FC2ブログ

Welcome to my blog

足元はすっかり秋

野付ウシ

野付ウシ

 落ち着かない空模様が続いています。
 朝の気温も変に高いようで、この数日10度前後で9月並でしょうね。
 
 そんな状況を反映してか、仁頃山では山の色づきも良くない感じがします。
 一部のモミジなどは赤くなってますが、多くはチリチリになったり、色がくすんだりしています。
 今日は足元と、頭上をメインに取り上げてみました。

 s-TG3-20191007-081226-0.jpg
 この日は晴れのち曇りの空模様でした。まずまず穏やかなお天気。
 久々に「奥新道」を登りました。 特に秋はキノコも出るし紅葉も綺麗なルートです。

 s-K70-20191007-083840-0.jpg
 登山口近くの渓流ですが、2-3日前が雨だったこともあり、少しばかり水量が増えています。
 s-TG3-20191007-084705-0.jpg
 登り始めはジグザグ道を進みますが、分厚く落ち葉が積もっていました。
 s-K70-20191007-084943-0.jpg 下の方はミズナラなどが多いため、登山道はドングリだらけでした。
 
s-K70-20191007-085718-0.jpg
 中腹までは紅葉するカエデやモミジも多めで、紅葉時期は楽しめます。(キノコはほぼ終わっています)
 s-K70-20191007-085810-0.jpg
 一部だけ赤くなるモミジの葉を時々見かけますが、不思議な現象ですよね。
 s-K70-20191007-090748-0.jpg
 夏には気づかない「ツリバナ」ですが、赤い実ができて初めて存在に気づきます。
 s-K70-20191007-091010-0.jpg
 多くはヤマモミジやイタヤカエデの紅葉部分ですね。

 s-K70-20191007-090112-0.jpg
 「ミヤマガマズミ」の紅葉と赤い実が目を引きます。
 s-TG3-20191007-090224-0.jpg
 (葉の先が円いと「ガマズミ」で、少し伸びて尖っていると「ミヤマガマズミ」です)
 s-TG3-20191007-090950-0.jpg
 こちらは葉先がほぼ円いですから、「ガマズミ」です。 

 s-TG3-20191007-090914-0.jpg
 中腹あたりが一番綺麗に色づいていました。
 s-TG3-20191007-092224-0.jpg
 s-K70-20191007-091247-0.jpg

 s-K70-20191007-091448-0.jpg

 s-K70-20191007-091534-0.jpg
 思わず足を止めて見上げてしまいます。 たくさん撮っても似たような画像になりますが、やはりシャッターを押しますね。

 このルートが気に入っているのは、登山道の姿にもあります。樹木の間を縫うように歩道があり、秋は落ち葉の絨毯。。。
 s-TG3-20191007-092155-0.jpg

 s-TG3-20191007-092443-0.jpg

 s-TG3-20191007-092452-0.jpg

 s-TG3-20191007-092617-0.jpg
 この時期になると野鳥のさえずりもほとんど聞こえてきません。
 シ~ンとしていて、時に風の音が聞こえるだけです。 気持ちが落ち着きますね。

 
 そして、後半の上り坂は「ダケカンバ」で埋め尽くされています。(冬も魅力的な場所になります)
 s-TG3-20191007-093515-0.jpg

 s-TG3-20191007-093624-0.jpg

 s-TG3-20191007-094204-0.jpg

 s-TG3-20191007-094409-0.jpg
 ダケカンバは紅葉せずに、葉が落ちてしまいますので、微妙に曲がった幹とその色合いを楽しみます。
 この階段を登ると間もなく山頂に到着できます。

 s-TG3-20191007-hachijona-0.jpg
 周辺でまともに残っていた唯一の花。 日が陰って開いていませんが、多分キク科の「ハチジョウナ」かと思います。

 s-TG3-20191007-095211-0.jpg
 10時前の山頂の温度計は、9度を指していました。これでもまだ10月としては高めですね。
 s-TG3-20191007-095128-0.jpg
 少し前まで晴れていた空は、暗い雲が広がっていました。
 横長に黄色っぽく見える部分には、陽射しが当たっています。

 本来はもう少し明るい黄色のはずですが、太陽が当たってもこの色でした。

 おまけの画像を...雪虫を追いかけて必死に撮ったのですが、フワフワと動き続けるため全部ピンボケでした。
 かろうじて、それらしく見える1枚を。(なんかクリオネみたいにみえますね)
 s-K70-20191008-133107-0.jpg

 
 ★今日は早めに出掛けますので、予約投稿としました★



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comments 10

There are no comments yet.
山親父  

おはようございます
秋たけなわ、いい色合いになってきましたね
雪虫ですか、出てくるのが早すぎではってね(笑)

2019/10/10 (Thu) 09:40 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。

> 秋たけなわ、いい色合いになってきましたね
> 雪虫ですか、出てくるのが早すぎではってね(笑)
**やはり飛んでいる状態では難しかったですね。まだ腕が足らん!!

2019/10/10 (Thu) 15:14 | EDIT | REPLY |   
pil  
こんにちは♪

バックが青空だと、紅葉も鮮やかに見えますね。
層雲峡の景色も、楽しませていただきました(*´▽`*)
ムキタケに雪虫...そちらは秋の深まりが早いですね。

2019/10/10 (Thu) 16:06 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: pilさんへ

pilさん..コメントありがとうございます。

> バックが青空だと、紅葉も鮮やかに見えますね。
> 層雲峡の景色も、楽しませていただきました(*´▽`*)
**果たして紅葉のピークはいつになるのか??場所により相当な違いもありそうです。
 層雲峡はピークを過ぎましたが..市内近郊はいつ?

