タイトル画像

1月末

2016.01.30(09:46) 384

1月30日...1月もあと1日ですね。 今朝は冷え冷えで 朝の気温 -23.8度でした。

 ネタ不足に陥る1-3月ですが、昨年から始めた山歩きを入れたりして乗り切ってます。

 本当は「地域情報」がジャンルですが、まぁ固いこと言わないでやってます。

 今朝の道新でオホーツク管内の冬まつり・流氷まつりの広告が見開きで載ってました。

 改めて見てみると、流氷観光船の金額の高さに溜息がでますね(\3,000以上)。

 昨年に大奮発して夫婦で乗ったのですが、乗船して、昼飯でも食って・・・なんてしていると1万円が消えます。
 s-P125630-0_Detail.jpg
 (昨年の写真です)

 観光客は覚悟して出費するとしても、普段の生活からすると出せません!

   なんて、貧乏人らしくお金の計算をしてしまいました。(-_-;)

 今日は、冷え冷えの朝に因んで霧氷の景色で...

 s-P_080152№004
 キラキラとダイヤモンドダストも飛んでいたのですが、ほとんど写っていませんね。

 s-fx_073652№005
 こういった雰囲気にはカラマツ林が似合いますね。

 新たなネタ探さなくちゃ...


スポンサーサイト

野付牛・四季彩々(いろいろ)


風景 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

雪上の足音

2016.01.29(16:11) 383

今日は「晴れ!」の天気になるはずでした。

 朝7時前の予報では夜まで晴れマークが出ていたのですが、窓の外は雪...?

 よくあるパターンですが「こりゃ今日も外れだな」と思ったのは言うまでもありません。

 9時前に自宅を出て仁頃山へ。細かな雪が降っていてどんより空模様。

 駐車場はわずかに3台だけで、アレレッ少ないぞ。

 前回決めた通り、今回はシュー無しで冬靴+軽アイゼンで登ることに。

 東新道から入りました。新雪が10cmほど降っており、2人ほどの足跡あり。

 僅か10cmでも新雪の上を歩くと、傾斜地ではズズッと足が滑るので、体力消耗!

 それでも休みなく歩き90分程で山頂へ。\(^o^)/

 s-C110517-0.jpg
 愛好会の人たちが掘り起こしてベンチも見えています(低くて座れない!)。

 s-C110421-0.jpg
 温度計はよく見えませんが氷点下9度くらいですね。(温度計のずっと先に1人のおじさん)

 山頂から西尾根方面に新雪を踏んで1人の登山者が向かっていきました。大変そう!

 s-C110436-0.jpg
 時折雲が切れて下界が見えるものの、遠景は全滅!

 s-Ca110445-0.jpg
 山頂の北側も山裾がボヤけてます。

 一息いれて下山開始。今日は随分登山者が少なく、スレ違いは三人だけでした。(午前中の話し)

 s-C104142-0.jpg
 今日の7合目尾根の様子。

 s-C104329-0.jpg
 新たに降った雪が樹の枝に残っています。

 s-C104153-0.jpg
 時折、風が吹くとたちまち回りは真っ白になります。

 今日は私めにとっては珍しく、動画を載せます。

 何のことはない、雪を踏みしめるギュッ、ギュッという音だけです。

 寒い時の雪を踏みしめる音を撮ってきました。(雪道と私の足のみ)

 


 雪国の人には何でもないことでしょうね。もっと高い音質だと思ったのですが、気温高めだから?

 ま、たまには動画もいいかな?と思って・・・



野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

穏やかな冬の日

2016.01.28(08:53) 382

この数日は晴れの日が多くなっています。

 もともと雪が多くない地域ですから、冬晴れは当たり前なのですが。

 その分、冷え込みが厳しい土地柄で、氷点下20度を下回った日は6日ありました。

 私達の年代の「年寄り」ならば、子供の頃には-30度前後も普通だったのを覚えているはず。

 流氷も桁違いの大きさで、壮大な氷のアートが海岸で見ることが出来たものです。

 温暖化なのか地球のサイクルの一部なのか...「たった50年」で気候が一変したとも感じています。


北見地方は先週の吹雪の後遺症が未だに残っています。

 s-A123224-0.jpg
 昨日(1/27)ウォーキングに出た時の住宅街の歩道の様子です。(壁の右手に車道があります)

 s-C123556-0.jpg
 車道と歩道から積み上げられた雪の壁が見通しを悪くしています。交差点もこんな感じなので危険ですね。

 車道も車1台しか通れない場所も多く、スレ違いにも手間取ります。

 除雪より「排雪」が時間も費用も何倍も掛かりますので、あまり贅沢は言えません。

 s-C131123-0.jpg
 天気は良く青空の下を歩いたのですが、少々風が強くて雪煙がアチコチで見られます(写真奥の方も雪煙、右手には線路)。

 この時の外気温は-3度くらいで暖かい方ですが、風により体感温度がグッと下がります。

 s-C133817-0.jpg
 帰り際に「野付牛公園」の池を見てきましたが「ただの雪原」ですね。池の存在も感じません。

 林を通りエゾリスさんを探しましたが、今日は「出勤」していないようです。

 そう言えばこの2-3日、我が家の餌台にも小鳥たちの姿が見えません...ちょっと心配です。



野付牛・四季彩々(いろいろ)


お散歩にて トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

雪のキャンバス

2016.01.27(09:55) 381

今朝は少し寒さも緩んだようです。
 
 起きた時にはシンシンと大きめな雪が降ってましたが、小一時間で止み青空も出てきました。

 昨日午後、スノーシューで山を登ってきましたが深く沈んだ場所を歩くと、

  ストックの突く場所が高くなるので肩のあたりが「筋肉痛」みたいな状態になります。

  普段歩いていても違う筋肉を使うと疲れも感じますね。

山頂近くで出遭った若い(?)女性には関心しましたねぇ。

 けっこう大きなスノボを背負って「東尾根道」を登ってきたのだとか。

 東尾根道の登りは(片道6kmコース)急斜面も多く夏でもキツイ、深い雪道では相当厳しいはずです。

 若いって凄いなぁ~...私めは「冬は通らない」と決めています・・・

真っ白なキャンバスに描かれた雪の模様&午後の陽射しに伸びる木陰を撮ってきました。

 s-P-144824-0.jpg


 s-P-143937-0.jpg


 s-P-144747-0.jpg


 s-P-143854-0.jpg

 雪山も天気が良ければ絵になります。



野付牛・四季彩々(いろいろ)


