野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

蝶よ花よ・・・  

 裏手の公園も今年最初の「草刈り」が進んでいます。
 高々とそびえる公園の枯木の中には花も目立っています。
 最盛期を過ぎようとしている「ニセアカシア」とポプラやドロノキの白い花(&綿毛)です。

 これが過ぎると本当の初夏でしょうね。
 このところ仁頃山も1日置きのペースで登っていますが、ちょっと家の周りのことを。

 s-O20160612-102209-0.jpg
 近くで見つけた花ですが、黄緑色の花で「ハゴロモグサ」と言います。
 s-O20160612-102201-0.jpg
 花なのか蕾なのか緑色なので見づらいですね。

 s-O20160612-102658-0.jpg
 「エゾイブキトラノオ」のピンクを見つけました。白が多く周辺でピンクはあまり見掛けません。
 s-O20160612-102749-0.jpg


 s-A20160610-075655-0.jpg
 ご存知「オニゲシ」です。特大のケシ科の花ですが、開花直後の姿がユニークですね。
 抜け殻を着けたまま...と言う感じに見えます。

 s-O20160612-103922-0.jpg
 非常に目立つ花で、ちょっと毒々しい感じもしますが、蕾を付ける前の様子は「アザミ」に似た感じがします。
 s-O20160612-103907-0.jpg

 s-O20160612-102038-0.jpg
 「ムラサキツユクサ」を撮っていたら、大きな白いチョウがダブルで止まっていました。
 s-O20160612-104129-0.jpg
 すぐ横の空き地で羽化した「エゾシロチョウ」です。

 おそらく100羽近くのチョウが羽化した場所があり、周辺を常に飛び回っています。
 s-C20160614-183925-0.jpg
 夕方、日が落ちると生まれた「ボケ」の樹の枝に戻ってくるようです。

 s-C20160614-183905-0.jpg
 「チョウが咲いた」と言えるほど、たくさんのエゾシロチョウがこの状態で夜を過ごすようです。

 生まれた場所を本能で知っているのですね。
 ちょっと感動的でもありました。
 全体の8割ほどが羽化し終えたと思われます。
 
 一般に蝶の寿命は1-2週間とも言われます。
 暖かな陽射しと花に恵まれるといいですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

おはようございます
2週間ほどの寿命、蝉の次に短いのでは・・・・!?
その間に、夏を謳歌し、子孫を残す
まさに、精一杯生きているって感じですね


山親父 #- | URL
2016/06/15 10:08 | edit

Re: 山親父さんへ

山親父さん...

> まさに、精一杯生きているって感じですね
****人間のことを振り返ってしまいます。
  長く生きるだけが良いことでもない...と。

野付ウシ #- | URL
2016/06/15 11:21 | edit

ケシの殻付き初めてみました
こんな咲き方するのねぇ
まさに生まれたて^^

蝶の集団も初めてです
こりゃ感動する^^

♪デコ♪ #gwQYCaNk | URL
2016/06/15 14:08 | edit

Re: ♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん...

> ケシの殻付き初めてみました
> こんな咲き方するのねぇ
****オニゲシ独特のものかもしれませんね。

> 蝶の集団も初めてです
> こりゃ感動する^^
****ちょっと数が多くて日中は「邪魔くさい」なんて感じもします。

野付ウシ #- | URL
2016/06/15 14:38 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top