2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
夏の仁頃山
- 2017/07/02(Sun) -
 今日のお天気は...11:00 現在、モノスゴイ勢いで雨が降ってます。
 雷も聞こえていますが、めったにないくらいの降り方です。
 Webで見たら、ちょうど分厚い雨雲が通過しているようですね。
 
 さて、ようやく夏の雰囲気になってきました。
 気温も落ち着き、適度な雨もあって植物の生育は順調なようです。
 いきなり30度になった日、仁頃山を歩いてきました。

 s-TG3-20170630-084345-0.jpg
 木々の緑もすっかり濃くなり、若葉の色はほとんど見えません。

 s-TG3-20170630-090123-0.jpg
 今回は久々の「奥新道」ルートを登りました。 登山口までにはいくつかの沢があり、清流の音が気持ちいいですね。

 s-TG3-20170630-090920-0.jpg
 このルートは利用率が多くないため、草も伸び放題です。(7/1-2に草刈りをするそうです)

 s-TG3-20170630-091036-0.jpg
 登山口手前には渓流沿いの崖の上を歩く場所もあります。

 s-TG3-20170630-091241-0.jpg
 ようやく分岐点(登山口)まできました。ここから上り坂が続きます。

 s-TG3-20170630-091756-0.jpg
 『サイハイラン』ですが、ここのは色がかなり薄い感じがしますね。


 s-TG3-20170630-092944-0.jpg
 このルートで初めて見た花です。『ジンヨウイチヤクソウ』という花のようです。(イチヤクソウ科)
s-TG3-20170630-092639-0.jpg
 小さく華奢な感じのする花ですね。
 s-TG3-20170630-093038-0.jpg


 s-TG3-20170630-093411-0.jpg
 途中の尾根にある巨木で、枯れて死んだように見えますが、裏側の一部が生きていて上の方はバリバリ元気です。

 s-TG3-20170630-094604-0.jpg
 可愛らしいキノコを見つけました。1本だけで寂しそうです。

 s-TG3-20170630-095346-0.jpg
 よく見かける「一部だけ赤い」モミジの葉っぱです。

 s-TG3-20170630-095741-0.jpg
 群生する軟弱な花『タニギキョウ』です。 


 s-TG3-20170630-101312-0.jpg
 山頂に着きました。 風もなく温度計は28度を指しています。

 「西尾根道ルート」と「奥新道」ルートは、上部で合流しますが、その前後は「マダニ」の宝庫です。
 今回の奥新道でも山頂に着くまでに10匹ほどのマダニを駆逐しました。
 それでも、帰宅した時には二箇所噛まれていましたね。
 西尾根道はもっとスゴイですよ。(7/1-2の草刈りで相当改善するはす)

 s-TG3-20170630-101356-0.jpg
 夏場の眺めはこんな感じが多く、遠くは霞んでしまいます。

 下りは『管理車道』を使いました。(全行程でも8km弱です)

 s-TG3-20170630-111815-0.jpg
 今頃の登山道腋で目立つのは『ヘラオオバコ』です。なんとも可愛い姿ですね。
 s-TG3-20170630-102326-0.jpg
 横から見た姿と、真上からの姿を撮ってみました。
 s-TG3-20170630-102313-0.jpg


 s-TG3-20170630-110053-0.jpg
 これから増えてくるのは小さく華奢な花、『エゾアカバナ』です。 アカバナの名前ながら白もあります。


 s-TG3-20170630-111549-0.jpg
 『スズムシソウ』がほぼ開花状態になっています。
 s-TG3-20170630-111423-0.jpg
 この花も造りが変わっている一つですね。


 s-TG3-20170630-112041-0.jpg
 既に取り上げた『ギンリョウソウ』の二箇所めの自生地です。


 s-TG3-20170630-112446-0.jpg
 軟弱でひ弱な黄色い花が、葉っぱの影にチラチラ見えました。
 s-TG3-20170630-112553-0.jpg
 『ミゾホオズキ』という花です。ここは沢水が流れ出て湿った場所ですが、登山道の一部に群生しています。

 s-TG3-20170630-112826-0.jpg
 既に花が終わった『シャク』の葉っぱですが、一部が変色しています。 紅葉でもなく単なる一部変色ですが、毎年起きます。


 s-TG3-20170630-113435-0.jpg
 野付ウシ地方では紫陽花がまだ先になりますので、代わりに『ツルアジサイ』で楽しみましょう。

 s-TG3-20170630-114729-0.jpg
 戻る途中の林道で『セイヨウノコギリソウ』が咲いています。 ピンクの花ももありますね。
 

 s-TG3-20170630-115253-0.jpg
 最後は舗装された車道の腋に点在する『エゾスカシユリ』です。
 s-TG3-20170630-115236-0.jpg
 この色合が気に入っています。
 s-TG3-20170630-115419-0.jpg

 ユリと言えば、この後に咲くのが『クルマユリ』です。(現在は蕾状態)
 小さい花ですが、クルマユリも里山を連想させる花ですね。

 6月は旅行に出たり、天気が崩れたりで登山回数が少なく、7回に終わりました。
 これから秋に掛けては他の行事なども入るので、少なめで推移しそうです。

 
 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | 山歩き:市内近郊 | CM(12) | ▲ top
| メイン |