色とりどりの実

2017.09.06(10:13)

 今日も朝からピーカンです。 8月の気候は何だったんでしょう??
 夏らしい日差しもなく、気温も中途半端で「夏はあったの?」という感じでした。

 でも、このところ雨が異常に少ないのです。
 どんな影響が出てくるやら・・・ 

 さて、季節の移ろいを景色や花などで紹介していますが、今回は初秋の木の実などを。

 先日歩いた遊歩道周辺で、秋らしい木の実などを見てきました。

 s-TG3-20170902-133227-0.jpg
 ホオズキの色づきってとても綺麗ですよね。 緑から黄色、そしてオレンジ色へ・・・
 s-TG3-20170902-133736-0.jpg
 これは「アメリカオニアザミ」の花後の種です。全身トゲだらけの植物ですが、花と綿毛はさずがにトゲ無しです。
 s-TG3-20170902-134656-0.jpg
 何とも奇妙な花と実をつける『ネグンドカエデ』です。 カエデのプロペラもどきに似てますね。(巨大ですが) 
 s-TG3-20170902-134740-0.jpg
 たわわに実った『山ぶどう』です。 手の届く範囲からどんどんなくなっていきます。(笑)

 s-TG3-20170902-134846-0.jpg
 今年の『オニグルミ』の出来はいいようです。
 s-TG3-20170902-134922-0.jpg
 栗の実の大きさは? 少し遅めかもしれません。
 s-TG3-20170902-134953-0.jpg
 色づき始めた『イタヤカエデ』のプロペラ種です。 クルクルっと回って落ちます。
 s-TG3-20170902-135619-0.jpg
 これは何ぞや? 『イシミカワ』という「ママコノシリヌグイ」に似た植物です。 種の色が緑・桃・青紫と変化します。

 ツリバナもいろんな種類があるようですね。
 s-TG3-20170902-135911-0.jpg
 ピンクでビロード風なものは『マユミ』ですね。
 s-TG3-20170902-140805-0.jpg
 こちらは大玉の『オオツリバナ』です。
 s-TG3-20170902-140740-0.jpg
 これが一番多い『ツリバナ』(別名エリマキ)です。賑やかですね。
 s-TG3-20170902-144809-0.jpg
 別な木を見上げて撮ったものですが、絵画風にアレンジしてみました。

 s-TG3-20170902-141621-0.jpg
 ドングリ(ミズナラの実)はこの木に限っては大豊作です。登山道ではまだ目立ちません。熊さんの大事な食料ですね。
 s-TG3-20170902-142626-0.jpg
 以前にも掲載したモクレンの実です。色が濃くなってきました。形がみんな違っているのが不思議。
 s-TG3-20170902-142800-0.jpg
 これも以前に紹介の「ヒョウタンナシ」で、個人宅の庭から溢れているもの。 遊歩道側は少し減りそうですね。(笑)
 s-TG3-20170902-142820-0.jpg
 これを見ると「リース」を思い起こす方も多いでしょう。 『ツルウメモドキ』です。

 s-TG3-20170902-143441-0.jpg
 最後を飾るのは、やはり葉も実も赤く染まる『ナナカマド』です。

 僅か2kmの遊歩道(並行して別に1本)ですが、多くの花や木が楽しめる場所です。
 季節ごとの花や木の実を見て歩くのも楽しいものです。



 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

花・植物 トラックバック(-) | コメント(14) | [EDIT]

秋を彩る花

2017.09.05(10:42)

 今日も朝から青空が広がっています。
 日中は27度の予想で久々に暑くなりそうな気配です。

 今朝の新聞にも載っていましたが、8月の日照時間が観測史上最短だったようです。
 真夏の雰囲気を味わうことなく、秋になっていくようです。

 一昨日、近くの遊歩道をゆっくり回ってきました。
 遊歩道脇の芝生も短く刈られて、花たちの一部も消えてしまったようです。
 刈り取られた外側には、夏の名残を楽しむように、残った花が咲き誇っています。


 s-TG3-20170902-133328-0.jpg
 今時期、草地などでよく見かける『ニラ』の花です。 自然に増えているのは繁殖力の強さでしょうね。

 s-TG3-20170902-133444-0.jpg
 少し時期外れとも言える遅い開花の『ヤブカンゾウ』もありました。

 s-TG3-20170902-133642-0.jpg
 『ツユクサ』は何度も登場しますが、「一日花」と言われる割には長期間咲き続ける花です。

 s-TG3-20170902-133747-0.jpg
 これも真夏の花『アメリカオニアザミ』ですが、まだ遅咲きのものがあったようです。


 s-TG3-20170902-133833-0.jpg
 いつも全体像でのイメージなのですが、花だけピックアップすると「コレ何?」な感じです。
 s-TG3-20170902-133916-0.jpg
 『ビロードモウズイカ』でした。 この個体は2mを超える大物でした。


