タイトル画像

雌阿寒岳&富士にトライ!

2016.06.29(10:08) 530

仁頃山ONLYから卒業して、そろそろ周辺の山も...
 そう思いつつ少しずつ動き始めた野付ウシです。
 雪解け前に「藻琴山」、雪解け後に「西別岳&カムイヌプリ」を歩きました。

 今回は日本100名山としても名のある『雌阿寒岳(1499m)』です。
 特に難しい山でもありませんが、活火山につき一時は立ち入り禁止も。

 今回は野中温泉から雌阿寒岳山頂、その隣の阿寒富士を登り、オンネトーへ降りるルート。
 資料により多少異なりますが、全体でおよそ12Kmの歩きになります。

 朝5時過ぎに車で出掛け、現地には6時30分頃到着しました。
 s-O20160628-065332-0.jpg
 公共駐車場の入り口、登山者や車中泊をしながら旅行する人達が利用しています。

 s-O20160628-065305-0.jpg
 併設のトイレが綺麗で気持ちいいですね。和洋双方使えます(シャワートイレではありません)。すぐ隣は野中温泉です。

 s-P20160628-115633-0.jpg
 後方には雌阿寒岳が見えています。

 s-O20160628-065533-0.jpg
 06:55登山開始です。 入ってすぐは道があるような、ないような。アカエゾマツの松林が広がっています。

 s-O20160628-070410-0.jpg
 登山道はそのアカエゾマツの張りだした根と石を乗り越えながら登ります。段差が高く小柄・非力な人には辛いかも。
 しばらくはアカエゾマツとハイマツ帯をくぐりながら進みます。

 s-O20160628-070537-0.jpg
 出迎えてくれた花たち、下りまでアチコチで見かけた『ゴゼンタチバナ』です。

 s-O20160628-072525-0.jpg
 ハイマツ帯に点在するのは『イソツツジ』です。

 s-O20160628-073936-0.jpg
 雌阿寒独自の進化をした『メアカンフスマ』です。

 s-O20160628-074057-0.jpg
 そして『イワツツジ』はこれから満開を迎えそうです。

 息を切らせながらゼイゼイハァハァで四合目あたりから視界が広がります。
s-P20160628-074247-0.jpg
 左手にはオンネトーが見えてきました。

 s-P20160628-072545-0.jpg
 遠くには残雪の東大雪の山々が見えています。

 s-P20160628-072808-0.jpg
 すぐそばに見える山は「フップシ岳(1226m)」です。雄阿寒岳はまだ見えません。

 s-P20160628-074509-0.jpg
 ようやく五合目に到着です。登山口から50分ほど過ぎたところです。

 s-P20160628-075749-0.jpg
 ハイマツ帯を抜けて足元は岩場が中心になってきます。段差が高く足に負担が掛かります。

 s-P20160628-075855-0.jpg
 六合目です。雄阿寒岳は右手にありますが、雌阿寒岳本体が邪魔して見えません。

 s-O20160628-081129-0.jpg
 黄色い花があります。これも独自種の『メアカンキンバイ』です。阿寒富士側にかけてたくさん見ました。

 s-O20160628-082746-0.jpg
 八合目では既に岩だらけ。「ゴォー」という音が聞こえています(噴火口の音)。

 s-P20160628-082656-0.jpg
 すぐ先で火口が現れます。巨大な火口で大きすぎて全体のイメージがつかめません。崖の高さは相当!

 s-P20160628-083209-0.jpg
 山頂手前で横を見れば...阿寒湖、雄阿寒岳、その後方には斜里岳も見えています。

 s-P20160628-083944-0.jpg
 阿寒湖をズームアップ、遊覧船が湖内を遊覧しているのが見えます。

 s-P20160628-083557-0.jpg
 山頂到着です。登山口から90分かかりました。このオネエサンたちが山頂の標識から動こうとしません。
 他にも写真を撮ろうと構えている人がいたのですが、まったく気にしていないようです。
 その内に交替でポーズを取って一人ずつ写真撮影を始める始末・・・
 あんたら中国人か?と言いたくなりましたが、グッと我慢して終わるのを待ちました。

 s-P20160628-083746-0.jpg
 ハイッめでたく人が写らなくなりましたので改めてパチリ!


 s-O20160628-084330-0.jpg
 火口の青沼と、これから登る「阿寒富士」が見えています。
 
 長くなりましたので、この先は明日へ持ち越しです。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト


野付牛・四季彩々(いろいろ)


