野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

晴れ&強風の山  

 久々にブログ更新お休みしました。
 まぁ、元々ネタ切れ続発する季節ですけどね..色々やることもありまして。
 連休となりましたが、皆さんはゆっくりと休養できましたでしょうか?

 インフルエンザが猛威を振るい、寒波の再来もあって散々な連休かも。
 スポーツ好きな方は平昌五輪の中継で楽しめたかもしれませんね。^_^;

 さて、昨日は青空がのぞくお天気でしたので、仁頃山へ行ってきました。
 2月はまだ登山回数も少なく、この登山でまだ4回目です。
 お天気やタイミングもありますので、気にはしませんけど。

 この時期としてはあまり寒くない -15度の最低気温でした。
 ただ日中はあまり気温が上がらず、最高気温は -7.5度ほど。
 弱いながらも風がとても冷たく感じた日でした。


 s-TG3-20180212-085307-0.jpg
 08:35頃に駐車場からスタート、東新道を淡々と進みます。 昨日降った雪で非常に歩きにくい雪道です。
 管理車道と合流する地点で、すでに足の付根あたりが疲れてしまいました。

 s-TG3-20180212-094525-0.jpg
 五合目を過ぎたあたりから、西寄りの風が強くなってきました。 細かい粒子状の雪が吹き付けます。

 s-TG3-20180212-094539-0.jpg
 場所によっては背丈ほどの吹き溜まりができていて、数分前に歩いた足跡も消されています。
 s-TG3-20180212-094636-0.jpg


 s-TG3-20180212-094649-0.jpg
 雪の壁沿いを歩いていきますが、時々吹き溜まりで途切れます。

 s-TG3-20180212-094654-0.jpg
 風が冷たく頬が凍りそうなので、手袋で抑えながら進みました。トレースは消えています。

 s-TG3-20180212-095951-0.jpg
 ふっと風が止まる時はとても綺麗な青空も見えます。 九合目の看板です。

 s-TG3-20180212-100036-0.jpg
 進行左側のダケカンバ群は野付ウシのお気に入り。

 s-TG3-20180212-100640-0.jpg
 時折強い風があり、ゴォ~っと山鳴りも聞こえてきます。

 s-TG3-20180212-100756-0.jpg
 温度計は -13度を指しています。 風があるので体感気温も低めです。
 山頂からはサロマ湖方面の流氷も見えていました。しっかり接岸しているようです。

 刺さるような冷たい風なので、休憩なしでカッパを羽織ってすぐに下山します。


 s-TG3-20180212-102447-0.jpg
 七合目上は風も強く、すれ違ったばかりの登山者の足跡が、もう消えていました。

 s-TG3-20180212-102541-0.jpg
 冬山の怖いところですね。トレースはすぐに消え、道にまよったりします。冷たい風は体力を奪います。
 (仁頃山は目をつぶっても歩けるくらいなので、トレース無しでも野付ウシは大丈夫ですよ)


 s-TG3-20180212-102718-0.jpg
 s-TG3-20180212-102806-0.jpg
 s-TG3-20180212-102829-0.jpg
 顔に刺さるような冷たい風邪を受けながらも、淡々と道を下りました。 (本物の暴風雪はこんなチャチではありませんよ)
 

 風の弱い麓の方に近づくと、いつもの静けさが戻ってきました。

 s-TG3-20180212-104724-0.jpg
 いつみても気持ちが和むドライフラワーですね。 いつも周りを探しますが残った花は見当たりません。風で飛んでくるんですね。

 s-TG3-20180208-091540-0.jpg
 青空にカラマツがよく映えています。 木の枝に丸い雪の塊がチョンチョンと載っています。

 s-TG3-20180212-105607-0.jpg
 s-TG3-20180212-110054-0.jpg
 s-TG3-20180212-105709-0.jpg
 s-TG3-20180212-105720-0.jpg
 突いてみましたが、けっこう固くなっていて簡単には落ちそうもありません。



 s-TG3-20180212-110012-0.jpg
 興味深いものがあります。カラマツの枝がなくなって下にツルが絡まっていますが・・・何故でしょう???
 つい先日までは枝もついていました。

 s-TG3-20180212-110004-0.jpg
 野付ウシが出した結論は・・・枝とツルが絡まって密度の濃いところに雪が降り積もって行った...
 増えた雪の重みに耐えきれず枝が折れ、はずみで次々と下に落ちながら下層の枝も折ってしまった。
 下まで落ちたところでツルが団子状にまとまってしまった。
 カラマツの幹、枝は意外ともろく折れやすい性質もあります。

 めったに起きませんが、珍しい現象が起きたようです。
 カラマツ可哀想!! これで枯れてしまう可能性も大ですね。

 稀にこんなものに出くわしたりするのも、山の面白さです。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
コメント

おはようございます

青空が、羨ましい~~

連日雪降りの此方とは、真逆の天気ですね
今も、モクモクと降っていますので
昼ごろには、やらなきゃいけないでしょうね。

山親爺 #- | URL
2018/02/13 10:16 | edit

野付ウシさんへ

こんにちは!

-15度‥そんなに寒く
感じないのですか?(☉︎౪ ⊙︎)スゴッ!

仁頃山へ登る一番目の人は
足で漕いで行くのですか?
それともカンジキで?

強風でその足跡も
消えてしまうのですね👣

真っ白な雪の中で
空が青く広がると
清々しい気持ちになりますね!
写真を見ているだけで
気持ちが良いです!\(^-^)/

iomama #rjxAb6ec | URL
2018/02/13 11:32 | edit

Re: 山親爺さんへ

山親爺さん..コメントありがとうございます。

> 青空が、羨ましい~~
**コチラは道東らしいお天気ですよ!

