2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
2.1 冬山10回目
- 2016/02/02(Tue) -
2月はやはり寒い! 今朝も-23度でした。

 晴れたり曇ったり落ち着かない天気ですが、日中の寒さも厳しいものがあります。

 今年10回目の冬山(仁頃山)へ行ってきました。
 
 昼食を済ませた昼過ぎのトライで、足跡が踏み固まったので冬靴のみでスタート。

 平日の昼過ぎは極端に登山者が減ります。

 足跡がしっかり固まってきているので歩きやすく、夏とあまり変わらない時間で山頂へ。

 s-C-140900-0.jpg
 山頂は気温-11度なので、今シーズン私が登った中では一番寒かったはず。

 s-C-140919-0.jpg
 天気は曇りがちで細かい雪が降ったり止んだり・・・見通しはダメ!

 s-C-141000-0.jpg
 どちらを向いても山裾までしか見えませんでした。

 山頂で休憩しドリンクと非常食のバーを食べていると...足元で何やら動くものが。

 枯れ葉? いやいや茶色の小さなネズミでした。(たぶんアカネズミ)

 休憩用の椅子の下の雪穴からウロウロ出てきて反対側の雪の穴に消えました。

 私がじっとして動かずにいたので、人間や動物はいないと勘違いして出てきたのでしょう。

 s-C-141609-0.jpg
 動きはかなり遅かったので、写そうとカメラを出している間に穴に入ってしまいました。(椅子の下の雪にある穴)

 2-3メートルの雪でも穴を掘って表に出入りするネズミです。

 キツネくんたちは、これらを食べているのでしょうね。

 ネズミくんも、キツネ君も冬を生き抜くのは大変なようです。

 山頂から降りる頃は気温も下がり始め、頬が痛くて手袋を当てながら下山。

 仁頃山も一番寒さが厳しい季節を迎えています。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 山歩き:市内近郊 | CM(6) | ▲ top
<<北見薄荷記念館 | メイン | 「真冬」を楽しむ>>
コメント
- -

顔出してくれたらナイスだったのに^^
寒い中冬眠しながら越冬してるんだもんね。

温度計みたら身震いしちゃう( ;∀;)
ぶるるっ
2016/02/03 03:45  | URL | ♪デコ♪ #gwQYCaNk[ 編集] |  ▲ top

- -

山の上ですから、気温以上に
体感温度が相当低く感じられるでしょうね?

ネズミ等の小動物は
この時期何を食べているのでしょうね?
2016/02/03 05:55  | URL | 山親父 #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: ♪デコ♪さんへ -

♪デコ♪さん...

> 顔出してくれたらナイスだったのに^^
> 寒い中冬眠しながら越冬してるんだもんね。
****私の足元を2mほど歩いて穴に入りました。
  顔は見えてませんが、こんな時にはネズミも可愛く見えてしまいますね。

> 温度計みたら身震いしちゃう( ;∀;)
> ぶるるっ
****寒い、と言うより痛い!な寒気でした。
2016/02/03 08:41  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: 山親父さんへ -

山親父さん...

> 山の上ですから、気温以上に
> 体感温度が相当低く感じられるでしょうね?
****登り切った途端に汗が引くので、余計に寒く感じます。

> ネズミ等の小動物は
> この時期何を食べているのでしょうね?
****雑食ですから、草の根や地中の虫などでしょうか?
  冬眠はしないようです。
2016/02/03 08:44  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

寒い中登っていますね。
山に入ると何かしら発見があるものですね。
私も同じような経験が何度かあります。
少なくても家の中にいるよりずっといいですよね。
2016/02/03 22:25  | URL | watanabe #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: watanabeさんへ -

watanabeさん...

> 寒い中登っていますね。
> 山に入ると何かしら発見があるものですね。
> 私も同じような経験が何度かあります。
> 少なくても家の中にいるよりずっといいですよね。
****体にも、頭にもいいですね。
 Webで見かけた記事=あなたは何故山に来るのですか?
 答えだトップは「家に居場所が無いから・・・」ですと。
2016/02/04 08:07  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |