野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

山は吹雪  

しばらくは天候不順が続きそうです。

 今日は終日曇で夕方には雨との予報でしたので、午前に山へ...

 相変わらず早い人たちがいます。私が林道手前の駐車場に着いたのは09:10頃。

 登山口に向かう途中で、既に下山してきた数組の人たちに会いました。

 多分、7時前には登り始めたことでしょう。5時起きとか・・・早そう!

林道は大分溶けてきて、砂利道が少しずつ見えてきました。
 C091906-0.jpg

 C092447-0.jpg
 今日も元気で行ってきま~す。

 ドンヨリとした雲に覆われ薄暗い感じもします。気温は5度くらいでしょうか。

 薄い長袖にジャージ風の上着を羽織っただけですが、歩けば汗もでます。

 5合目過ぎまでは平穏でしたが、7合目あたりから様相が一変し冬のように・・・

 C102229-0.jpg
 目の前にぶら下がってきた木の枝には、横殴りの雪が凍って張り付いています。

 C102412-0.jpg
 この辺はまだ「雪景色が戻って綺麗」なんて思う余裕もあります。

 C102648-1.jpg
 早足で降りてきた女性が・・・上は風が強いです...との情報。

 C102934-0.jpg
 まだ北見方面の下界は見えていますが、風が強くなっています。

 C103350-0.jpg
 そして、8合目を過ぎた頃からは吹雪状態に。足跡もすぐ消されてしまいます。

 この手前で帽子の上にフードもしっかりかぶりました。

 強風で木の枝に張り付いた氷がすごい勢いで飛んできます。ビシビシッとフードに当たります。

 C104144-0.jpg
 頂上は「暴風雪」という感じで、強風に体が持っていかれそうな状態。

 気温は0度を少し下回るくらいですが、体感温度はかなり低そうです。

 ゆっくりできる状態でないので、お茶を一口飲んで、早々に下山開始。

 自然と急ぎ足になり、途中までは走るように降りてきました。

 7合目あたりからは穏やかな状態へ。


 この時期の真っ白な山の雰囲気も、またいいものですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

こんにちは
流石、山頂、下界の雪化粧とは
比べ物にはならないですね!

山親爺 #- | URL
2015/04/17 16:52 | edit

Re: 山親爺さん

> こんにちは
> 流石、山頂、下界の雪化粧とは
> 比べ物にはならないですね!
****真冬よりも春先とか、晩秋時期の雪化粧が
  余計に綺麗に感じますね。

野付ウシ #- | URL
2015/04/17 20:18 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top