タイトル画像

黒岳&お鉢めぐり

2016.09.29(16:06) 624

雨だらけの天気に邪魔されたこともあり、8月は4日の「赤岳&白雲岳」のみで終わりました。
 9月は様々な所属するグループの行事も多く日程が取れず...月末にやっと動けるようになりました。

 実は出掛ける前日まで「斜里岳」を考えていたのですが「なんとなく」黒岳へ。
 紅葉も終わり!との情報があったためでしょう。

 さて、当日は04:30起床で04:45に車で層雲峡へ向かいました。
 s-O20160927-050632-0.jpg
 間もなく日の出ですが、後方の空が赤くそまります。見ている暇がないのでバックミラーから。。。

 ここで大事件勃発! 40分も走ってから「登山靴」忘れたことに気づき
 一瞬戻ろうか?と考えたものの、そのまま強行!(玄関に用意していたのに)
 その時履いていた「普段履きの安物ウォーキングシューズ」で登山をするハメに。
 軽いのがウリですから、底も薄く防水でもなく、かなりくたびれた靴...ま、大丈夫だろう!

 s-O20160927-055214-0.jpg
 標高1,050mの石北峠を越えて下りが続きます。 車外の温度計は3度を示しています。

 06:15層雲峡温泉、黒岳ロープウェイ駅に到着しました。ちょっととばし過ぎたかな?
 06:20発は間に合わず、06:30ロープウェイに乗ります。往復 \1.900- 高いなぁ~

 s-P20160927-063215-0.jpg
 下りとスレ違い...もう降りてくる人がいるんだー...

 s-P20160927-063302-0.jpg
 日が昇り朝陽に紅葉が映えています。ロープウェイ窓から黒だけが見えます。(左側トンガリ)

 s-P20160927-063841-0.jpg
 7分で到着!一気に標高 1,300mに来ました。展望台&散策路ありますが先を急ぎます。
 少し歩いてリフト乗り場へ向かいます。
 s-O20160927-064319-0.jpg

 往復券 \600- ロープウェイと合わせて \2,500-の出費です。
 s-P20160927-064900-0.jpg
 ペアリフトに乗ります。これがけっこう長いんです=15分間。正面に黒岳山頂が見えています。

 s-O20160927-065051-0.jpg
 すっかり紅葉しています。 足元を見ていると紫の花が咲いています。
 
 s-P20160927-131718-0.jpg s-P20160927-132154-0.jpg 紫は『エゾオヤマリンドウ』、白が見づらいけど...「エゾオヤマリンドウの白花」かと?・・

 s-P20160927-065632-0.jpg
 7合目に到着、ここで標高 1,520mです。 ここから山頂まで歩きます。

 s-P20160927-065744-0.jpg
 すぐ前でシマリスくんが朝食の最中でした。今日のメニューは何じゃろかい?

 s-P20160927-070834-0.jpg
 少し登るとリフトとロープウェイの駅、はるか左下には層雲峡温泉が見えています。

 s-O20160927-071046-0.jpg
 登山道はトンガリ山を登っている実感が味わえる『ゴロゴロ石&階段』が続きます。
 s-P20160927-071353-0.jpg
 7合目リフト駅から山頂まで、ず~~~~っとこの状態の急勾配の道です。

 s-P20160927-072738-0.jpg
 上を見れば紅葉と青空が素晴らしい!

 s-O20160927-072613-0.jpg
 歩きはじめ約30分で八合目です。

 s-O20160927-073152-0.jpg
 まだまだ坂道は続きます。。。

 s-P20160927-073515-0.jpg
 10分後、もう九合目です。

 s-20160927-074015-0.jpg
 マネキ岩まで来ればもう山頂間近です。

 s-O20160927-074843-0.jpg
 振り返れば朝陽山、ニセイカウシュッペ山が見えています。

 s-P20160927-075231-0.jpg
 坂道を登りきったところで、いきなり山頂です。 所要55分ほどでした。(標準タイム80-90分)

 s-P20160927-075240-0.jpg
 すぐ右手にはミニ神社が祀ってあります。

 s-20160927-075316-0.jpg
 手前に「凌雲岳 2,125m」 奥に「北鎮岳 2,244m」が迫ってきます。

 s-P20160927-075541-2.jpg  絶景でした。クリックでちょっと大きめの写真でどうぞ! 
 奥にこれから回る『御鉢平』が見えています。正面奥には北海道最高峰「旭岳2,290m」があります。

 
 ここで位置関係を載せておきます。
 s-O20160929-140711-0.jpg
 今、立っている場所は『黒岳山頂』です。 これから『石室』まで下りていきます。
 それから奥に広がる『御鉢平』と呼ばれるすり鉢状の噴火口周りを一周するわけです。
 
 s-O20160927-075809-0.jpg
 緩やかな下り坂を下りて行きます。

 s-P20160927-080613-0.jpg
 眼下に石室が見えてきました。 休憩場所、簡易宿泊所、売店、トイレ、キャンプ場などがあります。

 s-P20160927-081535-0.jpg
 近年は登山者急増でトイレの問題がクローズアップされています。ここはまだ新しく「バイオトイレ」になっています。
 トイレ利用の際は利用料を支払うのがルールです。 ※予め携帯用トイレを持参することを勧めています。

 さて、リフト駅から1時間15分が過ぎました。 石室では休憩無しで前進します。

 s-P20160927-081522-0.jpg
 石室すぐ横には「桂月岳 1,938m」がそびえています。

 s-P20160927-081515-0.jpg
 その隣には凌雲岳です。赤い実をつけた低木は『ウラジロナナカマド』でしょうか。

 ここからは右手の道を進み、反時計回りでお鉢巡りに入ります。

 明日の更新へ続きます・・・



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

野付牛・四季彩々(いろいろ)


山:表大雪 トラックバック(-) | コメント(10) | [EDIT]
2016年09月29日
  1. 黒岳&お鉢めぐり(09/29)