野付牛公園 四季移ろい

2016.12.31(09:02)


 2016年も終わろうとしています。

 ブログに関わる山歩き、写真撮影などについての思い。。。

 ※ダラダラと長いので、すっ飛ばして結構でーす!
   今年最後の写真は、ず~~~っと下です。

●山歩きについて

 一昨年2月20日から登り始めた「仁頃山」は1年10ヶ月を経過しました。
 この年末まで私が山頂を往復したのは170回です。(昨年と累計。ルートは様々)
 初年度は途中から開始なので、54回と少なめでした。
 今年は週に2回を目標としました。年52週ですから1年で104回以上...何とか達成しました。

 その他に昨年から近隣の山へもトライし始め、10座山頂から下界を眺めてきました。
 仁頃山以外では当面「日帰り」しか考えていませんし、好天の時に出かけています。
 マイペースで動きたいので単独での登山ばかりですが。

 仁頃山には「仁頃山愛好会」という会があり、毎日登っている常連さんもいます。
 (吹雪や台風など危険な日を除き)
 つまり年間350回は(多分)登っているはずです。
 夫婦で続けている方もいますね。

 そんなに同じ山ばかり登って何が楽しいの?
 そう訊かれそうですが、登山者それぞれの答えがありそうです。

 野付牛は? 生まれ育ったのは田舎、里山・・・遊び場はもっぱら山でした。
 これも関係しているかもしれませんね。
 無心で歩けばストレスにも良いし、空気も美味しい!綺麗な花も見られる。。。


 山歩きで変わったのは、もちろん体力(筋力+心肺能力)でしょうか。
 最初はゼーゼー言いながら、何度も休憩していましたが、今では散歩気分です。
 普段は休憩無しで淡々と山頂まで歩きます。
 まだ初級を超えた程度で、日帰り(5-6時間)のルートが似合ってるでしょう。

 そして、気づいたら『アレルギー性鼻炎』が軽くなり、病院には行かなくなりました。
 鼻詰まりがひどく、長年1-2ヶ月置きに耳鼻科に通ってましたので。
 
 野山の花には以前から興味があり、写真も少しずつ撮っていましたが、
 仁頃山は花が豊富なので、夏はたくさん道草をしながら登山するのが楽しみです。



●ウォーキングについて
 
 山歩きの頻度が増えた分、市街地のウォーキングは減りました。
 それでも草花の撮影もありますので、山の合間をぬって歩くようにしています。
 かつてはウォーキングで足腰を鍛えようと毎日6-8kmを歩いていました。
 年間では2,000~2,500kmにもなっていたので、靴も傷みましたね。
 仕事をリタイアした時に腰痛と、足首の捻挫をしたのがきっかけでした。
 「脊椎間狭窄症」との診断で足の指まで強い痺れがありましたが、
 ウォーキングを続けて痺れが軽減され、捻挫の恐怖も克服できました。
 ただ、脊椎間狭窄症が治った訳ではないので、痺れは残っています。
 歩くだけでは楽しみも無いので、夏も冬もカメラを持参し何でも撮っていました。
 
 それらが山歩きにも繋がったようです。

 
●写真について
 
 元々カメラには少しばかり興味もありました。
 撮影枚数が増え始めたのは54歳の頃、仕事先が山合の施設だったことから。
 法人のブログを立ち上げ情報発信を始めるに当たり、画像も必要だったためです。
 景色や施設、イベントなどは勿論、勤務先の周辺では花の写真も増えていました。
 仕事を終え退職した後はオーストラリア移住を計画し、パースへ。
 現地でもブログをスタートさせ、情報発信をしていました。
 
 様々な事情から帰国して今に至りますが、写真との縁は今のブログへ引き継がれました。
 野や山を歩いて相変わらず『ついで撮り』を続けています。
 夏場は花も多いので撮影枚数も増え、5月-10月では15,000枚を超えています。

 『写真』をメインにしていないのは自分が「作品作りは合っていない」からです。
 色々と挑戦したこともありますが、芸術は技術や知識ではなく『感性』だとわかりました。
 そこで写真は「情報発信の道具」と割り切ったのです。

 今は誰でもがプロ写真家顔負けの作品を撮るチャンスがあります。
 素人が扱うカメラの域を超えた機能満載のデジタル機材が普及しています。
 でも、人々を唸らせる作品は簡単には撮れません。

 最後は『感性』とか『執念』とかの勝負になるのだと思います。
 子供でも、おばあちゃんでも、安いコンデジでスンゴイ写真を撮ることがありますね。
 機材や技術の問題でなく、物事を捉える感性なのだと実感します。

 10年以上アレコレ機材も変えながら撮ってきましたが、近年ようやく気づいたわけです。
 稀に「良い写真が撮れたかな」と思うこともありますが『作品』には遠いなぁー。。。
 元々、絵も描かない、見ない方ですから写真にもセンスが無いようです。

 できれば綺麗に撮りたいのは誰も同じでしょう。
 時間がある時はそれなりに撮るようにしてはいます。
 景色も、花も、もう少しだけ綺麗に魅力的に!と
  来年もチャレンジしようと思っています。




今年も大晦日を迎えました。

 『野付牛 四季彩々』 ブログとしては、野付牛公園で終わりたいと思います。
 春夏秋冬、朝な夕なに公園を見つめてきましたので。

 s-Canon20160528-062512-0.jpg
 春、池の周りに桜やツツジが満開になります。

 s-O20160624-062236-12.jpg
 初夏、萌黄色から濃い緑に変わってくる草木。

 s-PENTAX20161019-142201-0.jpg
 秋、紅葉が池に映り込み、濁った水面さえ艶やかになります。

 s-K5-20161206-141546-12.jpg
 そして冬、鉛色の空から落ちてきた雪で、公園も池もシンと静まり返ります。

 自宅と公園の一部は10メートル程しか離れていないのです。
 (実際は他人の敷地を抜けずに、グルッと一角を周りますが)

 来年もどんな風景に出会えるのか今からたのしみです。
 
 野付牛公園よ、1年間ありがとう!! そして来年もヨロシクな!

 ここへ遊びに来て下さった皆様も、
  そうぞ、良いお年をお迎え下さい。
    そして来年もお付き合いのほどよろしくお願いします。




 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

風景 トラックバック(-) | コメント(13) | [EDIT]

2016最後の山歩き

2016.12.30(16:01)

今朝も冷え冷えでしたねぇー。

 正式発表は見てませんが、アメダスで 氷点下20度でした。

 天気が良いとのことで、早めに仁頃山へ出かけたのですが、寒かった!
 車載の温度計で仁頃山へ向かう途中に -21度を表示していました。
 この車は3年乗ってますが、今まで -18度より低い表示は無かったのです。
 多少の誤差はあれど、-21度を示していた周辺は正にキンキラキンに光ってました。
 何がって? 草も木も空気さえも・・・です。

 s-TG3-20161230-120049-0.jpg
 青空が見事です! ダム湖手前からの眺めです。

 s-TG3-20161230-114137-0.jpg
 駐車場には車が数台ありました。

 s-TG3-20161230-084931-0.jpg
 周辺の木には氷が付いて朝陽にキラキラ光っています。

 いつもと同じ薄着でスタートですが、寒さを改めて感じました。 
 腕やお腹のあたりがピリピリします。汗の出るタイミングもいつもより遅い!

