野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

計呂地交通公園  

サンゴ草を見に行った湧別・計呂地の交通公園について。

 先日はサンゴ草の記事だけをUPしましたが、同じ場所にある公園の説明を。

 PE112123-0.jpg
 サロマ湖の内陸側で真ん中あたりにあります。

 既に紹介のサンゴ草群落の入り口になります。
 PE105731-0.jpg
 ここにある列車は展示だけでなく、簡易宿泊所としても機能しています。

 主に道外から旅行者、特に自転車やバイクで旅行する人たちが利用しています。
 PE105842-0.jpg PE105826-0.jpg(クリック拡大可)
 客車2両のうち、1両が宿泊可能です。(左側の写真)

 但し、雑魚寝です=何せ一人300円ですから文句は言えません。

 雨露凌げて電気もあるし、シャワーも使えます(有料ですが)。

 家族連れでは無理かな? いえいえ大丈夫です。
 PE111617-0.jpg
 「駅長の家」がありまして、ここなら家族連れでもOKですよ。

 駅長の家でも一人500円で泊まれます。(素泊りのみ)


 PE111633-0.jpg
 駅舎はこんな感じですね。

 PE111719-0.jpg
 
 機関車(C58)を前から見た状態。
 PE111824-0.jpg

 宿泊利用者もライダーが減るのと同時にだんだん減少しています。

 かつては夏休みは予約が取れないくらいでした。

 ゆっくり時間と体力を掛けて旅行する若者も減っているんですね。

 
関連記事
スポンサーサイト
コメント

計呂地は横目で見ていつも素通り、立ち寄ったことがないのですよ。
今度寄ってみます。
サンゴ草もあるのですね。

ハマナス #- | URL
2014/09/30 04:35 | edit

Re: タイトルなし

> 計呂地は横目で見ていつも素通り、立ち寄ったことがないのですよ。
> 今度寄ってみます。
> サンゴ草もあるのですね。
***ここのサンゴ草、残念ですがかなり状態が悪くなっています。

野付ウシ #- | URL
2014/09/30 09:46 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top