野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

猛暑の雌阿寒岳  

 昨日は北海道でも真夏日のところが多くなったようです。
 北見32.8度、帯広34度 etc.. 6月に入ったばかりなのに、ねぇ。

 で、そんな中で「雌阿寒岳」へ登ってきました。
 昨年は阿寒湖畔側からのクラシックコースを利用しましたが、今回は最短コース。
 麓の「野中温泉」から急峻な岩場(ガレ場)の多いコースです。

 短時間コースなので、一回で掲載します。

 北見からだと登山口まで90分ほどですから、特別な早起きも不要です。^_^;

 s-K70-20180604-074328-0.jpg
 7時半頃に到着し、靴を履き替えて登山口へ向かいます。

 s-K70-20180604-074338-0.jpg
 このトイレは登山口にあるトイレとしては、とても綺麗な方だと思います。

 s-K70-20180604-074451-0.jpg
 駐車場横にある「野中温泉」です。 今はこの一軒だけ営業しています。(日帰り入浴=350円)

 s-TG3-20180604-074852-0.jpg
 登山口の手前にある排水口ですが、温泉が排出されていて真っ白です。

 s-TG3-20180604-074928-0.jpg
 「雌阿寒岳登山口」の文字が消えかかっている柱の案内。

 
 s-TG3-20180604-112823-0.jpg
 入山届けのポストと、アレコレ案内板があります。 現在地は左上ですね。
 s-TG3-20180604-112804-0.jpg

 s-TG3-20180604-074936-0.jpg
 入り口は広いアカエゾマツ林が広がり「どこ進むの?」な感じです。 (アカエゾマツ=樹齢300-350年)

 s-TG3-20180604-075455-0.jpg
 前半はアカエゾマツの木の根と岩の組み合わせとなる道になります。

 s-TG3-20180604-080155-0.jpg
 時期的に花も少なく、まともに見られたのは白い「ミツバオウレン」くらいです。
s-TG3-20180604-075917-0.jpg


 s-TG3-20180604-081001-0.jpg
 よそ見していると木の根に躓いて転倒の危険があります。時折高い段差や大きな岩もあります。

 s-TG3-20180604-081810-0.jpg
 雌阿寒岳は「活火山」なので、こういう看板が多くあります。 位置により記載内容も異なってきます。

 s-TG3-20180604-082451-0.jpg
 林の状態が変わり、ハイマツが多くなってきます。ちょっと開けた場所から見えたのは「フップシ岳」です。

 s-TG3-20180604-082651-0.jpg
 登山道脇には「イソツツジ」のツボミが膨らんでいました。あと2週間程度でしょうか。

 s-TG3-20180604-082914-0.jpg
 ちょっとした谷を横切ります。大雨になれば土砂が流れそうな場所。 少しだけ残雪がみえます。

 s-TG3-20180604-083728-0.jpg
 ハイマツの中をくぐりながら見つけたのは「メアカンフスマ」の葉です。 ようやくツボミが出たところですね。
 s-TG3-20180604-083805-0.jpg
 近くに何故か一輪だけ咲いていました。

 s-K70-20180604-083954-0.jpg
 ハイマツより岩が多くなる頃に視界も開けてきました。眼下に「オンネトー」が見えてきます。 コバルトブルーの湖です。

 s-TG3-20180604-084405-0.jpg
 見上げると、岩とハイマツはまだ続いています。 何組かを途中で追い越しましたが、皆さん息があがっていました。

 s-TG3-20180604-090959-0.jpg
 1時間20分ほど経過で七合目まできました。小休止で水分とオヤツ補給します。上半身びしょ濡れ!