> 連日雪降りの此方とは、真逆の天気ですね
**毎度の雪かきおつかれさまです。
 でも富山みたいでなくて良かったですね。

野付ウシ #- | URL
2018/02/13 12:52 | edit

Re: iomamaさんへ

iomamaさん..コメントありがとうございます。

> -15度‥そんなに寒く
> 感じないのですか?(☉︎౪ ⊙︎)スゴッ!
**体が慣れてきたこともありますけど、湿度の関係もあります。
 湿度が高いと底冷え感が強くなります。

> 仁頃山へ登る一番目の人は
> 足で漕いで行くのですか?
**20-30cmくらいなら長靴でドンドン登る人もいます。(多くはスノーシューですが)
 それ以上積もるとさすがに長靴ではキツイですね。

> 強風でその足跡も
> 消えてしまうのですね👣
**風があると1分も経たずに足跡がすっかり消え失せますよ。

> 空が青く広がると
> 清々しい気持ちになりますね!
**気分も軽やかで、登山者にも笑顔が増えますよ!

野付ウシ #- | URL
2018/02/13 12:57 | edit

マイナス15度で寒く感じないんだからなぁ( ;∀;)
今朝も冷えたっ
またぁ達磨さんが転んだ格好してます(苦笑)

地吹雪って撮ると霧のようにきれいだねこれっ^^
歩くには不便なんだろうけど

見る分にはよし(笑)

デコ #gwQYCaNk | URL
2018/02/13 13:47 | edit

Re: ♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん..コメントありがとうございます。

> 今朝も冷えたっ
> またぁ達磨さんが転んだ格好してます(苦笑)
**寒くて具合悪くなるよりもイイんじゃないですか。

> 地吹雪って撮ると霧のようにきれいだねこれっ^^
> 歩くには不便なんだろうけど
**顔にビシビシ当たって冷たくて頬が痛くなりますね。
 さすがの野付ウシも長く持たないですよ。

野付ウシ #- | URL
2018/02/13 17:15 | edit

自然って、美しく過酷だねぇ~
とうてい人間の力では及ばないわ。

くぅ #Dv6DZoa6 | URL
2018/02/13 17:55 | edit

Re: くぅさんへ

くぅさん、コメントありがとうございます。

> 自然って、美しく過酷だねぇ~
> とうてい人間の力では及ばないわ。
**本当ですね、冬は特にそう思うことが多いです。

野付ウシ #- | URL
2018/02/13 18:37 | edit

こんばんは

829メートルの低い山とは言え
やはり冬の山は油断できませんね
麓と上との違いがよく分かりました

その中を登って行く野付ウシさんや
ほかの登山者のみなさんはやはりすごいです👏

soraの風 #- | URL
2018/02/13 21:22 | edit

北見は

昨日晴れだったんですね。
風強そうなのを上手に写していますね。
「頬が凍りそう」って書いてあるけどジャケットにフードついていないんですか?
風が直接当たらないだけでずいぶん違うので便利なんだけど視界が狭まるのが個人的にはちょっと嫌です。
毎日登っている山でも何かしら発見がありますよね。
家の中で1日過ごすよりいいと思います。

watanabe #- | URL
2018/02/13 21:37 | edit

こんばんは

「あまり寒くない」 マイナス15度ですか?
この辺とは全く違う感覚なのですね・・・
最高気温がマイナス7,5度なんて やっぱり
ワタシ、寒い場所には住めません。 (≧▽≦

雪山は これ又スゴイ!
感心することばかりです。
一人で登山をするというのは いつも危険と
隣り合わせであるのですね・・・

そらまめ #lSVeryac | URL
2018/02/14 00:00 | edit

Re: そらまめさんへ

そらまめさん..コメントありがとうございます。

> 「あまり寒くない」 マイナス15度ですか?
> 最高気温がマイナス7,5度なんて やっぱり
> ワタシ、寒い場所には住めません。 (≧▽≦
**生まれる時に場所を選択できないですから、ねぇ。^.^;
そこで長年暮らすと、なれちゃうんですね。

> 一人で登山をするというのは いつも危険と
> 隣り合わせであるのですね・・・
**いつも通う山は常連さんが常に出入りしていますので、
 「遭難」とかには縁がない手頃な山ですよ。

野付ウシ #- | URL
2018/02/14 12:45 | edit

Re: soraの風さんへ

soraの風さん..コメントありがとうございます。

> 829メートルの低い山とは言え
> やはり冬の山は油断できませんね
> 麓と上との違いがよく分かりました
**途中で予想がつきますから、無理をする人もいませんね。

> 登山者のみなさんはやはりすごいです👏
**毎日のように登って知り尽くしている人達が多いです。
 何かあっても常に常連さんが近くにいる感じがしますので、大丈夫なのです。

野付ウシ #- | URL
2018/02/14 12:48 | edit

Re: watanabeさんへ

watanabeさん..コメントありがとうございます。

> 昨日晴れだったんですね。
**当地は冬も晴れ間が多いので気分もいいですよ。

> 「頬が凍りそう」って書いてあるけどジャケットにフードついていないんですか?
> 風が直接当たらないだけでずいぶん違うので便利なんだけど視界が狭まるのが個人的にはちょっと嫌です。
**フード被っていても冷たいので、それ以上なら目出し帽しかないかなぁ。
 あれこれ使えるネックウォーマーもザックに入れてますが、口まわりが濡れるのもイヤですし・・・贅沢ですね。

> 毎日登っている山でも何かしら発見がありますよね。
> 家の中で1日過ごすよりいいと思います。
**家でゴロゴロしているのは1日が限度です。山がダメなら駅周辺まで往復歩いたり、ね。

野付ウシ #- | URL
2018/02/14 12:54 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top