西別岳&摩周岳-2

2016.06.10(08:21)

西別岳~摩周岳縦走の続編です。

 s-C20160607-082207-0.jpg
 一旦下って「又牛別岳」を通り、摩周岳を目指します。

 s-C20160607-082218-0.jpg
 歩き始めて間もなく、リスケ山から見えていグループを捉えました。大きな荷物を背負っています。
 追いついたグループは女性4人を含む7名で、泊まりがけの装備でした。

 s-C20160607-082748-0.jpg
 文字が消えそうな「又牛別岳」の標識です。

 s-C20160607-083500-0.jpg
 1.2km下りました。ここから摩周展望台との分岐点までは、なだらかな高原の道になります。

 s-O20160607-105551-0.jpg
 この辺から摩周岳にかけて白い花を付けた「イソツツジ」が多く見られました。
 s-O20160607-105559-0.jpg
 
 s-C20160607-083508-0.jpg
 振り返ると後にした『西別岳」と「又牛別岳」が見えます。

 s-C20160607-083852-0.jpg
 高原の道は広く笹が刈り取られ整備されています。このような道が延々と続きます。

 s-C20160607-085644-0.jpg
 ようやく摩周展望台からの道と合流しました。ここから山頂まで1.6kmです。

 s-O20160607-091307-0.jpg
 この分岐点あたりから数多く見られた花が『ツマトリソウ」です。小さめですが目を引く花です。
 s-O20160607-091220-0.jpg

 s-O20160607-093151-0.jpg
 山頂までのルートでここだけで見られた『キクバクワガタ』という花です。何とも魅惑的な花でした。
 s-O20160607-093214-0.jpg

 s-C20160607-091948-0.jpg
 外輪山に沿ってルートがあり、山道のすぐ隣りは数百メートルの高さがある絶壁。

 s-C20160607-091917-0.jpg
 数カ所に告知の看板がありますが、ギリギリまで入り込んだ足跡がたくさん。

 s-C20160607-091957-0.jpg
 目眩がするほどの高さと山頂からの壁が見えます。

 s-C20160607-092608-0.jpg
 簡素な手すり前から山頂と火口の底の方をのぞき込んでみました。
 s-C20160607-092024-0.jpg


 s-C20160607-093120-0.jpg
 後半は火口の裏側に作られた石をはめ込んだ道を登ります。これが相当に急な坂道。


 s-C20160607-094053-0.jpg
 ゆっくり歩いてとうとう山頂へ!

 s-C20160607-094059-0.jpg
 曇り空の下でも青みがかった澄んだ水が確認できます。(右奥に斜里岳も)

 s-C20160607-094115-0.jpg
 山頂は岩場で狭い場所です。すぐ先は火口の底までの絶壁!

 s-C20160607-094122-0.jpg
 前側も狭く危険な場所です。

 s-C20160607-094452-0.jpg
 正面の風景、奥の低い山は「藻琴山」でしょう。

 s-C20160607-094207-0.jpg
 左は摩周湖第一展望台の方角、奥には雌阿寒&雄阿寒岳が。晴れていたら素晴らしい景色でしょう。

 小休止の後に下山開始です。
 急な坂を降りきったあたりで、先ほど追い越した7名のグループに会いました。

 s-C20160607-101341-0.jpg
 分岐点ですれ違ったグループのザックの花が咲いていました(笑)。身軽になって出掛けたようです。
 
 s-C20160607-102025-0.jpg
 暫く進んで摩周岳をズームしてみると、すれ違ったグループらしき人影が見えました。
 同じ道を淡々と引き返します。