 s-TG3-20170902-134238-0.jpg
 大物と言えば、こちらも3mちかく伸びた『オオイタドリ』で、竹林のような雰囲気です。
 s-TG3-20170902-134341-0.jpg
 花は意外と小さなものですが、どっさり集まって咲きます。これが全部種ですから増える訳ですね。


 s-TG3-20170902-135056-0.jpg
 以前にも載せた花ですが『ニワナナカマド』です。 薄暗い日陰で遅めの開花なようですが、凄く目を引きます。


 s-TG3-20170902-135300-0.jpg
 今年はツル性の植物が凄く元気でした。 コレも付近の草などを覆い尽くしていましたが、名前未確認の植物です。
 s-TG3-20170902-135359-0.jpg
 ピンクのまん中は種でしょうね。 花はごく小さいもので白っぽい可憐な花・・・何でしょう??


 s-TG3-20170902-135729-0.jpg
 覆い尽くすと言えば、こちらも勢いで負けていません。『ガガイモ』ですね。 綿毛の大きな種をつけますね。

 s-TG3-20170902-140124-0.jpg
 邪魔くさい草としては農家をも悩ます『イヌタデ』です。 畑一面に広がると見た目は綺麗ですが・・・

 s-TG3-20170902-140346-0.jpg
 『ベニウツギ』は初夏の花なのですが・・・うっかり寝坊したのかな?

 s-TG3-20170902-140528-0.jpg
コルク質の翼が特徴の『ニシキギ』です。 緑の実が見えますが、葉も実も真っ赤に染まると綺麗ですね。

 
 s-TG3-20170902-140918-0.jpg
 長期間咲くので公園などでも見かける『キンシバイ』と白の『ギンシバイ』です。
 s-TG3-20170902-141146-0.jpg
 いつも白が少なくて黄色の勢力に負けています。

 s-TG3-20170902-141050-0.jpg
 個人的に好きなので何度も登場している「メマツヨイグサ」...子供の頃は「ツキミソウ」と言ってました。(実際は間違い)


 s-TG3-20170902-144540-0.jpg
 道端や山裾で繁殖する『ノラニンジン』です。 集合体の花が綺麗ですが、増えすぎて困る植物です。


 s-TG3-20170902-143223-0.jpg
 増え過ぎと言えばコチラが本家かも。道端、空き地、山道などとにかく広がる一方の『オオアワダチソウ』です。
 s-TG3-20170902-143336-0.jpg
 花自体は綺麗なものですが、種の多さをみると増えるのも納得しますね。

 
 s-TG3-20170902-143041-0.jpg
 『ノコギリソウ』です。似た花で「エゾノコギリソウ」や「ヤマハハコ」などがありますね。

 s-TG3-20170902-144026-0.jpg
 高架下の草地で狭い範囲ながら群れているのは『ホソバウンラン』です。
 s-TG3-20170902-143809-0.jpg
 名前にランがついてもラン科ではなく「ゴマノハグサ科」です。 でも艶やかな花ですね。


 もう少し冷えてきて朝霜がくるまでの花たちの命です。
 花に集まる昆虫たちも、それと同時に命を終えたり冬ごもりに入ったりします。
 本格的な秋もすぐそこですね。
 
 この遊歩道で一緒に撮った色とりどりの木の実、草の実については次回掲載します。



 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


花・植物 トラックバック(-) | コメント(12) | [EDIT]

花園も終盤

2017.09.04(14:30)

 今日は清々しい青空が広がっています。
 最高予想気温も24度と、いかにも北海道の秋!!という状態ですね。
 今日は予定空白につき、さっそく仁頃山へ登ってきました。
 ゆっくり歩きで少しの汗で済んだので「空気が違う」のを感じました。
 このところ雨らしい雨が降っていないため、乾燥していたからかもしれませんね。

 昼過ぎに戻ったばかりですので、今日は裏手公園の自称「花園」の状態などを。
 
 さすがに9月になると、新たに開花する花はほとんどありません。
 今年の6-7月が暖かく湿度も高かったので、草も花も異常に伸びました。
 8月に、咲き終わった花をメインに、柄の長い大きな鎌で刈り払いました。
 とにかく昨年までと違って「ツル性」の植物が異常に繁殖していました。
 ジャングルみたいに酷い状態でしたが、スッキリしました。

 
 s-K70-20170903-111532-0.jpg
 その犯人の一部がコレ! 『ヤブマメ』という植物で紫の花を付けますが、花後には名前のとおりマメができます。
 ついでに食用になればいいのですがね。 凄い繁殖力で周辺の花を覆い尽くす勢いでした。

