タイトル画像

猫も大変な時代

2017.01.29(09:22) 741

今日は朝から青空が広がっています。気温は氷点下10度と高め。
 昨日までの風もおさまり、穏やかな日曜日となりそうです。 ^.^;

 山の話しばかりですが、今日は個人的なペットの話題でも。


 我が家のTOMは何度も登場していますが、もうすぐ13歳になります。
 人間の年だと68歳相当だとか...飼い主を追い越してしまいました。

 12月に急におかしくなり診察の結果『膵炎』とわかりました。
 嘔吐が続き下痢が併発、食欲が無くなりびっくりしたものです。
 1週間入院、その後も通っていますが、まだ完治はしていません。
 膵炎は治りにくいとのことで、長期化しやすいとか。

 膵臓が弱ると肝臓も腎臓も影響がでるようです。
 血液検査では肝臓の数値が平常の数倍になっていました。
 二回目で少しだけ下がりましたが、高齢なこともありなかなか落ち着かないです。

 s-i170118.jpg
 (ソファで足をおっぴろげ~してくつろぐTOM)

 病院に通うのは猫や犬にとっては恐怖なこと第一位でしょうね。
 待合室では大きな犬もプルプル震えていたりします。

 TOMも野付ウシが出かける用意をしてコートを着ると...ベッドの下に逃げ込みます。
 また連れて行かれる!との恐怖で条件反射となったようで、可哀想。。

 それと、血液検査をする時に、細い手の血管に注射針を入れて採血するのも大変。
 今の時代にそれほどの量が必要なの? 人間の採血量と変わりません。
 小さな体からそんなに取るの?という感じがしますね。

 s-T170123-143248-0.jpg
 (野付ウシのPC部屋で顔を隠して寝ているTOM)

 昔と違って飼い猫は(近年は犬も)、基本的に家の中で飼います。
 それもあって長生きするようになりましたね。
 猫だと15年程度が平均で20年を超えることも普通になっているようです。

 なんだか人間の高齢化と同じですね。
 ピンピンコロリで元気なまま亡くなるのは容易ではありません。
 
 今回も本当は薬を服用しなければならないのですが、中止しました。
 粉末で水に溶いて注射のような器具で口の奥にいれましたが、泡を吹いて吐きます。
 錠剤を口の奥に入れる器具で飲ませても、結果として吐き出します。
 見ているとストレスの副作用の方が大きく感じたため、獣医さんと相談して止めました。

 感染を少しでも抑制するために、抗生剤の注射のみで様子を見ることに。
 一回の注射で10日~2週間効果があるとのことで、1月は3回、次回は2月です。
 その注射だけでもTOMにとっては凄いストレスになっています。

 状態は既に落ち着いて見えますが、獣医さんと相談しながら打ち切るタイミングを考えます。

 s-T170123-143324-0.jpg
 (家にいればリラックスして寝ていられますね)

 この程度の治療はやむ無しですが、更に踏み込むことはやめようとも思います。
 かつては病気の判別もできずに、そのまま亡くなっていたペットです。
 人間が手を加え、様々な薬を開発し生き延びる手立てをしています。
 自然界の動物とペットは一緒になりませんが「延命治療」のような事はしたくないのです。
 (あくまでも我が家のTOMについての考えです)

 入院した時の姿をまた見たくないですね。
 細い両手に点滴チューブを付けて、首にはラッパのような(名前なんて言うのかな)ものを付け、
 悲しげに病院のケージで鳴いているのは、見ていられませんよね。

 一時の治療で治まるならやむ無しですが、飼い主と穏やかな日々を過ごすのが幸せなはず。
 平均寿命に少しずつ近づいているペットを持つ身としては、最後の時も考えます。

 今回のことで、夫婦でも少し話をしたりしました。
 過剰な治療は控えて、普段通りの落ち着いた生活をさせようと。
 
 食欲もまぁまぁ普段通りだし、散歩も時々出ているし、便通も普通だし・・・
 膵炎の状態が完治していないとしても、見た目は穏やか。

 せいぜい注射プチッとされる程度にしておこうと思っています。

 いままで飼い主の都合で、東京だのパースだの連れ回し苦労を掛けた猫です。
 これ以上の過度なストレスはかけないようにしたいなぁーと思ったわけです。

 一秒でも長く生きて欲しい! それはペットを持つ誰もが思うことでしょう。

 でも、家族として穏やかに過ごしながら命を全うさせてあげたいのです。
 薬漬けでチューブを付けて亡くなる姿だけは見たくありません。
 今は人間の方も「家族のもとで静かに人生を終わりたい」という時代になりつつあります。
 
