2015 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2015 10
秋のヒマワリ
- 2015/09/30(Wed) -
9月も今日で終わりました。今年は残り3ヶ月ですね。

 天気は午後から晴れ!と言うことを信じて、車で小一時間の網走大曲公園へ。

 夏に行った時にヒマワリが目を出したばかりで、9月下旬に咲くと聞いていました。

 PE-132356-0.jpg
 公園手前のコスモス畑は、ほぼ咲き終わり、一部の花だけ残っています。

 さてと...ヒマワリは奥の方ですが、黄色い絨毯が見えています。

 調べてみると『面積18haで150万本』あるそうです。品種は「ナツリンゾウ」というそうです。

 せっかくですから大きな写真で。。。

 PE-131415-0.jpg
 一番奥まで行って振り返った景色がコレ!見事な景色です。足場の上に乗って撮影しました。とにかく広い!

 実はこの時まで空は真っ暗で風も強く、パラパラ雨も落ちていたのですが、到着した途端に青空が見えました。

 PE-131229-0.jpg
 同じ方角を地面に立って撮影しています。ヒマワリは背丈が低い種類です。

 PE-132108-0.jpg
 中ほどから奥をズームで撮ってみました。

 PE-132025-0.jpg
 ヒマワリの花の後姿です。逆光になっていないのは太陽の方角を向いていない、と言うことですね。

 多分、午前中に陽射しがあった方角だと思うのですが・・・

 PE-132157-0.jpg
 山側にはホテルが見えています。「かに本陣友愛荘」と「オーベルジュ北の暖暖」ですね。

 撮影が終わる頃には、また黒い雲に覆われてしまいました。

 ヒマワリは、何としてもお日様の下で写さなきゃ・・・運がよかったです。

 Ca-131243-0.jpg
 昨年は終わる頃にヨレヨレのヒマワリをみましたが、今年はバッチリ満開でした。あと、少しの間は見ることができそうです。

 
スポンサーサイト
この記事のURL | 風景 | CM(8) | ▲ top
9月最後の山へ
- 2015/09/29(Tue) -
天気予報を信じて昼頃までに山を降りようと、9時過ぎに仁頃山へ。

 2月から登り始めて今回で35回めになります。

 C-091509-0.jpg
 往路のダム湖の様子...青空も見えています。

 P-092736-0.jpg
 1週間ぶりの山ですが、落ち葉の量が増えていますね。空気も冷たくなりました。

 P-094200-0.jpg
 今日は「東新道」から登りました。右へ行くと「東尾根道」ですが、今回は左へ。

 色づいた木々も増えてきましたが、上の写真で見るように基本的には木の葉はほとんどがまだ緑です。


 P104749-0.jpg
 クマザサの中にポツリポツリと赤い葉が見えたりしています。

 P-104303-0.jpg
 これは岩にはりついた草の葉が色づいたものです。

 P-103041-0.jpg
 7合目当たりで見かけたモミジですが、種類は特定できていません。

 P-105110-0.jpg
 今日は頂上の気温、12度でした。風は弱いですが少々冷たくも感じます。

 見通しはあまり良くありません。大雪山方面も知床方面も雲ってモヤが掛かったようになっていました。

 P-105253-0.jpg
 距離の近いサロマ湖方面はまずまずです。

 先日、大雪山に雪が降ったので、少しは見えるか...と期待したのですが無理でした。

 P-105933-0.jpg
 何やら、怪しげな天気になってきました。北西の空は雨が振っているようです。

 
 P-110306-0.jpg
 西尾根道の方を見ますと、先日歩いた尾根が見えています。遠かったなぁ~。。。(谷を挟んだ向こう側)

 まっすぐ降りれば良かったものを、欲張って「奥新道」+「横断道」経由で管理者道へ戻る途中・・・

 バラバラっと音がして、雨が降ってきました。昼過ぎまで晴れマークだったのに、11:30で雨かよ!

