市街地のクロユリ群生地

2017.06.05(16:54)

 今日はようやく昼前に青空が出ました! 雨はなんと4日間降り続いたわけです。

 野付ウシが4日間も山へ行かないのは、個々最近ではなかったことです。
 早速行ってきましたが、その様子は明日UPするとして・・・
 今日は朝に見てきた市街地の花園の様子です。
 ※野付ウシ自宅裏手の「花園」ではなく、別な場所です。

 北見駅から西の方へ800mほど行った場所に『北見市民会館』があります。
 その敷地の駅よりの一角が窪んで少しだけ湿地のようになっています。
 s-Ca-20170605-105157-0.jpg
 正面の建物が「北見市民会館」です。 立っている場所は芝地の中。
 s-Ca-20170605-105219-0.jpg
 その真後ろがその僅かな湿地帯です。樹木の下側に低木と草地が見えていますが、その範囲だけです。
 s-Ca-20170605-105113-0.jpg
 まぁ、こんな感じですが、雨が降らない期間が続けば水は消えます。その程度の僅かな湿地です。


 実は、この場所は少し前までは「ニリンソウ」の群生で真っ白になっていました。
 s-P0513-110300-c.jpg
 これが5月中旬の様子です。びっしりとニリンソウが埋め尽くしています。

 で、今日の状態はこんな感じになっています。
 s-Ca-20170605-104349-0.jpg
 s-Ca-20170605-104510-0.jpg
 
 なんとも見事な『クロユリ』の群生地になっているんですね。
 市民会館の前の広い芝地の片隅にある、僅かな範囲に相当な数のクロユリが満開です。

 s-TG3-20170605-104459-0.jpg

 s-TG3-20170605-104806-0.jpg

 s-TG3-20170605-105125-0.jpg

 s-TG3-20170605-104854-0.jpg

 s-TG3-20170605-104043-0.jpg

 クロユリは里山でもだんだん見られなくなっています。
 過日訪れた「小清水原生花園」でさえ、こんなに多くの数はありません。
 市街地でいつ頃から咲き出したものかは、野付ウシにはわかりません。
 
 ニリンソウは今までも度々撮影に行ってますが、クロユリの開花時期は初めてです。
 野山の花と登山で走り回っている時期なので、つい開花時期を逃していました。

 今回はタイミング的には最高の時期でした。
 ここは花好きには知られた場所でもあるので、多分...残されていくと思います。
 ちなみに、現在いっしょに咲いているのは白い花の『コンロンソウ』でした。
 

 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

花・植物 トラックバック(-) | コメント(16) | [EDIT]

2017年06月05日

  1. 市街地のクロユリ群生地(06/05)