 医療は発達しすぎたようにさえ思えてしまいます。
 どんなに発達しても、所詮「不老不死」は不可能ですから。

 ペットの病を見ていると自分たちの最後のことまで考えてしまいますね。(^_^;)

 今日はこの辺にて・・・




ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト


野付牛・四季彩々(いろいろ)


ペット トラックバック(-) | コメント(16) | [EDIT]
<<不安定な空模様 | ホームへ | 風で撤収!!>>
コメント
そうですねぇ
おっしゃる通り
どこまでしていいのかの治療

今回醍醐を亡くし大変考えさせられる時間となりました

ぁの後長引く治療で
食べられない状態が続くのなら
飼い主デコ実家の者も考えたでしょうね

家で過ごすのが一番の治療だもの
細々過ごしたいね^^トムくん
【2017/01/29 10:46】 | デコ #gwQYCaNk | [edit]
延命治療を、施されている姿
それが、人間であれ、ペットであれ
家族としては、見たくはないですよね!

身内で何人も見てきている山親父
過激な言い方と思われるかもしれませんが
出来るものでしたら、安楽死があればと!
【2017/01/29 10:52】 | 山親父 #- | [edit]
♪デコ♪さん...コメントありがとうございます。

> どこまでしていいのかの治療
> ぁの後長引く治療で
> 食べられない状態が続くのなら
***食べることも楽しみですから、人間と一緒ですね。

> 家で過ごすのが一番の治療だもの
***愛する飼い主と一緒が一番ですね。
【2017/01/29 12:16】 | 野付ウシ #- | [edit]
山親父さん...コメントありがとうございます。

> 延命治療を、施されている姿
> それが、人間であれ、ペットであれ
> 家族としては、見たくはないですよね!
***一秒でも長く生きて欲しい気持ちは理解できます。
  不治の病で苦しんでいる人たちもそうだと思います。
  本人と家族がどう考えるかですね。

> 出来るものでしたら、安楽死があればと!
***動物でも薬に寄る安楽死は賛成できかねますが、
 延命処置をせず静かに天国へ・・・ですね。
【2017/01/29 12:19】 | 野付ウシ #- | [edit]
あらら・・TOMくんかわいそ。
そうですね。苦しむ姿は見たくないですもんね。
安らかな時を少しでも長くしてあげたいですね。
ガンバレ!
【2017/01/29 15:55】 | くぅ #Dv6DZoa6 | [edit]
くぅさん...コメントありがとうございます。

> あらら・・TOMくんかわいそ。
> そうですね。苦しむ姿は見たくないですもんね。
***だいぶ落ち着いてきたと思ってますが、
 ペットって痛いの苦しいのって言えないから、
 わかりづらいんですよね。
 完治は難しくても悪化しないでいて欲しいものです。
【2017/01/29 16:14】 | 野付ウシ #- | [edit]
そんなにいっぱい血液採るのですか
おびえる訳ですね
ペットも家族、一緒が一番です
リラックスさせてやってください
【2017/01/29 16:51】 | れみわ #- | [edit]
延命治療だけでなく安楽死云々が問われてる今、ペットについても検討されておかしくないと思いますが、これはあくまで私見です。
医療は日進月歩でスマホの遠隔操作により治療の実現化を図ろうという時代。
それでも記事にされてるように延命処置だけで治療されてる当人やペットはどうかと思うと複雑な気持ちになるのは当然でしょう。
8年前末期がんで亡くなった母は最後の入院は半月ほどでしたが、抗がん剤治療をしていなければもっと生きながらえてたかも知れないと、忸怩たる思いが募ることがあります。
我が家の野良猫由乃は8年近く面倒見てるというのにいまだ懐かず、6年前だったか風邪をこじらせ両目とも瞬幕が出たままで、餌も食べることができないのを獣医に診せるべく捕獲しようと毛布で生け捕りしようとしたら見えない目で塀を上って行きました。
その当時8歳だと思いますが仔猫時代不妊手術で一度だけ獣医に連れて行かれたようですが、それ以来獣医とは無縁だし、捕獲したとして連れて行けばストレスでショック死するかも知れないと諦めました。
もうすぐ14歳になり獣医に診せればあちこち悪いところを指摘されるでしょうが、治療したところで長生きするかどうかは天が知るのみ。
極端な話明日何らかの形で亡くなっても、それはそれで運命と思うほかありません。
話がわき道にそれますが、TNRにしてもそれは人の都合であって猫にしたら迷惑いがいの何物でもないかも知れません。
そんな人の都合で猫を思い通りにするのもどうかと・・・
なにはともあれ、TOM君がこれまでのように平穏な日々を送れることを願うばかりです。
【2017/01/29 17:30】 | freecat #hdScUxTA | [edit]
freecatさん...コメントありがとうございます。