 雨具を取り出し着込んでから下山を続けます。カッパを着たのは春以来でした。

 PE-102955-0.jpg
 陽射しがあればもっとキレイに見えたであろう紅葉です。

 P-111158-0.jpg
 綺麗なモミジではありませんが、今時期はこれで十分でしょう。

 全山が染まるのも、もうすぐですね。

 
この記事のURL | 山歩き:市内近郊 | CM(6) | ▲ top
私めの小道具たち
- 2015/09/28(Mon) -
今日は午後からゴロピカ雷様が鳴り、雨も降りました。(昨日の方が凄まじかった)

 一雨ごとに...とは良く言ったもので、本当に空気が冷たくなっていきます。

 今日は冬用の「フランネルシャツ」をかってきました。お店の中はもう冬バージョンでした。


さて、今回は初のカテゴリになります「IT小道具」について書いてみました。

 普段ブログの更新や情報入手&発信に使っている小道具たちです。

 N-090715-0.jpg
 毎日数時間ニラメッコのメインPCは私の道楽部屋にあります(書斎と言える部屋でもないので)。 

 パースから帰国後に購入したもので、初めてSSDハードディスクを使ってみました。(BTOパソコン)

 とにかく起動が爆速で、びっくりしました。アッという間に使用開始が可能ですね。

 現在はWindows10にバージョンアップして使用中です。

 N-090735-0.jpg
 これは帰国まで使っていたHPのノートですが、今年になってオシャカになったものです。

PCは何台も自分で設定しながら使ってきたので、それなりに知識もあるつもりですが、

 電源ONで画面が真っ白、HDD音無し、どこも反応しないのです。

 マザーボードでもやられたか!運が悪かった、と諦めることにしました。

 心臓部はCore i7であれこれ装備も充実のBTOノートで、まだ3年目のもの。

 ただ、購入時に形状の歪み&HDDの不具合でイチャモンいわくつきの機材です。

 N-090620-0.jpg
 予備PCが動かないので、緊急用にと購入したのが「東芝Dynabook」です。(Webで3万円少々)

 事業所等で大量購入するようなレベルのものですが、普段使いには充分です。(win7)

 これで予備もあるので安心^^;  

 ところが...最近、故障のノートを処分するため、備品確認をし、何気に電源コードを繋いで見ると...

 ピッと音がしました。まさか!と電源ボタンを押すと起動するではあーりませんか!

 しかし、途中で固まってしまいました。が、HDDはカリカリと音がして動くようです。

 リカバリDVDを入れてみると...大丈夫そうです。

 この際ですから、出荷時の状態に戻すべく、リストア(再インストール)してみると、成功!

 ちょっと挙動不審なこともありますが、まぁ使えそうです。

 と、言うことで、このサブ機はWindows7のままで時々使う程度の「予備の予備」としました。

 新しいDynabookは嫁さんのオモチャになりました。サブのHPノートは道楽部屋の片隅へ・・・


そして、ブロクに欠かせないのが撮影機材ですね。

 N-151000-0.jpg
 現在使用中なのは「PENTAX K-5」とデジカメです。(進化が早いので次が欲しくなりますね)

 N-142425-0.jpg
 そしてカメラとしても情報機器としても役立つ「i phone」です。

 いま使用中なのはi phone6 ですが、小さい方は i phone5C で、パースで購入のもの。

 日本で5Cを売却しようとしたら「オーストラリアで購入の機種は買い取れません」だと!

 仕様が少し異なり日本では中古で使えないそうです。残念!

 5Cはパースで解約済なので電話やメールはダメですが、他は使えます。

 OSやソフトの更新も出来ますので、予備として手元に置いています。

 (機内モードにして、自宅の無線LANでOK)


あとは、テレビでしょうか?

 居間にも道楽部屋にもテレビはありますが、この数年はテレビはあまり見なくなりました。

 娯楽番組と言われるものが、あまりにも低俗化したので、見る気が起きません。

 興味ある映画やドキュメントもの、ニュース番組も朝晩少し、あとは新聞で足ります。

 ニュースや動画はネットでも充分に見られる時代ですので・・・


こんな感じで「年寄りなりに」IT機器の恩恵も楽しんでいるわけです。

 さてさて、あと何年現役で使いこなせるやら・・・

この記事のURL | 私めのこと | CM(6) | ▲ top
色づき具合は?
- 2015/09/26(Sat) -
少しずつながら、朝夕の空気が秋モードへ移行しています。

