タイトル画像

仁頃山の花&生き物たち

2016.07.08(08:36) 540

仁頃山、西尾根道で見た花や生き物たちの様子です。

 まず、先日の登山時の天気は「薄い雲がたなびくも好天」でした。当日の写真を2枚!

 s-P20160706-135021-0.jpg
 山の麓のダム湖越しに見た仁頃山・・・よいお天気でした。
 
 s-P20160706-123702-0.jpg
 山頂からの眺め(18mmレンズ)、中央左に斜里岳、その左手に知床連山、中央右手に藻琴山、美幌峠が見えました。


 さて、登山中に見かけた花や動物たち...
 s-O20160706-134303-0.jpg
 はて、これは何の花? あまり花と意識しないかも。実はチクチク嫌われものの『イラクサ』でした。
 
 s-P20160706-オニシモツケ-0
 背丈は1メートル前後の『オニシモツケ』です。小さな花をズームしてみれば意外と素敵でした。
 s-O20160706-134053-0.jpg

 s-PX20160706-シナノキ-0
 急な坂を登ったあたりから何本もの『シナノキ』がありました。花はこれから? 今ひとつ見づらいですね。

 s-O20160706-エゾタツナミソウ-0
 まだ咲きかけの『エゾタツナミソウ』です。これから背丈を伸ばすのでしょう。

 s-O20160706-132514-0.jpg
 木の葉の下にしがみついていたのは『エゾハルゼミ』さん。
 すでに鳴き声も無く、出番は終わったようですが、出遅れましたか?


 雨がたっぷり降った後には、キノコの出番になったようです。
 s-O20160706-105838-0.jpg
 ドクベニタケ(毒)でしょうか? 登山道の真ん中に顔をだしていました。

 s-O20160706-112013-0.jpg
 一見してボリボリこと「ツバナラタケ」に似ていましたが、傘の表裏を見れば違うようですが、何???

 s-O20160706-113807-0.jpg
 不気味な姿で枯木に張り付いていたのはキノコ菌の一種「変形菌(粘菌)」でした。
 s-O20160706-113827-0.jpg
 どう見ても「タラコ」のような粒々の塊でした。すぐにトロケてなくなってしまいます。


 s-O20160706-エゾノヨツバムグラ-0
 小さ過ぎて見逃してしまいそうな白い花です。『エゾノヨツバムグラ』というアカネ科の花です。
 s-O20160706-111635-0.jpg
 花の直径は3mmほどしかありません。

 s-O20160706-ウツボグサ-0
 『ウツボグサ』です。昨年はたくさん見掛けましたが、今回はこれ1本です。これからでしょうか。

 s-O20160706-エゾカンゾウ-0
 『エゾカンゾウ』が道の脇に咲いています。エゾキスゲと見分けが難しい花です。


 s-O20160706-103115-0.jpg
 尾根道の高い場所ながら立派なアキタブキがたくさんあります。刈り込んだ登山道の脇にありました。

 s-O20160706-103525-0.jpg
 近くにあった大きなフキです。比較するものが写っていませんが、私(身長166cm)が立つと傘のしたに収まりました。


 s-O20160706-エゾキヌタソウ-0
 白い花をたくさんつけているのは『エゾキヌタソウ』です。山頂足元にも咲きますよ。
 s-O20160706-102416-0.jpg


 s-PX20160706-125358-0.jpg
 この西尾根道ルートは秋には最高の紅葉が見られますが、夏でも綺麗な赤がありましたよ ^.^;


 山頂で休憩中に足元に動くものが見えました。(トカゲ類でもOKならクリック拡大してネ)
 s-P20160706-カナヘビ-0
 蛇ではなくトカゲですが、名前は『カナヘビ』です。20cmを超えるものでしたが、愛嬌があります。
 トカゲなのにヘビと呼ばれるのは何か可愛そうですね。
 ちなみに野付ウシは『ヘビ』は大嫌いです!

