タイトル画像

仁頃山の日

2015.08.30(10:56) 246

昨日の土曜日、語呂合わせで「仁頃山の日」でした。(標高829m)

 ほとんど1人で登っていますが、この日は行事に参加してみました。

 記念の日の登山行事は14回めだそうです。
 
 Canon20150829-083655-0.jpg
 朝の9時集合で、現地には続々と車で参加者が集まってきます。

 愛好会のスタッフが記念のハガキを配布し、名簿を記入しています。

 この日の参加者は50名ほどで、昨年よりは少し少ないとか。

私の参加したのは「上中級者コース(スタスタ組)」で東新道+東尾根道=約10kmコースです。

 他に上中級の(ゆっくりコース)、初中級の「管理車道コース」があります。

 天気は曇りで山頂は霧...日中晴れとのことですが、残念ながら陽射しは午後でした。

 Canon20150829-103641-0.jpg
 私が参加したのは健脚者向きの「スタスタ組」で、ほとんど休みなしでスタスタ歩きます。

 故に僅かな枚数しか写真を撮るヒマもありませんでした。

 Canon20150829-102748-0.jpg
 大きく育った「ヤナギラン」も終わり掛けで、白い綿毛がたくさん見られます。

 Canon20150829-103315-0.jpg
 紫の花が綺麗な「ミソガワソウ」です。

 Canon20150829-103904-0.jpg
 1時間半ほどで頂上へ到着しました。土曜日なので登山者も多めです。

 Canon20150829-104158-0.jpg
 気温は19度ですので、麓より気温が高いようです。

 下りは5km超のアップダウンなので、休憩もそこそこに下山開始。

 晴れの日の紅葉時期に通りたい尾根道ですが、あいにくの霧です。

 Canon20150829-105403-0.jpg
 ガマズミの赤い実が鮮やかでした。(後方には霧が・・・)

 途中には急勾配も数ヶ所あり、ロープが何箇所も張ってあります。

 下りたり登ったりを繰り返し、途中でランチタイム。

 およそ2時間で登山口へ戻りました。誘導してくれた「仁頃山愛好会」の方へ感謝!

 途中で「ヒグマの新しいフン」もありましたが、熊さんには遭遇しませんでした。

 全員無事到着、流れ解散となりました。

 紅葉到来が待ち遠しいですね。


スポンサーサイト

野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(3) | [EDIT]
タイトル画像

秋 近づく

2015.08.28(14:38) 245

朝から晴れるとの予報なれど...午前は雨模様でした。

 まるで「オオカミ少年」の如く「晴れる、晴れる」と言われ続け・・・

 ようやく青空がチラつき始めたのは13時頃でした。ずいぶん待ったぞ~~~!


一雨ごとに秋が近づく、そんな雰囲気になってきました。

 NI-111833-0.jpg
 遊歩道の植え込みの葉も少しずつ色が変わってきました。

 NI-055534-0.jpg
 早朝の散歩コースにあるコスモスの花です。

 NI-064613-0.jpg
 一番目につくのは、このツリバナでしょうか。このあとはナナカマドが目立ってくるでしょうね。
 NI-064701-0.jpg

 Ca-093059-ゴゼンタチバナ
 草の実も見掛けます。どうやら「ゴゼンタチバナ」の実らしいです。(手前のキノコはおまけ)

 
裏手の公園では秋の花が咲き始めています。

 PE-103213-エゾノレンリソウ
 ピンクの花が一株だけ咲きました。「エゾノレンリソウ」ですが、他は刈り取られたのでしょうか。

 PE-104025-ナンテンハギ
 紫の花は「ナンテンハギ」の花です。少し前に山でも見掛けました。

 PE-103314-0.jpg
 ご近所の庭でも見かけた「ハナトラノオ」です。初夏にはピンクが咲いていました。

 公園の花園は寂しい秋を迎えています。もう少しで今シーズンは終わりでしょう。



野付牛・四季彩々(いろいろ)


花・植物 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

緑のセンター晩夏

2015.08.27(15:13) 244

今日も今日とて...予報はハズレまくり!

