恵みの雨

2015.07.23(11:29)

今年は春から雨が少ない状態が続いています。

 降っても僅かな量で終わることも多かったように記憶しています。

 昨日は夕方にはほぼ収まったものの、しっかり土に染み込んだようです。

 畑の作物も、野山の植物たちも元気になったことでしょう。

 仁頃山を歩いている時も、うなだれて枯れてしまいそうな野草を見掛けました。

 水分を多く必要とする種類は乾燥続きでピンチだったようです。

雨の合間を縫い雨傘持参で近くの遊歩道へ行ってきました。

 N063904ヒロハツリバナ
 独特の形をした「ヒロハツリバナ」が実を付けています。赤く色づくのが楽しみですね。

 N063959ツリバナ
 こちらは丸い実で普通の「ツリバナ」です。

 N064150ニワウメ
 この遊歩道脇には様々な木の実・草の実がみられます。これは「ユスラウメ」でしょうか?

 ちょっと意外なものを見つけました。
 P142133イチゲフウロ
 ゲンノショウコかと思いきや「イチゲフウロ」でした。花が一輪だけなのと葉の切れ込み等が異なります。

 P143435ゲンノショウコ
 花がそっくりで見分けが難しいですが、こちらは「ゲンノショウコ」でしょう。二輪花が付きます。

 P142934ナミキソウ
 仁頃山で見ていた「ナミキソウ」が、こんな道端でも咲いています。

 P142625ヤブジラミ
 微細な花でノコギリ状の葉が下の方に付いている「ヤブジラミ」です。

 P144327ハタザオガラシ
 そして、細い茎と細長い葉が特徴的な「ハタザオガラシ」です。

 名前に○○ガラシ(カラシ)と付くのは「アブラナ科」の花ですね。

雨上がりの蒸し暑い中で見つけた花です。

 湿気が多く気温も高めで人間には最悪な気候ですが、植物には最高の雨だったようです。

関連記事
スポンサーサイト

花・植物 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
コメント
雨はあがりましたが、蒸し暑さが半端ではなく
外へ出る気になりません

「イチゲフロ」と「ゲンノショウコ」
山親父でしたら、一緒になっちゃいます
【2015/07/23 14:56】 | 山親父 #- | [edit]
> 雨はあがりましたが、蒸し暑さが半端ではなく
> 外へ出る気になりません
****気温の割に蒸し蒸ししますね。
  北海道も梅雨が存在するようになるかも、ね。

> 「イチゲフウロ」と「ゲンノショウコ」
> 山親父でしたら、一緒になっちゃいます
****私も未だに迷います。植物にも個性があるので、
  図鑑の通りに育ちません。
【2015/07/24 10:38】 | 野付ウシ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する