 s-TG3-20180604-091009-0.jpg
 火口に近づいたことを示す看板です。

 s-TG3-20180604-091559-0.jpg
 この辺りからハイマツも終わり、岩と小石だらけの道になります。帰りが怖いんだよね。

 s-K70-20180604-090136-0.jpg
 遠くは霞んで見えません。 右下に二人の登山者が小さく見えています。

 s-TG3-20180604-091813-0.jpg
 八合目まで来ました。 岩陰で若い二人が座り込んで休憩中。 その奥には火山の観測装置が置いてありました。

 s-TG3-20180604-092522-0.jpg
 ガレ場はまだまだ続きます。 足場はどこも同じようなので、ボゥ~っとしていると登山道から外れてしまいます。

 s-TG3-20180604-093204-0.jpg
 ようやく九合目まで来ました。 火口を回り込めば山頂です。

 s-TG3-20180604-093258-0.jpg
 途中で追い越した登山者が後ろから登ってきました。

 s-TG3-20180604-093906-0.jpg
 すぐに火口が見えてきます。 下からはゴォーっという音が聞こえますが白い煙が吹き出る音のようです。

 s-TG3-20180604-093829-0.jpg
 火口の崖に沿って山頂を目指します。 画像に写っていますがツバメがたくさん飛んでいました。

 s-TG3-20180604-102232-0.jpg
 後方にオンネトーがチラッと見えています。

 s-TG3-20180604-094030-0.jpg
 ようやく山頂(1,499m)へ到着しました。 出発から2時間でした。 阿寒湖と後方に「雄阿寒岳」が見えます。

 s-K70-20180604-100458-0.jpg
 昨年は裏側から登りましたので、右手に見える旧火口尾根に沿って歩いていました。 一番高い岩場が「剣ヶ峰」です。

 s-K70-20180604-095405-0.jpg
 雄阿寒岳の麓に見える阿寒湖畔をズーム。 温泉旅館街が見えています。(その奥にある雄阿寒岳は追って登る予定)

 s-TG3-20180604-094212-0.jpg
 登山者が必ず撮影する、お約束の風景ですね。 青沼と阿寒富士の眺めです。

 s-K70-20180604-095300-0.jpg
 阿寒富士は雌阿寒岳より20mほど低い山ですが、山全体が小石で被われていて、非常に歩きにくい山です。
 三歩進んで二歩下ズリがるような道ですね。 一昨年に登りましたので、今回はパスです。

 二時間ほどで登れるコースですが、山に登った達成感を味わえる場所です。
 このままオンネトーへ抜ける道もありますが、野中温泉まで歩いて戻るのが厄介ですね。

 今回は気温が異常に高く、風が強めの山頂でも半袖でOKでした。
 びしょ濡れだった衣服は風で乾いたので、着替え無しで下山しましたよ。
 同じルートで下山し、無事に車まで戻りました。

 北見へ帰る車中の車載温度計は、ずっと34度になっていました。
 風の通らないハイマツの中は暑かったし、岩場での直射日光も暑かった!!


 時間的には普段の仁頃山の尾根ルートを歩いている感覚ですね。
 雪解け後で、仁頃山以外の山では雌阿寒岳が最初になったわけです。

 次は、どこにしようかな?


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

海別岳 余談  

 今日は全国的に気温も上がるとか・・・
 野付ウシのち方も日中は7度の予報で、ポカポカ陽気になりそう。
 週明けには更に上昇し、15度を超えてきそうです。

 さて、春山登山でそれなりに疲れましたが、昨日は仁頃山へ登ってきました。
 少しずつ春も進んでいましたが、追って報告させていただきますね。

 今日は、先日登った 『海別岳(うなべつだけ)』 の余談を少し・・・
 
 海別岳は知床半島の付け根に位置する山です。
 標高は1419.3m。山体は3町にまたがります。(斜里町、羅臼町、標津町)
 正式な登山道も無く、積雪期(春山)の登山が一般的です。
 山頂手前は急斜面ですが、それ以外はなだらかな斜面なので、スキー登山が向いていますね。
 独立峰で風が強く厳しい冬の気象条件は、本州の2-3,000m程の山に匹敵します。 
 火山噴火などの歴史は残っておらず、その危険性はありませんが、ヒグマの庭ですね。

