7/16 仁頃山-1

2015.07.17(14:17)

暑くなったり寒くなったり、温度差が大きすぎて困惑しますね。

 昨日は20度に届かず曇り空の一日...厚手のトレーナーでちょうど良かったです。

そんな「涼しげな日」に仁頃山へ行ってきました。

 今回は「奥新道」から登って頂上へ、下りは「管理車道」です。

 朝08:40歩行開始です。頂上は霧の中で見えません。

 N085244-0.jpg
 雲は厚くないので林の中でも暗くはありませんでした。

 N-084930-0.jpg
 仁頃山中腹まではこの「オオウバユリ」がどんどん咲き始めています。

 N-084502オオハナウド
 そしてセリ科の大きな花が各種咲き乱れています。これはオオハナウドで花びらが変わっていますね。

 N102016オオカサモチ
 似たような花で「オオカサモチ」も咲いていますが、アップで見ると花が異なりますね。


 混合林に入ると暫くの間は急勾配が連続しています。

 NI085417-0.jpg
 登山道の脇にキノコが数種類出ていました。

 N091613-0.jpg
 傘の上がササクレだっているキノコで、柄も傘もしっかりした手触り・・・でも食不適でしょう。

 N093213-0.jpg
 以前にも掲載した巨木です。下は幹の一部しか残っていませんが上は元気です。

 N093923-0.jpg
 今年になり初めて見た「クルマユリ」です。個人的には一番好きなユリです。

 N095413-0.jpg
 この奥新道にも咲いていた「シャクジョウソウ」です。葉緑素の持たない変わった花です。

 N100015-イワガラミ0
 大きな木に巻き付いて花を咲かせていたのは「イワガラミ」です。紫陽花と同じような花ですね。

 後半の急勾配で足元をうめつくすのは「シロツメクサ(白詰草)」です。

 N100344-0.jpg
 上下の違いがわかりますか? 葉の模様の有無ですね。
 N-100401-0.jpg

 ちょっとクローバー談義を・・・葉のV字型模様は遺伝子の違いで数種類あります。

 外来種のクローバーですが、昔は荷物箱詰めの緩衝材(詰め物)として利用されています。

 それで日本名が「詰め草」になったとか。ムラサキツメクサも今が盛りですね。

 ムラサキツメクサはまっすぐ伸びて背が高く、花自体も大きいですね。

 葉のV字模様は5-6種類確認されているようです。探してみてはいかがでしょうか? 

 N-102245ホザキシモツケ
 頂上すぐ手前にはホザキシモツケが咲いています。後方はサロマ方面になります。

 N102411ヤマブキショウメ
 大きなヤマブキショウマが登山道へ伸びています。

 N102429-0.jpg
 おじぎをしているアザミの花ではハチ(コマルハナバチ)が一生懸命蜜を集めていました。

 動植物をゆっくり見ながら歩くのは楽しいものです。

 頂上から下りは次回へ。。

関連記事
スポンサーサイト

山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
コメント
日々変わる気温に体がついていかないですね
Vの字、探してみます
【2015/07/18 06:27】 | 山親父 #- | [edit]
> 日々変わる気温に体がついていかないですね
> Vの字、探してみます
****最高気温が1日で10度も変わると着るものも悩みます。
  暑いのも辛いですが、北海道は夏が短いですから、
  暑い日々が続いて欲しいとも思いますね。
【2015/07/18 08:23】 | 野付ウシ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する