 暖かい割には山の紅葉は平年通りでしょうか。

 N-140407-0.jpg
 すぐそばの「野付牛公園」を回ってきました(大きな池の方)。空はスッキリせず薄い雲が掛かった状態です。

 N-141758-0.jpg
 小さな池の方はことさらイチョウの黄色が強調されていました。

 N-140428-0.jpg
 陽射しが当たると黄色と言うより「黄金色」に見えてきます。暗い松をバックにするとハッキリしますね。

 N-141945-0.jpg
 一際鮮やかな紅色の葉は「ニシキギ」でしょうか。

 N-141911-0.jpg
 街路樹にも多用されていますが、ナナカマドと共に真っ先に紅葉が目立つ植物ですね。

 A-163729-0.jpg
 おまけのモミジは我が家の庭先にあるものですが、まだ初期段階のようです。

 今年は想定通り近隣の山(黒岳等)へ行けそうもありません。(もう紅葉は終盤とか)

 下から眺めるだけになりそうですが、今年の色づきはどうなるのか、楽しみです。

この記事のURL | 風景 | CM(4) | ▲ top
実り&食欲の秋
- 2015/09/25(Fri) -
いよいよ収穫の秋、食欲の秋が本番です。

 市内の「りんご園」へ行ってきました...と言っても「取り放題・食べ放題」ではありません。

 昨今はやりの「オーナー制度」で権利を買ったリンゴを取りにです。

 私は残念ながら保持していませんが、友人保有の「りんごの木」です。

 りんご園に同行いただいて、もぎたてを食し、大きなリンゴをたくさん戴いてきました

 オーナー料金はりんごの種類や実の多さなどで、金額が異なります。

 N-101622-0.jpg
 3-5万円が一番多いようですが、中には8万円もする木もあります。

 1本の木に800個とか1,000個実るものは金額も高いようです。

 家族でも食べきれませんので、多くの場合は知人に分ける場合が多いとか。

 小学校で1本とか、幼稚園で1本というのもありました。良い教材になりますね。


 N-101252-0.jpg
 ちょうど熟れ初めた時で、酸味が少しありますが甘みも充分です。(ツガルの種類です)


さて「ついで」と言うわけではありませんが、栗も少しばかり採ってきました。

 N-092616-0.jpg
 私の故郷の山にある栗の木ですが、個人所有ではありませんので、タイミングが会えば取れます。

 まだ少し早いのですが、落ちるまで待つと虫食いと...ほかの人に取られるので・・・

 それでも両手にいっぱいの栗をいただいてきました。少し天日で干してからいただきましょう。


草も木もみ実りの季節ですね。

 C-111559-0.jpg
 ツリバナも実だけでなく、葉も色づいてきました。

 A-163909-0.jpg
 ミニトマトみたいですが「ドイツスズラン」の実です。かなり大きい物ですね。

 A-113440-0.jpg
 裏の公園では「ベニテングタケ」の赤い色が賑やかです。(有名な毒キノコですが可愛いです)

 もう少し秋の実りを探してみようと思いました。。。

この記事のURL | 大自然の恵み | CM(2) | ▲ top
仁頃山;西尾根
- 2015/09/22(Tue) -
毎日が連休みたいな私めにとって、シルバーウィークの連休も平日と同じです。

 場所によっては少しばかり人出が多いようですが、概ね街は静かです。

 (右翼の如く騒音を撒き散らす選挙カーを除けば)


9月も末ですが気温が高めで推移しているように感じます。

 天気も良いので仁頃山へ行ってきました。遠回りの「西尾根ルート」にトライ!

 NI-084559-0.jpg
 距離は「東尾根ルート」が僅かに長いのですが、東ルートは「尾根」に達する迄が長いのです。(左が西尾根、右が東尾根)

 NI-115616-0.jpg
 一番奥の駐車場まで車を入れたので、登山口までは僅かな距離です。

 登山口から5-600mは、とんでもない急勾配で、四つん這いで登るような道が続きます。一気に体力消耗!