 美幌から斜里へ抜けるR334、網走から斜里へのR244には15-16kmの直線道路があります。
 この何れからも、真正面に見えるのは『海別岳』です。
 右手方向には「斜里岳」が見えますね。

 s-K70-20180321-134924-0.jpg
 こんな感じに見えます。 積雪期が一番綺麗な山かもしれません。
 
 海別岳への林道の入り口となる有名な場所があります。
 通称『天へ続く道』と言われる場所です。

 s-TG3-20180321-132440-0.jpg
 ココがスタート(終点)となるT字路です。 (3月中旬までこの奥の海別岳近くの林道は除雪していません)

 s-TG3-20180321-132447-0.jpg
 ウトロへ向かう海の方を見ると『海へ続く道』となりますね。

 s-TG3-20180321-132457-0.jpg
 これが『天へ続く道』の「天側」から見た光景です。 R334に続き20kmほど直線です。
 反対側から見れば、徐々に天へ登って行く道になるわけですね。

 s-TG3-20180321-132647-0.jpg
 T字路から少し下がったところに、展望台があります。(現在は駐車場も雪)


 そこから見たオホーツク海の状況です。
 s-Ca-20180321-061523-0.jpg
 カラ松の防風林で囲まれた畑があり、その先はオホーツク海。 まだ流氷の残りが見えていました。
 s-Ca-20180321-061341-0.jpg


 s-K70-20180321-130948-0.jpg
 そして、海別岳も見えているわけですね。


 知床で正式な登山道が無く、春山登山向きな山は、もう一つあります。
 海別岳から羅臼岳を見た時に、重なって見づらいのですが『遠音別岳(1,330m)』です。
 読み方は「おんねべつだけ」です。 登山道が無いのでメジャーではありませんが・・・

 以上、登山口周辺での情報でした。



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

海別岳 リベンジ! 続編  

 海別岳の続編です。
 一日開けた昨日...思ったより疲れていたことを認識。
 ハイマツを乗り越えて長時間歩いたりしたこともあってか、階段を登ったら筋肉が痛かった。
 久々の長時間歩行だったし、さもありなん!

 山頂手前で前編が止まったので、そこから最後まで一気に進めます。
 少々長くなりますが、よろしければお付き合いのほどを。


 s-TG3-20180321-091904-0.jpg
  天気も良く、現段階では無風状態に近い感じです。 樹氷も崩れずに残っていました。

 s-TG3-20180321-091910-0.jpg
 高度を上げるに従って、その樹氷も分厚くなってきました。 斜里岳きれいだな~。。。

 s-TG3-20180321-092653-0.jpg
 上を見れば、ボコボコ雪原も延々と続いています。 少しずつでも歩を進めますが、息が上がりそう!

 s-TG3-20180321-095033-0.jpg
 足を停めて振り返れば・・・オホーツクの流氷がきれいだなぁ~・・・

 s-TG3-20180321-095038-0.jpg
 ニセピーク手前の出っ張りまで、あと少しです。 昨年はこの附近で撤退を決断しました。
 今回は風はほぼ問題なし、しかしながら雪の面は一部を除きガリガリでシューの歯が立たなくなっています。

 s-TG3-20180321-100534-0.jpg
 下からスノーシューの二人が登ってきます。 急な坂道と距離感がわかります。


 s-TG3-20180321-100544-0.jpg
 出っ張りの上で、野付ウシも広島のオジサンも、スノーシューをデポしてアイゼンに取り替えます。
(写真は出っ張りにたどり着く前のオジサンです。)

 s-TG3-20180321-102727-0.jpg
 早めにアイゼンを装着したオジサンが先行します。 ニセピークへの最後の坂道です。
 ようやくオジサンがニセピークへ到着の様子。 この直前から風が強まりフードを被ります。

 s-TG3-20180321-102952-0.jpg
 ついにニセピークへ到着! 感動の風景を撮っていたら、オジサンは山頂へ向かって移動中でした。
 風は強さよりも冷たさが際立っていました。 寒さに強い野付ウシでも驚くほどで、剥き出しの頬が千切れそう!
 
 s-TG3-20180321-102958-0.jpg
 とりあえず、知床半島の方角をパチリ! 手前に遠音別岳、その後ろに羅臼岳が大きく見えています。
 硫黄山や知床岳は後方に重なっています。

 s-TG3-20180321-103451-0.jpg
 山頂への稜線は両側が切り立つ傾斜で、表面はガチガチの雪です。 風が強くて硬い雪を削り取っています。

 s-TG3-20180321-103509-0.jpg
 知床半島の南側です。 海の向こうは「国後島」ですが、この距離でロシアの支配下です・・・

 s-TG3-20180321-104346-0.jpg
 南西方向は武佐岳(昨年5/30登頂)~西別岳に至る標津の山並みで、1,000m超の山がいくつかあります。

 s-TG3-20180321-104320-0.jpg
 改めて後ろを振り返ります。この景色が見たかった!


 s-TG3-20180321-104354-0.jpg
 稜線を渡り、本ピーク(1,413m)へ到着です! ニセピークから先程見えた二人が渡ってきます。

 s-TG3-20180321-104609-0.jpg
 ハイチーズ! 身代わりのザックで証拠写真。 ここには山頂の標識もありません。(登山道も無いので)
 手作りの「山頂表示」を持参して記念撮影する人もいますね。
 アンパンかじって、水を少し補給・・・風が冷たくて長居はできませんので、下山開始!


 s-TG3-20180321-105921-0.jpg
 入れ替わりに先程の二人が山頂に経っています。

 s-TG3-20180321-105938-0.jpg
 ニセピークに戻ってきました。 裏側は切り立った崖のような斜面です。落ちたら怖そう!!

 s-TG3-20180321-105933-0.jpg
 急斜面の下には豊な畑作地帯とオホーツクの海。

 s-TG3-20180321-110729-0.jpg
 これから下るガチガチの雪道は相当な緊張を強いられそうです。 一応アイゼンは刺さりますけど・・・

 s-TG3-20180321-110930-0.jpg
 下り斜面は慎重に足を運びます。 膝から太ももがプルプルきますね。

 s-TG3-20180321-113106-0.jpg
 急斜面を降り、スノーシューを回収します。雪と氷の芸術品を見る余裕が出てきました。
 s-TG3-20180321-113617-0.jpg

 ガリガリが無くなった場所で、スノーシューに履き替えます。

 s-TG3-20180321-113612-0.jpg
 足を停めて、冬(春)山の景色を堪能。

 s-TG3-20180321-115330-0.jpg
 今日は野付ウシと広島のオジサンが最初にハイマツ群に踏み込みました。
 既に跡から来た10名ほどが踏み跡を広げています。ハイマツの上はスキーが無難かもね。

 s-TG3-20180321-115857-0.jpg
 ハイマツ群が終わる手前まで下山、ここから森林地帯へ戻ります。

 s-TG3-20180321-122913-0.jpg
 緩やかな下りを淡々と進みます。 途中からショートカットのスキーの跡をたどりました。
 一応、途中経過をGPSマップで確認しながら・・・

 s-TG3-20180321-125134-0.jpg
 無事に林道へ降りました。

 s-TG3-20180321-125629-0.jpg
 スタート直後に通ったカラ松の間を抜けます。

 s-TG3-20180321-125951-0.jpg
 入り口の鹿柵まで戻ってきました。

 s-TG3-20180321-130426-0.jpg
 振り返れば、いまだ青空の海別岳!

 s-K70-20180321-131007-0.jpg
 山頂辺りをズームアップ、下にはハイマツ群、手前にニセピークです。
 (ニセピークとは山頂に見えるも、本物の山頂はその後ろで見えない時に使う言葉です)

 今回は無事に山頂まで行け、無事に登山口へ戻れました。 13:10ですから、所要6時間半でした。

 一息入れて北見に向かいます。
 s-Ca-20180321-132841-0.jpg
 改めて全容を見ます。 右手はハイマツ群に近い「小海別岳」です。

 s-K70-20180321-134914-0.jpg
 向かう左側の斜里岳にもサヨナラ。

 s-K70-20180321-134904-0.jpg
 右後方には知床連山がよく映えます。


 s-Ca-20180321-135516-0.jpg
 最後にドアミラーに映る海別岳にサヨナラ! またね~(来ないかもしれないけど)

 写真はコンデジ撮影です(荷物軽くするため)。
 一部に逆光フレア等が発生してますが、意図的に修正していません。
 撮影枚数=iphoneを含め193枚でした。 (内、62枚をブログに使用)

 以上、リベンジ 『海別岳登山』 でした。
最後までお付き合いありがとうございます。


 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

海別岳 リベンジ!  

