タイトル画像

4月最終日

2017.04.30(14:15) 834

 連休二日目、今日で4月はお終いですね。
 日中は晴れで夕方には曇り、最高気温18度とのことでした。
 が...日の出の時点では晴れでしたが、それから曇りっぱなし・・・
 結局は地域により一時晴れはあったものの、『曇りのち曇り』になってしまった。

 少し青空が広がった連休初日の公園の様子など。

  s-K5-20170429-104542-0.jpg
 いつも人気のない公園の管理棟前、ボート乗り場に家族連れが数組いました。

 s-K5-20170429-103851-0.jpg
 連休初日はボートが無料で開放されるようです。 柔らかな陽射しの下でボートもいいかな?

 s-K5-20170429-104202-0.jpg
 池の縁にあるエゾムラサキツツジも開花しました。(池の周りは少し遅れ気味)

 s-K5-20170429-104115-0.jpg
 いっしょに咲き始めたのは『シロバナトキワツツジ』です。
 エゾムラサキツツジの白花とも言われますが、別名があります。

 s-K5-20170429-104704-0.jpg
 池のそばにある桜の木の蕾ですが、すぐに咲くような状態ではないですね。

 s-K5-20170429-105208-0.jpg
 日当たりの良い土手に黄色の花が散らばっていました。

 s-TG3-20170429-105106-0.jpg
 バラ科の『キジムシロ』です。 イチゴなどと似てますね。

 s-TG3-20170429-105150-0.jpg
 華奢なようですが、花はしっかりしています。

 s-K5-20170429-105500-0.jpg
 そろそろネコヤナギも見納めの時期になりました。

 s-K5-20170429-105510-0.jpg
 池の周りにあるヤナギ...種類は何かな?

 
 s-TG3-20170429-105838-0.jpg
 池を後に、ゆるい上り坂を進みます。 枯れ葉に覆われ、まだ秋のような状態ですね。

 s-K5-20170429-110228-0.jpg
 林の中を歩いてみると『アズマイチゲ』がアチコチに顔を出しています。群生にはなっていません。

 s-K5-20170429-103710-0.jpg
 草や枯れ葉の下に見えた紫の花は『カキドオシ』ですね。ここは群生しています。

 s-K5-20170429-103220-0.jpg
 陽射しの当たる場所では、タンポポが一気に開いたようです。この状態を見れば春を感じますね。

 そして、野付牛が勝手に手入れしている公園内の一角(花園と呼んでいます)へ。

 s-K5-20170429-102633-0.jpg
 ニリンソウが咲き始めました。(よく見るとニリンソウながら三輪の花を付けていました)

 s-TG3-20170429-102727-0.jpg
 このニリンソウは多くの変種を持つ花です。 これから変わり種がでてくる時期ですね。

 s-K5-20170429-102114-0.jpg
 先日掲載した『オクエゾサイシン』が花を開いていましたので、再掲しますね。

 s-TG3-20170429-102058-0.jpg
 なんとも妙なはなですが、濃い紫色の変わった形の花です。 花の径は1cmほどしかありません。

 s-TG3-20170429-102011-0.jpg
 これ以上開きませんので、中をのぞいてみました。 木の根元周りに十数株が成長しています。


 s-TG3-20170429-111412-0.jpg
 最後はシソ科の『ヒメオドリコソウ』です。この花には似たものが多いので名前確認が必要ですね。

s-TG3-20170429-111436-0.jpg
 上で載せている「カキドオシ」も同じ仲間です。シソ科独特の花の造りです。

 そろそろ一気に花が咲き出しますね。
 写真も掲載も追いつかない時期になってきます。
 1人では全部を追いきれませんが、可能な限りチェックしてみようと思います。



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

野付牛・四季彩々(いろいろ)


