野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

春へ一歩前進  

 昨日、仁頃山へ行ってきました。
 知床「海別岳」へ行ったり、天気が良くないので出かけなかったりで、5日ぶりです。
 中4日も空けると「久しぶり」な感覚になります。
 春と秋は4日も空けると様子が変わっていますね。

 s-TG3-20170414-084924-0.jpg
 東新道入口近辺では、すっかり登山道が露出した場所も出てきました。

 s-TG3-20170414-084916-0.jpg
 キツネさんも活発に動いているようです。

 s-K5-20170414-091902-0.jpg
 山頂右手の崖の模様が変わりました。 雪がずり落ちた場所が増えたようです。(下地はクマザサ) はて何に見えますか?

 s-TG3-20170414-092636-0.jpg
 日差しで歩いた跡がすぐ溶けてしまいます。

 s-TG3-20170414-094717-0.jpg
 六合目あたりではさすがに雪のまだ多いですね。

 s-K5-20170414-101302-0.jpg
 山頂は風弱く暖かいです。温度計は11度を指していました。

 s-K5-20170414-101715-0.jpg
 ダム湖の様子ですが、一部で解氷が始まり全体に色が変わってきました。

 s-K5-20170414-101345-0.jpg
 さて、武華山と武利岳...いつ行こうかな?

 s-K5-20170414-101527-0.jpg
 この山は「チトカニウシ岳(1446m)」で、石北線の「石北トンネル」の上にある山です。
 全体にモヤが掛かったようで見通し良くないです。
 
 下りは登山道を無視して林間を自在に歩き回ってみました。

 s-TG3-20170414-100822-0.jpg
 今時は溶けた雪が固まっており、歩いても踏み抜くことはめったにありません。

 s-TG3-20170414-103414-0.jpg
 普段歩けないダケカンバの中は気持ちいいもんです。 そして美しい! ここを真っ直ぐに突き進みます。


 さて、1合目あたりまで来て今年初の蝶をみました。
 s-K5-20170414-110536-0.jpg
 雪が残るうちから飛び回る、ご存知『クジャクチョウ』です。

 s-K5-20170414-114500-0.jpg
 『ヒオドシチョウ』です。 少し羽が傷んでいますね。羽の輪郭あたりが鱗粉で光っているのですが...

 s-K5-20170414-110811-0.jpg
 いつも眺める苔も今が水々しく見える時期です。 

 s-K5-20170414-112108-0.jpg
 一旦雪が降ったことで、エゾノリュウキンカもツボミが成長していませんでした。

 s-TG3-20170414-111901-0.jpg
 バイケイソウは沢山目を出しています。 この花はまだ先になりますが、個人的に好きです。

 五合目あたりから下はどんどん春めいてきました。
 少しずつ花も増えてきますので、楽しみですね。

 「林道周辺の春」は次回掲載します。


 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

▲Page top