野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

真紅の絨毯  

ようやく強風も落ち着いたようです。

 公園や遊歩道では市の関係者・業者が後始末に追われています。

 今日のウォーキング途中でも倒木を切り刻んだり、散乱した小枝を集めたりしていました。

 台風など稀にしか経験しない土地柄ですが、今回の爆弾低気圧は台風そのものでしたね。


さて、今日は9月30日の「黄色い絨毯」に続く、能取湖畔・卯原内の「真紅の絨毯」です。

 P-135622-0.jpg
 青空が隠れてしまったので、少々色合いが暗いですが、見事なサンゴ草(アッケシソウ)の紅葉です。【青空の下だと息を呑む美しさ】

 P-134029-0.jpg
 過去4-5年は「人間が手を加えた」ために、半分近くがダメになっていました。

 間違いに気づき丁寧に修復を図ったことで、ようやく元の姿に戻りつつあります。

 「観光」を意識しすぎると、愚かな人間たちは「意のままにしようと」手を加えてしまいます。

 あくまでも「自然を守る」という気持ちが大切なのですね。

 P-134506-0.jpg

 P-133931-0.jpg

 P-135532-0.jpg

 P-134143-0.jpg

 C-135020-0.jpg
 場所や光の当たり方で微妙に色合いも変化します。アップで見ると不思議な形ですね。

 近くではオホーツク海側の「ワッカ原生花園」「サロマ湖キムアネップ岬」などでも見られます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

どうやら、復活したみたいですね

ここへは、ダメになる前の年に行っています

山親父 #- | URL
2015/10/04 11:53 | edit

Re: 山親父さんへ

> どうやら、復活したみたいですね
>
> ここへは、ダメになる前の年に行っています
****今年の秋に「復活宣言」をしたばかりです。
  完全復活か?と言われれば「もう少し」の感じです。

野付ウシ #- | URL
2015/10/04 12:15 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top