 その先は尾根道独特の緩やかなアップダウンの連続で、特にキツくはないです。

 NI-115110-0.jpg
 空が青いと赤い紅葉も鮮やかで気持ちが和みます。

 NI-111147-0.jpg
 和みついでに、足元で群生していた「ウツボグサ」を撮影、まだまだ全盛期の様相です。

 NI-110317-0.jpg
 遠くにダム湖の管理棟とログハウスが見えました。コンデジズームで撮りましたが、意外な方角でした。

 NI-110233-0.jpg
 ほぼ中間点です。尾根の外側には大雪山の山々が見え隠れします。

 NI-112412-0.jpg
 そして内側の遥か向うに仁頃山山頂が見えています。まだまだ遠い・・・左側の尾根をこれから回るのです。

 このルートは、円を左回りに4分の3周するようなコースになっており、円の真ん中あたりは谷になっています。

 NI-105214-0.jpg
 アップダウンを繰り返し、山頂が正面に見えるようになってきました。

 NI-103421-0.jpg
 山頂まで1.5km。この位置までくれば、もうすぐです。

 NI-095423-0.jpg
 山頂の気温は22度(水銀柱のオレンジは判別出来ず手書き補正)です。汗が出るはず。

 見通しはまずまず。でも知床連山はほぼ全滅でした。

 NI-102420-0.jpg
 雌阿寒岳からは煙が出ているのが見えます。

 NI-095134-0.jpg
 サロマ湖方面はいつもよりスッキリと見えました。

 空腹とエネルギー消耗を補うために、頂上で非常食とお茶をグイッ!

 びしょ濡れの上半身を半袖Tシャツに着替え、下りは「奥新道」へ。

 NI-091616-0.jpg
 お気に入りの巨木を横に見ながら、鼻歌混じりで淡々と下山。約4時間弱の全行程でした。

 仁頃山には6つほどのルートがありますが、今年は全ルートで登り降りをしました。

 それぞれ個性のあるルートですが、西尾根&東尾根は距離や傾斜の関係からか利用者は少なめです。

 管理車道と東新道が圧倒的に多いようですね。

 もう少しで山全体が染まってきます。楽しみデスね。

この記事のURL | 山歩き:市内近郊 | CM(4) | ▲ top
身近にあった意外な「作品」
- 2015/09/20(Sun) -
今日はちょっと私らしくもない「文学的なお話」を。

 昨夜からの雨もようやく上がり、東の空は青空になっていました。

 いつもより少し遅目にTOMと散歩へ...行き先を任せると、今日もお寺参りのようだ。

 なんと信心深い猫だろうか...(たぶん違うでしょうが?) 

 Ca-075811-0.jpg
 多くの人はここを通らず本堂側(反対側)から出入りするので、参道の石段は苔が増え滑ります。

Canon20150920-075615-0.jpg
 仁王門で一息入れて本堂の方へ・・・

 Ca-074401-0.jpg
 本堂前から仁王門を振り返れば...逆光の中で、何やら煙が見えます。。。?

 Ca-074842-0.jpg
 石畳の横にある大きな木の幹から湯気が。昨夜の雨で濡れた幹に朝日が当たったためです。

 ありそうでも、なかなか見掛けない光景かもしれません。他にも湯気に包まれた木々がありました。


いつもこの辺で折り返すのですが、「微笑観世音」台座に刻まれた文字が気になっていました。

 Ca-074900-0.jpg
 TOMを抑えながら「詩」を辿ってみると...後方に作者の名前もあります。

 なんと、この詩は「岡本かの子」の『女人ぼさつ』そのものでした。

 私めは文学や美術にはトンと縁がありませんので、気にも留めていませんでしたが、

 『岡本かの子』は「芸術は爆発だ」で有名な『岡本太郎』の母上ですね。

 知らなすぎる? その通りです。仏像との繋がりは想像もしていませんでしたので。

 どうしても気になっていた「詩」は以下のように刻まれています。(クリック拡大可)

 Ca-074634-1.jpg Ca-074644-2.jpg Ca-074654-3.jpg C-074800-4.jpg Ca-074745-5.jpg
 左から順に彫り込まれた面を写しています。この後に「岡本かの子」の作品であることが記されています。

 岡本太郎の没後にTVで特集を見たことがありますが、両親(母)のことも触れていました。

 谷崎潤一郎や与謝野晶子、芥川龍之介や川端康成などが活躍した時代を生きています。

 晩年になり作品が世に出ましたが、上に記した作家ほど有名ではありません。

 しかし、49歳で亡くなるまでの人生は特異なものでした。(少しばかりWebで見ましたが)

 大正から昭和初期の時代ですから、言葉は難しいものがありますが、興味深い詩です。

 あの「棟方志功」もこの詩に惚れ込み作品に取り入れています。

 これらに関して取り上げたブログ等もたくさんありますが、作品の一部とWikipediaを参照下さい。

 岡本かの子「青空文庫」より  **一番上に「女人ぼさつ」があります。

 Wikipedia「岡本かの子」


普段まったく縁の無い分野ですが、たまにはいいものですね。

************************** 追  記 *****************

北見市長が突然亡くなったため、選挙が行われます。

今日から市長選と市議の補選が始まったんですが・・・とにかくウ・ル・サ・イ!!!!!

今の時代にこんな選挙手法は、もうやめて欲しい!!!!!

先ほど、我が家の前に○産党の候補が車を停めて演説をぶっていきました。

何故こんな場所で大音響で演説をするのか

誰も見ていない、聴いていない・・・

「消費増税は絶対させません」??市長にそんな力があるのでしょうか?

「安保法案は認めません」これも市長の公約になるの?

もっとローカルな話題で話せよな~~~

 選挙運動期間が連休中なのは、どうなんでしょうね?

 なんかシラケムードが漂っていますが・・・

 でも投票には必ず行きましょうね。

この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
朝夕の冷え込み
- 2015/09/17(Thu) -
朝の気温が10度を下回るようになってきました。

 と言っても、まだ9度台ですが...空気が本当にヒンヤリしますね。

 まだ早朝ウォーキングを続けていますが、夜明けが6時過ぎる頃には終了の予定です。

 せっかく早起きしても暗い中を歩くのはイヤですから・・・日中のウォーキングに変更です。

 ちょっと普段のウォーキングの軌跡をデータとして確認してみました。

 Ca-055105-0.jpg
 家を出て10分ほどの場所にある公園です。今朝はスッキリ晴れて青空が眩しかった。

 Ca-060816-0.jpg
 道路沿いの植え込みもかなり色づいてきました。約2.5km地点です。(コマユミ、ニシキギなどが植えられています)

 Ca-063849-0.jpg
 約5.4km地点、遊歩道脇の住宅地の植え込みです。ここの紅葉はキレイですよ。

 Ca-134151-0.jpg
 5.7km地点の道路脇にある「ほおずき」が鮮やかに色づきました。

 
 こんな感じで毎朝ちょうど6kmの距離を歩いています。急ぎ足で約60~65分掛かります。

 iphoneのデータだと、日中の歩行を含めて1日平均12,000歩・8.4kmを歩いているようです。

 冬も吹雪以外はウォーキングを欠かしませんので、月間でほぼ250kmですか。。。

 年間だと...何と3,000km? 当地、北見から東京までJR路線で約2,700kmですから、往復してお釣りが来ます。


靴が傷むわけですね。ウォーキングだけに使う靴は一夏で買い替え必要です。

 冬の防水ウォーキングシューズはあと1年使えそうですが・・・

 改めてデータで見るとスゴイ! 「塵も積もれば」ですね。

この記事のURL | お散歩にて | CM(2) | ▲ top
事実は違ったりする
- 2015/09/16(Wed) -
週末からの疲れがまだ少し残っているようです...体がダルイ。

 それでもいつもの時間に目覚めるので、早朝ウォーキングは実行です!

 今日はウォーキングで通る場所で見掛けるもの(こと)を話題にしてみました。

 N-063353-0.jpg
 さて、ここは何でしょうか???

 N-063348-0.jpg
 「未使用軽自動車」を専門に扱う販売店です。(チェーン店?)

 普通乗用車やトラック等でも「未使用中古」とか「新古車」とか言われるものはあります。

 しかし、台数としては多くはありませんね。

 ここから先の話は「専門家ではない」私めが知っている範囲での話です。

この数年は軽自動車の販売台数が異常に伸びてきました。

 日本独自の税制や登録制度の優遇処置が背景にあるのは承知のとおりです。

 昨年は消費税が2%増えるということで、特に駆け込みが多かったようです。

 が...TVや新聞等で報道されていることは、どこまで本当でしょうかネ。

 ちなみに、今年は8ヶ月連続で前年割れの販売台数になっています。(軽自動車合計)

