-K5-20170209-141933-0.jpg
 岬の突端は侵入禁止なので反対側へ出ます。日向と日陰のコントラストもいいですね。

 s-K5-20170209-142224-0.jpg
 風が強い日は波と氷がぶつかったり、擦れたりする音が響いてきます。(この日は穏やか)

 s-TG3-20170209-141717-0.jpg
 もう一つの出っ張りが見えてきましたが、歩道はこの手前までです。

 s-TG3-20170209-142531-0.jpg
 ひときわ高い山は「海別岳(うなべつだけ)」で知床連山の最初の山です(1419m)。
 この山は登山道が無いので冬に登る人が多いですね。(相当タフな山ですが今年春にトライしたい)


 s-TG3-20170209-142822-0.jpg
 遊歩道の突き当りにある『オホーツクの塔』です。1978年に建てられたものです。
 s-TG3-20170209-142752-0.jpg


 s-TG3-20170209-143530-0.jpg
 遊歩道を引き返します。この突き出た岩の上には夏に可憐な花が咲きます。

 s-K5-20170209-143936-0.jpg
 そして能取岬灯台の前を抜けて駐車場へ。 灯台の建造は1917年(大正6年)、塔の高さは約21mです。
 駐車場に比較的新しいトイレがあるのですが、何故か「閉鎖」の看板が・・・寒いから必要なんだけどなぁー・・・

 この後、網走市内へ向かいました。
 市内の西端に「二ッ岩海岸」がありますが、そこを経由して帰宅します。
 東側の海岸も見たかったのですが、日が傾いていましたので今回は断念!

 s-TG3-20170209-145708-0.jpg
 最後の写真は、その「二ッ岩海岸」から眺めた「秀峰・斜里岳」です。
 湾内に氷は無く、少し沖に出たようです。斜里岳が海面にかすかに写り込んでいました。

 三日間にわたり、お付き合いありがとうございました。 残りの写真は機会があれば・・・



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト


野付牛・四季彩々(いろいろ)


風景 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<夜の「ハッカ記念館」 | ホームへ | 2017 流氷-2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する