 外では選挙カーが走り回っています。
 北見市議選も投票まであと3日、熱が入ってきたようです。
 昨日は「カー娘」の報告会や凱旋パレードが行われ、街も久々の人出となりました。
 全国版のニュースやワイドショーでも随分話題になっていましたね。

 そんな日に、野付ウシは早朝から山へ向かっていました。
 絶好のお天気と確信し、昨年のリベンジを果たすべく海別岳へのトライです。
 (2017.4.12~4.13掲載=途中撤退記事)

 ※いつものことながら、野付ウシの記事は写真多く長くなるので二日に分けます。m(_ _)m

 
 s-Ca-20180321-053208-0.jpg
 自宅を04:40に出発、05:30頃には日が昇ってきました。

 s-Ca-20180321-060549-0.jpg
 空は晴れていますが、斜里岳の山頂には雲があります。

 先週には林道の除雪が行われていますので、登山道近くまで車でいけます。
 06:25頃到着、既に1台(2名)準備中、すぐにもう1台(1名)来ました。
 合計4名が同時にスタートです。2名ペアはスキー、野付ウシともう1人のオジサンはスノーシューです。
 
 s-Ca-20180321-061436-0.jpg
 出掛ける時の『海別岳』は傘雲が掛かって、山頂は見えていません。

 s-TG3-20180321-130041-0.jpg
 畑の縁を歩き、鹿よけのゲートから入ります。 真っ直ぐ進む道は無視して、左へ折れて林へ。

 s-TG3-20180321-070118-0.jpg
 スキーの人は何度か来ているようで、トレースが消えた林内へ迷わず進みます。野付ウシとオジサンも続きます。

 s-TG3-20180321-072504-0.jpg
 前日に雪が降ったようで、トレースは一部に薄っすらと残る程度。 スキーの二人は林を突っ切って見えなくなりました。

 s-TG3-20180321-075414-0.jpg
 野付ウシは通常ルートを進みます。 スノーモビルの深い走行跡がしっかり残っていますので、迷い無し!

 s-TG3-20180321-075503-0.jpg
 カラ松や混合林の緩い上り坂を延々と歩きます。 後半は針葉樹がメインです。

 s-TG3-20180321-075619-0.jpg
 林の隙間から目的の山が見えました。 山頂の雲は虹色になっています。(編集で色付けしたわけではなく)

 s-TG3-20180321-080908-0.jpg
 松林のスノーモビル跡を進みます。

 s-TG3-20180321-081237-0.jpg
 樹齢を重ねた大きな木が多くなってきます。

 s-TG3-20180321-082703-0.jpg
 松林が切れ、低木になったところ。 見覚えのある場所で森林限界の境目です。 ここまで1時間40分歩きました。


 s-TG3-20180321-083514-0.jpg
 右手前方に「小海別岳」、その左後ろに「斜里岳」が見えます。

 s-TG3-20180321-082747-0.jpg
 更に右にはカーブを描いた網走からのオホーツク海の海岸線、畑作地帯が見えます。

 s-TG3-20180321-083454-0.jpg
 更に右手(後方)には、知床半島の海岸線と消えつつある流氷の帯が見えました。
 この辺の様子は昨年4月11日とあまり変化はありません。

 s-TG3-20180321-083525-0.jpg
 変化があったのはこの上側の様子。 去年より3週間早いのに、ハイマツが露出しています。
 少なめの雪だったところに、異常に気温が上がり雨まで降ったからでしょう。 歩きずらそう・・・

 s-TG3-20180321-083911-0.jpg
 ちょうど二時間経過...あるき続けてお腹が空いたので、ランチパックを。 この辺までは余裕もあったのです。

 s-TG3-20180321-084732-0.jpg
 山体をほぼ現した斜里岳を眺めながら、ほんの少しの休憩。。。


 s-TG3-20180321-085000-0.jpg
 食べている間に、遅れていたオジサンが追い抜いていきます。 少し上に見える赤いザック。

 s-TG3-20180321-085003-0.jpg
 このハイマツのオバケは厄介で、下が空洞になっているところが多いんです。 ズボッと踏み抜きあり!!

