船を掘る鳥

2016.03.09(08:44)

今日も晴れ...暫くは晴れ&曇りの天気予報で、極端な冷え込みは無くなりそうです。

 過日の仁頃山登山で大量の「木くず」を見つけました。

 まるでチェンソーかノミで削ったような大きめの木くずです。

 それは『クマゲラ』の仕業とわかりました。

 キツツキと呼ばれる鳥は「キツツキ目」として分類されてますが、北海道では7種ほど確認されています。

 クマゲラはその中で最大の大きさで、カラスと間違うほどです(頭の赤が目立つも全身黒)

 北海道と東北の一部に生息し、アイヌ語で「チプタ・チカップ」(船を掘る鳥)と呼ばれています。
  ※参考;Wikipedia クマゲラ

 s-NIKON20160307-150750-0.jpg
 ミズナラの大きな木の根元に「木くず」がどっさり!

 s-NIKON20160307-150806-0.jpg
 かなり大きめなチップのように積もっています。

 s-NIKON20160307-150925-0.jpg
 大工さんがノミで削りとったような破片に見えました。

 s-NIKON20160307-150959-0.jpg
 上を見上げると長さ30cmを超えるような穴が。正にアイヌ語の「船を掘る鳥」と言われる所以です。

 丸木舟を掘るのを任せられそうですね。

 この大きな穴の他に全部で10箇所ほどの穴がありました。
 s-NIKON20160307-150853-0.jpg s-NIKON20160307-150832-0.jpg s-NIKON20160307-150825-0.jpg

 さすがに大型のキツツキですね、掘る穴の大きさと勢いを感じます。

 残念ながら簡単に姿を現してくれず、まだ写真は撮れていません。

 仁頃山愛好会の会長さんが撮ったものを見ましたが、間違いなくクマゲラでした。

 Wikipedia掲載の写真をお借りして張っておきます。
 Kumagera.jpg

 アカゲラ(3種生息)、コゲラ、ヤマゲラとは異なる大きさです。

 その内に出会えるでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

生きものたち トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
コメント
此方にもいるのですが
鳥撮りレンズも、腕もなく
遠くから眺めているのが精いっぱいですね
【2016/03/09 10:35】 | 山親父 #- | [edit]
山親父さん...

> 此方にもいるのですが
> 鳥撮りレンズも、腕もなく
> 遠くから眺めているのが精いっぱいですね
****私は300ミリ持参した時だけ可能ですね。
  普段は18-135mmかMacroなので、野鳥撮影には厳しいです。
【2016/03/09 13:18】 | 野付ウシ #- | [edit]
これだけのつっつき具合なんだね。
これは見た事ないぞ^^

大工さん早く顔だして~~ぇ(#^.^#)
【2016/03/09 14:08】 | ♪デコ♪ #gwQYCaNk | [edit]
♪デコ♪さん...

> これだけのつっつき具合なんだね。> これは見た事ないぞ^^
> 大工さん早く顔だして~~ぇ(#^.^#)
****正に大工さんの所業だよねー・・・
  なんとかして会いたいな ^^;
【2016/03/09 16:37】 | 野付ウシ #- | [edit]
昨年1月に初めて見ました。
思っていたほど大きなヤツじゃなくて^^
クマゲラの食痕は暴力的でさえありますよね。
あれを見ると、加害者(クマゲラ)と被害者(木)に見えてきます。
ホンモノに出会えるといいですね^^
【2016/03/10 15:18】 | watanabe #- | [edit]
watanabeさん...

> クマゲラの食痕は暴力的でさえありますよね。
> あれを見ると、加害者(クマゲラ)と被害者(木)に見えてきます。
****普段はアカゲラばかり見ているので、
  なんとかクマゲラさんに会いたいです。
【2016/03/10 16:52】 | 野付ウシ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する