野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

野鳥たち  

 今朝は曇り空ながら意外と冷えて -21度でした。

 流氷も接岸しているので、冷え込んでいるのでしょう。
 ただ、地域外の方が勘違いするのは、流氷の接岸している場所の方が寒い・・・と。
 今朝の網走の気温は -13度で、紋別は -15度です。
 海沿いの気温は内陸より暖かいのです。


 昨日から眞子様の結婚延期の話題がTVを独占しているようです。
 またかよ!!と、週刊誌やワイドショーにはウンザリします。
 せっかくのお祝いムードが、消沈してしまいますね。
 マスコミの報道が原因では無いと宮内庁も言ってますが、
 様々な行事の影響は当初からわかっていたことですし、ねぇ。

 誰も幸福にならない他人の裏をあばくような報道は止めてほしいものです。
 マスコミは「読者が知りたがる」と言いますが、それは詭弁に過ぎませんね。
 週刊誌、スポーツ新聞に出ると、TVが大騒ぎしますから、際限なくなりますね。
 いやぁなマスコミ業界と、それを助長させる国民性にはガッカリしますね。


 さて、そんなこととは無関係に純粋に生きる野生の動物たち・・・
 身近な野鳥の写真を少しだけ。

 北網圏北見文化センターへ行った時のこと。
 自由にくつろげる「ラウンジ」がありますが、その窓をコンコンと突く音が。

 s-K70-20180203-092537-0.jpg
 カラフルな小鳥 『シメ』 ですね。 聞けば毎日のように同じ時間帯にやってきて、窓をコンコンと突くそうです。
 s-K70-20180203-092657-0.jpg

 s-K70-20180203-093155-0.jpg
 外に出てみると、時折羽ばたきながら窓ガラスを突いています。
 s-K70-20180203-093153-0.jpg
 近くに野鳥の餌台がありますが、ソコではなく窓ガラスに来るそうです。

 「餌をねだっているのでは?」との関係者の声もあります。
 野付ウシの勝手な想像ですが、窓に映る自分の姿を仲間と思っているのでは?
 そこに来れば仲間に会える・・・そこで毎日のようにやってくるのかも、ね。
 よく似た状況は他の鳥でもあるようで、自分の敵だと思って襲いかかったりする事例もあるとか。


 s-K70-20180203-092603-0.jpg
 近くの餌台にやってきたのは 『ヤマガラ』 のようです。 あっという間に飛び去りました。

 次はありふれたスズメですが、知人宅に立ち寄った時のスマホ写真です。
 このお宅には多くの野鳥がやってきます。なかでもスズメとヒヨドリは多いとか。
 ヒヨドリ専用のリンゴも常に常備している方ですので・・・

 s-i6-20180203-141243-0.jpg
 残念ですがクッキリとは写っていません。 じっと見て何羽が見えるでしょうか?

 s-i6-20180203-141153-0.jpg
 30や40ではすみません、おそらく100羽近いのでは? まさに「鈴なり」に止まっていました。
 至近距離なのに逃げないのも不思議です。 ただ、下にあったブルーシートは鳥の糞で真っ白でしたね。
 我が家に来るスズメは非常に臆病で、チラッと姿が見えただけで逃げます。

 ここまで多くはないですが、スズメの群れた姿はけっこう見かけますね。

 最後に、昨日も登場した「アカゲラ」さんの勇姿をもう一度。
 s-Ca-20180202-132639-0.jpg
 
 野鳥にとって厳しい冬も、あと一ヶ月で寒さが緩んできます。



 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

スズメが多すぎ  

 今朝は-5度と、あまり寒くなかったですね。
 この前の -20度が続いたのは何だったの?って感じです。
 未明からの雪で10cmほど積もったようで、朝のうちに除雪しました。

 今日は仁頃山へ行ってきましたが、一般道から先が除雪前でした。
 常連さんのRV車が何台か通った跡があったので、それを辿って無事に行ってきました。

 今日の話題は・・・このところ団体で押し寄せてくるスズメたちのこと。
 先日も写真とともに掲載したばかりなのですが...ネタも不足ぎみなので、ね。

 相変わらずスズメの数が多いので、日に二度ほど餌の追加をしています。
 近くのドラッグストアで袋入りの小鳥の餌を買ってくるのですが、すぐに底をつきます。
 先日は一度の二袋買いました。 一袋400円弱だったかな?

 s-Ca-20171208-074317-0.jpg
 居間の窓のすぐそばに、松の木が二本あり、左側に少し大きめな餌台、、、右の松にはぶら下がったミニ餌台が。

 s-Ca-20171208-122356-0.jpg
 こちらが母屋的なもので、現在は中に5-6羽が入っています。(ガラス越しなので写り悪し)

 s-Ca-20171208-122402-0.jpg
 小さなスズメでも5-6羽入ったら満員御礼状態です。

 s-Ca-20171209-092538-0.jpg
 一方、こちらはブランコ餌台で横の長さは15cm足らずで、餌を入れる時に野付ウシのコブシが入りにくい状態。
 普通に考えると1-2羽で満員かと思ったのですが・・・6羽も入ってます。

 s-Ca-20171209-092517-0.jpg
 ブランコの上の方には、待機しているスズメたちが7-8羽いますね。
 実は更に上の枝の奥に、まだ隠れているスズメもいるんです。
 多分全部で20羽はくだらないはずです。

 s-Ca-20171209-092815-0.jpg
 s-Ca-20171209-092742-0.jpg
 満員状態でも外から押し入るスズメがいます、そうすると中のスズメが弾かれて外に出る・・・
 こんなことを繰り返しながら、ワイガヤ状態でお食事タイムなのです。

 この先も毎日こんな状態が続くのでしょうかね。
 微笑ましい光景で嬉しいことですが、春まで続くとしたらお財布の心配が・・・

 まぁ、特に深刻なことではないですが、見ていると楽しいですよ。

 s-i6-20171129-123604-0.jpg
 これは近くのハマナスの実ですが、これは人間でも食べられるものですから、当然小鳥たちもついばみますね。
 冬は虫などの餌はほぼ確保できませんから、残った木の実(ナナカマドなど)も食糧です。

 野付ウシの餌台に通ったおかげで、冬が越せるスズメがいたとしたら感動モノですね。
 スズメの恩返しがあるかもしれない! お茶にお菓子にお土産ツヅラ

 s-i6-20171209-154628-0.jpg
 などと思って日に何度もやってくる、スズメたちを眺めている野付ウシでした。 今日も早々と日が暮れそうです。

 また明日おいでね。



 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

リスとエビフライ 続編  

 未明からの雪で、今朝は10cmほどの積雪で真っ白でした。
 午後まで降り続くような予報ですが、どれほど降るのかなぁ・・・いよいよ除雪か。

 s-K70-20171205-075607-0.jpg
 窓からの景色ですが、けっこうな降り方です。

 s-K70-20171205-075803-0.jpg
 こちらは玄関前の状態です。 向かいの企業では早くから除雪車が稼働しています。(フラッシュ使用)


 今日の記事とは景色が一変しますが、記事は雪が降る前のものになりますね。

 先日に掲載のエゾリスさんですが、松の実を集めていると、またしても出てきました。
 エビフライがたくさん散在する林の中で、二匹が木の上で走り回っています。
 先日目撃した場所からは、大分離れている池のそばです。

 s-K70-20171203-095922-0.jpg
 こんな巨木が数本ある場所です。カラマツ、エゾマツ、ドイツトウヒなどの松が見られます。

 s-K70-20171203-095827-0.jpg

 s-K70-20171203-095814-0.jpg

 s-K70-20171203-095809-0.jpg

 s-K70-20171203-095751-0.jpg

 ずっと木の上の高い場所を見ていたら、首が痛くなってきます。(-_-;)

 なかなか降りてこないので、地面に散在する 『エビフライ』 を少し集めてみました。

 s-K70-20171203-095732-0.jpg

 s-K70-20171203-095716-0.jpg

 s-K70-20171203-100159-0.jpg
 チビエビフライから大きなものまで並べてみました。(笑)
 s-K70-20171203-100817-0.jpg
綺麗に食べたものと、食べかけのものが散らばっていました。 お皿に盛ってみたいものです。


 s-K70-20171203-094019-0.jpg
 松の木から隣の木へ飛び移り、降りてきました。

 s-K70-20171203-093945-0.jpg
 あえてブレブレの写真も載せてみます。 ホントにすばしっこいんですよね。

 s-K70-20171203-094009-0.jpg
 後ろ姿に哀愁が漂っています...なんちゃって。

 s-K70-20171203-094003-0.jpg

 s-K70-20171203-093954-0.jpg
 そばにいると嫌がられそうなので、その場を後にします。 またねぇ~


 歩きながら松ぼっくりを拾って並べました。
 s-K70-20171203-101414-0.jpg
 松の種類によって様々な形になります。 どれが美味しいのかエゾリスに訊いてみたいですね。

 戻る途中・・・妙な集団が林の中にウロウロしています。エゾリス撮影とは違うようです。
 少し前に見た時はもっとたくさんの人がいました。

 s-K70-20171203-102057-0.jpg
 ほんの数秒観察して、謎が解けました。みんなスマホを見つめています。
 これは!! 「ポケモンGO」ってやつですね。
 こんな寒い林の中で、いい年したした人もいますね、左には高校生らしき若者も。

 TVの中でしかみたことないですが、これに振り回されるのも何かなぁ...

 先日は鳥取砂丘に8万人も集まって、呼び込んだ鳥取市も慌てたとか。
 経済効果さえ上がれば、何でもありって言うような『市長の発言』もありましたけど・・・
 地元の人はどう思ったんでしょうね。


 さてさて、一気に12月らしい景色に変わりそうです。
 これが根雪になる確率は高そうです。
 
 雪降る前の写真在庫もあるんですが、どうしようかなー...


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

師走のリスと「エビフライ」?  

 昨日は空気がとても冷たかったのですが、今日は曇りがちのためかプラスの気温になるとか。
 12月ですから寒いとか冷たいとかは、当たり前の季節ですよね。

 昨日掲載のエゾリスの続編です。
 自宅に戻って冷えた体を温めようなんて思って歩いていたら、
 またしてもエゾリス出現で、結局撮影に夢中になって、、、

 s-K70-20171201-104832-0.jpg
 松の根元まわりには、ヒマワリの種が散らばっています。 餌をあげる人がいるので、それをこの辺で食べているようです。

 s-K70-20171201-104857-0.jpg
 すぐ隣の松の木の上にも、もう一匹みつけました。

 s-K70-20171201-104917-0.jpg
 今度は人が居るのをわかっていても、逃げようとはしません。 驚かさないようにかなり近くまで行きました。

 s-K70-20171201-104939-0.jpg s-K70-20171201-105034-0.jpg s-K70-20171201-105055-0.jpg s-K70-20171201-105145-0.jpg
 よく見かけるし、よく撮影しますが、今回はかなり近くから撮ることができて嬉しかったですね。(拡大可)


 s-K70-20171201-105202-0.jpg
 木に登っていたエゾリスも降りてきて、切り株の上で何やら食べています。

 s-K70-20171201-105216-0.jpg
 こちらは相変わらず木の根元でガサゴソして、また食べています。

 s-K70-20171201-105245-0.jpg
 木の根元で食べているのは、多分こぼれたヒマワリの種らしいですね。

 s-K70-20171201-105309-0.jpg
 一方、こちらのエゾリスが持っているのは「松ぼっくり」のように見えますね。
 松ぼっくりはリスも好物のようで、よく種をたべるんですよね。

 ちょうど歩いていて、その痕跡を見つけたのでアップしておきます。
 ※上のリスが食べている松ぼっくりは円いもので、下の写真のものと異なります

 s-TG3-20171201-104411-0.jpg
 これは俗に言う『エビフライ』です。 上の方は途中で食べるのを止めたものですね。

 s-TG3-20171201-104446-0.jpg
 松ぼっくりがありますが、ギザギザの固いヒダの中に種があります。 ソレを歯で向きながら食べるんですね。

 で、、、残るのが芯の部分と端に残った松かさです。。。面白いでしょ?

 林の中を歩くと、松の木のあるところにはけっこう落ちていますね。

 チョロチョロと動き回るエゾリスを見ていると、飽きませんね。

 今年は雪がまだ積もらないので、エゾリスも存分に林の中を駆け回ることができます。

 エゾリスは一旦終わりにしましょう。

 またの機会に。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

師走のリスたち  

 さすがに12月になると、真冬日が当然のようになりますね。
 今日も寒い一日になりそうです。(まだ序の口ですが)

 昨日の散歩のおりに、エゾリスたちに遭遇しました。
 それも数カ所で...時間的にみてもそれぞれ別の個体のようです。
 どれを撮っても皆同じに見えるのですが、ついつい撮影してしまいます。

 エゾリスだけで180カット...戻ってから整理して80ほど削除しました。
 100も残してどうするの?? さて、「一応残しておく」わけですけど...

 そんなエゾリスの一部だけですがランダムに掲載します。

 s-K70-20171201-101009-0.jpg
 最初は林に入ってすぐ、視界に入りました。 今は木の葉が無いので動くものは察知しやすいですね。

 s-K70-20171201-101051-0.jpg s-K70-20171201-101104-0.jpg s-K70-20171201-101204-0.jpg s-K70-20171201-101251-0.jpg
 サムネはクリックで拡大できます。


 s-K70-20171201-101347-0.jpg
 木の実? 赤いものを持っていますが、イチイ(オンコ)の実? イマイチ不明です。
 s-K70-20171201-101356-0.jpg



 s-K70-20171201-101508-0.jpg
 池の方へ向かおうと歩き始めて50mほど移動したら、こんどは二匹が木の中で動き回っています。

 s-K70-20171201-101945-0.jpg
 一匹が地面に降りて移動をします。早すぎて追えません!!

 s-K70-20171201-102129-0.jpg
 もう一匹は木の上で何か食べているようです。

 s-K70-20171201-102148-0.jpg s-K70-20171201-102200-0.jpg s-K70-20171201-102314-0.jpg s-K70-20171201-102423-0.jpg
 木の上から降りてきたエゾリスが、駆け出します。カメラで追ったのもも流れてしまってボケボケ(左端の写真)・・・
 10mほど離れた木の下で止まりました。


 s-K70-20171201-102453-0.jpg
 後ろ姿も可愛いもんですね。

 s-K70-20171201-102505-0.jpg
 切り株の上で振り返り、こちらを見ているような素振り。

 距離は10mまで離れていません。 警戒しつつも逃げる気配はないようです。

 この後、一旦離れて池の方へ向かいました。
 (昨日掲載の写真を撮りに行ったのです)

 林を抜けて別なルートで戻る途中に、違う場所でまた出会います。
 その分は次回にでも載せますね。
 (かなり近寄ることができたので)

 リスは立ち止まっても、ものを食べたりしながら僅かに動いています。
 300m望遠で撮ってますが、ピントが合っているようで微妙に被写体ブレを起こします。
 鼻か目にピントを合わせますが、チョロチョロ動くので難しいもんですね。
 しっかりピントが合っているのは、僅かに二割くらいかと...トホホ

 氷点下4度であることを忘れ、夢中になって撮っていましたが...
 手袋していたのに、手がかじかんで感覚がなくなりました。 アハハ


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top