> なにはともあれ、TOM君がこれまでのように平穏な日々を送れることを願うばかりです。
**野良の寿命は平均5年程度と言われますが、家猫が20年は長すぎますね。
 ペットの老後介護が商売としてなりたつご時世ですから・・・
 でも動物が自ら望んだ寿命では無いように思えます。

 TOMは悪化しなければ何とか平均寿命は生き延びると信じています。
 命についての考え方は様々ですが、ペットの場合も人の場合も当人(&猫犬等)が望むこと、
 或いは望むであろうことを最優先にしてあげたいものです。
 ご丁寧なコメントありがとうございました。m(_ _)m
【2017/01/29 18:53】 | 野付ウシ #- | [edit]
れみわさん...コメントありがとうございます。

> そんなにいっぱい血液採るのですか
> おびえる訳ですね
***血管細いので時間も掛かり可哀想ですね。

> ペットも家族、一緒が一番です
> リラックスさせてやってください
***そうしていくつもりです。
 怯える目をしている姿は見たくは無いですからね。
 今も写真と同じように隣で寝ています(^_^;)
【2017/01/29 18:56】 | 野付ウシ #- | [edit]
TOMちゃん、少しやせちゃった?
良かれと思って施した治療が、
本にゃんにとってはストレスになっちゃうって切ないですよね;;
TOMちゃんにとって最良の方法が見つかると良いですね。
TOMちゃんのバッテンギュー可愛い♪(●・´艸`・)、;'.・ ププゥ

野付ウシさんの【ピンピンコロリ】で、
うちのひろみちゃんを思い出しました(笑)
↑時間が経ったから笑えるんだけどね^^;
今までたくさんの子を看取ってきて、
どの子も最良のチョイスをしてきたと思うのですが。。。。。
ホントにそれが正解だったのか?
未だにふと思う事があります。
【2017/01/29 23:32】 | りえりん♪ #- | [edit]
我が家でも先日、ミューンを亡くしました。

病院が大嫌いな子で

ものすごく悩みました

ああ、でも、わたしの命のロウソクと引き替えにもっと長生きしてほしかったです・・・
【2017/01/30 06:44】 | ゲンタくんのパパ #- | [edit]
TOM君
どの写真も愛嬌がありますね。

痛いとか辛いとか言えないけど
飼い主さんには
きっとわかるのでしょうね。

どうぞお大事にしてください。
【2017/01/30 08:29】 | iomama #rjxAb6ec | [edit]
りえりん♪さん...コメントありがとうございます。

> TOMちゃん、少しやせちゃった?
**入院した前後で少し痩せましたが今は大丈夫!

> 良かれと思って施した治療が、
> 本にゃんにとってはストレスになっちゃうって切ないですよね;;
***十年を超えたらあまり無理はしない方がいいのかも...と思ったりします。

> ホントにそれが正解だったのか?
> 未だにふと思う事があります。
***猫達は十分にりえりん♪さんに感謝しているはずですよ(^_^;)
【2017/01/30 08:57】 | 野付ウシ #- | [edit]
ゲンタくんのパパさん...コメントありがとうございます。

> 我が家でも先日、ミューンを亡くしました。
***可愛がっていたことは十二分に感じていました。

> ああ、でも、わたしの命のロウソクと引き替えにもっと長生きしてほしかったです・・・
***そういう思いで見送るのですが、変わってあげられないのが悲しいですね。
 でも、本猫はそう思っていませんよ。「幸せでした」と言っているでしょうね。
【2017/01/30 09:01】 | 野付ウシ #- | [edit]
iomamaさん...コメントありがとうございます。

> TOM君
> どの写真も愛嬌がありますね。
***飼っていると皆んなそういうふうに見えてくるんでしょうね。

> どうぞお大事にしてください。
***ありがとうございます。より一層「手をかけ、声をかけ」ます。
【2017/01/30 09:04】 | 野付ウシ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する