花・植物 トラックバック(-) | コメント(7) | [EDIT]
タイトル画像

春の勢い

2017.04.27(09:43) 831

 出かけたついでに、高台にある「北見市緑のセンター」へ立ち寄りました。

 緑のセンター
 三角屋根は温室、その右が本館。(施設照会写真拝借) ※この日は臨時休館

 s-K5-20170425-095015-0.jpg
 雪がある時から開花し始めたエリカの花は、満開状態でした。

 s-K5-20170425-095046-0.jpg
 寒さに強い花ですね。
 s-TG3-20170425-095413-0.jpg

 
 s-K5-20170425-095940-0.jpg
 白い可憐な花が1輪だけ咲いていました。 名前がわかりませんが園芸種ですね。(クリスマスローズっぽいかな)

 
 裏側の土手を中心に花を探してみると、小さな花が次々にみつかります。

 s-K5-20170425-095634-0.jpg
 過日も掲載した「モイワナズナ」がドッと出てきたようです。
 s-TG3-20170425-095535-0.jpg

 s-TG3-20170425-100750-0.jpg
 草原でシロチョウがいましたが、羽を広げてくれずに種類特定できません。近寄ると逃げられちゃった。


 s-TG3-20170425-101010-0.jpg
 これまた全体が5cmほどしかない黄色い花。 『イヌナズナ』というアブラナ科の花でした。
 s-TG3-20170425-101059-0.jpg


 s-K5-20170425-101616-0.jpg
 芝地に埋まるような小さな春の花『オオイヌノフグリ』がアチコチに出てきました。
 
 s-TG3-20170425-101212-0.jpg
 関東などでは3月には咲いている花ですね。
 s-TG3-20170425-101301-0.jpg
 微細な花ですが、魅力的でもあります。

 s-TG3-20170425-103514-0.jpg
 片隅で一部開花したシバザクラが。本格的には連休明けでしょうね。
 画像下側、茶色い大きなアリさんが走り回っていました。(噛まれたら痛そう)


 落ち葉だらけの森の入口を歩いていたら、珍しいものを発見しました。
 s-TG3-20170425-102618-0.jpg
 上のオレンジ色が目を引いたので枯れ葉を取り除いてみれば、なんとキノコでした。

 s-TG3-20170425-102723-0.jpg
 「シロキツネノサカズキモドキ」という春のキノコです。 食べられません。
 全体の高さは3cmほど、盃の直径は1cm足らず、細い木の枝から出ていました。

 野山には不思議がいっぱいです!



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


野付牛・四季彩々(いろいろ)


花・植物 トラックバック(-) | コメント(14) | [EDIT]
タイトル画像

春の花は出直し

2017.04.24(09:15) 828

 毎年の事とは言え、せっかくの春の雰囲気が台無しになりました。
 一昨日からの雪はほぼ消えましたが、昨日の最高気温は2度・・・(-_-;)
 ようやく咲いた花たちは、じっと寒さに耐えるしかありません。

 また春の花は出直しですかね。

 s-TG3-20170421-125802-0.jpg
 まだポツリポツリですが、タンポポがようやく咲き始めたようです。

 s-TG3-20170421-125245-0.jpg
 これが草地で目立ち始めて、ようやく緑が茂ってきたなーと感じるわけです。

 s-TG3-20170421-130640-0.jpg
 裏手の公園内林地では、エゾエンゴサクが昨年より増えています。薄い青色から紫色まで色はバラバラ。
 (と言うか、野付ウシが草刈りをした影響で増えたのでしょうか)

 s-TG3-20170421-131323-0.jpg
 今年は他の花たちも元気よく育つかもしれませんね。 夏場の雑草駆除も考えなくちゃ。


 s-TG3-20170421-132029-0.jpg
 本当に小さな花ですが、道路沿いで見つけました。

 s-TG3-20170421-131955-1.jpg
 青い花は野付ウシの好きな「ムラサキ科」の花で『ノハラムラサキ』といいます。(ワスレナグサの仲間)

 s-TG3-20170421-131941-0.jpg
 一つの花は径3mmほどしかありません。 全体に毛がびっしり映えています。

 s-TG3-20170421-132149-0.jpg
 上の(5枚目)写真で一緒に写っている小さな花は、更に小さいアブラナ科の『ミチタネツケバナ』といいます。
 花は米粒より小さなもので、茎も細くか弱いので見逃してしまうのが常ですね。


 s-TG3-20170421-132416-0.jpg
 タンポポのような葉を持つ小さな白い花も見つかりました。

 s-TG3-20170421-133154-0.jpg
 アブラナ科の『モイワナズナ』という花です。「ハタザオ」なども仲間ですね。集まった花全体の径は1.5cmほどです。

 s-TG3-20170421-133239-0.jpg
 先日のコハコベと言い、野付ウシはこのような微細な花が大好きです。


 さて、最後は「花」ではありませんが、つくしん坊です。(春の山菜でもある)

 s-TG3-20170421-133946-0.jpg
 草原の中から一気に顔を出し始めました。 正体はご存知の通り厄介な『スギナ』です。

 s-TG3-20170421-133449-0.jpg
 この茶色の下側に沢山の青っぽい胞子を抱えていて、風で胞子を散布します。
 1本のツクシから出る胞子の数は、なんと100万個以上。
 それがスギナへと育っていくわけですね。

 スギナ恐るべし!

 「取っても取ってもすぐ生える」、おまけに除草剤が効きにくい厄介者ですね。




 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


野付牛・四季彩々(いろいろ)


花・植物 トラックバック(-) | コメント(10) | [EDIT]
タイトル画像

群落&群落

2017.04.18(09:06) 822

 今朝から不穏な空模様・・・全国的に荒れ模様になっていますね。
 野付ウシ方面は、午後から雨風とも強くなりそうです。
 いつものように、アッサリ済むかもしれませんが。

 今日は過日見てきたサロマ湖方面の様子を。
 (サロマ湖の写真はありません=霧かモヤか霞んでいたので)

 先ずは湧別のミズバショウ群生地へ。

 s-K5-20170416-100816-0.jpg
 駐車場から覗くと、木道との間には期待したとおり『キバナノアマナ』と『エゾエンゴサク』が群れていました。

 s-TG3-20170416-101207-0.jpg
 ミズバショウもいいですが、コッチも魅力的ですね。


 s-TG3-20170416-101313-0.jpg
 こうして自然の中にあるから、より美しく見えてきます。
 s-TG3-20170416-101354-0.jpg


 s-K5-20170416-101408-0.jpg
 ミズバショウは?? 満開にはまだ少しかかりそうですが、それなりに開花していました。

 s-K5-20170416-102436-0.jpg
 昨年と同様に、「野暮な通せんぼ」があります。 立て札もありませんが多分「連休から通行可」でしょうね。
 既に開花しているのに通行止めにすれば、木道を降りて入り込む人が出るのは当然ですよね。
 お役所仕事とはいえ、何を考えているやら・・・と今年も思った次第です。

 300mm望遠で撮った写真を5枚ほど並べておきますね。

 s-K5-20170416-101700-0.jpg

 s-TG3-20170416-102345-0.jpg

 s-K5-20170416-101832-0.jpg

 s-TG3-20170416-102145-0.jpg

 s-TG3-20170416-102236-0.jpg


 次の目的地は...佐呂間町のサロマ湖に近い国道沿いの群落地。

 s-K5-20170416-105147-0.jpg
 自然のままですから、様々な春が同居しています。 エゾエンゴサク、キバナノアマナ、フクジュソウ、フキノトウ・・・

 s-TG3-20170416-105527-0.jpg
 道路脇の傾斜地にまとまって咲いています。

 s-K5-20170416-105601-0.jpg
 ここでは「アズマイチゲ」も群落をつくっています。 全部見られるとは、タイミングがGoodでしたね。

 アズマイチゲは今年はじめて群落をみましたので、4枚ほど並べておきます。

 s-TG3-20170416-105637-0.jpg

 s-TG3-20170416-105454-0.jpg

 s-K5-20170416-105657-0.jpg

 s-TG3-20170416-105707-1.jpg
 風が強かったので、花びらの一部がブレてます。(笑)

 北海道には手入れされていない群生地がまだ残っています。
 こんなに花があっても、見ているのは野付ウシだけ!
 ドッと人があふれる都会と違って、静まり返っていましたよ。

 人の手を入れて「綺麗に整備」すると、自然が失われていきますね。
 雑草やゴミが混じっていても、自然のままが一番です。

 存分に目の保養をして楽しんできました。



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村



野付牛・四季彩々(いろいろ)


花・植物 トラックバック(-) | コメント(12) | [EDIT]
タイトル画像

散歩道の春

2017.04.17(08:38) 821

風は邪魔でしたが、暖かさに誘われて散歩道(ウォーキングコース)を一回り。

 すっかり雪も見えなくなってきました。
 除雪で積み上げられた場所に僅かに残るだけのようです。

 s-TG3-20170415-124653-0.jpg
 裏手の公園にある池も氷が消えたので、キラキラ湖面にカモが戻ってきたようです。

 土手の枯れ葉の下から顔を出したサクラソウとクロッカスもすっかり開花しました。
 s-TG3-20170415-123634-0.jpg

 s-TG3-20170415-123217-0.jpg

 s-TG3-20170415-123104-0.jpg
 マジマジと見ると、クロッカスって綺麗だなーって思います。
 色違いも載せておきますね。

 s-TG3-20170415-132453-0.jpg

 s-TG3-20170415-132627-0.jpg



 s-TG3-20170415-131531-0.jpg
 フキノトウの雌株が遅ればせながら、一気に出てきました。 すぐに背丈が伸びるでしょうね。

 s-TG3-20170415-124114-1.jpg
 その雌株の花を超マクロで除いてみました。 フキノトウとは思えないでしょ?
 
 s-TG3-20170415-130515-0.jpg
 遊歩道に垂れ下がっていたネコヤナギです。 これは黄色の雄花が出ないので雌株かもしれませんね。

 s-TG3-20170415-131441-0.jpg
 夜はあまり見たくないオバケのような樹木=アメリカキササゲです。 ぶら下がっているのは去年の種の部分。

 s-TG3-20170415-131359-0.jpg
 マメのような鞘の中は綿毛と種がビッシリ詰まっています。 もうじき新芽がでるので全部落ちるはず。

 
 s-TG3-20170415-132404-0.jpg
 ちょっと予想外の速さで「コハコベ」に花が咲いたようです。

 s-TG3-20170415-132329-1.jpg
 本当に小さな花ですが、ハコベ類の花は大好きです。

 珍しいものを発見しました...と言うか、始めて撮影した花です。
 s-TG3-20170415-132949-0.jpg
 一瞬、タンポポかと思いきや『フキタンポポ』というキク科の花で、芽が出た時フキに見えるから?とか。

 s-TG3-20170415-133535-0.jpg
 遊歩道脇の雑草の茂る土手に「キバナノアマナ」がたくさん咲いていました。
 s-TG3-20170415-133751-0.jpg
 ビタミンカラーの黄色! 元気をもらいましょうー!!

 s-TG3-20170415-134010-0.jpg
 そして、一輪だけ見つかった「アズマイチゲ」です。ちょっと花びらが傷んでいますが。

 このウォーキングコース周辺は年間で相当な数の花に会えます。 
 しかも野生の花(もしくは野生化した花)ですから、街の中なのに最高ですね。
 
 わずか数日したら、複数の花がまた開花しているでしょうね。



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村



野付牛・四季彩々(いろいろ)


花・植物 トラックバック(-) | コメント(18) | [EDIT]
花・植物
  1. 4月最終日(04/30)
  2. 春の勢い(04/27)
  3. 春の花は出直し(04/24)
  4. 群落&群落(04/18)
  5. 散歩道の春(04/17)
次のページ
次のページ