2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
野付牛公園の花園
- 2015/05/11(Mon) -
何度も登場する我が家の裏手にある「野付牛公園」

 その一角にある「狭い窪地」に生える様々な植物を雪解けから初冬まで観察します。

 一部は近所の人が捨てたり持ち込んだりしているようですが、原則自然の中で生きています。

 今年は暖かすぎて一斉に第一陣が咲き競っています。

 写真は概ね連休~5月8日に撮影したものです。

 私がすっかり魂を奪われてしまった花もあります。その一部を以下にUPしました。

 P-134508-0.jpg

 P-134454-0.jpg

 P-143252-0.jpg
 これらは「イカリソウ」と言い、メギ科イカリソウ属 の落葉多年草です。

 ご覧のようにピンク、薄紫、白、クリームなどの色があります。小さな花ですが、魅力的です。

 狭い場所にどんどん増殖していますが、これから背丈の大きな植物が増えると見えなくなるでしょう。

 P-103831-0.jpg

 P-134245-0.jpg
 次に、ケシ科の「ケマンソウ」(タイツリソウとも呼ばれる)です。コマクサの仲間です。

 花の形が変わっています。赤(紅)だけかと思いきや白もありました。

 全部説明したいのですが、以下は縮小版サムネイルにて=拡大可能

 P-134027-0.jpg P-132918-0.jpg P-132818-0.jpg P-104238-0.jpg P-132907-0.jpg
 アオイスミレ、ホトケノザ変種?、センダイハギ、ヤエヤマブキ、ヒメオドリコソウ変種? 

 P-104216-0.jpg P-103544-0.jpg P-103101-0.jpg P-102602-0.jpg P-145807-0.jpg
 クルマバツクバネソウ、アケボノセンノウ、ニワザクラ、プリムラ、サンカヨウ 

 P-145658-0.jpg P-145015-0.jpg P-135949-0.jpg P-134651-0.jpg
 エンレイソウ、オダマキ、ヒトリシズカ、イタヤカエデ(雄花)

 もしかしたら間違いがあるかもしれませんが、ご容赦を。

 次の花が次々と伸びてきています。いったい何種類咲くのか見ものです。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 花・植物 | CM(2) | ▲ top
<<山ふところの水芭蕉 | メイン | 春山の花たち>>
コメント
- -

おはようございます
将に自然公園ですね
こんな素晴らしい処が
お近くになるなんて
羨ましく拝見しています
2015/05/12 07:25  | URL | 山親爺 #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: 山親爺さん -

山親爺さんへ

> 将に自然公園ですね
> こんな素晴らしい処がお近くになるなんて
> 羨ましく拝見しています
****様々な条件が偶然創りだしたものでしょう。
  人間の持ち込みや投棄もあるようですが、
  ゴミではなく花なのが幸いですね。
2015/05/12 08:33  | URL | 野付ウシ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |