野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

黒岳&お鉢めぐり=続編  

大雪山;黒岳&お鉢めぐりの続編です。
 今回はまずまずのお天気で青空も見えましたが、遠景がかすみスッキリ見えなかった!
 それでも写真撮りまくりで、400枚もありました・・・
 なので...今回は長くなりますので、よろしければおつきあいを!

 s-P20160927-082423-0.jpg
 石室を出てから反時計回りに進みますが、北鎮岳麓までのルートは長めです。

 s-P20160927-082511-0.jpg
 チングルマの白い穂が赤く染まった絨毯に映えますねー ^^; 絶景です!
 どっちを見ても同じような景色と言えば、そうなんですが見ていて飽きません。

 s-P20160927-082437-0.jpg

 s-O20160927-082604-0.jpg

 s-O20160927-082638-0.jpg

 s-P20160927-082704-0.jpg

 s-P20160927-082932-0.jpg
 もう少し遅かったら...葉っぱが落ちていたでしょうね。

 s-P20160927-083018-0.jpg
 短いススキのような枯れ草...なんだか不明ですが、絵になります。

 s-P20160927-083118-0.jpg
 紅葉越しにみる凌雲岳は青空と良く合います。

 s-O20160927-084103-0.jpg

 s-P20160927-084809-0.jpg
 御鉢平から流れ出る水で川ができていますが、まるでコロラド川みたいですね。(グランドキャニオン行きました)

 s-P20160927-085454-0.jpg
 で、振り返れば黒岳から延々と歩道が続いています。緑はハイマツですね。

 s-P20160927-085522-0.jpg
 渓谷を左に見ながら歩を進めると、巨石だらけの登り坂に突き当たります。

 s-P20160927-085835-0.jpg
 そこを上がると...一気に視界が広がります。 御鉢平が一望できます。

 s-P20160927-085944-0.jpg
 広大すぎて18mmレンズでも収まりません。右手&左手に分けました。

 s-P20160927-090140-0.jpg
 後ろを振り返ると、途中で見えなかった小さな沼の一帯が見えます。

 s-P20160927-090153-0.jpg
 きれいな赤と緑のコントラスト・・・

 s-P20160927-090343-0.jpg
 赤絨毯のほとんどはウラシマツツジですね。 (&少し背丈のあるウラジロナナカマド)

 s-P20160927-091006-0.jpg
 ようやく北鎮岳分岐点まで来ました。 登ろうか?と思いましたが、往復1時間弱...今回はパス!
 s-P20160927-093500-0.jpg
 御鉢平の向こうに見えているギザギザ山は8月に登った白雲岳です。

 s-P20160927-093846-0.jpg
 ほぼ中間点に近い『中岳』まで来ました。風が冷たくなり一時的に重ね着をします。

 s-P20160927-093903-0.jpg
 北鎮岳の横に連なるのは「比布岳 2,197m」です。左下の麓には湖沼群が広がります...行きたいなぁ~!

 s-P20160927-095021-0.jpg
 分岐点を過ぎて、黒岳とは対面の間宮岳へ。。。

 s-P20160927-095511-0.jpg
 比布岳の下にある湖沼群をズームアップ! ね?行きたくなるでしょ?

 s-P20160927-101019-0.jpg
 広大なお鉢の向こう側真ん中に黒岳が見えています。ずいぶん歩いてきました。

 s-P20160927-101332-0.jpg
 黒岳から対面の間宮岳到着ー! 

 s-P20160927-101620-0.jpg
 ここからだと旭岳まで約90分で行けます。 山頂をズームアップすると多くの人が立っているようです。

 s-P20160927-102034-0.jpg
 左下の方へ目を向けると、こちらにも湖沼群が見えています。

 s-P20160927-104559-0.jpg
 一息いれて先を急ぎます。 間宮岳よ さいなら~...

 s-P20160927-105523-0.jpg
 緩やかな尾根道を歩き、北海岳まできました。 ここで 2,149mです。

 s-P20160927-105550-0.jpg
 これから戻る黒岳方面をズーム。

 s-P20160927-105634-0.jpg
 右手に白雲岳 2,229m(8月に来た山)を見ながら徐々に下ります。

 s-P20160927-110540-0.jpg
 右手の岩だらけの山の下へ下ります。

 s-P20160927-110633-0.jpg
 お鉢の向こう側には見事な紅葉が広がります。

 s-P20160927-110651-0.jpg
 下り初めて振り返ると二本の岩がニョキッ...名前忘れた・・・

 s-P20160927-111547-L.jpg s-P20160927-111818-L.jpg お鉢を越えた反対側の眺め。 クリック拡大

 s-P20160927-113051-0.jpg
 こっちから見ても北鎮岳は優雅だね。

 s-O20160927-113103-0.jpg

 s-O20160927-113133-0.jpg

 s-O20160927-113144-0.jpg

 s-P20160927-113152-0.jpg
 足元を彩る赤い葉と赤い実・・・


 s-P20160927-113503-0.jpg
 長い長い急峻なガレ坂を滑りながら降ります。 逆回りの方がココ辛そうです。 雪渓が正面に!

 s-P20160927-114041-0.jpg
 もうすぐ雪の季節ですから、ここの雪は溶けないままでしょうね。

 
 s-P20160927-114642-0.jpg
 どっちを見ても鮮やかですね。
 s-O20160927-115934-0.jpg

 s-P20160927-115312-L.jpg s-P20160927-114733-L.jpg クリックで大きめ写真をどうぞ。

 谷底の川を渡りきると、ようやくお鉢の一周がおわります。
 黒岳石室で小休止&残ったオニギリを食べます。

 s-P20160927-122756-0.jpg
 黒岳山頂には朝には二人しかいなかったのに、帰りにはたくさんの人が・・・
 中国系の人が多く、ツァーで来た台湾とか香港の人かもしれません。
 (本土の人ではないようです、マナーをわきまえていたので・・・)

 s-P20160927-123701-0.jpg
 巨石と階段の登山道を降ります。 まだまだ登ってくる人がたくさん。(8割は中国系)

 s-P20160927-131442-0.jpg
 7合目からリフトに揺られ、紅葉の最後を楽しみました。

 s-P20160927-133023-0.jpg
 リフトを降りてロープウェイ駅に到着。13:40のロープウェイに乗ります。

 s-P20160927-134255-0.jpg
 下界の紅葉を真上から眺めると面白い光景です。

 s-P20160927-134353-0.jpg
 右手には岩肌がそそり立っています。この下が層雲峡温泉になります。

 軽いウォーキングシューズのままで無事戻ってきました。
 ストロングコーヒーを飲んで...車で戻ります。

 写真多すぎました m(_ _)m おつきあいありがとうございます。



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

▲Page top