野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

細雪の二日目  

 改めまして、今年もよろしくお願いします。

 正月2日は気温も高めで、朝から細かな雪が降り続いております。
 今日は終日こんなお天気のようです。

 昨日は2時間ほどの仮眠で初日の出登山へ行ったので、寝不足!
 夕ご飯を終わった段階でウツラウツラ・・・
 トットと寝ることにしました。

 結局は途中で小一時間起きていたものの、12時間近くベッドに入っていました。

 今日のお天気では出掛ける気にもならないので、裏手の公園を散歩。

 s-K70-20180102-083428-0.jpg
 シ~ンと静まり返った公園の林の中...こんなのもイイもんですね。先日の強風で折れた木が手前にあります。

 上から雪がパラっと落ちてきたので、見上げると・・・
 s-K70-20180102-083710-0.jpg
 早速のお出まし、エゾリスさんでした。 ちょうどジャンプの瞬間です。
 こんな時に限って望遠レンズなし! (18-200mm持参)

 エゾリスさんは二匹でしたが、片方は遠くて無理でした。
 s-K70-20180102-084022-0.jpg
 s-K70-20180102-084059-0.jpg
 s-K70-20180102-084110-0.jpg

 最初の外出で出会えるのも、運が良かったようですね。
 一部はトリミングしています。

 s-K70-20180102-084438-0.jpg
 s-K70-20180102-084550-0.jpg
 s-K70-20180102-084649-0.jpg
 やがて、野付ウシが木の下でウロウロしても、ピクリとも動かなくなりました。 寝てる?

 また会おうね!

 s-K70-20180102-084831-0.jpg
 s-K70-20180102-085701-1.jpg

 背景はドンヨリの雪空ですが、雪を纏った林はとても綺麗でした。
 1月2日、朝のお散歩でした。。。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

雪なし師走  

 今朝も青空!ピーカンです。 朝7時の気温は -13度。
 晴れたり曇ったりのお天気で真冬日の予定。(正午現在でも -4度)

 師走になりました。
 さっぱり雪も降らずに、晩秋に戻った状態です。

 去年の12月1日のブログを見ると、仁頃山の見事な樹氷の写真が(11/30登山のもの)。

 今日午前に公園などを散歩してきましたので、その様子などを。

 s-TG3-20171201-100815-0.jpg
 公園を横切る道路入口からの風景です。 雪はまったく見えませんね。
 s-TG3-20171201-100832-0.jpg
 一ヶ月前に戻ったような感じがします。

 12月でも雪が無いのは特別なことではありませんが、そろそろねぇ・・・

 s-TG3-20171201-102820-0.jpg
 例のS字カーブの道を上から撮ったものです。

 s-TG3-20171201-102926-0.jpg
 そして下まで降りて振り返り...10月に撮った写真とほぼおなじ感じです。

 s-K70-20171201-102936-0.jpg
 こちらはデジイチで撮ったズーム。 やはりデジイチのほうがディテールがしっかりしてますね。

 朝方は寒かったので10時過ぎに出たのですが、まだ -7度でした。
 s-K70-20171201-103203-0.jpg
 s-K70-20171201-103250-0.jpg
 s-K70-20171201-103321-0.jpg
 日差しが当たっていますが、氷(霜)は溶けていません。 キラキラ光って綺麗でした。


 s-TG3-20171201-103124-0.jpg
 池の氷はだいぶ厚くなってきたようです。(右手のパイプから水が落ちている部分は凍らず)

 s-TG3-20171201-103109-0.jpg
 夏は日陰で涼しいベンチですが、冬に載るのは枯れ葉と雪です。

 s-TG3-20171201-103603-0.jpg
 池の真ん中にかかる太鼓橋の手すりも霜だらけでした。

 s-TG3-20171201-103833-0.jpg
 大きな池の方へ回り込んで一枚! 比較的氷の表面は滑らかです。(過日の暖かい日の影響?)


 s-TG3-20171201-103931-0.jpg
 池の岸には赤い実がたくさん、落ちないまま残っています。(ニシキギの実)
 s-TG3-20171201-104000-0.jpg

 週間予報でも「一時雪」程度の崩れしかなさそうです。
 中旬以降の雪なのでしょうか...一気にドッサリはやめてほしいものです。

 今日の戻る途中に、公園のアチコチで次々とエゾリスに出くわしました。
 リスだけで都合7匹、写真で180枚も撮ってしまって...

 s-TG3-20171201-105425-0.jpg
 これはコンデジの1枚ですが、デジイチでしっかり撮ってますので、整理して明日アップする予定です。



 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

久々の散歩コース  

 今朝もキンキンに冷えました。(-14度)
 それでも日中はプラスになりそうです。
 明日にかけては一時的に気温が上がるようですが、雲が多くなりそうです。

 昨日、昼食後にウォーキングコースを久々に歩いてきました。
 このところ山歩きが増えたので、6kmのウォーキングコースを歩く機会も減ってます。
 最高気温が氷点下の1日でしたが、太陽が出ていたので気分は暖かでした。

 s-TG3-20171121-130014-0.jpg
 先に、公園の池の方へ。 ついこのあいだ掲載した落ち葉が積もっていた場所ですが、すっかり冬の様相へ。

 s-TG3-20171121-130155-0.jpg
 何度か登場したS字のカーブがある歩道も、すっかり落ち葉の色が消えて寒々しい感じです。

 s-TG3-20171121-125955-0.jpg
 池は水の落ちる場所の一部だけ残し、すっかり氷が厚くなっていました。

 s-TG3-20171121-130029-0.jpg
 氷の上に乗らないように注意の看板が周囲にいくつか立っていました。
 氷が薄いうちに「度胸試し」で池を横断するオバカさんが毎年いるんですよね。

 s-TG3-20171121-130250-0.jpg
 小さな池との境目にある太鼓橋からの眺め。右側のブルーシートは手漕ぎボートの冬囲いです。
 カモたちも全部引き払ったようで、まもなく雪に覆われ真っ白になるはずです。

 
 s-TG3-20171121-131213-0.jpg
 高架下の遊歩道にはたくさんのナナカマドがあります。 今年は赤い実が豊作でまだそのまま残っていますね。

 s-TG3-20171121-131143-0.jpg
 こうして見ると「美味しそう」ですよね。 でも食べないほうが無難です。
 本当は少しですが「シアン化合物」が含まれていますので、毒があるんですね。
 ところが、写真のように熟した後に霜でふやける頃には、なんとほぼ無毒になるそうです。
 これなら味見くらいはできそうですね。

 でも苦いんです、、、野付ウシは食べたことあるのですけど。
 食糧がなくなる厳寒期に小鳥たちがついばんでいるのを見かけますが、
 真冬のナナカマドの実には、毒はほとんど残っていないそうです。
 小鳥たちはそれを知っているのでしょうか?自然界の不思議かもしれません。
 
 s-TG3-20171121-133205-0.jpg
 自然界の不思議と言えば・・・このフキノトウもそうかな? 春に撮った写真ではなく、昨日撮ったものです。
 
 s-TG3-20171121-133230-0.jpg
 すでに本体は凍っていましたが、ちゃんと生きています。

 探せば他にも見つかりますが、初冬に顔をだすフキノトウは少なくありません。
 小さな蕾のままで越冬するものがあるんですね。(春に出てくるものが多いのですが)
 雪解けと同時に取って食べることも可能ですね。

 ついでですが、フキノトウ(フキ)の地中の根の部分は有毒ですので、要注意ですね。

 他にも花の準備をしたまま、雪と氷の下で春を待つ植物もあります。
 春になってから芽を出してもいいのに、不思議なものですね。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

静寂の公園  

 今日は全道的に大荒れの予報です。
 幸いにも当地は雨も風も弱く、日差しもあるようです。

 周辺もすっかり晩秋、初冬の色合いに変わってきました。
 次に真っ白になるのはいつでしょうかね。

 先日、小雨と風の後に公園を歩いてきました。

 s-TG3-20171109-103031-0.jpg
 ここだけは、まだ秋の気配が残っています。

 s-TG3-20171109-104025-0.jpg
 野付ウシの好きな「S字カーブの歩道」がある場所です。まだ歩道の土は枯れ葉に覆われたままです。

 s-K70-20171109-103658-0.jpg
 奥に人影があったのでズームしてみたら...子犬と散歩をしている老人でした。 左手に杖、右手に赤いリード。

 s-K70-20171109-103734-0.jpg
 落ち葉の色合いに緑が混じっていました。 右手の斜面が特に多いようです。

 s-K70-20171109-103957-0.jpg
 その正体は・・・斜面に多く生えている『ニセアカシア』の葉でした。 寒さと風に弱く、よく緑のままで落ちますね。