> ムキタケに雪虫...そちらは秋の深まりが早いですね。
**今年はムキタケもずいぶん採りました。やはりキノコは平均して豊作だったように思います。

2019/10/10 (Thu) 16:52 | EDIT | REPLY |   
aya  

こんばんは。

猛暑が続いた後の秋の紅葉はチリチリに縮れた葉っぱの紅葉でアップでは
撮れなくなりますね。
そんな状態が見られるのでしょうか。

木の実がたくさんありますので野鳥がたくさんいるのかと思いましたが
鳥の囀りも聞こえないのですか??

ダケカンバの並木。いいですね。
この雰囲気、好きです。
見たことがない木です。

2019/10/10 (Thu) 20:27 | EDIT | REPLY |   
yamashiro94  
こんばんは。

野付牛さんの写真を見ると、今の北見は秋の真っ盛り、という感じがします。
それとも、もう少し後なのでしょうか。
雪虫? はじめて聞きました。
関東では何というのか。関西では何というのか(生まれが関西なので)。
調べてみました。
それでもよく分かりませんでした。
花もキノコもそうですが、虫もあまり知識がありません。
でも、野付牛さんのブログでいろいろ学んでいます。

2019/10/10 (Thu) 21:25 | EDIT | REPLY |   
alpenkatze  

お花がたくさんもいいけれど、秋の紅葉の鮮やかさも素晴らしいですね。
そして落葉が進んで隙間から晴れ間が見えるのもいい感じ。
シラカバかと思ったら、ダケカンバというんですね。
とても雰囲気のいい道になってますね。
これ系の木の花粉にアレルギーあるので花粉飛ぶ頃は怖そうですが(笑)。

2019/10/10 (Thu) 22:53 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: ayaさんへ

ayaさん..コメントありがとうございます。

> 猛暑が続いた後の秋の紅葉はチリチリに縮れた葉っぱの紅葉でアップでは
> 撮れなくなりますね。
> そんな状態が見られるのでしょうか。
**山には多くの木の種類がありますが、それぞれ反応も違いますね。
 モミジの仲間でも綺麗に色づくもの、茶色にくすんだ色、灰色・・
 寒暖の差が大きいと綺麗に色づくのはハッキリしていますね。

> 木の実がたくさんありますので野鳥がたくさんいるのかと思いましたが
> 鳥の囀りも聞こえないのですか??
**渡りである夏鳥は南へ下る準備中かな? その他の鳥はまだ虫などがとれる平地に移動かと思います。
 山に残るのはキツツキ仲間とかゴジュウカラなど僅かな種類ですね。

> ダケカンバの並木。いいですね。
> この雰囲気、好きです。
> 見たことがない木です。
**高い山の上の方に生える木で、白樺の仲間ですが真っ直ぐ伸びず曲がりやすいですね。
 北海道では低い山でもよく見かけますよ。

2019/10/11 (Fri) 07:41 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: yamashiro94さんへ

yamashiro94さん..コメントありがとうございます。

> 野付牛さんの写真を見ると、今の北見は秋の真っ盛り、という感じがします。
> それとも、もう少し後なのでしょうか。
**山が赤と黄色に染まる時を、秋の真っ盛りと認識していますが、今年は一部にすぎない状態です。
 ブログでは綺麗な部分をチョイスすることが多いので・・・

> 雪虫? はじめて聞きました。
> 関東では何というのか。関西では何というのか(生まれが関西なので)。
**雪国での呼び名で実際は「アブラムシの仲間」ということになっています。
 フワフワと風に流されて雪が降る前に現れるので、こんな呼び名になっています。
 wikipedia で「雪虫」の説明がありますよ。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E8%99%AB

> 花もキノコもそうですが、虫もあまり知識がありません。
**雪国の人も「雪虫」は知っていても正体を知る人は少ないですよ。

> でも、野付牛さんのブログでいろいろ学んでいます。
**恐れ入ります。m(_ _)m

2019/10/11 (Fri) 07:49 | EDIT | REPLY |   
野付ウシ
野付ウシ  
Re: alpenkatzeさんへ

アルペン猫さん..コメントありがとうございます。

> お花がたくさんもいいけれど、秋の紅葉の鮮やかさも素晴らしいですね。
> そして落葉が進んで隙間から晴れ間が見えるのもいい感じ。
**木の葉が落ちて隙間だらけになってきます。
 山全体が透けて見えるのも、もうすぐですね。

> シラカバかと思ったら、ダケカンバというんですね。
> とても雰囲気のいい道になってますね。
**真っ直ぐに伸びないダケカンバですが、それがまた絵になるんですよね。
 ほとんどの山でもこんな場所があるはずです。下は笹薮ですけどね。

> これ系の木の花粉にアレルギーあるので花粉飛ぶ頃は怖そうですが(笑)。
**シラカバと同じ用に春の花粉は多いと思いますよ。
 野付ウシはアレルギー性鼻炎ですが、花粉には反応しないたいぷです。

2019/10/11 (Fri) 07:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply