野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

登山道の植(生)物たち  

 今はちょうど夏と秋の端境期、花は終盤となるも紅葉はまだ早い。
 花の後の実や種に目が行くような季節です。(それとキノコ)

 少しだけ過日の登山道で見えた様子など

 s-P20160913-111227-0.jpg
 いま一番元気なのは「多すぎた雨」に大喜びの『ミゾソバ』でしょう。凄い勢いで増殖して咲き誇っています。
 湿気大好きな植物にとっては、近頃の大雨が恵みの雨になったのでしょう。


 s-P20160913-105844-0.jpg
 ひっつきむしの代表格でもある『ヤブジラミ』の種です。鈎状の爪が衣服や動物に「ひっつき」ます。
 s-O20160913-110225-0.jpg


 s-O20160913-111202-0.jpg
 何度か登場している『アカソ』ですが、この植物は一つの株で雌雄双方の花がつきます。
 s-O20160913-111147-0.jpg
 これは今時期に目立つ「雌花」で植物の上の方に咲いた花で、これが種になります。
 s-O20160802-112226-0.jpg
 そしてこちらが「雄花」で少し早めに中ほどまでの下位層に花をつけます。なんともあっさりした花ですね。
 アカソも「女性上位」なようです。

 s-O20160913-103721-0.jpg
 8-9合目で目を引くのは綿毛をつけた種を飛散させている『ヤナギラン』です。

 s-P20160913-111453-0.jpg
 キノコの厄介なところは、傘が開く前と跡ではイメージが異なり、判別を難しくさせていることでしょう。(↑これも不明)
 s-O20160913-093822-1.jpg
 小さなキノコですが、上は毛だらけ、下は滴のように垂れ下がった不気味なキノコ。(名前未確認)


 麓で車に戻ろうとした時に見つけたのは『ムシトリナデシコ』にとまるチョウチョです。
 s-O20160913-114250-0.jpg
 タテハかヒョウモンの種類かと思いますが、未同定です。
 蝶もトンボも寒さで動けなくなる季節がやってきます。可哀想ですが自然の摂理ですね。


 今日も「仁頃山」を歩いてきました。
 久しぶりに東尾根道(6km)を歩きましたが、熊の落し物が3つも落ちていました。
 秋の木の実を求めて活動しているのでしょうね。
 今日の分は追ってUPします。


 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
コメント

こんにちは

此方も、熊の活動が活発に
あちこちに、注意看板が出始めました

山親父 #- | URL
2016/09/15 14:45 | edit

野付ウシさんも
もじゃくんいっぱいですね(#^.^#)

ヤナギランって
中々面白そうだなっ^^

♪デコ♪ #gwQYCaNk | URL
2016/09/15 15:04 | edit

Re: 山親父さんへ

山親父さん...コメントありがとうございます。

> 此方も、熊の活動が活発に
> あちこちに、注意看板が出始めました
****山親父さんは「山親爺」とは親戚ですか?・・・なんちゃって(*_*)...
  今日の尾根道ルートで一度に3箇所の落とし物を見たのは初でした。
  本物に出会うのは遠慮しときます。

野付ウシ #- | URL
2016/09/15 19:26 | edit

Re: ♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん...コメントありがとうございます。

> ヤナギランって
> 中々面白そうだなっ^^
****タンポポなどと違って綿が大きいのであまり飛ばないようです。
  でも綺麗なもんですよ!

野付ウシ #- | URL
2016/09/15 19:27 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top