風景 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

1.26 冬山

2016.01.26(19:21) 380

朝から眩しい陽射しが差し込む快晴の天気! 気温は -22度です。

 相変わらず寒いのみで、特段の情報もありません。

 今日は午後に山へ行ってみました。

 平日ながら登山者が利用する駐車場は混雑しており、止む無く道路脇へ駐車。

 これだけの人が歩けば踏み固められてツボ足でも行けそうですが、今回はスノーシュー着用。

 s-C-132756-0.jpg
 登山道は50cmほど沈んだ状態で踏み固められています。

 s-C-133109-0.jpg
 東新道の5合目合流地点から少し手前の「最後の急勾配」です。実際は写真よりキツく感じます。

 今日は陽射しがあり無風状態なので、暖かく感じました。但し大汗をかきました。

 s-C-135548-0.jpg
 7合目の休憩ベンチですが、今は深い雪のため歩く場所から遥かに下の方にあります。

 s-C-135818-0.jpg
 7合目過ぎの尾根道から山頂を見ると青空! 一昨日とは雲泥の差です。

 山頂まで1時間40分ほど掛かりました。登山靴で普通に歩くより30分余計にかかります。

 愛好会の方たちにより、山頂付近の除雪が終わっていました。

 s-P-143257-0.jpg
 サロマ湖です。海との境目の砂州が白い直線になっています。流氷はその外側に来る予定です。

 s-P-143210-0.jpg
 山頂の無線中継所ですが、吹きつけた雪が固まったままです。

 s-P-143238-0.jpg
 ほとんど氷の塊のようになっていて、時々ゴォーンと音を立てて塊が落ちてきます。

 s-P-142333-0.jpg
 雌阿寒岳も少し霞んでいますが、煙も見えます。

 s-P-142157-0.jpg
 斜里岳の勇姿です。久しぶりの眺め。

 s-P-142153-0.jpg
 今日は知床連山も見えました。左寄りのトンガリは「羅臼岳」ですね。

 大雪山方面は全滅! 

 s-P-142238-0.jpg
 山頂付近の樹氷も陽射しと風で落ちてしまったようです。北西側に少しだけ残っていました。

 s-P-142538-0.jpg
 谷を隔てた裏側は日が当たらず、樹氷の木々が見えています。(ズーム135m)

s-P-144333-0.jpg
 下山の途中で振り返った景色・・・青空だと気持ちも晴れますね。

 s-C-154027-0.jpg
 車に戻り富里湖の上を通る頃には日も傾いています。今日の日没時刻は16:26です。

 たまには午後の登山もいいものですね。



野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

吹雪明けの山

2016.01.25(09:50) 379

今朝も冷えました、気温-22度。

 1月末と言えば流氷がやってくる季節ですので、1年でも一番寒くなる時期ですね。

 寒いのは諦めるので、落ち着いた天候でなおかつ流氷が来てほしいものです。


昨日の登山の追記です。

 写真は撮っていませんが、富里湖では吹雪明けで「ワカサギ釣り」も再開しました。

 ここは無料なのでいつでもどうぞ(管理事務所はあります)

 皮肉なもので、山へ行くと下山した頃に晴れてくるとか、翌日が快晴!なんてことよく有ります。

 今日は行く予定はありませんが、よく晴れそうな天気です。(悔しい!)

 山の景色も当然ながら「晴天」だと映えます。白と青のコントラストが素晴らしいです。

曇空&時々雪の条件下で吹雪開けの山を撮った写真の一部を掲載しておきます。

 s-PE-114111-0.jpg

 s-PENTAX20164-113753-0.jpg

 s-P-114346-0.jpg

 s-P-114044-0.jpg

 s-P113349-0.jpg

 s-P-113015-0.jpg

 s-P-112638-0.jpg

 どうしても似通ったものになりますね。残念・・・

 そのうちに、絶景に巡り会えると信じていますが (^O^)/



野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

雪深い登山道

2016.01.24(16:19) 378

今日(1/24)の天気は曇りで、日中は-5度くらいの予想。

 一昨日断念したので、今日こそはと山へ向かいました。

 山への道路は街中よりずっと綺麗で広く除雪されていました。

 s-Canon20160124-090538-0.jpg
 今のところ山頂は見えています。

 s-Canon20160124-091133-0.jpg
 コンデジで目一杯ズーム(18倍)してみました。山頂付近は樹氷も見られそうですね。

 s-Canon20160124-104357-0.jpg
 駐車場も除雪済みです。スノーシューで東新道から入りました。踏み跡は50cmほど沈んでいます。

 この下はおそらく1mほどの雪でしょう。頭上の樹の枝が今までより近く感じます。

 昨日、5合目までラッセルした人は3時間掛かったそうです。(普段は1時間の距離)

 吹き溜まりがある場所は、ゆうに2mを超えていますので体力も要りますね。

 s-Canon20160124-104849-0.jpg
 アチコチでこんな樹の枝が見られます。ウサギが木の皮を食べたものです。冬の食料確保も命がけです。

 s-Canon20160124-105243-0.jpg
 登る途中で僅かな時間だけ青空が見えました。青空と樹氷の組み合わせは最高!

 s-Canon20160124-105518-0.jpg
 7合目過ぎにある「積雪記録」です。近年では2015年がイチバン!今年はまだ1月ですから競争かな?

 s-Canon20160124-105529-0.jpg
 7合目からの尾根道部分です。多い時は3メートルの積雪になる地帯です。

 s-Canon20160124-110842-0.jpg
 9合目の看板は...この案内板の下ですが、雪の中。その看板=私の背丈なので、2mほど雪があることになります。

 s-Canon20160124-111449-0.jpg
 山頂手前の無線塔の下まで来ました。右方向からの風で吹き溜まりができています。

 s-PENTAX20160124-112714-0.jpg
 山頂は何もかもが雪の下。2mを超える看板の上だけ雪が除かれていました。

 s-Canon20160124-111808-0.jpg
 切り立った崖のような吹き溜まりから、温度計がかろうじて顔を出しています。気温は-5度くらい。

 s-PENTAX20160124-112630-0.jpg
 曇り空から雪がこぼれてきました。視界は中腹まで見える程度で遠景は全滅!

 これで青空だったらなぁ~と、ないものねだりしつつ、早々に下山開始。

 s-PENTAX20160124-113244-0.jpg
 千メートルに満たないとは言え、冬山は厳しいですね。

 無線中継用の電線があり、悪天候で見通せない場合は電線・電柱が役に立ちます。

 s-PENTAX20160124-114119-0.jpg
 下から「仁頃山愛好会」のメンバー数人がやってきます。冬も彼らの活動に本当に助けられています。

 s-PENTAX20160124-114820-0.jpg
 お気に入りの尾根道は両サイドが樹氷で覆われています。

 s-PENTAX20160124-114735-0.jpg
 ガリガリの氷にはなっていません。コンコンと叩くとパラパラッと落ちる程度のものです。

 日曜日ということで、駐車場には多めの車が来ていましたが、雪が深いため通い慣れた人が多かったですね。

 昨日から苦労してラッセルをしてくれた人たちがいたので、2時間少々で登れました。(普段は登りで80分ほど)

 試しに新雪の中をラッセル(スノーシュー装着)で歩きましたが、粉雪で50cm程沈むため相当体力を消耗しそうですね。

 先陣を切ってくれた人に感謝!



野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

吹雪の後遺症

2016.01.23(11:41) 377

除雪や屋根の雪下ろしで関節が痛い!

 普段は運動を欠かさない私でも、除雪時の筋肉や関節の使い方は異なります。

 結果としてアチコチ痛くなったりしますね。

 昨夜にまた雪が積もりました=と言っても10cm足らずですが。

 それでも雪かきは必要になります。。。もうイラネー!

ちょっと街まで歩いてきましたが、そこら中で小型の重機が除雪や排雪でフル稼働です。

 雪捨場まで持って行かないと置き場が無いんですね。

 河川敷の雪捨場にはトラックの行列でしょうね。

 s-A-111148-0.jpg
 街から戻る途中に散歩でお世話になるお寺さんの参道を撮影。(真っ白なので少し暗くしました=iphoneにて)

 石段は1人通れるだけの幅で雪かきをしたようです。

 1m以上の深さですから、これだけでも手間ですね。

 国道でも車線が減っているので走りづらそうです。

 吹雪の後始末にはもう少し掛かりそうですね。。。



野付牛・四季彩々(いろいろ)


できごと トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

吹雪の後

2016.01.22(15:09) 376

今朝は空も明るく、時々薄日が差す天気になりました。

 吹雪の影響はまだ残っており、JR石北線も一部復旧していない様子。


誰もが雪の後始末に追われているようです。

 除雪車は雪が多すぎて、思うように排除できずフル稼働でも足りないようです。

 我が家の除雪は昨日終わったので、道路状況が不確かながら仁頃山へ向かいました。

 道路は...ようやく一車線除雪したような場所も多く、交差点も見通し悪い状態です。

 普通に走れる場所もノロノロ運転(何でかなー?)。

 s-Canon20160122-090511-0.jpg
 夕陽ケ丘通りを走っていると、正面に大雪山の山が見えてきました。今日はよく見える・・・期待大!