 s-C20160607-105758-0.jpg
 ようやく「西別岳」山頂まで戻りました。
 
 s-O20160607-110517-0.jpg
 この先はお花畑で小さな花達がたくさん見られます。

 s-O20160607-111126-0.jpg
 てんとう虫かと思ったらツツジの葉でした!(コケモモの蕾かな)。ここで小休憩しオニギリで昼食です。

 s-C20160607-112304-0.jpg
 山麓の方を見れば広い森、その先に畑が広がっています。更にその先は釧路湿原になるはずです。

 s-C20160607-114534-0.jpg
 ゼイゼイハァハァで登った坂を一気に下ります。転げ落ちるほど急でした。

 s-C20160607-120052-0.jpg
 登山口に戻ったのはちょうど12:00でした。登山開始からピッタリ5時間の山歩きです。
 往復行程 15.6kmで、スマホの万歩計で約23,000歩でした。
 標準で6時間ほどの行程ですから、早歩きだったようです。

 s-C20160607-122933-0.jpg
 帰り道に見た「西別岳」です。また2時間以上かけて戻ります。
 4時半起床で少々お疲れモードでした!

 ※今回の写真は全てコンデジで撮影しました※

関連記事
スポンサーサイト

山:阿寒知床 トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]
コメント
此処に、立たなければ見られない光景
素人の山親父には、この角度から、
摩周湖を見る事は、絶対にないでしょうね

ところで、熊の心配はないのでしょうか

【2016/06/10 11:09】 | 山親父 #- | [edit]
山親父さん...

> 此処に、立たなければ見られない光景
****そうですね。外輪山を挟んだ反対側からの眺めです。
  晴れた日にまた行きたいです。

> ところで、熊の心配はないのでしょうか
****深い山の繋がりの一部ですから、当然クマさんもいるでしょう。
  山歩きでは常に「熊も歩いている」と意識することですね。
【2016/06/10 13:27】 | 野付ウシ #- | [edit]
ここでしか見られないんだろう
野花が変わってて面白いなぁ

ツツジもクワガタさんも
花弁の芯が長いですねぇ(#^.^#)

5時間の山歩きは凄いです!!
【2016/06/10 14:20】 | ♪デコ♪ #gwQYCaNk | [edit]
♪デコ♪さん...

> ツツジもクワガタさんも
> 花弁の芯が長いですねぇ(#^.^#)
****少し変わっている、と言うか優雅な感じもします。

> 5時間の山歩きは凄いです!!
****出た以上は車のある出発点に戻らなければなりません。
  一旦歩き始めたら必死ですね。16kmというキロ数は後で見ました...
【2016/06/10 16:07】 | 野付ウシ #- | [edit]
なかなかいいですが、花の写真も素晴らしいですね。
ワタシのデジイチ画像より素晴らしい。
景色も想像通りですが、やはりここは青空がほしかったですね~
でも満足できたのではないかと思います^^
ザックの花が面白いですね。
ほんと、お疲れさまでした。
【2016/06/10 17:08】 | watanabe #- | [edit]
ありがとうございます。
実は、もし北海道へ行くことがあったらこのコースを歩いてみたいと考えているのです。
展望台からとは違った角度の摩周湖、そしてこのコースの花。
まる一日かけてゆっくり歩いてみたいのです。
23,000歩ならわが裏山の月例程度ですから、まだまだ歩けると思うのですが、、、、
さてさて、北海道へ行くことができるかどうか、そちらのほうが問題ですね。
【2016/06/11 08:01】 | タカ長 #9mUhncgI | [edit]
watanabeさん...

> ワタシのデジイチ画像より素晴らしい。
> 景色も想像通りですが、やはりここは青空がほしかったですね~
****曇り空なので画像は少し修正してます。晴れだと景色も写真も
  綺麗になったのに...天気予報がどんどん変わるので予定も難しいですね。

> でも満足できたのではないかと思います^^
****大満足ですね。これで少し自信もつきました。
【2016/06/11 08:53】 | 野付ウシ #- | [edit]
タカ長さん...

> 展望台からとは違った角度の摩周湖、そしてこのコースの花。
> まる一日かけてゆっくり歩いてみたいのです。
****周りには温泉も数カ所ありますし、縦走の後は温泉ですね!
  車の回送可能なら同じ道を戻ることなく歩けたのですが・・・
  周辺は人気の山も多いですから、是非来道ください。
【2016/06/11 08:58】 | 野付ウシ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する