 あくまでも「予報(NHK)」ですが「日中は晴れ!」と言われると晴れだと思いますよね。

 実態は朝から曇り空で「チラッと」晴れ間があったのみ。

 しかも、午後には小雨までおまけ付き。

 これからは降水確率などより「予報が当たる確率」を知りたいものです。

 
まぁ、かなり以前から同じ状態で、さっぱり改善していませんね。

 久しぶりに緑のセンター周辺を散策してきました。(施設内には入らず)

 PENTAX20150825-100147-0.jpg
 施設下にある花畑の横に、毎年のようにカボチャが植えられています。小さな実も付けていました。

 PENTAX20150825-100701-0.jpg
 名前未確認ですが「シソ科」のような感じの花ですね。

 PE-ハツユキソウ100601
 ちょっと魅力的だなーと思った花は「ハツユキソウ」と言うそうです。

 アメリカホド100748-0
 もう一つ、ちょっと変わった感じの花は「アメリカホド」と図鑑に載っていました。

 PENTAX20150825-100906-0.jpg
 ナス科の「ヤマホロシ」も綺麗な花ですね。

 土手の上に回ると小さな実が目を引きました。
 PE-アキグミ101116
 キラキラと光っていたのは「アキグミ」の実です。もちろん食べられます。

 PE-アメリカメギ100923
 もう一つはリンゴでした。リンゴと言っても小粒な「エゾノコリンゴ」です。放っておくと全部虫が入ります。

 気温は低めになってきましたが、ちょっと動くと汗ばむのは夏の名残りでしょうか。。。



野付牛・四季彩々(いろいろ)


花・植物 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

霧で真っ白な仁頃山

2015.08.25(20:57) 243

今日は久々の青空で始まりました。

 もう秋の空を感じましたね。

 記事は霧で真っ白な仁頃山登山をした昨日の模様です。

 僅かな小雨はあるものの、本格的雨ではなかったので午後から山へ。

 N-131542-0.jpg
 今回は「中央道」を経て「横断道」・奥新道から頂上を目指しました。(中央道のハシゴ)

 N-133657-0.jpg
 霧雨で山は湿っぽい状態で、汗をかかなくても衣服は濡れていました。

 管理車道5合目から横断道へ入ります。
 N-142408-0.jpg
 横断道で一番の巨木は、上の枝に様々な草や木を茂らせています。


 N-143502-0.jpg
 頂上にほど近い場所は深い霧に覆われていました。

 N-144749-0.jpg
 今日は長袖でちょうど良い感じで、頂上の気温は11度です。

 N-144811-0.jpg
 すぐ隣にある無線中継所の鉄骨もぼやけています。

 一休みして下山開始から少し経つ頃には少しずつ霧が晴れてきたようです。

 N-145850-エゾナミキソウ
 「エゾナミキソウ」の花の先には、秋の気配を感じる色です。 

 N-150241-アキノキリンソウ
 黄色い花は「アキノキリンソウ」です。

 N-150737-ナガボノシロワレモコウ
 白い穂が特徴の「ナガボノシロワレモコウ」も花を付けはじめました。

 N-150833-0.jpg
 「ヤナギラン」の水滴に花が映り込んでいました=デジカメでも可能でした。

 N-152405-サラシナショウメ
 「サラシナショウマ」も花が開き始めたようです。

 N-155154-0.jpg
 かなり珍しいと思われる白いツリフネソウ=「シロツリフネ」です。

 N-155216-カワミドリ
 少々ピンボケですが「カワミドリ」の花です。

 下山して自宅に帰る頃にはかなり雲も高くなり、天候の変わり目となったようです。

 次回は是非、好天の登山を!



