タイトル画像

鉄道高架化&地下化

2016.02.23(08:50) 405

何度も登場しているウォーキングコースの遊歩道・・・

 何通りかコースはありますが、9割はJR高架下と平行する遊歩道を通ります。

 6kmコースの場合で高架下は1/3に当たる2kmほどです。
 s-DSCN1876.jpg
 左手がJR高架部分です。(デジカメ逆光でパープルにヤラれました)

 数多くの踏切を解消するために、1992年に市街地部分2.8kmほどを高架化したものです。
 
 完成した頃、ちょうど私めは札幌転勤で当地には居ませんでした。

 今でも新たな発見があったりしますが、今日は高架にある版画絵について。

 s-N125326-0.jpg
 ここは我が家近くの高架下交差部分ですが、何やら絵模様らしきものが見えています。

 車だとじっくり見られませんが、版画絵です=地元の方のものだとか。

 s-DSCN1879.jpg
 実測してませんが、多分1m四方くらいの大きさかと。

 s-DSCN1870.jpg

 s-DSCN1866.jpg
 JRに関わる懐かしい絵が並んでいます。右下の小さな模様は作者の名前と印が版画で作られています=T.Kagawaと記載。

 s-DSCN1875.jpg

 s-DSCN1874.jpg
 別の交差点では北見の古い施設などの版画で、「野付牛村役場・郵便局」などもあります。

 交差する高架部分両サイドに版画6点+作者名=7点ずつ配置されています。

 市民でも知らない人が多いのでしょうね。(私も全画チェックしてません)

 高架化から既に24年になるんですね。完成当時の色はどうだったのでしょうか?


さて、ついでですので、北見駅の反対側のお話も。。。

 北見駅西側は実は地下トンネルになっています。(市街地のトンネルは地下鉄以外で日本初だったとか)

 kitami stn
 これはJR北見駅ですが、ちょっと貧弱な駅で残念ながら評判はあまり良くありません。

 このすぐ横からトンネルが掘られ、2.1km先に地上に出ています。

 多くの踏切を解消するために、様々な事情を考慮した結果、地下トンネルを選択したのです。

 1977年完成で、日本最北の市街地トンネルとも言われています。

 旧敷地の地上部分は広い公園&遊歩道になっており、私めもかつてはウォーキングで利用していました。

 s-kitami map
 参考地図(Yahooより)で、赤い線は地下トンネル、青い線は高架部分です。

 駅周辺の真ん中少しだけ地上にあることになります。

 市の中心部を車で走っても線路のことを意識することはありません。便利と言えば便利ですね。

 ついでの話で広がってしまいましたが、地元の鉄路にまつわるお話でした。

関連記事
スポンサーサイト


野付牛・四季彩々(いろいろ)


お散歩にて トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
<<新雪増量 | ホームへ | 吹雪明け>>
コメント
高架橋って魅力ありますよね。

デコも最近あちこちキョロキョロするようになったから
何でもこれ被写体にいいわ~~ぁって
あんぽんたん頭(古)回転しております( ;∀;)
【2016/02/23 14:32】 | ♪デコ♪ #gwQYCaNk | [edit]
高架は、知っていましたが
地下を通しているのは、始めて知りました!
【2016/02/23 15:02】 | 山親父 #- | [edit]
♪デコ♪さん...

> 高架橋って魅力ありますよね。
****田舎町では「高架橋」自体が少ないんですよ。

> デコも最近あちこちキョロキョロするようになったから
> 何でもこれ被写体にいいわ~~ぁって
****ブログやると皆さんそうなるみたいですよ。~.~;
【2016/02/23 15:34】 | 野付ウシ #- | [edit]
山親父さん...

> 高架は、知っていましたが
> 地下を通しているのは、始めて知りました!
****JRで北見駅到着間際の210mですが、初めての方はビックリするようです。
  市街地ど真ん中で「ゴォー」なんてトンネル入るんですから。
【2016/02/23 15:36】 | 野付ウシ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する