チョイと釧路で

2017.05.16(08:36)

今日は朝から冷たい雨が降っています。
 朝7時前の予報で「曇で午後からは雨になるでしょう」と言ってましたが、
  放送している時点でザーザー降っていましたが・・・?
 以前には『青空が広がり洗濯日和でしょう』と放送されている時点で、外は雨が降ってました(笑)
 気象データと同時に外を見ろ!と言いたいですよ。


さて今日は、先日釧路へ行った時のお話を少しだけ・・・

 野付ウシは文化関連のNPO法人「オホーツク文化協会」の会員になっています。
 本当は文化の中で専門的なことはどの分野もワカリマヘン。
 多少関連あるとすれば、写真とか音楽の一部とか...そんなものです。
 肝心な美術工芸についてはまったく知識もなく、特別な興味も持っていません。
 本来はいるべき場所ではないのですが・・・

 今回は研修ということで釧路までのバスツアーに参加しました。
 目的は美術の鑑賞と、こども館でのボランティア見学です。
 (どちらも普段から縁のない内容ですが)

 s-TG3-20170513-121830-0.jpg
 北海道立釧路工芸館では「無言館展」という展覧会が開催されています。
 野付ウシは当然ながら知りませんでしたが、内容はかなり濃いものです。
 
 s-TG3-20170513-130147-0.jpg
 第二次世界大戦で没した画学生の慰霊を掲げて作られた美術館で「無言館」というのが上田市にあります。
 (参考;Wikipedia 無言館 より)

 若くして戦争で亡くなった画学生たちの遺作など130点あまりが、展示されています。
 無言館開設20週年の記念として釧路工芸館で展示となったわけです。
 (詳しい内容はチラシを参照ください=釧路工芸館PDFより)
 
 まさに見ている方も皆が「無言」になってしまいます。
 戦争がいかに悲劇の連鎖であるかを考えさせれれますね。


 s-TG3-20170513-123428-0.jpg
 工芸館のすぐ前(南)が釧路川です。幣舞橋も見えますね。この日の最高気温は6度ほどで風もあり寒かったー!

 s-TG3-20170513-123455-0.jpg
 昼食時に隣りにある「MOO」をのぞいてきました。 相変わらず閑散として寂しい限りですね。


 で、その後は歩いて10分足らずの「釧路市こども遊学館」へ。

 ここは「青少年科学館の子供版」とも言えるような施設です。
 見て触れて遊びながら学べる科学館です。
 ここでは多くのボランティアが運営に携わっていて、リタイアしたお年寄りもお手伝いしています。
 それぞれの得意分野を発揮して、子供と遊んだり学びの場を提供したりしています。

 入ってすぐの広場は広い室内砂場となっていて、子どもたちが夢中で遊んでいます。
 その周りではお母さん達が本を読んだりしながら、寛いでいました。

 大人の趣味を活かして、遊びや伝統を子どもたちに伝えることができる施設です。
 
 で、往復バスで10時間のツァーでした。
 美術鑑賞や施設見学など、めったなことで参加しませんので新鮮でしたね。



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2017年05月16日

  1. チョイと釧路で(05/16)