 ほどなく、登山道にも太陽が当たるようになり空気も和らいできました。
 s-TG3-20161230-085121-0.jpg

 s-TG3-20161230-094559-0.jpg
 雪道を滑ってくる人がいるので、ショートカットの道がアチコチにできています。

 s-TG3-20161230-102521-0.jpg
 九合目の看板が随分埋まってきました。夏場だとちょうど野付ウシの頭の高さです。

 風が少しばかり強く、吹き溜まりができています。足跡はすぐに消えてしまいますね。

 s-TG3-20161230-103421-0.jpg

 s-TG3-20161230-104317-0.jpg
 
 s-K5-20161230-103642-0.jpg
 山頂の温度計は-9度ですが、太陽が当たってますのでそんなもんでしょう。

 s-K5-20161230-103924-0.jpg
 下界の様子ですが、かなり霞んでいる感じです。

 s-K5-20161230-101756-0.jpg
 6月に登った雌阿寒岳&阿寒富士が右側にが見えています。左端はフップシ岳ですね。

 s-K5-20161230-101718-0.jpg
 10月に登った斜里岳です。

 s-K5-20161230-103728-0.jpg
 今日は武利岳が見えず、その左側に薄っすらと見えたのは、石狩岳、トムラウシ、ニペソツ方面です。

 s-K5-20161230-103447-0.jpg
 オホーツク海側にはサロマ湖が見えます。今年はもう凍ったのでしょうか。

 s-K5-20161230-103915-0.jpg
 さらに北側を見ますが、山が連なっています。

 
 s-K5-20161230-104050-0.jpg
 仁頃山の下の方では雪煙が上がっています。時々突風のような強い風が吹いています。

 s-K5-20161230-104057-0.jpg
 中腹から下の松林は同じような形で整列していて綺麗ですね。

 s-K5-20161230-103620-0.jpg
 山頂にはお正月のミニ飾り付け&お供え餅も準備できました。

 明後日の「初日の出登山者」を待つのみですね。
 
 野付ウシは今年も出かけるつもりですよ! 朝4時頃に出発予定です。

 皆さんは除夜の鐘を突きに? それとも神社へお参り?
 


 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(14) | [EDIT]

仁頃山の四季

2016.12.29(11:44)

今年も残り少なくなりました。

 今年は週二回は山へ!と目標を立てましたが、なんとか達成できました。

 その仁頃山の四季の様子から4枚の写真をチョイスしました。

 s-C20160603-083728-12.jpg
 新緑の季節・・・今年は遅めの雪が降って、登山者を慌てさせました。

 s-O20160812-092853-12.jpg
 夏は青空が少なく、8月には大雨でダム湖が茶色に濁ったりしました。

 s-TG-320161018-083818-12.jpg
 妙に暖かい日があったり、紅葉の色づき具合が心配されましたが、大丈夫でしたね。

 s-TG3-20161219-112614-12.jpg
 11月3日の文化の日に雪が降り、今年の寒気は早めにやってきたようです。

 これから4月までは雪に覆われる仁頃山ですが、常連の登山者は毎日山へ向かいます。

 野付ウシも頻度は追いつきませんが、仁頃山を愛する一人になりました。

 年内はあと1回、そして初日の出登山をする予定です。



  ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


風景 トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]

霜の造形美

2016.12.28(11:43)

今朝は極端に気温が下がった場所もあったようです。
 氷点下25度を下回ったとか...よく聞くアノ地域ですね。

 野付ウシ地方は夜に曇っていたのか、-10度までしか下がりませんでした。
 でも日中の最高予想気温は-7度です。
 
 札幌の状況を見ていると本当に「交通麻痺」とも呼べる状態ですね。
 自分も12年住んでいましたが、地下鉄or徒歩でも通える距離でしたし、
  車の運転も営業車をたまに乗った程度ですから、酷い目には遭っていません。

 予算とのにらみ合いで除雪もやってますから、どちらの事情も理解できます。
 ただ、こういう事態は十分に予測できますので、予算のあり方も再検討要ですね。
 十億、百億単位でドブに捨てるようなお金の使い方もあ現実にあるわけですから。

 野付ウシ地方でも札幌などと比べたら微々たるものですが、走りにくくなってます。
 今朝も除雪された雪で、まったく左右が見えない交差点で、危うく衝突しそうに。
 相手が徐行していたので、事なきを得ましたが、街中の交差点が同じ状態です。
 一車線の道路は路肩が無くなり、二車線の道路は1.5車線になってます。
 右折用の車線が使えないので、右折車の後ろに行列が出来てしまうんですね。
 「できるならば」交差点だけでも広く除雪、そして排雪してほしいものです。
 この状態が3月末まで続くのですから、運転もイラつきの連続ですね。

 お互い、十分に余裕を持って運転しましょう!

 
 さて、今朝は昨日から少し積もった雪を除雪しました。
 その折に、車庫の窓に綺麗な霜(氷)の模様を見つけました。
 ガラス二枚分ですが、自然の創作美を撮りました。
 ネタ不足の季節ですから活用しましょうね。

 s-TG3-20161228-083315-0.jpg

 s-TG3-20161228-083322-0.jpg

 s-TG3-20161228-083349-0.jpg

 s-TG3-20161228-083406-0.jpg

 s-TG3-20161228-083435-0.jpg

 いつも思うのですが、ガラスの平面は一定で、戸外&車庫内の空気も多分一定・・・
 何故、このような様々な模様が出来上がるのか...不思議ですね。

 s-TG3-20161228-083509-0.jpg

 s-TG3-20161228-083519-0.jpg

 s-TG3-20161228-083525-0.jpg

 今日は陽射しもあるので、10時頃にはほとんどが消えてしまいました。
 仮に、明日朝にも霜が模様を作ったとしても、まったく別な図柄になるはずです。

 

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


できごと トラックバック(-) | コメント(12) | [EDIT]

今年も残り4日

2016.12.27(15:25)

 今年も残すところ4日ですね。
 今朝は少し気温高めで -4度でしたが、午後に向けて少しずつ気温が下がっています。
 本来は「曇りのち雪」でしたが、朝からずーっと雪が降ってます。
 本当に予報が当たらないこと・・・

 チラチラ雪で推移かな? と勝手に考えて今朝は仁頃山へ。
 新雪が5センチほどでしたが、継続して降っていますのでこれから増えそう。
 いつもより遅めに着いたのですが、駐車場は車が1台のみ?
 
 支度をして東新道から入りましたが、先行しているのは一人だけのようです。
 ツボ足で一人分の足跡が付いていました。

 s-TG3-20161227-092917-0.jpg
 今日はスノーシューを付けずに、軽アイゼン(チェーンスパイク)のみで歩きます。

 s-TG3-20161227-095033-0.jpg
 写真ではわかりづらいですが、細かな雪がシンシンと降っています。

 s-TG3-20161227-100936-0.jpg
 一人だけ歩いた足跡を追って尾根道を進みます。


 s-Ca-20161227-102932-0.jpg
 五合目合流地点まで来た時、頭上からコツコツと音が聞こえました。アカゲラさんですね。
 冬の山は野鳥も少なく、キツツキの仲間を時折見かける程度です。

 s-TG3-20161227-103122-0.jpg
 五合目の看板が見えていますが、新しい足跡が無い!?
 よく見ると、管理車道を下ったようです。雪が激しくなってきたので引き返したのでしょうか。

 つまり、五合目から先は野付ウシが初めて歩くことになるわけです。
 吹き溜まりが時々ありますが、ツボ足でもラッセルに問題なさそうなのでGO!

 7合目手前で突然、右手の崖からシロウサギが飛び出しました。
 笹の葉の下側に隠れていたようで、足跡も無かったのですが、
  野付ウシがそばを通ったので、慌てて逃げ出したようです。
 『脱兎の如く』と言う言葉がピッタリの猛烈な勢いで、登山道を飛んでいきます。
 あまりに早すぎてカメラは無理でした。

 真っ白ではなく、少し灰色がかったような場所もあるので、雪の中でもわかります。
 足跡を見ると、雪の中でも歩幅は3メートルを超えています。
 走りやすいためか、登山道の踏み跡をずっと登っていったようです。

 s-TG3-20161227-105253-0.jpg
 七合目過ぎの平坦な場所ですが、ここでもウサギが横切っていきました。
 「何を慌てて走り回っているのか」なんて独り言を言いながら進みます。

 この辺から、雪が激しくなり風も少し強まってきたようです。

 s-TG3-20161227-105321-0.jpg
 枯れ草に付いた氷の花を楽しみながら。。。
 s-TG3-20161227-105336-0.jpg

 s-TG3-20161227-110509-0.jpg
 九合目まで来ました。時折風が強くなり視界ゼロの状態も起きてきました。

 s-TG3-20161227-110748-0.jpg
 この坂を上れば山頂です。吹き溜まりがけっこう多い場所です。

 s-TG3-20161227-110753-0.jpg
 すぐ上にある無線塔を見上げても雪で霞んでいます。

 s-TG3-20161227-111153-0.jpg
 山頂手前ですが、吹き溜まりで腰までの雪を漕いで進みます。

 s-TG3-20161227-111331-0.jpg
 無事到着、どなたかがお正月用の飾りを付けていったようです。

 s-TG3-20161227-111309-0.jpg
 温度計を写したのですがよく見えませんね。 -6度かと思うのですが。

 s-TG3-20161227-111320-0.jpg
 ノートとスタンプの入った箱は普段は顔の高さですが、今は雪が積もり膝の高さです。

 風と雪が強まってきたので、休憩&給水も無しで下山開始!
 今さっき歩いた足跡は全部消えて、真っ白な平地になっています。
 大粒の雪がどんどん降って、みる間に雪が積もっていきます。
 ルートを熟知していないと真っ白で迷いそうです。

 結果として他の登山者は五合目でUターンしているようです。

 この状態だと、今日、山頂まで行ったのは野付ウシ一人になるかもね。
 午後から雪と風が強まるような予報もあったので。

 雪と風がもう少し強ければ、野付ウシも七合目付近で迷わず引き返したでしょう。

 甘く見ると冬山は痛い目にあいますから・・・


 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]

クリスマスの山歩き

2016.12.26(09:39)

 およそ二日間にわたり降り続いた雪ですが、半分は細かな雪だったので積雪は少なめ。

 雪質は湿ってなかったのですが、非常に細かな雪が「隙間なく詰まった」感じです。
 故に、少しばかり重たく感じる雪でした。
 終盤はフワフワ粉雪になったのですが、果たして山の様子は?

 クリスマスと日曜が重なった25日午後、仁頃山へ。
 既にダム湖までの道は除雪されていました。
 いつもの場所に車を停めようとしたのですが、先の林道も除雪済?

 どうやら林道管理の「森林管理署」がブルで通ったようです。
 奥に林道で作業をするために除雪したとの情報。
 ありがたや! 一車線しかない道を進み管理車道登山口へ。
 冬は除雪されない道ですから、往復1.8kmの徒歩が省略できるのです。

 普段は午後の登山者は稀ですが、日曜日だったので前後に車は5台ほど。

 
 s-TG3-20161225-130913-0.jpg
 それなりの踏み跡もあり、ブーツだけで問題ないようでしたが、念のためスノーシュー装着。

 s-TG3-20161225-124914-0.jpg
 歩いてみれば中腹まではツボ足でも可能でしたが、踏み跡が固まっていないので踏ん張りがききません。
 スノーシューで正解だったようです。
 真ん中が歩いた跡、両サイドにストックの跡がついて、所々スキーで下った跡もあります。

 s-TG3-20161225-132608-0.jpg
 中腹からは足跡が弱くなり(五合目で引き返す人もいるため)、積雪も多めに。
 いつもこの辺りからは吹き溜まりが出来て、ツボ足だと非常にあるきにくくなります。

 s-TG3-20161225-135546-0.jpg
 午前中はスッキリ晴れていたのですが、今は雲が多めの空です。ダケカンバには雪が張り付いています。

 s-TG3-20161225-135642-0.jpg
 まさにホワイトクリスマスですね。雪が重たそうです。

 s-TG3-20161225-135957-0.jpg
 山頂付近はダケカンバだらけで、松の木は僅かしかありません。

 s-TG3-20161225-140035-0.jpg
 吹き溜まりで普段とはズレた道を進んで、山頂へ。

 s-TG3-20161225-140127-0.jpg
 風の無い状態で温度計は-6度(実際はもっと低いはずです)。
 ((市内の気温は朝が-19度で、日中の最高気温は-7度でした))

 s-TG3-20161225-140145-0.jpg
 既に樹氷も溶けたり飛んだりで見られませんが、日の当たらない北側斜面では残っています。
 こちらから吹き上げる風は猛烈に冷たいですよ。

 s-TG3-20161225-140249-0.jpg
 いつもと変わらない展望、遠くは霞んで全方位見えません。

 s-TG3-20161225-140309-0.jpg
 山頂直下の休憩場所も有志の手により、綺麗に除雪されていました。

 
 少し休憩で下山開始!

 s-TG3-20161225-141254-0.jpg
 山頂付近は特に動物の足跡が多く、複数の動物が動き回った様子がみられます。

 s-TG3-20161225-141451-0.jpg
 単に走り回ったのか、命がけの攻防があったのか・・・

 s-TG3-20161225-141334-0.jpg
 空腹のウサギさんが木の皮を食べたようです。これから食べられる樹木が増えますね。
 

 s-TG3-20161225-144148-0.jpg
 三合目まで下った時は3時前でしたが、既に日が傾き長い陰が・・・
 長~い二本の陰が道の先まで伸びていますが...これは野付ウシの足ですぞ!
 ここでは誰でも短足を解消できます。(*^^*)

 日が傾くと猛烈に冷え込んできます。
 ポカポカしていた手袋の中の指も千切れんばかりに痛くなってきました。
 ザックから長袖を1枚出して着込みました。

 山の気象はホントに急激に変化するので怖いですよ。
 年内は、あと1-2回かな?




