林道の雪解け
- 2017/04/16(Sun) -
 昨日は20度、今日も予報は20度です。
 ちょっと極端な温度の乱高下です。

 「乱高下」と言えば、ブロ友さんへのコメントが「禁止用語」とかで、送信できませんでした。
 あれこれ文言を変えていて判明したのは「乱高下」だったようです。
 最近はFC2に限らず、この手の「禁止用語」があるようですね。

 厄介なのは、どの文言が該当するか提示がないことです。
 少し前に拒否されたコメントは、全部文言を入れ替えても頑なに拒否!
 そのブロガーさんへのコメントを諦めたこともあります。
 システムが拒否するのでしょうけど、どんな基準を設定しているやら・・・


 さて、過日の山歩きで下山してから林道沿いの様子などを。

 s-K5-20170414-112834-0.jpg
 分厚い雪で覆われた渓流も、雪解け水の勢いで全域で姿を現しました。

 s-K5-20170414-113308-0.jpg
 シャキッとして立っていた「オオウバユリ」の残骸も汚れた雪に倒れ、後は朽ち果てるのみ。

 s-K5-20170414-112955-0.jpg
 フキノトウの左側に出てきたのは、同じ地下茎でつながる「フキ」の若葉です。


 s-TG3-20170414-113937-1.jpg
 林道沿いの崖で新たに『エゾエンゴサク』を見つけました。葉の細いタイプで一時「ホソバエンゴサク」とも呼ばれていたものです。
 現在は単なる変種として扱われ、様々なタイプを「エゾエンゴサク」として扱います。

 s-K5-20170414-115240-0.jpg
 コレは一般的はエゾエンゴサクの葉のタイプです。 これから変わり種も出てきそうです。

 s-TG3-20170414-113914-0.jpg
 白~薄紫~紫、この色合が何とも言えませんね。

 
 雪解け水で出来た水たまりでは、野生の動きがみられました。

 s-K5-20170414-114830-0.jpg
 水たまりの浮き草も、水が無くなるまでの生命ですね。

 s-K5-20170414-114711-0.jpg
 そんな水たまりに「エゾアカガエル」が産卵したようです。毎年のことですが、これから何倍も増えてきます。

 s-K5-20170414-112341-0.jpg
 産卵した主がコレ...エゾアカガエルさんでした。 ※嫌いな方にはゴメンナサイ m(_ _)m・

 s-K5-20170414-115403-0.jpg
 すぐ近くの僅かな水たまりには『エゾサンショウウオ』の産卵です。 産卵主の姿はみつかりませんでした。
 ちょうど手のひらに乗るくらい(15cm前後)の大きさで、最近は山の湿地や川でしか見られません。

 
 s-K5-20170414-115122-0.jpg
 小川が流れ落ちる小さな滝も、これから更に水量が増してきます。
 後で気づいたら画像左下に人の頭が見えていますが、渓流釣りのオッサンでした。
 この辺では「よく釣れる」という話を聞いたことがないですね。

 s-K5-20170414-115600-0.jpg
 その源流が一旦流れ込むのは「富里ダム湖」です。 手前の方は解氷が進んでいます。

 山裾の春も静かに進んでいます。もうすぐコブシの花が咲くはずです・・・




 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | 山歩き:市内近郊 | CM(14) | ▲ top
| メイン |