きのこ中毒予防展

2016.09.11(19:42)

昨日のネタの続きで今日もキノコの話題です。

 今日、駅裏に繋がる跨線橋に付帯した『中央プロムナード』にて、
  「キノコ中毒予防展」が開催されました。
 食べられるキノコ、毒キノコ、食毒不明なキノコなど、およそ250種程が集まりました。
 昨日、仁頃山の麓で確保したキノコに加え、会員が採ってきたキノコを加えました。
 朝7過ぎから集まり準備に大忙し、オープンの10時までに陳列を終えるのは大変です。

 種類ごとにトレイに入れて、きのこ名を鑑定し、名前札を添えていきます。
 200種を超えるキノコの整理・展示は相当な手間もかかります。
 なんとかギリギリで展示が間に合ったようです。
 
 s-C20160911-095551-0.jpg

 s-C20160911-082949-0.jpg

 s-C20160911-105302-0.jpg

 s-C20160911-091943-0.jpg

 s-C20160911-082902-0.jpg

 野付ウシは会員として参加し初めて、まだ2年ですので「詳しい」とは言えません。
 ほんの数種類を除き、採るたびに図鑑とにらめっこの日々です。
 キノコの厄介なところは、出る環境で異なり、出てから成長するまでに姿も変わり、
  色や形にも変化が多いことでしょう。
 野付ウシが好きな花の場合も変異はありますが、開花すれば図鑑で判別できます。
 キノコの判別は本当に難しいものだ...ということは理解できました。

 胃腸障害程度で済めばいいですが、生命に関わる「猛毒キノコ」が存在します。
 「確証がないものは食べない」これに尽きますね。

 会場に掲示した一つの判断材料と言えるパネルがありましたので参考までに。
 s-C20160911-111406-0.jpg

 美味しいと思えるキノコ一つでも二つでも覚え、わからないものは食べない!
 これを徹底すれば中毒の心配はありません。

 今日は後片付けもあり、帰宅して写真の整理もままならず・・・
 とりあえず、今日の出来事としてUPしました。
 
 ドッと疲れた週末でした。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

できごと トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する