2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
今年も残り4日
- 2016/12/27(Tue) -
 今年も残すところ4日ですね。
 今朝は少し気温高めで -4度でしたが、午後に向けて少しずつ気温が下がっています。
 本来は「曇りのち雪」でしたが、朝からずーっと雪が降ってます。
 本当に予報が当たらないこと・・・

 チラチラ雪で推移かな? と勝手に考えて今朝は仁頃山へ。
 新雪が5センチほどでしたが、継続して降っていますのでこれから増えそう。
 いつもより遅めに着いたのですが、駐車場は車が1台のみ?
 
 支度をして東新道から入りましたが、先行しているのは一人だけのようです。
 ツボ足で一人分の足跡が付いていました。

 s-TG3-20161227-092917-0.jpg
 今日はスノーシューを付けずに、軽アイゼン(チェーンスパイク)のみで歩きます。

 s-TG3-20161227-095033-0.jpg
 写真ではわかりづらいですが、細かな雪がシンシンと降っています。

 s-TG3-20161227-100936-0.jpg
 一人だけ歩いた足跡を追って尾根道を進みます。


 s-Ca-20161227-102932-0.jpg
 五合目合流地点まで来た時、頭上からコツコツと音が聞こえました。アカゲラさんですね。
 冬の山は野鳥も少なく、キツツキの仲間を時折見かける程度です。

 s-TG3-20161227-103122-0.jpg
 五合目の看板が見えていますが、新しい足跡が無い!?
 よく見ると、管理車道を下ったようです。雪が激しくなってきたので引き返したのでしょうか。

 つまり、五合目から先は野付ウシが初めて歩くことになるわけです。
 吹き溜まりが時々ありますが、ツボ足でもラッセルに問題なさそうなのでGO!

 7合目手前で突然、右手の崖からシロウサギが飛び出しました。
 笹の葉の下側に隠れていたようで、足跡も無かったのですが、
  野付ウシがそばを通ったので、慌てて逃げ出したようです。
 『脱兎の如く』と言う言葉がピッタリの猛烈な勢いで、登山道を飛んでいきます。
 あまりに早すぎてカメラは無理でした。

 真っ白ではなく、少し灰色がかったような場所もあるので、雪の中でもわかります。
 足跡を見ると、雪の中でも歩幅は3メートルを超えています。
 走りやすいためか、登山道の踏み跡をずっと登っていったようです。

 s-TG3-20161227-105253-0.jpg
 七合目過ぎの平坦な場所ですが、ここでもウサギが横切っていきました。
 「何を慌てて走り回っているのか」なんて独り言を言いながら進みます。

 この辺から、雪が激しくなり風も少し強まってきたようです。

 s-TG3-20161227-105321-0.jpg
 枯れ草に付いた氷の花を楽しみながら。。。
 s-TG3-20161227-105336-0.jpg

 s-TG3-20161227-110509-0.jpg
 九合目まで来ました。時折風が強くなり視界ゼロの状態も起きてきました。

 s-TG3-20161227-110748-0.jpg
 この坂を上れば山頂です。吹き溜まりがけっこう多い場所です。

 s-TG3-20161227-110753-0.jpg
 すぐ上にある無線塔を見上げても雪で霞んでいます。

 s-TG3-20161227-111153-0.jpg
 山頂手前ですが、吹き溜まりで腰までの雪を漕いで進みます。

 s-TG3-20161227-111331-0.jpg
 無事到着、どなたかがお正月用の飾りを付けていったようです。

 s-TG3-20161227-111309-0.jpg
 温度計を写したのですがよく見えませんね。 -6度かと思うのですが。

 s-TG3-20161227-111320-0.jpg
 ノートとスタンプの入った箱は普段は顔の高さですが、今は雪が積もり膝の高さです。

 風と雪が強まってきたので、休憩&給水も無しで下山開始!
 今さっき歩いた足跡は全部消えて、真っ白な平地になっています。
 大粒の雪がどんどん降って、みる間に雪が積もっていきます。
 ルートを熟知していないと真っ白で迷いそうです。

 結果として他の登山者は五合目でUターンしているようです。

 この状態だと、今日、山頂まで行ったのは野付ウシ一人になるかもね。
 午後から雪と風が強まるような予報もあったので。

 雪と風がもう少し強ければ、野付ウシも七合目付近で迷わず引き返したでしょう。

 甘く見ると冬山は痛い目にあいますから・・・


 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 山歩き:市内近郊 | CM(8) | ▲ top
<<霜の造形美 | メイン | クリスマスの山歩き>>
コメント
- -

凄い雪( ;∀;)

師走なのでうさぎちゃんも
忙しいのね(笑)

外でのうさぎちゃん撮りたい~~

めんこいだろうねぇ
2016/12/27 15:46  | URL | ♪デコ♪ #gwQYCaNk[ 編集] |  ▲ top

- -

熟知している山とは言え
吹雪の中では、不安が付きまとうでしょうね

残り僅かな年内です、無理はなさらないでくださいね
2016/12/27 15:49  | URL | 山親父 #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: ♪デコ♪さんへ -

♪デコ♪さん...コメントありがとうございます。

> 師走なのでうさぎちゃんも
> 忙しいのね(笑)
***お休み中のところを野付ウシが起こしてしまったようです。

> 外でのうさぎちゃん撮りたい~~
> めんこいだろうねぇ
***雪の中で数時間、隠れて待機していれば撮れます!
 あの長い耳に聞こえないよう息を潜めて・・・(笑)
2016/12/27 17:22  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: 山親父さんへ -

山親父さん...コメントありがとうございます。

> 熟知している山とは言え
> 吹雪の中では、不安が付きまとうでしょうね
***自分の中でデッドラインがありますので、それより下ならば
  不安とか感じません。仁頃山での「急変」程度は低いので。
  でも過信&無理は禁物ですね。

> 残り僅かな年内です、無理はなさらないでくださいね
***ご心配いただきすみません(笑)
 もとより荒れた天候には出掛けません。
2016/12/27 17:25  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

やっぱり
白うさぎさんは野付ウシさんのことを
待っていたのですね!

山の上に行くにしたがって
天候も厳しくなりますね。

知りつくした山であっても
いつも同じではないと思います。

どうかお気をつけて!

2016/12/28 10:17  | URL | iomama #rjxAb6ec[ 編集] |  ▲ top

- Re: iomamaさんへ -

iomamaさん...コメントありがとうございます。

> 白うさぎさんは野付ウシさんのことを
> 待っていたのですね!
***ついでに写真も撮らせてほしかった!(笑)

> 知りつくした山であっても
> いつも同じではないと思います。
***その通りです。十分気をつけて歩きます。
2016/12/28 11:22  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top

- こんにちは -

厳しい雪山お疲れ様と同時に、無事の帰還何よりです。
写真家というより冒険家のようですね。(*^-^*)
冬山の臨場感が伝わって来る一枚一枚でした。
これからもご無事で、良いお年をお迎えください。
2016/12/28 11:43  | URL | フォトハイカー #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: フォトハイカーさんへ -

フォトハイカーさん...コメントありがとうございます。

> 厳しい雪山お疲れ様と同時に、無事の帰還何よりです。
***少しばかりご心配をおかけしたようですね m(_ _)m

> 写真家というより冒険家のようですね。(*^-^*)
***元々、写真は「ついで撮り」が主流ですので「作品」は出来ませんね(笑)

> これからもご無事で、良いお年をお迎えください。
***ありがとうございます。フォトハイカーさんも良いお年を。
2016/12/28 11:47  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |