2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
雲が晴れない山と畑
- 2017/08/08(Tue) -
 西日本を中心に台風の被害が出ていますね。
 各地での被害が少ないことを祈るしかありませんね。

 当地は日本でも(多分)一番自然災害の少ない地域です。
 地震や水害、台風にしても本当に稀にあるか、ないかでしょう。
 寒暖の差が大きく夏冬で60度にもなりますが、湿度が低くまぁ過ごしやすいです。
 雪も道央方面より少なく、雪害も稀と言えるでしょうね。

 毎年のように大雨や台風に脅かされる人たちは大変だなぁと思います。
 かと言って「こっちにおいで」ともならないし...ね。

 さて、そんな恵まれた(?)地域ですが、このところの気候は困ったもんだ!
 天岩戸じゃあるまいし、太陽が隠れたような日々が続いています。
 昨日も「曇りのち晴れ」の予報を信じて近くの山へ出掛けたんですが、霧と雨になりました。


 s-TG3-20170807-093929-0.jpg
 登りはじめる時は霧か霧雨か?という程度でしたが、だんだん細かい雨が強くなりました。
 まぁすぐに止むだろう、とウィンドブレーカー(防水)を羽織って、淡々と中腹へ。

 s-TG3-20170807-090851-0.jpg
 雨に濡れた白い花が。 かなり成長したノブキの花です。
 
 s-TG3-20170807-101340-0.jpg
 お盆前に開花する黄色い花『ハンゴンソウ』ですね。
 s-TG3-20170807-091104-0.jpg
 少し前に咲く『キオン』と似ていますが、葉が違うので見てすぐわかります。


 s-TG3-20170807-100521-0.jpg
 切り株の上にある苔の中に小さなキノコが出ていました。 傘の大きさで5mmほど。

 s-TG3-20170807-100737-0.jpg
 これから一気に増えてくる猛毒の「エゾトリカブト」ですね。

 s-TG3-20170807-100820-0.jpg
 風車(orプロペラ?)のような花弁が特徴の『トモエソウ』です。 この辺では少ない花ですね。

 s-TG3-20170807-101026-0.jpg
 山にあるのに名前が『カワミドリ』なんてね。 小さな穂状の花をつけています。

 そうして歩いて五合目まで来ましたが、雨は収まりそうにありませんので、
 無理に山頂へ行くのはやめました。 トットと下山を開始します。


 多分、だれも登ってこないのだろうと思いつつ登山口へ戻ると...
 s-TG3-20170807-101253-0.jpg
 案の定、野付ウシの車だけがポツンと残っていました。 こんなお天気ですからね。

 戻る途中の畑でチョコロール、いや『麦わらロール』が転がっていましたので道草を。

 これも「牧草ロール」と勘違いされますが、牧草ロールは名前のとおり「牧草」を丸めたもの。
 通常、牧草は「一番草」を6月に刈り取ってロールにします。
 8-9月に「二番草」を刈り取って再びロールにして保存しますね。
 一方で今時期のロールはほとんどが「麦わらロール」です。

 コンバインでは穂先だけを刈り取り脱穀しますので、下の茎が畑に残ります。
 それを回収して丸めたものが「麦わらロール」です。
 これは飼料にはなりませんから、牛や馬の寝藁として使われることが多いですね。
 もっぱら牧場などでの消費が多いようです。
 
 余計な説明でした。

 s-K70-20170807-084710-0.jpg
 s-K70-20170807-084519-0.jpg
 s-K70-20170807-084431-0.jpg
 これは道路側から撮ったもの。 次に横へ回って少し高い場所から。


 s-TG3-20170807-102813-0.jpg
 s-TG3-20170807-102931-0.jpg
 ロールの向きが異なり、景色も広がって見えます。
 向こう側に先程まで登っていた仁頃山もあるのですが、雲と霧の中です。

 この風景も青空で撮りたかったですね。



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | 風景 | CM(14) | ▲ top
| メイン |