 片側二車線の道ですが、一車線分は除雪した雪で埋まっていますので、1~1.5車線です。

 山の中を走り仁頃山方面へ...除雪終わったかな~

 s-Canon20160122-092217-0.jpg
 手前から見た仁頃山ですが、天気も落ち着いているようですね。(薄っすらと雲が広がっている)

 s-Canon20160122-092619-0.jpg
 富里ダムへ続く道路は除雪が終わっています。1mほどの高さで雪の壁が続いています。

 ところが!!! 管理棟の前で除雪が止まっており、登山口方面は手付かず!

 更に、最悪なことに管理棟前の大きな第一駐車場も除雪していません。

 道路に止めるにも無理があります。(車が避けられないし除雪の邪魔)

 多分、駐車場まで手が回らず、道路だけ除雪して、他へ回ったのでしょう。

 優先順位もあるでしょうから、やむを得ません。

 スペースがあるのはずっと手前のダムサイトの場所ですから、普段の駐車場からだと1km手前。

 管理棟前から先は深い雪のラッセルが必要です。負担が大きくなるので引き返すことに。

 s-Canon20160122-093155-0.jpg
 ズームで見ると、丸二日以上続いた吹雪で、山頂付近は見事な樹氷群のようです。

 あの状態を見たかったー! 

 仁頃山愛好会のメンバーもまだ来ていないくらいですから...1年生の私に先陣は厳しいでしょう。

 
・・・と言うわけで、引き返しました。

 家に戻って屋根の雪下ろしをたっぷりやり、登山よりヘトヘトに疲れました!



野付牛・四季彩々(いろいろ)


できごと トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

雪の山・・・

2016.01.21(10:26) 375

 今日は1月21日、暦では『大寒』ですね。雪だらけですが気温は高めです。


丸二日間、雪と風で荒れましたが「猛吹雪」とはならずに済みました(この周辺は)。

 本当にひどい吹雪だと『ゴォー』と音がして家が揺れたりしますし、雪の降り方も半端ないですからね。

 今朝(1/21)6時頃までに収束する予報でしたが...まだ降ってます。

 早朝から家の前など除雪しましたが、玄関前が広いのも考え物ですね。(冬は)

 我が家の隣地は空き地なので恵まれてますが、一気に降ると雪の持っていく場所がありません。

 道路も車1台がやっとのスペースしか除雪されていません。

 主要道路の除雪が終われば、もう少し綺麗にやってもらえるかな?

 s-C20160121-0.jpg
 午前10時の様子ですが、明け方に止むはずの予報とは異なり、雪はどんどん降っています。

 北見地方の積雪データがイマイチはっきりしませんね。

 60cmとか90cmとか一部の報道でありましたが、アメダス記録は現在53cmになってます。???

 どう見ても50cmなんてこたぁ無いだろう!

 まぁ、風で飛んでいる場所もあるし、吹き溜まっている場所もありますから・・・


物流も乱れていますし、市民生活が普段に戻るのは明日以降になるでしょうね。

 私も『除雪以外の外出無し』は今日で3日目になります=今日も出掛けないつもり。

 食料の不足も無いので明日以降に活動開始です!



野付牛・四季彩々(いろいろ)


できごと トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
2016年01月
  1. 1月末(01/30)
  2. 雪上の足音(01/29)
  3. 穏やかな冬の日(01/28)
  4. 雪のキャンバス(01/27)
  5. 1.26 冬山(01/26)
  6. 吹雪明けの山(01/25)
  7. 雪深い登山道(01/24)
  8. 吹雪の後遺症(01/23)
  9. 吹雪の後(01/22)
  10. 雪の山・・・(01/21)
次のページ
次のページ