 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]

クリスマス

2016.12.25(08:24)

 今日はクリスマス、昨日イブは土曜日で夜遅くまで楽しんだ人も多かったのでは?
 今朝の野付ウシ地方は久々にシバレました。
 氷点下 -19度まで下がったようですが、青空が広がりよい天気!
 今日は、午後から仁頃山の様子を見てこようかな?



 Webで若い男性の『クリぼっち』は3割・・・なんて記事を見かけました。
 クリスマスは本来クリスチャンの行事であり、家族と静かに祈り・過ごす時ですね。
 日本は商売優先、食事にホテルにプレゼントに...
 そして、それに乗っかって楽しんでいるのが現実です。 (楽しけりゃいいか)

 別に一人で過ごすのに罪悪感を持つ必要も無いし、余計なお世話でもありますね。
 どうも「皆が同じように過ごすのが普通でしょ?」 という雰囲気があります。
 それぞれ事情もありますので、どうでもいいことですね。
 年末まで1週間ですから、大晦日&お正月へ向けた雑用に明け暮れる時期です。
 日本の伝統・文化の方も大事にしてほしいです。

 我が家ではクリスマスも普通の日、お正月も「ほぼ普通の日」です。
 お正月でも子や孫が訪ねて来ませんし、訪ねる親の家も既にありません。
 (一人娘と一人孫娘は1万キロ彼方ですので戻って来られません)
 慣れれば「こんなもんでしょ」となります。
 周りと比較することも無いので、特に寂しいとかの感覚も少なくなりました。
 

 さて、娘と孫娘はパースですが、3年前には共にクリスマスを過ごしました。
 (毎年、同じようなことを書いてますが、(-_-;) )
 オーストラリアのカレンダーにも24日は(Christmas eve)と書いてありますが、
 普通は無視されているようで、25日に家族で手料理で祝います。
 朝から料理やケーキを作り、夕方には皆で楽しく夕食をとります。
  その後は手作りのケーキやクッキーをいただきながら、静かに過ごすのです。

 s-SO1222-071323-b.jpg
 個人住宅の例ですが、せいぜい飾り付けはこの程度です。
 何もしない家がほとんどです。(リースくらいは見かけますが)

 プレゼントは仰々しく渡し、渡されますが、贈るものは相当早くから悩んでいるようです。
 原則としてプレゼントを開けるのは26日になります=26日はBoxing day(箱を開ける日)
 (25日に全員の前で開けることも普通になってます)


 s-S1222-112230-b.jpg

 s-A1212-113242-b.jpg

 s-A1203-104045-b.jpg
 街の中やデパートのツリーですが、イルミネーションは使っていません。
 上から順に、パース中心街、市場、デパートの各クリスマスツリーです。
 一番下の写真にサンタさんがいますが、人形ではなく本物サンタ(人間)です。
 買い物に来た子供の願い事を熱心に聞いてくれますよ。


 デパートに行って驚いたのは『クリスマス専用の売り場』が年中開設されていること。
 クリスマスというイベントの大きさがうかがえました。
 クリスマスが終わったら、来年のために品定めを始める人がいるのです。

 スーパーのレジ、デパート店員、個人商店などの従業員はクリスマスが近づくと帽子を被ったり、
  赤鼻を付けたり、サンタの格好をしたまま接客をしたりします。
 役所の窓口や病院の受付にまで、そんな人がいるのですから楽しいもんです。
 ハロウィンの時もそうでした・・・

 
 日本のように「子供の日」 「ひな祭り」 などはありません。
 誕生祝とクリスマスが家庭では最大のイベントなのです。
 孫娘の誕生日に親戚がドッと集まって来たのにはビックリしました。
 遠いところから泊りがけで来る人までいるのですから。



 そんな想い出をチョッピリ回想しながらクリスマスは過ぎていきます。

 みなさんも、せっかくですから楽しいクリスマスを過ごして下さいな!!
 
 心から... メリー・クリスマス!



ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


外国のこと トラックバック(-) | コメント(8) | [EDIT]

雪が止みました

2016.12.24(11:03)

一昨日から降っていた雪は、ようやく収まったようです。
 1日半で降った雪の量は? これが今ひとつワカランのです。
 新聞では23cm? ウソ! 
 アメダスの積雪記録は現在35cm? どこで測ってる?