 この「販売台数」という言葉と「登録台数」という言葉は意味が違います。

 
ニュース等で流れる販売台数は実態は「新車登録台数」なのですね。

 普通乗用車のように「車庫証明」が不要ですから、登録は使用者でなくてもOKです。

 で、中古業者が大量にまとめ買いをして安く仕入れる(登録)するわけです。

 ディーラーにすれば「販売した」ということになるわけですね。

 実際は中古業者の店頭に「未使用新車」として並ぶことになります。

 更に、安く仕入れていますから、当然ながらディーラーより遥かに安く販売できます。

 写真のように、中古販売店なのに同じ型の新車が何台も並ぶことになるわけです。

 ナンバーが連番で並んでいることも珍しくありません。

 こんな販売店が全国に何十、何百箇所とあるんでしょうね。

 はたして、全国でどれくらいの台数になるのか見当もつきません。

そりゃ「本来の新車」が売れなくなるのは、ごく当たり前のことですね。

 格安で買える新しい車がゴマンとある訳ですから、ディーラーの販売は伸びません。

 昨年度の台数が激的に伸びたのは、こういった仕掛けが根底にあります。

 メーカーは販売台数で他社と競ってますから「名目上」の台数にこだわります。

 一方で中古販売店では安く新車を仕入れることができます。

 ユーザーも型落ち前のモデルを安く買えます・・・みんな得して「良かったね」


販売台数の競争なんて、裏がたくさんあるんですね。(この業界に限りませんが)

 メンツを優先させたものですから、本来の「新車」が簡単に売れるはずもありません。

 あと何ヶ月不振が続くのかわかりませんが、こんな操作は意味がないと思いますね。

 それなら、最初から格安で販売すればイイわけです。

 今は軽自動車でも150万~180万とか高いものもあります。

 税制を含め普段の維持費が安いので、車そのものが高くても売れちゃうんですね。

毎日通る景色の一つですが、よく観るとカラクリが見えてきますね。

(ま.車に少し詳しい人なら誰でも知っていることですが)

 普段の新聞やTVのニュースだって、頭から信じるのは危険なこともあります。

 今、騒いでいる「安保法案」だって「原発問題」だってそうでしょう。

 マスコミが中立か?と言えば中立でないことが往々にしてある、ということです。

 くれぐれも自分の目、耳、頭でよく観察して多方面から見て判断しましょう。

まぁ、そういう私めも普段から報道を信じ込むことは否定できませんが・・・(汗

この記事のURL | ニュースな話題 | CM(0) | ▲ top
東尾根道から
- 2015/09/15(Tue) -
今日は青空が広がるとの予報もあり、1週間ぶりに仁頃山登山へ。

 Ca-083251-0.jpg
 手前ダムサイト(堤防)上からの眺め、そしてダム湖の橋からの仁頃山の長めです。
 Ca-083504-0.jpg

 風が無く、ダム湖が鏡のようでした。これが紅葉に変わるのが楽しみです。

 今日は長距離の「東尾根道」から登ることにしました(入り口で突然決めました)。

 6つほどある登山道の中でも一番長いコースで少しキツイです。

 Ca-093438-0.jpg
 この橋を渡って仁頃山本体の尾根に向かいますが、駐車場からここまでは山を二つ超えます。

 急な登りが続いた最後の難関は掴まってようやく歩ける急な道です。

 Ca-101410-0.jpg
 前回は下りでロープコースを辿ったので、今回の登りは尾根コースを選択。

 Ca-101916-0.jpg
 これがけっこうキツかった...久々の「ゼイゼイ、ハァハァ」でした。(見た目より急な勾配です)

 頂上手前の尾根に立つと、久しぶりに遠くの山が見えました。(知床連山は霞んで見えず)

 Ca-102321-0.jpg Ca-103133-0.jpg Ca-104023-0.jpg Ca-105331-0.jpg
 阿寒の山、斜里岳、サロマ湖、そして大雪連峰です。(霞んでますが拡大可能)

 Ca-105319-0.jpg
 全身汗でびしょ濡れで頂上へ到着、この季節にしては気温高すぎ!

 他の登山客もいましたが、男だけだったので上半身裸になり上だけ着替えました。

 下りは管理車道を降り、登山口から車まで1kmほど歩きます。

 Ca-121603-0.jpg
 ダム湖の公園でゆっくりとオニギリランチをしました。手前にはススキ...秋も本番ですね。

 Ca-130807-0.jpg
 街の手前には田んぼが広がり、色づいています。(大雪山方面は雷雨みたいです)

この記事のURL | 山歩き:市内近郊 | CM(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