 s-K70-20170903-111433-0.jpg
 まだまだ先終わらない『ミズヒキ』です。これも、どうしようもないほど増えました。

 s-K70-20170903-111315-0.jpg
 もうすぐ満開になるのは『チェロネ(ケロネ)』 またの名をスピードリオンの花です。
 s-K70-20170903-111357-0.jpg
 この花は本来は園芸種で、花弁が開かない状態のままです。

 s-K70-20170903-111139-0.jpg
 これは花後の姿で、春に真っ白な花をつけた「バイカウツギ」のものです。形がおもしろくて撮りました。
 
 s-TG3-20170829-125820-0.jpg
 株数は少なめですが、まだ頑張っている『ハナトラノオ』です。

 s-TG3-20170829-125534-0.jpg
 野付牛が好きなホトトギス『ヤマジノホトトギス』は花園でも数多く咲きました。 見つめていると昆虫に見えてきたりします。


 s-K70-20170829-125045-0.jpg
 8月下旬頃からようやく咲き始める『ベニイタドリ』です。 当初、愛用の図鑑に掲載なく、調べるのに時間がかかった花です。
 s-TG3-20170829-125607-0.jpg
 イタドリの仲間ですが、這うように伸び花を付けます。幹が硬くて低木かと思ったほどです。

 今は、ほかに「ムクゲ」や「キクイモモドキ」、「サラシナショウマ」なども残っています。

 s-K70-20170829-124601-0.jpg
 たった一本だけ、スーッと高い茎を伸ばしてピンクのユリが咲いていました。 何じゃコリャ??


 これらが咲き終わる頃には、野付ウシが守っている『花園』の夏が終わります。

 その後、また敷地全部を綺麗に刈り取って、来年を待とうと思っています。
 公共の公園の中ですが、この場所は草刈業務の範囲外となってしまったので、誰かが始末しないとね。
 野付ウシが、ほぼ1人で楽しんでいるので、お返しのつもりで奉仕しています。



 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


花・植物 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]

夏の花

2017.08.30(08:35)

 やはり...というか、予報どおりにならないお天気。
 火、水と曇り&雨の予定でしたが、雨は火曜の朝だけ、その後は回復。
 そして今日は晴れたり曇ったりのお天気になるようですね。

 晴れても気温は少し過ごしやすくなるようです。
 長期予報では9月は気温高めだとか?(アテにはなりませんが)
 それによって紅葉の状態も変わりそうですね。

 もう夏の花は終わりのようですが、がんばって咲いていた夏の花を少しだけ。

 s-K70-20170824-082602-0.jpg
 これは外来種ですから、本来は好ましくないのですが正しく夏の花ですので。「オオハンゴンソウ」


 s-K70-20170824-082538-0.jpg
 先日、網走に行きましたが時間の関係もあり「フロックス公園」はスルーしました。
 s-K70-20170824-082635-0.jpg
 代わりと言っては何ですが、同じ花です。「フロックス」もしくは「クサキョウチクトウ」と言いますね。


 s-K70-20170824-082646-0.jpg
 そして日陰で紫陽花がまだ元気に咲いています。
 s-K70-20170824-082701-0.jpg
 今年は場所によって紫陽花が咲かない状況もあったようです。
 s-K70-20170824-082710-0.jpg
 愛猫の散歩コースだったお寺の参道脇でも、ほとんど咲きませんでした。

 s-K70-20170823-103232-0.jpg
 最後はビタミンカラーのヒマワリです。 これから咲くものもあるようですが、道端のものはもう終わりですね。

 明日で8月も終わります。
 一年の三分の二が終わるんですね。
 (目の前の大型年間カレンダーは4ヶ月の三列表示です=残り一列)
 9月は予定がいっぱい入って...紅葉の登山がどれだけできるかなぁ。

 紅葉の秋が来て、晩秋を経て白い雪に覆われる・・・

 1年は早いなぁ~

 
 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


花・植物 トラックバック(-) | コメント(12) | [EDIT]

花も木も秋の装い

2017.08.19(09:23)

 半袖では少し肌寒いような空気を感じます。
 日照不足もいよいよ農作物への影響が心配になってきました。
 
 北海道らしいカラッとした暑さが来ないまま夏が終わるような気配ですね。
 恒例の遊歩道チェックをして、季節の移ろいを見てきました。
 
 s-TG3-20170817-100304-0.jpg
 青空は少しの時間でしたが、流れる雲は既に秋の雲に見えてきますね。 木の葉も少し色づき始めたようです。

 s-TG3-20170817-100425-0.jpg
 ナナカマドによく見られる「一部の枝の葉だけ色が変わる」現象のようです。

 s-TG3-20170817-100212-0.jpg
 ナナカマドの葉や赤い実は「秋を象徴する」ものとして、よく使われますね。


 遊歩道脇の雑草の中にひときわ目を引く花がありました。
 s-TG3-20170817-100804-0.jpg
 『ホソバウンラン』という花です。こんなところに群れていたの? (昨年のリストには無かった)
 s-TG3-20170817-100909-0.jpg
 シソ科のような雰囲気ですが「ゴマノハグサ科」の花です。


 s-TG3-20170817-101255-0.jpg
 空き地や道端で目立ち始めた『ノゲシ』です。 葉の一部がギザギザで柄となる部分もトゲがあります。

 s-TG3-20170817-104305-0.jpg
 ツリバナですね。これが色づくと秋を感じます。

 s-TG3-20170817-102221-0.jpg
 遊歩道まで飛び出していた「ヒョウタンナシ」にはびっくり。 取られないんでしょうかね?
 