 s-TG3-20180321-085129-0.jpg
 そのハイマツは雪と氷でガリガリ状態です。

 s-TG3-20180321-085012-0.jpg
 高度をあげると、左側の海がすっかり見えるようになります。

 s-TG3-20180321-085349-0.jpg
 ボコボコのハイマツ群を、少しでも避けるようにジグを切って進みますが、大きくペースダウン。(-_-;)

 s-TG3-20180321-090020-0.jpg
 これが、まだ延々と続くと思えば、ウンザリしました。 

 s-TG3-20180321-090433-0.jpg
 綺麗な樹氷や、小さめの『モンスター』も散在します。

 s-TG3-20180321-090028-0.jpg
 斜里岳の全体が見えるようになりました。 (斜里岳=1,547m、海別岳=1,419m)
 標高は大したことないのですが、海岸近くからの登山ですから、標高差があります。
 
 それと、冬山では本州の3千メートルに匹敵する厳しい環境です。
 そこを登るのは厳しいのは当然ですね。(一昨年でしたか、大学生が亡くなっています)

 ちなみに、この山は登山道がありませんので、夏は相当の猛者以外、ほぼ不可能です。
 ヒグマもたくさん散歩する場所ですから、ね。

 昨年撤退した辺りまで来ました。 ハイマツ群のおかげで相当足にもきています。

 この先は、写真整理中につき、次回へ・・・

 あ、先に言っておきますが、今回はしっかりリベンジしてきましたよ。^_^;



 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

藻琴山2018冬  

 -20度以下の朝が5日続きましたが・・・今日は予想外の曇り空で -13度で済みました。

 2月の3-4日(土日)は北見市の冬祭りがありますが、この日も曇ってくる予報なので
 -20度以下は少しお休みとなりそうです。

 1月31日、藻琴山へ行ってきましたので、その様子を。
 ※藻琴山(もことやま)=阿寒摩周国立公園の屈斜路湖脇にある標高1.000メートルの山。
   登山道や散策路も整備され、子供連れでも気軽に登れる山です。
   七合目の「ハイランド小清水」からだと60-80分程で登れます。(夏の場合)


 真冬の登山はこの冬で3年連続です。
 お天気の崩れが無いのを確かめて、1月最後の山歩きとしました。

 -24.7度まで気温が下がった朝、06:35頃に家を出ました。
 
 s-Ca-20180131-064355-0.jpg
 途中の朝焼けの様子です。
 s-Ca-20180131-065327-0.jpg

 s-Ca-20180131-065934-0.jpg
 美幌町入り口にある「日本甜菜製糖工場」の朝の様子です。

 自宅から藻琴山登山口までは、車で60-70分で手頃な距離です。
 到着後、卵サンドを食べて準備。他に車はありません。
 道道102号線のハイランド入口を広めに除雪してあり、そこに5-6台、路肩に10台ほど駐車できます。
 (ハイランド小清水は冬期間休業で除雪も無し)

 
 s-TG3-20180131-080458-0.jpg
 スノーシューを履いて 08:00 スタートします。車は他に無し!
 
 s-TG3-20180131-081426-0.jpg
 少し登った場所に「ハイランド小清水」がありますが、冬季閉鎖中です。 手前の空間は夏場の駐車場。

 s-K70-20180131-081449-0.jpg
 すぐ横に登山口の看板もあります。

 s-TG3-20180131-081957-0.jpg
 これから登る坂ですが、今年は雪が少なめ? ハイマツがたくさん顔をだしています。 樹氷は壊れてあまり残っていません。

 s-K70-20180131-082030-0.jpg
 トレースは途中で見えなくなっていました。 少し登ると左に屈斜路湖が見えてきました。

 s-K70-20180131-082037-0.jpg
 朝日に当たって水蒸気が出ているのでしょうか?気嵐のようなものが見えます。

 s-TG3-20180131-084256-0.jpg
 風が強すぎるのか、かなり剥げ落ちていますが、樹氷が残っていました。
 この山は低いながら高い木がなく、普通の高山の森林限界の上の状態に似てます。
 多方面から吹き上がる風も強く、樹氷も剥げ落ちたりします。