 まぁ、公的記録はそんな感じですね。
 玄関前の除雪は昨日3回しましたので、今朝は10cm足らずの積雪でした。
 庭や屋根に積もっている雪は膝までありますので、少なくても40cmほど。

 幸いにしてパウダースノーでしたので、重量は少なめ。
 除雪車が置いていった場所だけ、ガチガチの固まりなので、これは厄介ですね。

 我が家の玄関前は除雪の時だけ広く感じます。
 色レンガを敷き詰めたポーチは、乗用車4台は十分に置けるスペース。
 その横に車庫、直前が道路になっています。
 見栄えもあるのでポーチ部分は全部雪を取り除きますので重労働。

 恵まれているのは横に家が無いこと。(車が置いてあるけど空き地)
 道路の向かいも民家は無し...雪を捨てる場所はあります。

 ママさんダンプで雪を片付けて、およそ2時間で終了!
 けっこうな運動量になりました。。。

 今日も出掛けられないので写真も特に無し。
 過日の山歩きで撮った残りを少しUPしておきます。

 
 s-TG3-20161221-102946-0.jpg

 s-TG3-20161221-104241-0.jpg

 s-TG3-20161221-104727-0.jpg

 s-TG3-20161221-104741-0.jpg
 山に行かなくても、公園とか空き地でも見られそうな「氷の花」です。


 s-TG3-20161221-104802-0.jpg

 s-TG3-20161221-104830-0.jpg

 s-TG3-20161221-104932-0.jpg

 s-TG3-20161221-104938-0.jpg
 この時も、コンデジのみ持参してますので、画質的にはこんなもんでしょう。
 いつものことですが、その気になって写真に収めても、画面で見るとガックリしてしまいます。

 本当のキラキラ感は、現場で自分の目で見るしかなさそうです。


 ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


できごと トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]

小雪時期最後の山か 続編

2016.12.23(10:08)

予想した通り、一昨日の仁頃山歩きは、ドカ雪前の最後の登山となったようです。
 昨日昼前から降り出した雪は、今もずーっと続いています。
 ただ、雪が非常に細かいため積雪量はまだ30cm弱で済んでます。

 s-Ca-20161223-085819-0.jpg
 今も細かな粒の雪が降り続いています。風が少し出てきたようです。

 s-Ca-20161223-075646-0.jpg
 庭の気には雪がドッサリ・・・小鳥の餌台にも雪が入り込み、スズメたちも姿を見せません。
 

 今朝、一旦家の前を除雪したのですが、サラサラ雪なのに重い!
 細かい雪ばかりなので、密度が濃くなっているためと思われます。
 フワフワな雪だと4-50cmになったかもしれません。
 今日も終日雪模様で、明日未明には収まりそうだとか。

 明日は除雪三昧? ホワイトクリスマスで筋肉痛の予感がしますね。




 さて、昨日の続きですが、その前に「仁頃山の主」とも言われる御仁がいます。

 大荒れの時以外は毎日のように仁頃山へ登っていますが、
 その御仁が昨日の登山で『仁頃山登山5,000回を達成』しました。
 あ、野付ウシではありませんよ、お間違いなく。

 その御仁はSさんと言い、野付ウシの仁頃山の師匠であり、キノコの師匠でもあります。
 何でも57歳から山登りを始め23年を経て5,000回に達したとのこと。
 つまり御年80歳になりますが、今も毎日のように通っています。

 近隣の山も当初は歩き回ったようですが、近年は足の具合が良くないこともあり、
 仁頃山登山と秋のキノコ採りに専念しています。(野付ウシも登山道でよく会います)
 野付ウシなんぞ、まだ2年目で150回を超えたばかり。

 スゴイことですね。自分のことのように嬉しくなり記載しました。\(^o^)/


 以下は、一昨日の仁頃山での様子です。
 吹雪が治まり、道路の除雪が終わるまで2-3日は山へも行けそうにありません。

 s-TG3-20161221-102039-0.jpg

 s-TG3-20161221-102236-0.jpg

 s-TG3-20161221-102538-0.jpg

 s-TG3-20161221-102633-0.jpg

 s-TG3-20161221-102801-0.jpg
 しばらく雪も降っていない山頂ですが、吹雪の後は風景も一変しているのでしょうね。



 s-TG3-20161221-102900-0.jpg

 s-TG3-20161221-102920-0.jpg

 s-TG3-20161221-102953-0.jpg

 s-TG3-20161221-103012-0.jpg

 s-TG3-20161221-103043-0.jpg
 木や草に付いたのは雪ではなく、空気中の水分が凍ったものです。
 次々と付着して成長したものですね。




 s-TG3-20161221-103133-0.jpg

 s-TG3-20161221-103156-0.jpg

 s-TG3-20161221-103737-0.jpg

 s-TG3-20161221-103827-0.jpg

 s-TG3-20161221-103849-0.jpg
 最後の写真を撮り終える頃には、木々の枝から氷がパラパラと剥がれ落ちてきました。
 いつもそうですが、午前10時をまわる頃には陽射しを受けて落ちてしまうのです。
 下から二枚目の写真には、剥がれ落ちた氷が雪の上に散乱しているのがわかります。