 s-TG3-20170817-102252-0.jpg
 ガクアジサイかと思ったら『ノリウツギ』のようです。装飾花がピンク種類もあるとか。


 s-TG3-20170817-102431-0.jpg
 こりゃ何じゃ? ちょっとキモイぞ。
 s-TG3-20170817-102416-0.jpg
 よく見れば『モクレン』の実でした。 コブシの実もにてますね。

 s-TG3-20170817-102737-0.jpg
 これは遊歩道脇にあったブドウですが、誰が植えた? 誰が食べる?(個人の敷地ではありません)

 s-TG3-20170817-102928-0.jpg
 ムクゲの時期ですね。 ハイビスカスとも似て華やかですね。

 s-TG3-20170817-103316-0.jpg
 この近くにはキササゲ並木があり、花と長い種が目を引きます。 去年の種も残っていますね。

 s-TG3-20170817-103456-0.jpg
 ドングリです。コナラの木でしょうか。
 s-TG3-20170817-103604-0.jpg
 汚れた葉の中に花らしきものを発見。 なんで今頃? 雄花は垂れ下がりますので雌花? 未確認です。

 s-TG3-20170817-104934-0.jpg
 ひときわ大きくゴツゴツした実が色づき始めています。 『マユミ』の実ですね。

 
 s-TG3-20170817-105147-0.jpg
 また去年見ていない花です。 『ゼニバアオイ』だと思います。 アオイ科らしい花のつくりです。
 s-TG3-20170817-105120-0.jpg
 アサガオ等に似ていますが、花びらが離れていますね。


 s-TG3-20170817-105453-0.jpg
 ご存知『ツユクサ』ですが、少し異端児ですね。 何が?? ツユクサは1個ずつ咲く1日花です。
 1日に一つずつ咲いては萎みます。 ココでは2個咲いているものが複数ありました。珍しいんですよ。

 s-TG3-20170817-110030-0.jpg
 芝地に埋もれていた小さな花は『カタバミ』でした。 ハート型の葉ですぐわかりますね。

 s-TG3-20170817-110930-0.jpg
 『アキノウナギツカミ』が開花を迎えているようです。 ミゾソバとの区別が厄介な花です。

 s-TG3-20170817-110355-0.jpg
 果物の木も多い遊歩道ですが、今年はエゾノコリンゴやスモモ等がさっぱりです。 栗のイガが元気でした。

 s-TG3-20170817-110412-0.jpg
 オニグルミも今年は豊作のようです。

 s-TG3-20170817-110439-0.jpg
 これは植えられたものではなく『山ぶどう』です。 こっちも豊作かな?

 s-TG3-20170817-111221-0.jpg
 日陰になる崖で今頃咲いているのは『ニワナナカマド』です。 真っ白な桜のような小さな花が素敵です。

 s-TG3-20170817-111340-0.jpg
 雑草の中で色づいている『ほおずき』を見つけました。 だんだん少なくなっているような気がします。

 s-TG3-20170817-111508-0.jpg
 晩夏の花『オオアワダチソウ』です。外来種で繁殖力旺盛な植物ですね。

 s-TG3-20170817-111423-0.jpg
 ガード下にあったコスモスです。 これからピークですね。


 最後は野付ウシが大好きな花 『ゲンノショウコ』 です。
 s-TG3-20170817-111014-0.jpg
 s-TG3-20170817-111007-0.jpg
 s-TG3-20170817-105826-0.jpg
 s-TG3-20170817-105848-0.jpg
 s-TG3-20170817-110958-0.jpg

 なんてこと無い花で道端にたくさんありますね。 濃いピンクの花はめったに見つかりません(当地では)。
 グルッと1時間半ほどで回った遊歩道は、とても自然豊かな散歩道です。

 秋はそこまで来ているのを実感しました。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


花・植物 トラックバック(-) | コメント(12) | [EDIT]

花・植物

  1. 色とりどりの実(09/06)
  2. 秋を彩る花(09/05)
  3. 花園も終盤(09/04)
  4. 夏の花(08/30)
  5. 花も木も秋の装い(08/19)
次のページ