 s-K70-20171109-104307-0.jpg
 池のそばを通る車道へ。 赤いモミジの落ち葉も色抜けして全体がくすんだ色に変わっています。

 s-TG3-20171109-104217-0.jpg
 路上を黄色に染めているのは『カラマツの落ち葉』です。

 s-K70-20171109-104059-0.jpg
 池への斜面を見ると、ここも緑色の葉が目立っています。

 s-TG3-20171109-105005-0.jpg
 緑色の落ち葉は、池周りにある大きな「シダレ柳」の木の葉でした。 撮影中にもパラパラ落ちてきます。

 s-TG3-20171109-104607-0.jpg
 一面が柳の木の葉を敷き詰めたようになっていました。

 s-K70-20171109-104453-0.jpg
 これから半年の間は誰も座ることのないベンチです。 何とも寂しい風景ですね。

 s-TG3-20171109-104927-0.jpg
 いつも湖面にその姿を映している池の向にある小山ですが、すっかり葉が落ちて透けて見えます。

 s-TG3-20171109-104942-0.jpg
 かろうじて赤い色を残していたのは『ニシキギ』の実です。


 s-TG3-20171109-105155-0.jpg
 池から坂を登って自宅へ向かう歩道にも、大きなカシワの葉が積もっていました。

 寒々とした風景になって、小鳥の声もほとんど聞こえてきません。

 もう冬なんだな...と思わせる散歩でした。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

冬との境目  

 昨日の最高気温は3度で、残った雪も融けませんでした。
 一転して今日は太陽サンサン! 昨日より10度も高くなりました。
 午前から仁頃山を歩いてきましたが、中腹までの登山道は雪解けでドロドロ。
 六合目あたりからは雪道で滑るので、スパイク装着して歩きました。
 (簡単着脱のチェーンスパイク)

 この陽気だと1-2日で陽の当たる場所は雪が消えるでしょう。
 11月はこんな状態の繰り返し、冬と秋の境目なのです。
 雪が消えたら晩秋の様子が戻ります。

 そんな状況を近くの遊歩道で見てきました。
 
 s-K70-20171103-125537-0.jpg
 今時期で一番鮮やかなのは『ナナカマド』の赤い実かもしれませんね。

 s-K70-20171103-125552-0.jpg
 まだしっかり形が残っているものと、霜と寒さで凍ってシワシワになったものがあります。

 s-K70-20171103-130131-0.jpg
 これは「ガガイモ」の花後の種ですが、見るたびに不思議に思うのは花の何倍もの大きさになること・・・


 s-K70-20171103-130321-0.jpg
 イチョウの葉は寒さに弱く、雪や霜があるとバッサリと落ちますね。

 s-K70-20171103-130240-0.jpg
 こちらはすぐ隣りにある木ですが、紅葉する前に全部落ちてしまったようです。


 s-K70-20171103-130406-0.jpg
 今年は木の実の豊作と不作が極端に分かれた年になりました。 「イチイ」の赤い実はどこも豊作なようです。
 一方では毎年楽しみにしていた栗の実が不作です。 花も遅くまばらでした。


 s-K70-20171103-130447-0.jpg
 遊歩道から見えた個人宅の庭に、ブドウがまだ残っていました。 落ちちゃうよ~!

 s-K70-20171103-130523-0.jpg
 珍しく『コクワ』の実もたくさんなっていました。(マタタビ科のサルナシ) 最近は山でもめっきり少なくなりました。
 

 s-K70-20171103-130640-0.jpg
 モミジなどの紅葉は落ちてしまいましたが、低木の色づきはまだ残っています。

 s-K70-20171103-130728-0.jpg
 バラ科、ツツジ科、ニシキギ科の落葉低木の葉が綺麗に残っていますね。

 s-K70-20171103-130753-0.jpg
 こちらは黄色が鮮やかですね、バラ科の「ヤマブキ」です。
 s-K70-20171103-130825-0.jpg


 s-K70-20171103-131249-0.jpg
 足元には落ち葉が積もり、僅かに色を残したモミジが目を引きます。

 s-K70-20171103-131713-0.jpg
 上を見上げると小さな赤い実がありました。 こちらは「アズキナシ」の実ですが、今年は少ない感じがしました。


 s-K70-20171103-131748-0.jpg
 まだこんなに鮮やかな木の葉も残っています。 ツツジ系の葉でしょうか・・・
 s-K70-20171103-132238-0.jpg


 s-K70-20171103-132305-0.jpg
 最後に再び「イチイ」の実がびっしりです。 これは我が家の庭にあるものです。
 食べ物が不足する季節は、小鳥たちもついばみに来ますね。

 あと僅かな期間ですが、秋の色が楽しめそうです。

 木曜日からは、また最高気温が一桁の日々がやってきそうです。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top