2.16仁頃山

2016.02.17(09:30)

陽射しが少しだけ柔らかくなった...とは言え、今朝も -18度です。

 本当に春めいてくるのは1ヶ月ほど先になるのでしょうね。

 昨日、昼食後に仁頃山へ向かいました。

 s-C-122642-0.jpg

 ダム湖の橋から撮った時には青空が広がる天気でした...が。

 日が傾いたままの冬は、午前に済ませる人が多く、午後は駐車も楽です。

 過日のベタ雪荒天も、登山道には大きな影響はなかった様子。

 冬靴のみで東新道から登り、下りは管理車道を抜けてきました。

 入山してすぐに青空は消えてしまいチラチラ雪さえ降ってきました。

 s-C-135649-0.jpg
 7合目を過ぎた辺りからは気温がグッと下がり、ダケカンバの木々には樹氷が残っています。

 s-C-140216-0.jpg
 下を眺めると寒々とした景色が広がっています。

 s-C-140416-0.jpg
 風と樹氷が創りだした「エビの尻尾」が山頂付近で見られました。

 s-C-140139-0.jpg
 山頂は微風で気温は -8度を下回るくらいですね。

 s-C-140154-0.jpg
 大雪山方面は雪雲が出て降っているような様子です。

 s-C-140511-0.jpg
 北見市街地方面までは見えていますが、遠景は霞んでいました。

 s-C-140840-0.jpg
 ほんの少しの間ですが、粉雪が舞う空に、フワーッと青空が広がり暖かい陽射しが!

 s-C-141021-0.jpg
 足元に穴を見つけました。ネズミが出入りしているかも。。。シバレた雪の結晶が幻想的で思わずシャッターを。

 s-Ca-140449-0.jpg
 
低山でも冬は変わりやすい空模様と、平地とは異質な厳しい寒さ。

 谷底から吹いてくるのは微風ですが、頬が凍るような痛さを感じながら下山しました。。。

関連記事
スポンサーサイト

山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
コメント
エビの尾尻、写してみたい被写体ですけど
高根の花です(笑)

今日の此方、相変わらずの吹雪模様
時折日が射すも、長続きなしないです
【2016/02/17 10:34】 | 山親父 #- | [edit]
山親父さん...

> エビの尾尻、写してみたい被写体ですけど
> 高根の花です(笑)
****近辺では「藻琴山(屈斜路湖の横)」でかなりの頻度で見られます。

> 今日の此方、相変わらずの吹雪模様
> 時折日が射すも、長続きなしないです
****日本海からの影響を受けているのでしょうね。
【2016/02/17 11:34】 | 野付ウシ #- | [edit]
ロブスター旨そうです(笑)

樹氷も結晶も綺麗っ
雪の着せ替えショー
楽しませていただきました(#^.^#)
【2016/02/17 14:22】 | ♪デコ♪ #gwQYCaNk | [edit]
♪デコ♪さん...

> ロブスター旨そうです(笑)
****本来のゴツイ「エビの尻尾」を撮りに行きたいですね。

> 樹氷も結晶も綺麗っ > 雪の着せ替えショー
> 楽しませていただきました(#^.^#)
****雪穴の結晶は想定外だったので嬉しかったです。
  霜や氷と違って良かったです。~.~;
【2016/02/18 09:10】 | 野付ウシ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する