山:阿寒知床 トラックバック(-) | コメント(12) | [EDIT]
<<雌阿寒岳&富士にトライ! 続編 | ホームへ | 早朝の池は水鏡>>
コメント
気の根はパワーありますね
デコは先日なでなでしてきましたっ(#^.^#)

火口付近まで登れてしまうとは
お~ォすごいっ
青い沼神秘的っ
【2016/06/29 14:01】 | ♪デコ♪ #gwQYCaNk | [edit]
まさに今週末に野中温泉から雌阿寒岳に登ろうと思っているところです
貴重なリポートありがとうございました
参考にさせていただいて後は晴れるように祈るのみといったところです
【2016/06/29 14:21】 | soraの風 #- | [edit]
soraの風さん...

> まさに今週末に野中温泉から雌阿寒岳に登ろうと思っているところです
> 貴重なリポートありがとうございました
> 参考にさせていただいて後は晴れるように祈るのみといったところです
****それは良かったですね。週末の天気はまだ不安定ですが、
  良い天気に恵まれることを願っています。
【2016/06/29 14:28】 | 野付ウシ #- | [edit]
♪デコ♪さん...

> 木の根はパワーありますね
> デコは先日なでなでしてきましたっ(#^.^#)
****巨木の根は神秘的でさえあります。

> 火口付近まで登れてしまうとは > お~ォすごいっ
****落ちると引き上げるのは困難だとか・・・オォ怖っ!

> 青い沼神秘的っ
****オンネトーの青さは特別ですね。
【2016/06/29 14:30】 | 野付ウシ #- | [edit]
この角度から阿寒湖を見る
これは、登った人出ないと味わえない光景ですね

自分には、絶対無理なので
写真で楽しませていただきます
【2016/06/29 16:03】 | 山親父 #- | [edit]
山親父さん...

> この角度から阿寒湖を見る
> これは、登った人出ないと味わえない光景ですね
****そうですね。雄阿寒岳が阿寒湖から登るので
  風景が楽しみです。
【2016/06/29 17:11】 | 野付ウシ #- | [edit]
あたりまえだけど山らしいいい雰囲気ですね。
景色も素晴らしく満足度が高そうです。
私も20代の頃に5日間かけてそのあたりから羅臼のほうまで回ったことがあります。
山頂標識の独占は困ったものですよね。
別の山でのことですが標識の横でご飯食べてた若者がいて「そこで食うなよ」とか思ったことがあります。
まあ、いいんですけど^^

【2016/06/29 17:11】 | watanabe #- | [edit]
watanabeさん...

> あたりまえだけど山らしいいい雰囲気ですね。
> 景色も素晴らしく満足度が高そうです。
****天気も良かったから尚更そう思えました。

> 私も20代の頃に5日間かけてそのあたりから羅臼のほうまで回ったことがあります。
****若い時は一晩寝ると回復するけど今はねぇ...

> 山頂標識の独占は困ったものですよね。
****ま、こんな人はどこへ行っても周りを気にしないんでしょうね。
【2016/06/29 18:10】 | 野付ウシ #- | [edit]
お天気が良くて、眺望も良く良い日でしたね。
青沼も赤沼もきれいに見えています。
登り始めの赤松の根がずい分えぐれている・
そういえば、14年の秋から雌阿寒岳は上っていないです。
何度か行きましたが、なかなかすっきりり見通し良いことがないのです。
風も強いですしね。

硫黄の強い、野中温泉に入ってきましたか?^^♪
【2016/06/30 05:13】 | ハマナス #- | [edit]
天気いいですねぇ~v-350

ハイマツの香りが漂ってきそうです!v-339
【2016/06/30 07:49】 | ゲンタくんのパパ #- | [edit]
ハマナスさん...

> お天気が良くて、眺望も良く良い日でしたね。
****現地の天気を点検し、この日しかない!と出掛けました。
  薄雲が広がりましたが気温も適度で風は無く穏やかでした。
  遠くの眺望が今ひとつでしたが満足です。
>
> 硫黄の強い、野中温泉に入ってきましたか?^^♪
****午後の予定が入っていましたので、今回はパスしました。
【2016/06/30 13:10】 | 野付ウシ #- | [edit]
ゲンタくんのパパさん...

> 天気いいですねぇ~v-350
> ハイマツの香りが漂ってきそうです!v-339
****好天に恵まれました。
  ぐずついた天気がちょうど終わった時でした。
  ハイマツの香りを楽しむ余裕は無かったかも...
【2016/06/30 13:11】 | 野付ウシ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する