 
 s-TG3-20180131-084515-0.jpg
 遊歩道の案内看板があります。 両サイドに登山道、真ん中を遊歩道が結んでいます。(遊歩道は夏のみ)

 s-TG3-20180131-084625-0.jpg
 風が強く氷となったエビの尻尾が残っています。

 s-TG3-20180131-084644-0.jpg
 キラキラした雪の先は崖となって切れ込んでいます。


 s-K70-20180131-083752-0.jpg
 少し高度が上がってきたので、オホーツク海の方を見ると、沖合に広く流氷の帯が見えています。

 s-K70-20180131-085031-0.jpg
 屈斜路湖のずっと先には雄阿寒岳(1m370m)が見えます。 

 s-TG3-20180131-085437-0.jpg
 尾根右側に例年は道ができますが、今回は左の崖の方にありました。
 今回は弱い風もあったので、風よけ(雨具)を羽織っていましたが、汗は無し!!
 異様に冷たい風が湖側から吹き上がってきます。 頬が凍傷になるのでは?と思ったほど。

 s-K70-20180131-085630-0.jpg
ゆっくりのペースで小一時間、左側に山頂が見えてきます。 右手にスキーの滑降跡がたくさん...面白そう!

 s-K70-20180131-085711-0.jpg
 阿寒の夫婦山が見えました。 左が先程の雄阿寒岳、その右手後方の白い山が雌阿寒岳(1,476m)です。

 
 s-K70-20180131-090655-0.jpg
 立ち止まって後ろを振り返ると、知床連山が見えています。 手前が斜里岳(1,547m)、左奥にオホーツク海。

 s-TG3-20180131-090659-0.jpg
 山頂が奥に、手前左下には「ゴジラ岩」が見えます。

 s-TG3-20180131-091256-0.jpg
 ゴジラの背中のゴツゴツに似た感じですね。

 s-TG3-20180131-091440-0.jpg
 正式名は「屏風岩」と言いますが、通称の方がわかりやすいです。 右上の狭いところを超えると・・・

 s-TG3-20180131-091935-0.jpg
 山頂までは僅かです。 

 s-TG3-20180131-092631-0.jpg
 折れ曲がったダケカンバに着いた雪は既に氷に変わっていました。

 s-TG3-20180131-092650-0.jpg
 手前の山を一旦下ると、山頂がある狭いトンガリ傾斜を登ります。

 s-TG3-20180131-092912-0.jpg
 山頂到着です。 今回はゆっくりペースでしたのでスタートから90分掛かりました。 
 非常に狭い場所で、4-5人いたら満員状態になるほどです。
 風も冷たく、のんびり飲み食いしていられず、下山することに。

 s-TG3-20180131-093523-0.jpg
 下山時の屈斜路湖の眺めですが、晴れの予報はどうなった??

 s-TG3-20180131-100025-0.jpg
 同じ道を淡々と下ります。 眼下にハイランド小清水の建物、その奥にチューブ状のシェルター(吹雪避け)です。

 s-TG3-20180131-100037-0.jpg
 知床連山はずっと見えていますが、少しモヤがかかったようになっています。

 s-TG3-20180131-101402-0.jpg
 ハイランド小清水の駐車場にある説明の石版です。 右側の湖は屈斜路湖です。

 s-TG3-20180131-102015-0.jpg
 車が見えてきました。 ポツンと野付ウシの車のみ・・・つまり朝から野付ウシだけだった、ということですね。
 10:30、車に戻って帰り支度+オヤツを食べているところへ、ワゴン車が一台やってきて登山の準備を。


 s-K70-20180131-103812-0.jpg
 少し下った場所で、再度屈斜路湖を眺めて一枚! 湖岸が写り込んでいますが、水ではなく湖面が凍って鏡になってます。

 お天気は薄曇りですが、前回と同様、摩周湖と屈斜路湖畔に寄ってきました。
 その時の様子は次回に掲載予定です。

 少々長くなりましたが、おつきあいありがとうございました。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top