 s-P20160706-ハシドイ&サルナシ-0
 最後に、和製ライラックとも呼ばれる『ハシドイ』です。右手に見える花は多分ツル性の『サルナシ』だと思います。
 s-O20160705-131856-0.jpg
 ライラックはとっくに終わり種を育んでいる最中です。ハシドイは今が満開時期のようです。

 次から次と咲き急ぐように花たちは山を賑わせています。
 花の季節も残り三ヶ月足らず・・・


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト


野付牛・四季彩々(いろいろ)


生きものたち トラックバック(-) | コメント(10) | [EDIT]
<<夏の遊歩道 | ホームへ | 仁頃山;西尾根道>>
コメント
お邪魔します。
とっても素敵な景色、
自然物も様々で、観ていてわくわくしますね!
【2016/07/08 08:39】 | ジャム #- | [edit]
おはようございます
山親父も、爬虫類系は大の苦手
カメラも向けられないです
そんなわけで、カナのところは
スルーしました(笑)
【2016/07/08 09:32】 | 山親父 #- | [edit]
こんにちは!
もうセミがいるのですか!
ハルゼミと出てましたので、春に鳴き出すのでしょうか?
寒いと思われている北海道で、こんなに早く羽化しているとは驚きですね・・・
【2016/07/08 12:45】 | 還暦おやじ #- | [edit]
ジャムさん...

> とっても素敵な景色、
> 自然物も様々で、観ていてわくわくしますね!
****訪問&コメントありがとうございます。
  大自然が北海道の魅力です!
  また遊びに来てください。
【2016/07/08 13:10】 | 野付ウシ #- | [edit]
山親父さん...

> 山親父も、爬虫類系は大の苦手
> カメラも向けられないです
****今日は山で本物のニョロに会いました。
  山では嫌でも様々なものが出てきますので。。。
【2016/07/08 13:11】 | 野付ウシ #- | [edit]
還暦おやじさん...

> もうセミがいるのですか!
> ハルゼミと出てましたので、春に鳴き出すのでしょうか?
***エゾハルゼミが鳴くのは6月です。今頃羽化したのは遅すぎです。
  エゾハルゼミは6月にガンガン鳴いて、7月に入って既に鳴き止んでいます。

> 寒いと思われている北海道で、こんなに早く羽化しているとは驚きですね・・・
****道外の方は春にセミが鳴くのを驚くようです。夏は夏のセミがいますよ。
【2016/07/08 13:15】 | 野付ウシ #- | [edit]
それだけ自然豊かなんだなぁ^^

トカゲもいるんですね
。。デコは会ったらどうなるだろう?
蝉よりにょろの方がいいかもっ
【2016/07/08 14:38】 | デコ #gwQYCaNk | [edit]
♪デコ♪さん...

> トカゲもいるんですね
> 。。デコは会ったらどうなるだろう?
> 蝉よりにょろの方がいいかもっ
****自然豊かですからアレもコレもいますね。
  山にお邪魔するんですから、想定しておかないと (*_*)
【2016/07/08 17:40】 | 野付ウシ #- | [edit]
西尾根は行程が長いですね。
登り始めの急坂は辛いものがあります。
私は真夏は、西尾根・東尾根は全く行きません。
葉っぱが繁り過ぎて、一人では不気味なんです。

>粘菌

UPで見ると、イクラみたい!
赤い苔にしか見えていなかったものですから・
驚きました。

先日、丸瀬布の山で夏のセミが鳴いていました。
ジージーと暑苦しい鳴き声です。

【2016/07/08 23:02】 | ハマナス #- | [edit]
ハマナスさん...

> 私は真夏は、西尾根・東尾根は全く行きません。
> 葉っぱが繁り過ぎて、一人では不気味なんです。
****過日綺麗に刈り払われましたが、歩く人は稀のようです。

> UPで見ると、イクラみたい!
> 赤い苔にしか見えていなかったものですから・
****気味悪い感じもするので普通は寄り付きませんね。
  でもキノコと同類の菌なので興味深いものがあります。

> 先日、丸瀬布の山で夏のセミが鳴いていました。
> ジージーと暑苦しい鳴き声です。
****そろそろ猛暑がやってくる?
【2016/07/09 08:21】 | 野付ウシ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する