キムアネップ岬の初夏

2015.06.22(09:50)

帰国して1年が経過しました。とても早く感じた1年です。

 当初は落ち着かず、大好きなサロマ湖や知床・阿寒などは行けませんでした。

 夏のサロマ湖は3年ぶりになります。

 浜佐呂間からキムアネップに向かいました。

 Ca-091219-0.jpg
 ここには森のトンネルがあります(葉の茂る夏場のみ)。キムアネップに向かい前方の風景
  
 Ca-091235-0.jpg
 そして、振り返ってみても森のトンネルです。 よくキタキツネが出ますが、今日は会えず。

 PE-092037-0.jpg
 青空は少しだけ見えますが、うろこ雲が広がっています。

 PE-092054-0.jpg
 さっそくハマナスがお出迎えです。やはりこういう場所が似合いますね。

 少し先にアオサギが警戒しながらエサを探しています。この鳥は本当に近寄れません。

 PE-091238-0.jpg
 サロマ湖の外海と面した遥か彼方に砂州をつなぐ橋が見えます。

 PE-092658-0.jpg
 原生花園の状況を見ながら進みます。センダイハギはほとんど咲き終わり種も見えます。

 PE-092818-0.jpg
 激しく鳴く鳥の声...ノビタキですね、子育て中の威嚇でしょうか。

 PE-092853-0.jpg
 私の大好きな「ヒオウギアヤメ」も最盛期を過ぎています。今年は少し早めかな?

 PE-093249-0.jpg
 アヤメの中でも別格の美しさがあると思います。

PE-094050-0.jpg
 そしてもう一つの特別な花が「エゾスカシユリ」ですね。

 PE-094143-0.jpg
 最近は庭に植えている人も見掛けますが、自然の中でみなけりゃ...ですよね。

 キムアネップのお話は続きます・・・

関連記事
スポンサーサイト

風景 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
コメント
素敵なところですね!
ワッカの方へ足を向けちゃうので
ここは、素通りが多いです
【2015/06/22 11:05】 | 山親父 #- | [edit]
> 素敵なところですね!
> ワッカの方へ足を向けちゃうので
> ここは、素通りが多いです
****個人的にはキムアネップの方が好きです。
  原生の花の種類は少し少ないですが、アオサギの群れは常にいます。
  冬はハクチョウの群れですね。サンゴ草の紅葉も見事!
【2015/06/22 14:12】 | 野付ウシ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する