郊外の夏

2017.08.03(12:30)

 曇りがちの日々です。
 今日は昼現在で20度しかありません。
 猛暑の地域の人にとってはウソみたいな気温でしょうね。

 家の周りと山ばかりでしたので、仁頃山の帰りに遠回りで道草を。

 s-TG3-20170802-123723-0.jpg
 そう言えば、今年はまだ牧草ロールや、麦わらロールを撮っていませんでした。
 s-TG3-20170802-123948-0.jpg
 既に小麦刈りが進んでいますので、麦わらロールが転がっていました。 酪農家などが購入して利用するようです。


 仁頃地区にある『仁頃ハッカ公園』に立ち寄りました。

 s-TG3-20170802-125749-0.jpg
 かつてハッカ生産が日本一だった頃の家で 「五十嵐邸」 が保存されています。 ここは前庭ですね。
 s-TG3-20170802-125801-0.jpg
 庭にはエゾミソハギと、ヤブカンゾウが咲いています。
 s-K70-20170802-125400-0.jpg
 先日も掲載しましたが、中が少しだけ八重になっているのは「ヤブカンゾウ」です。

 
 本来の目的は家の裏手に広がる『エゾミソハギ』でした。
 s-TG3-20170802-130620-0.jpg
 咲き始めた段階のようで、満開にはもう少し時間がかかりそうです。
 s-TG3-20170802-130626-0.jpg
 s-K70-20170802-130247-0.jpg
 s-TG3-20170802-130657-0.jpg
 例年、お盆の頃に満開となります。あと10日あまりですから今年もそんな感じでしょうか。


 s-TG3-20170802-125820-0.jpg
 板塀です。かつて自分が住んでいた家は「土壁」でしたが、懐かしい佇まいです。(土壁=赤土に稲わらを混ぜ込んだもの)
 s-TG3-20170802-130807-0.jpg
 少しばかりお金のある人は、こんな感じの板壁の家でした。
 s-K70-20170802-130545-0.jpg
 この家は「お金持ち」の家ですが、ね。


 この敷地内には有名な湧水があります。
 s-TG3-20170802-131208-0.jpg
 毎日多くの人が湧水を汲みに来ます。(冬も可能です)
 s-TG3-20170802-131219-0.jpg
 自然に湧き出る水ですから、流しっぱなしの状態になっています。 蛇口をつけると壊される原因になりますからね。
 s-TG3-20170802-131253-0.jpg
 前と後の両側に水が流れ出ています。 
 塩素を混ぜて殺菌はしていませんが、子がしっかり管理しているので衛生上は問題ありません。
 コップが上に置いてあるので、野付ウシもグビグビ飲んできました。

 自然の水は久しぶりかもしれません。 
 かつては湧き水に頼っていましたので、こんな味だったのかなぁ...



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

風景 トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]

2017年08月03日

  1. 郊外の夏(08/03)