 曇りや雪の日には見られない現象です。
 次に登る時は、吹雪の収まった後になります。
 ドッサリ降った雪で景色も様変わりし、真冬の仁頃山に変貌しているはず。
 楽しみです。。。



※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]

小雪時期最後の山か

2016.12.22(09:55)

今朝は氷点下3度と、この時期にしては高すぎる気温です。

 午後から雪になり、明日いっぱい雪で吹雪の予想もあります。
 数日前から「吹雪!」と脅かされていたので、その前に...と昨日も山へ。

 今月8回目となる仁頃山は?

 s-TG3-20161221-085412-0.jpg
 少し暖かめの好天が続いたこともあり、雪が少なくなったように見え、山頂には曇が。

 昨日は東新道からの往復としました。
 日中に溶けたようで、登山道は踏み固められた常態です。

 数日間雪も降っていないので、樹氷も期待できないなーと歩を進めます。
 
 六合目あたりから草木が白く見え始めました。 ホゥホゥ、樹氷かな?

 s-TG3-20161221-100135-0.jpg
 思いがけずに綺麗なものが見られます。空も少しずつ青空が広がってきました。

 s-TG3-20161221-100151-0.jpg
 少し明るさを抑えました。真っ白でよく見えなくなるものですから...

 s-TG3-20161221-100653-0.jpg
 雲が切れて青空も見えています。もしかすると山頂あたりは綺麗かも。。。

 s-TG3-20161221-100731-0.jpg
 七合目の様子です。背景はまだ曇り空ですが、反対側には青空が・・・

 s-TG3-20161221-100741-0.jpg
 毎度お馴染みの『元気の木』です。 パワーをもらって下さい!

 s-TG3-20161221-101017-0.jpg
 こんな氷の花がたくさん見られるのですが、撮ってきてもうまく写っていませんね。
 今回も10枚ほど撮りましたが、ほとんどダメでした。(ー_ー)!!
 たくさん並んでいれば、相当絵になるのですが単独のものがほとんどです。

 s-TG3-20161221-101438-0.jpg
 だんだん樹氷の割合が増えてきました。

 s-TG3-20161221-101817-0.jpg
 青空の方角を選んで撮影しました。樹氷で白くなった松の木も素晴らしいものですよ。

 s-TG3-20161221-101854-0.jpg
 曇りがちの空で予想していなかっただけに嬉しい誤算でした。

 s-TG3-20161221-101942-0.jpg
 ここでもポツンと氷をまとった花が咲いていました。

 この先、天気が荒れるとのことで山は2-3日無理でしょう。
 出歩くのも止めた方が良さそうなので...この続きを明日に延ばしましょう。
 ネタ保存...なんちゃって。(-_-;)

 ところで、どうしても理解できない樹氷、霧氷、細氷...etc
 Webで調べると、たくさん出てきますが今ひとつ理解不能!
 空気中の水分が凍って草木に付着...なのに、呼び名が複数あるんですから。

 樹氷は霧氷の一種とか書いてあるのですが・・・
 「素人には判断が難しい」とも書いてあります。 
 「樹氷」と言っておけば、そう間違いではないようです。

 学者さんは何でも詳細に細分化したがるので、ようワカリマヘン。

 ワァー綺麗! で問題無し!



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]

2016年12月

  1. 野付牛公園 四季移ろい(12/31)
  2. 2016最後の山歩き(12/30)
  3. 仁頃山の四季(12/29)
  4. 霜の造形美(12/28)
  5. 今年も残り4日(12/27)
  6. クリスマスの山歩き(12/26)
  7. クリスマス(12/25)
  8. 雪が止みました(12/24)
  9. 小雪時期最後の山か 続編(12/23)
  10. 小雪時期最後の山か(12/22)
次のページ