2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
雌阿寒岳2017-2
- 2017/07/17(Mon) -
 猛暑が落ち着いたと思ったら、昨日はいきなり豪雨で「大雨洪水警報」が出ちゃいました。
 朝から雨の予報でしたが、11:30までは曇りでした。
 が...昼過ぎに雷が鳴ってからというもの、スゴイ雨が続いて「警報発令」となりました。
 
 空が壊れてしまったのか?と思うほどの雨でしたね。
 どうも異常気象が増えてくるのが心配です。
 今日は曇り&雨がちで、一気に20度近く気温も下がりそうで~す!


 さて、雌阿寒岳の続きです。

 火山らしい不毛の大地ながら、ここでも植物たちは行きています。

  s-TG3-20170715-093049-0.jpg
 砂礫の中にようやく生きているような状態の『ヒメイワタデ』を見つけました。

 s-TG3-20170715-093112-0.jpg
 雌阿寒の名前がついた『メアカンキンバイ』もあちこちで群生をつくっています。
 s-TG3-20170715-093156-0.jpg
 s-TG3-20170715-093258-0.jpg


 
 s-TG3-20170715-093401-0.jpg
 少しばかり歩きにくいガレ場を進みます。 この辺は霧がかかると危ないようです。

 s-TG3-20170715-093608-0.jpg
 八合目到達です。この先で巨大なカルデラが見られます。


 s-Ca-20170715-093900-0.jpg
 s-Ca-20170715-093903-0.jpg
 s-TG3-20170715-093644-0.jpg
 パノラマを意識して撮ればよかったのですが、カルデラの左側、中央、右側と別れています。 (一番下に雌阿寒山頂が見えます)

 現在のところ、ここから煙などは出ていないようです。
 s-Ca-20170715-094020-0.jpg
 山頂をズームで見てみました。 けっこうな人で賑わっているようです。

 s-TG3-20170715-094814-0.jpg
 これから左側の尾根を伝い雌阿寒岳山頂へ向かいます。

 s-TG3-20170715-100737-0.jpg
 斜めにガレ場を進み、オンネトーからの道との合流点を目指します。


 s-TG3-20170715-100853-0.jpg
 s-TG3-20170715-100922-0.jpg
 s-TG3-20170715-093124-0.jpg
 このガレ場では『メアカンフスマ』の群落が点在しています。

 
 s-TG3-20170715-100957-0.jpg
 最後の急斜面の途中に九合目の看板がありました。

 s-TG3-20170715-101355-0.jpg
 振り返ると歩いてきた不毛の大地が見えます。 左の白っぽいところの尾根を伝ってきました。

 s-TG3-20170715-101449-0.jpg
 ようやく合流地点に到着です。山頂は目と鼻の先です。

 s-TG3-20170715-101510-0.jpg
 左側上が山頂になります。

 s-TG3-20170715-101518-0.jpg
 風が少し強くなってきましたが、小石が飛ぶほどではありませんので安全です。

 
s-TG3-20170715-101858-0.jpg
 活動中の火口が大きく口を開けています。
s-TG3-20170715-102621-0.jpg
 火口の中には緑色の『青沼』が見えています。 正面は「阿寒富士(1,476m)」で昨年登りましたがキツかった。
 s-TG3-20170715-102148-0.jpg
 

 s-TG3-20170715-102015-0.jpg
 裏側に広がる広いカルデラ(正式名称=中マチネシリ火口)です。 
 s-TG3-20170715-102629-0.jpg
 火口の右側尾根を伝ってきたわけです。 遠くに見えるのは「雄阿寒岳(1,371m)」です。


 最後に山頂到着の証拠写真を。
 s-TG3-20170715-101828-0.jpg

 好天でしたが、遠くが霞んだようになっていてスッキリとは見えませんでした。

 今回は上から眺めるだけだった「中マチネシリ火口」を間近で見て、縁を回って登りました。
 登山者が少ないコースで道は荒れ放題の感もありますが、良い経験ができました。
 珍しく水2リットル+麦茶を飲み干し、帰る途中の道の駅で更に水分補給をしました。
 でも、ペースを落としたことと、小休憩を数多く取ったことで、汗も疲れも少なくて済んだようです。
 残念なのは高山植物との出会いが少なくて、気が抜けた感じです。

 長々と最後までおつきあい、ありがとうございました。

 さて、次はどこイコカナ?


  ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト
この記事のURL | 山:阿寒知床 | CM(18) | ▲ top
| メイン |