タイトル画像

赤岳&白雲岳へ;前編

2016.08.06(11:25) 569

暫くの間、曇や雨の日が多めだったことで、山行を先延ばしにしてきました。
 なんとか雨の心配が薄れたことで『大雪山の一角』を歩いてきました。
 広大な大雪山からすると今回は「ほんの一部」に過ぎませんが、存分に広さを味わってきました。

 朝は4時20分自宅を出ました。ちょうど日の出の時刻です。
 登山口である銀泉台までは約100km、6時少し前に到着しました。

 s-O20160804-055827-0.jpg
 雲が少し切れて青空も見えてきました。まずまずのお天気になりそう!

 s-O20160804-060726-0.jpg
 駐車場はかなり広いですが、ここはバスも出入りします。車は既に7-8台。
 小分けしたオニギリを1個朝食としてスタートします。
 
 s-O20160804-062121-0.jpg
 s-O20160804-062140-0.jpg
 管理事務所で記帳して、登山道へ入ります。看板右手には湧き水が吹き出ています。

 s-O20160804-122219-b.jpg
 今回のルートです...と言ってもほんの僅かな範囲。下側の銀泉台から赤岳と白雲岳を往復するのみ。
 銀泉台の駐車場が既に標高1,480mですから、標高差は少ないのがわかります。
 赤岳へのルートは何度か登ってますが、最後に登ってから20年以上・・・

 s-O20160804-063002-0.jpg
 林道を少し歩いた先に、登山道としての入り口があります。

 花は相当数見掛けました(40種以上)が、多すぎるので一部のみUPしておきます。
 (今回はデジ一+コンデジで600枚近く撮影をしています)

 s-O20160804-065054-0.jpg
 この先でた~くさん見かける『ヨツバシオガマ』です。
 s-P20160804-063701-0.jpg
 お気に入りの花『ウメバチソウ』です。
 s-P20160804-065349-0.jpg
 登山道脇にたくさん咲くミニヒマワリのような『エゾウサギギク』です。

 s-O20160804-065417-0.jpg
 樹木の花で前半に一番目だったのは『ウコンウツギ』です。とにかくたくさん咲いていました。

 s-P20160804-065432-0.jpg
 これは??この山でたくさん咲く『チングルマ』の花の散った残骸・・・下の方では花が終わっています。

 s-O20160804-065747-0.jpg
 『エゾヒメクワガタ』です。小さな花ですが魅力的です。
 s-P20160804-065919-0.jpg
 第一花園まで来ました。前後の花は本当に素晴らしい!
 撮影の道草が多くて、予定よりかなり時間を食ってしまったようです。

 s-P20160804-070011-0.jpg
 『エゾコザクラ』です。二ヶ月前に西別岳では咲いていました。
 s-P20160804-070142-0.jpg
 『キバナシャクナゲ』も中腹より上では多く見られます。
 s-P20160804-070200-0.jpg
 花の散っていない『チングルマ』がたくさん見られるようになります。

 s-P20160804-070906-0.jpg
 遠くに朝方通ってきた『大雪ダム』が見えてきました。
 
 s-O20160804-070959-0.jpg
 岩がゴロゴロした急な坂が少し続きます。ココを過ぎると一旦なだらかな地帯へ。

 s-P20160804-071058-0.jpg
 その後は雪解け水と雨水が流れる湿った道になります。(靴が埋まるほどではなし)

 s-P20160804-071309-0.jpg
 両脇はハイマツです。水の流れはかなりの勢いがありました。

 s-P20160804-071630-0.jpg
 第二花園へ到着、登山口から約2時間かかりました。(道草が過ぎたようです)
 ここから雪渓を横切って進みます。

 s-P20160804-072320-0.jpg
 この辺りから『エゾツガザクラ』が増え始めます。

 s-P20160804-072944-0.jpg
 雪渓の横を抜けて更に上へ。。。

 s-P20160804-073035-0.jpg
 グッと開けて先が見えるようになりました。雲が少し多いかな?

 s-P20160804-073300-0.jpg
 『イワブクロ』が急に増えてきました。

 s-P20160804-073451-0.jpg
 「コマクサ平」に到着、若い男性のパーティーが休憩中です。野付ウシはそのまま通過。

 s-P20160804-073044-0.jpg
 登山道の周りにはそこらじゅうに『コマクサ』が咲いています。

 s-P20160804-073626-0.jpg
 小さな池を越えて更に進みます。
 s-P20160804-074038-0.jpg
 山頂まではあと1.8kmです。

 s-P20160804-074043-0.jpg
 いよいよ山らしくなってきました。
s-P20160804-074414-0.jpg
 遠くまでコマクサがたくさん見えます。

 s-O20160804-075755-0.jpg
 今度の雪渓は少し雪も多めです。それなりに滑りますがアイゼン無しでも大丈夫です。(下りが滑る)

s-P20160804-080839-0.jpg
 この辺で目を引いた白いもの、はてなんでしょう? 
 s-P20160804-080929-0.jpg
 『イワギキョウ』が増えてきました。
 s-P20160804-081113-0.jpg
 『ウスユキトウヒレン』ちょっと面白い花姿ですね。
 s-P20160804-081741-0.jpg
 『エゾノハクサンイチゲ』 これが見たかった!

 s-P20160804-082354-0.jpg
 またまた雪渓です。ここは横の方を通ります。

 s-P20160804-082646-0.jpg
 斜面が花で埋まっています。素晴らしい眺め!
 s-P20160804-082940-0.jpg
 『エゾオヤマリンドウ』です。品のある佇まい。
 s-O20160804-083048-0.jpg
 『ミヤマリンドウ』です。リンドウの仲間は同じようで区別も難しいですね。

 s-P20160804-083259-0.jpg
 さて、いよいよ山頂も近くなり、平坦な道が続くようになりました。

 s-P20160804-083537-0.jpg
 ようやく「赤岳山頂(2078m)」へ到着で~す!2時間半かかりました。

 s-P20160804-083559-0.jpg
 「鳥帽子岳(2072m)」、その奥は「黒岳(1984m)」かな?

 s-P20160804-083647-0.jpg
 雄大な景色にしばし見入っていました。

 s-P20160804-083806-0.jpg
 このような木製の看板は風雪により文字が消えてしまいます。
 ちなみにここには「赤岳山頂」とかすかに文字跡が残っていました。

 さて、いよいよ白雲岳へ向かいます。

 長々とお付き合いありがとうございます。
 一旦終了とし、次回に後編をUPさせて頂きます。
 ※何の事はない、写真の整理も途中なのです m(_ _)m


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

野付牛・四季彩々(いろいろ)


山:表大雪 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
2016年08月06日
  1. 赤岳&白雲岳へ;前編(08/06)