タイトル画像

雄阿寒岳(1,371m) トライ-2

2016.07.17(09:14) 549


雄阿寒岳登山・・・続編です。

 頭上には青空も見えてきましたが、下界は濃い霧(雲)に覆われたままです。
 s-O0160714-100633-0.jpg
 ハイマツの下を縫うように進みます。 地表では『コケモモ』の小さな花が可愛いですね。
 s-O20160714-094334-0.jpg


 s-O20160714-094403-0.jpg
 一気に眺望が開けてくると、左手に山の峰が見え、右前にも峰が見えています。
 s-O20160714-094406-0.jpg
 しかし、どちらも山頂ではありません。まだ山頂は見えない位置です。

 s-O20160714-094523-0.jpg
 七合目です。ここから八合目は10分足らず...近すぎない?と感じます。

 s-O20160714-095302-0.jpg
 足元がガレ場になってきたところで八合目到着! 意外ながらここに気象観測所があったそうです。
 昭和19年から21年の2年間のみですが、職員が常駐した場所です。

 s-O20160714-095437-0.jpg
 ようやく本命の山頂が見えてきました。随分遠く感じますが歩くと意外と近かったです。

 s-O20160714-100229-0.jpg
 一旦下った場所に何故か九合目があります。

s-O20160714-100245-0.jpg
 谷底に「ひょうたん沼」が見えることになっていますが、干上がったのか見えません。

 s-P20160714-095822-0.jpg
 ズームしてみると、山頂に三人の人影が見えました。もうすぐです。


 s-P20160714-100837-0.jpg
 ついに山頂へ到着ーーーーー! 登山口から3時間15分掛かりました。平均的なペースでしょう。
 残念ながら阿寒湖はまだ見えません。。。と言うか全てが雲の下でした。

 s-P20160714-100916-0.jpg
 でも、雲海も綺麗でしたよ。雲の向こうは斜里岳です。その先には知床連山が続きます。

 s-P20160714-103145-0.jpg
 少し待っていると霧の中から現れたのは『パンケトー』です。見えて良かった!

 s-P20160714-103634-0.jpg
 こうしてみると雲海も良かったですね。空の白い雲も綺麗!

 s-P20160714-105800-0.jpg
 2週間ほど前に登った雌阿寒岳の一部だけ見えていました。


 s-P20160714-100908-0.jpg
 下界はイメージできますが、この景色は飛行機から見るような景色でした。
 s-P20160714-104224-0.jpg

  
 腹ペコだったので、11時前ですが山頂で弁当を食べました。風もなく穏やかでした。
 十分に楽しんだので、同じ道を下山することにします。
 (雄阿寒岳は独立峰で登山道も1ルートのみです)

 下りも足元に十分な注意が必要です。何度も転びそうになります。
 足も疲れているので、上の方のガレ場、中腹の石と木の根に注意が必要です。
 
 s-P20160714-110532-0.jpg
 6合目あたりで僅かな時間ですが『阿寒湖』が顔を見せました。遊覧船の姿もチラッと。

 s-O20160714-124220-0.jpg
 途中からは又しても雲の中、雲の下...阿寒湖に下りてきた時もどんよりしたお天気でした。

 
 山全体が見えないままでしたので、過日に雌阿寒岳から撮った写真を載せます。 s-P20160628-083209-2.jpg
 阿寒湖の右奥が雄阿寒岳ですね。


 s-O20160714-124927-0.jpg
 下山後、入り口付近で見つけたのは『エゾフウロ』でした。

 s-P20160714-064933-0.jpg
 登山口から300mほど下がった「滝見橋」から見た阿寒湖からの水の流れです。(阿寒川源流)
 
 s-P20160714-132555-0.jpg
 帰路の津別手前の畑で見た『おもしろカカシ』のショットです。(毎年見られます)
 
 雌阿寒岳より低い山ですが、登ってみればかなり手強いと感じました。
 高い段差が連続し、足腰にも相当な負担となりました。
 まだ登山初心者でもある野付ウシは「修行が足りんな」との感想を持った次第です。

 雄阿寒岳登頂記録...これにてオシマイです。 お疲れさま~


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


野付牛・四季彩々(いろいろ)


山:阿寒知床 トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]
<<牧歌的 | ホームへ | 雄阿寒岳(1,371m) トライ-1>>
コメント
おはようございます
1000m級から見る雲海
見ごたえがありますね

雲海の間から見る、パンケトーも素晴らしいです
【2016/07/17 09:41】 | 山親父 #- | [edit]
山親父さん...

> 1000m級から見る雲海 > 見ごたえがありますね
> 雲海の間から見る、パンケトーも素晴らしいです
****これを見ると3時間半の苦闘も吹き飛ぶから不思議です。
  晴れた日にまた登りたいですね。
【2016/07/17 16:01】 | 野付ウシ #- | [edit]
わ~ぁ雲海見られたんですね^^

これは疲れが一気に吹っ飛んだんじゃないでしょうか(#^.^#)
素晴らしい雲の海に
飲み込まれそう~~
【2016/07/17 17:32】 | ♪デコ♪ #gwQYCaNk | [edit]
♪デコ♪さん...

> わ~ぁ雲海見られたんですね^^
> これは疲れが一気に吹っ飛んだんじゃないでしょうか(#^.^#)
****歩いている途中は霧の中でしたから、思わず「やったー!」と声が出ました!
  下界の見え方はイマイチでも、神様は代わりを用意してくれました。
  これだから山にまた来たくなるんですね。
【2016/07/17 18:18】 | 野付ウシ #- | [edit]
雲海というのもいいですね。
景色はまた次回のお楽しみに取っておきましょう。
同じ山でも季節や天気によって別の顔を見せてくれますもね。
雄阿寒は25年くらい前に登ったことがあります。
(この時は雌阿寒とセットでした。)
昔過ぎて全く記憶がありません。
いつかまた登りたい山だと思っています。
雌阿寒もそうですが、今回も楽しまれた様子が伝わって来ます。
どんどん違う山が増えていくといいですね。
お疲れさまでした。
【2016/07/17 19:11】 | watanabe #- | [edit]
素晴らしい雲海、見事です。
雲の上に出たので上は晴れですね。
高い山へ行くと、時にこんな風景に出会えます。
夏はお花も所々に咲いているのですね。

お疲れさまでした♪
【2016/07/17 20:19】 | ハマナス #- | [edit]
watanabeさん...

> 雲海というのもいいですね。
> 景色はまた次回のお楽しみに取っておきましょう。
****この時期はどうしても雲や霧が多くなります。
  何と言っても「釧路管内」ですから。

> どんどん違う山が増えていくといいですね。
****欲張らずに少しずつ増やしていきたいと思ってます。
【2016/07/17 20:54】 | 野付ウシ #- | [edit]
ハマナスさん...

> 素晴らしい雲海、見事です。
> 高い山へ行くと、時にこんな風景に出会えます。
****湿度の高い霧の中を歩いて、ポッと雲の上に出た時、
  感動しますね。

> 夏はお花も所々に咲いているのですね。
****春の花の終盤でした。これから夏の花でしょうか・・・
  今度は秋に登りたいです。
【2016/07/17 20:57】 | 野付ウシ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する