野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

冬の青さ  

昼前後に仁頃山へ行ってきました。

 11月に早々と雪が積もってから、ほとんど増えていません。

 したがって山の様子は変化がなく、淡々とした歩きになりました。

 今日は麓にある「富里ダム湖」を題材にします。

 s-C-115548-0.jpg
 北見市の奥座敷となる仁頃山のふもとに出来た「かんがい用水用施設」が富里ダムです。

 今年は秋に暴風雨があったため、ダム湖の水は満々とした様子を見せています。

 今朝は-13度ほどに冷えましたので、ここの水も氷が広がりつつあります。

 s-P-093510-0.jpg
 ダムサイトの上からの写真です。湖面が一部ザラザラしていますが、氷が出来つつあります。

 s-P-093523-0.jpg
 右下に少し見えているのはダムサイトの「土手」です。氷の上には粉雪で模様ができています。

 s-P-093537-0.jpg
 これから登る仁頃山は晴天に恵まれました。空の青さが湖面にも映っています。

 s-P-094014-0.jpg
 中央の橋の上からダムサイト側を見た風景です。空の青が映り込み幻想的な色になりました。

 s-P-093952-0.jpg
 橋の上から山の方を見た風景です。奥(山の麓)の方の湖面は既に真っ白になり結氷しています。


もう少しで全体が氷で覆われるはずです。ここはワカサギも釣れるんですよ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

ワカサギ釣りが出来るとなると
厳冬期には、カラフルなテントで賑わうのですね

山親父 #- | URL
2015/12/09 15:49 | edit

Re: 山親父さんへ

山親父さん...

> ワカサギ釣りが出来るとなると
> 厳冬期には、カラフルなテントで賑わうのですね
****不思議と賑わっている様子を見たことがありません。
  今年1-2月の状態ではポツポツと見掛ける程度。
  あまり釣れないのか、告知が足りないのか...

野付ウシ #- | URL
2015/12/09 16:30 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top