野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

寒さも感じる早朝散歩

2015.08.24(20:39) 242

又しても、予想ハズレでほとんど霧雨状態でした。

 気温も日中16度までしか上がらず...8月なのに半袖はおろか、長袖でも寒い!

 早朝ウォーキングで河川敷公園の方を迂回してみました。
 
 NI-095816-0.jpg
 「香りゃんせ公園」もひっそりとしています。そろそろ水も止められそうですね。

 NI-100009-0.jpg
 ハッカがたくさん植えられていましたが、刈り取られて搬出を待って積んであります。

 NI-100317-0.jpg
 常呂川に続く土手は草が伸び放題で「ムラサキツメクサ」が元気です。

 NI-095015-0.jpg
 市民花壇の方はまだ花がたくさんみられます。
 NI-095254-0.jpg

 NI-100721-0.jpg
 空き地はほとんどこんな状態になっています。「オオアワダチソウ」の繁殖力は凄まじいですね。

 堤防から住宅地を横切り、線路沿いの歩道に戻ります。

 NI-105153-0.jpg
 秋の色合いが増してきました。ツリバナも色づいてきたようです。

 NI-095223-0.jpg
 これは「エゾイチゴ」でしょうか??美味しそうです。

 NI-105430-0.jpg
 とっくに咲き終わっていると思いきや「エゾオオヤマハコベ」の白い花が残っていました。

 少しずつですが、秋の気配が濃くなっています。



野付牛・四季彩々(いろいろ)


お散歩にて トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

きのこの会の初行事

2015.08.23(20:11) 241

今日も曇りで霧雨が断続的に降っていました=予報は曇り降水確率10%...

 道路が乾くひまがない状態なのに...「天気予報などいらない!」と言いたくなる毎日。

 そんな中で今年初めて「北見地方きのこの会」の採集会がありました。

 総勢32名が参加し、山へ分け入りキノコを採ってきました。

 それを全部シートの上に並べて、名前の確認(鑑定)をして勉強会です。

 シーズンも始まったばかりなので、多くは採れませんでしたが、楽しんできました。

気になったものを少しだけ写真で紹介します。

 Ca-111741-0.jpg
 かなりゴツイ風体です。固くしっかりしたキノコで「シシタケモドキ」と言います。

 Ca-111756-0.jpg
 傘の裏を見てビックリ! 無数の針状の突起があります。毒は無いとのこと・・・

 で、誰も食べた経験が無いようなので、私めが帰宅後に試食をしました。

 結果は・・・食感はシイタケの如く素晴らしいのですが「苦くてダメ」でした。

 Ca-094100-0.jpg
 こんなキノコも採りました。「カヤタケ」と言います。味噌汁で美味しくいただきました。

 食べることはできませんが、ちょっと変わったキノコを。

 Ca-094606-0.jpg
 わずか3ミリていどの白いものが固まっていますが「変形菌」と呼ばれるもので名前は「タマツノホコリ」です。

 Ca-104055-0.jpg
 これも変形菌で「キフシススホコリ」と言います。 非常に鮮やかな色ですね。

 Ca-100541-0.jpg
 切り株の一部ですが、何箇所かに固まっていました。「ヒメカバイロタケ」と言い、食不適です。

 食べる食べないは別にして、キノコという生物(菌)は興味が尽きません。

 私の好きな「花撮影」と同様、マクロレンズで追いかけたくなる撮影対象です。



野付牛・四季彩々(いろいろ)


できごと トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

復活中の「花園」

2015.08.22(14:09) 240

7月に草刈機で伐採された公園内の「花園」が戻りつつあります。
 
 自然の回復力はすごいですね。今ではびっしりと草が伸びてきました。

 秋の風を感じさせる中に新たな花が咲いていました。

 PE-131257-0.jpg
 「ツリフネソウ」がゼロから成長して花を付けました。昨年と比べるまでもなく、僅かな数に留まっています。

 PE-124322-0.jpg
 個人的好みですが「キツリフネソウ」より、こちらが好きですね。

 PE-130635-0.jpg
 「ヌカイトナデシコ」です。非常にか細く微小な花ですが、好きな花の一つです。かすみ草に似ている?
 
 PE-123353-0.jpg
 「ムクゲ」が陽射しに透けて見えます。この木は4-5本ありますが、ピンクが多いです。

 PE-123717-0.jpg
 ず~っと蕾のままの「(ヒメ)ヤブラン」です。陽射しがあると開くのかな?

 PE-124515-0.jpg
 刈り取られた後に成長してきた「ゲンノショウコ」の花も小さくてきれいです。

 PE-131631-0.jpg
 諦めていた「ヤマジノホトトギス」が咲いてくれました。小さいながらランのような派手な花です(ユリ科)。

 PE-131546-0.jpg
 
 少しずつ蘇ってきました。来年はいつものように再スタートできると確信しました。



野付牛・四季彩々(いろいろ)


花・植物 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

秋の風?

2015.08.21(09:09) 239

今年の夏、北海道でもオホーツク地方は特に晴れの日が少ないようです。

 ず~~~っと長期&週間予報がハズレっぱなしで、「晴れる、晴れる」に踊らされました。

 結果は...曇り&雨のオンパレードです。

 お盆前後もスカッとしないまま終了し、この数日も晴れ間は一瞬でした。

 かつてのように「お盆すぎれば秋風」となるのでしょうか?????

 暦上の秋は? なんと8月8日が「立秋」なんですね...早すぎる!


まぁ、自然の為すがままに任せるしかありませんね。

 NIKON20150820-063641-0.jpg
 8月20日の早朝ウォーキングの時の一枚ですが、すぐに青空は消えて曇り一時雨でした。

 青空の色も「抜けるような青空・オホーツクブルー」が見られなくなっています。

 NIKON20150820-102353-0.jpg
 古里の畑作地帯では、既にススキの穂が秋を告げているようです。

 NIKON20150820-142748-0.jpg
 ハマナスの実もだんだん赤色が濃くなってきました。なぜか「キリギリス」も参加してくれました。

 こうなると、トットと秋になって欲しいです。

 ダラダラと暖かい秋ではなく、ピリッとした冷たい空気に入れ替わった方がいいと思います。

 この数年は9-10月が妙に暖かかったりしましたので、本来の北海道の気候が恋しい!



野付牛・四季彩々(いろいろ)


風景 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

本格的キノコシーズン

2015.08.20(15:12) 238

山歩き...と言っても「登山」ではなく、キノコ探しの山歩きのお話です。

 天気も持ち直したフリをしますが、すぐに曇天や小雨模様に変わります。

 このまま秋になるかもしれませんね。(本来はお盆すぎれば秋の風ですが)


例年、8月末から本格的なキノコシーズンになります。

 今年は春は雨が少なめ、夏は雨が多めになりましたので、キノコは豊作かも。。。

 キノコに興味が無い、スーパーのキノコしか食べない方にはつまらない話しです。

 先日、古里の山をウロウロして採ってきたキノコを紹介します。

 C133033-0.jpg
 先ずは『タマゴタケ』です。真っ白まタマゴもどきが、土の中から出てオレンジ色のキノコが顔を出します。

 もちろん、タマゴの殻のように固くはありません。そのままニューっと伸びて傘を開きます。

 C132904-0.jpg
 大きくなると、高さ15cm以上、傘の直径も15cm以上になるものがあります。

 このキノコ毒々しい色ですが、実は美味しいのです。

 C143153-0.jpg
 パカっと切ると卵に見えますね。これは我が家の鍋の具になった「タマゴタケ」です。

 
さて、もう一つ特別なキノコを。
 
 P110548-0.jpg
 これは『ヤマドリタケモドキ』と言いますが、洋風料理にとって貴重な食材にもなります。

 イタリア料理(パスタ等)を作る人は『ポルチーニ』をご存知でしょうね。

 パスタやリゾット等にはすごく合いますが、生は見当たらず乾燥物が主流です。

 (ヨーロッパでは有名な食材の一つですが、生産地は東欧が多いとか)

 日本ではヤマドリタケ、ヤマドリタケモドキ、ススケヤマドリタケなどを指します。

 パスタやリゾット&シチュー等に使えば香りと食感を楽しめます。

 C131723-0.jpg
 同じ仲間で「アカヤマドリ」というキノコです。絵が太く可愛い形ですね。

 N093218-0.jpg
 大きなものを見つけました。手と比較すると大きさがわかりますね。  (近郊の山で見つけた大物】

 この大きさだと柄だけでも1回分の料理に充分間に合います(余ります)

 ただ、そんなに遭遇するキノコではありません。(本物マツタケよりは探しやすいですが)

 私めは運が良く、今年は相当量を確保し、数人にお分けしました。

 このキノコに限っては、そろそろシーズンが終わりますが、充分に楽しみました。


 これから10月いっぱいの短い期間ですが、キノコ採りを楽しみたいと思います。

 参考までに『北見地方きのこの会』HPを最後にご紹介しておきます。

 今年の活動の部分は、これから掲載になります。
 
 写真も新しいものへ随時入れ替える予定です・・・(コレの管理人は私めであります)

  北見地方きのこの会ホームページ



野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

仁頃はっか公園

2015.08.18(09:01) 237

急に秋のような気温になっています。

 今日は雨模様で最高気温で19度の予測...昨日と同じ状態ですか・・・

 「あてにならない予報」を見ても、せいぜい20~25度くらいのようです。

 8月はスカッと晴れた日の記憶がありません。(日記を見ても確かです)


さて、お盆も終わりましたが、私の中では「お盆と言えば仁頃のミソハギ」です。

 仁頃の「はっか公園」には毎年「エゾミソハギ」を見に行きます。

 PE-113215-0.jpg
 自宅から車で山を超えた場所にあり、20分くらいで到着です。

 昔は市内も郊外も畑にはたくさんの薄荷が栽培されており、かつては「世界一」でした。

 今は薄荷の畑を探すのが大変な状態で、国内では輸入品が99%でしょう。 

 PE-113131-0.jpg
 駐車場すぐそばでは、ポリタンクを持って水を汲む人がいます。ここの湧水は美味しいとか。

 PE-113155-0.jpg
 高い山も無い場所ですが、豊富な湧き水が年中湧き出ています。

 PE-111742-0.jpg
 昔の家屋や納屋のほかに「薄荷の蒸留施設」もあります。(北見市内の薄荷記念館にもあり)

 PE-113042-0.jpg
 広い庭には水路や水車(再現)も。

 PE-111807-0.jpg
 住宅の裏手に回ると「エゾミソハギ」が咲き誇っていました。

 PE-112935-0.jpg
 シソ科のイメージもありますが「ミソガギ科」と別物です。ハッカはシソ科ですが・・・

 PE-112841-0.jpg
 ミソハギ科は日本ではあまり多くありません。関東でよく見る「サルスベリ」もミソハギ科の木です。

 NI-112642-0.jpg
 この方角だけ青空が広がっており、絵になりますね。

 NI-112652-0.jpg

 PE-112137-0.jpg
 道端でも見掛ける花ですが、これだけ集まると壮観です。

 もうしばらく見頃が続きます。



野付牛・四季彩々(いろいろ)


風景 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
2015年08月
  1. 仁頃山の日(08/30)
  2. 秋 近づく(08/28)
  3. 緑のセンター晩夏(08/27)
  4. 霧で真っ白な仁頃山(08/25)
  5. 寒さも感じる早朝散歩(08/24)
  6. きのこの会の初行事(08/23)
  7. 復活中の「花園」(08/22)
  8. 秋の風?(08/21)
  9. 本格的キノコシーズン(08/20)
  10. 仁頃はっか公園(08/18)
次のページ
次のページ