野付牛・四季彩々(いろいろ)

風景・花などの写真とともに、野付牛(北見の旧地名)を中心としたオホーツク圏の四季の移ろいを発信します。

僅かな降雪の後  

 昨日の雪は昼頃にはすっかり収まり、青空も見えてきました。
 こんなところが、北海道の西側や本州の日本海側と異なる点です。
 サッと降って、サッと晴れる!! 
 (春5-6月の低音時期はそうもいきませんが)

 一昨日のカラマツ霧氷が好評だったようで、気を良くしたので追加でUPしておきます(笑)。

 s-TG3-20180216-085222-0.jpg

 s-TG3-20180216-085155-0.jpg

 さて、次はいつ見られるのでしょうか。。。

 以下は前回の仁頃山登山時のものです。 
 (今日もこれから山へ向かいます=雪で荒れた後ですが1日空いたので)


 s-TG3-20180216-085347-0.jpg
 自宅と仁頃山の中間ほどの場所です。 この辺はさすがに車の通行は少なめですね。

 林道手前に車を置いて、徒歩にて登山口へ向かいます。

 s-TG3-20180216-091603-0.jpg
 前日に薄っすらと降った粉雪が、何も無かったかのように雪原をまっ更にしてくれました。

 s-TG3-20180216-091649-0.jpg
 登山口には車が八台ほど。 ちょっと林道がハマりそうなので野付ウシは乗り入れていません。

 新雪は僅かなので、スノーブーツにスパイクのみで登りました。

 s-TG3-20180216-100752-0.jpg
 七合目上にある積雪の記録箇所。 今年がまだまだ少ないのがわかりますね。
 過去最高は2015年だったようですが、あまり記憶にありません。
  ※あくまでも、この場所での比較で公式の積雪量ではありません。


 s-TG3-20180216-100758-0.jpg
 七合目過ぎの尾根はいつも吹き溜まりができます。


 s-TG3-20180216-101733-0.jpg
 新雪の上に「ユキウサギ」の足跡と、木の皮を食べられた低木が見えます。 左側のポツポツはウサギの糞ですね。

 s-TG3-20180216-101352-0.jpg
 これを見るたび毎回思うのは「食べるものが無く可哀想に...何とか春まで生き抜いてくれよ!」ということ。


 s-TG3-20180216-102633-0.jpg
 山頂の坂です。 吹きさらしなのですぐに足跡も消えてしまいます。

 s-TG3-20180216-102723-0.jpg
 気温は -8度。 風も弱いのでこんなものでしょうね。

 遠くの山の見通しはまったく効かず。 

 s-Ca-20180212-100846-0.jpg
 麓まではよく見えています。とおくに白い煙が見えていますが、樹上からの雪が風で舞っているものです。

 s-Ca-20180212-100902-0.jpg
 山頂左手のところには、大きな吹き溜まりがあり、表面は風による風紋が刻々と姿を変えています。

 その吹き溜まりの下には・・・大きなカマクラがあります。

 s-TG3-20180216-102830-0.jpg
 かがまないと中には入れません。 中は4-5人が座れる広さ。 
 s-TG3-20180216-102813-0.jpg
 最初は無かった「神棚もどき」が出来ていました。(中央奥の松の枝)
 天気が落ち着いたら、常連さんがコーヒー沸かしたり、豚汁を振る舞ったりするかもね。 
 去年は焼肉ご馳走になりました!

 

 ※仁頃山の紹介及び山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

穏やかな山を歩く  

 今日は晴れたり曇ったりの空模様になりそう。
 この後、愛用のPCを日帰り入院させます。
 写真を多く扱うこともあって、3年半前に入手したPCも少し動きが緩慢です。
 JPGで撮っても今時は1枚5MB前後、RAWだと数十MBにもなりますね。
 夏場は月に3-4千枚にもなるので、一挙に整理しだすとマシンが重くなります。
 
 読み出しを早くするためにHDDをSSDに交換しましたが、そこは自分でやりました。
 立ち上げやアプリの呼び出しは爆速ですが、写真や動画を扱うと重いですね。
 そこで、今度は心臓部のCPUをアップグレードしようと思いました。
 Core i3だったものを、Core i7に引き上げます。(メモリは8GBのまま)
 (ただし、マシンに合う旧タイプです)

 ちょうど有料の中古部品が入荷したようなので、それと交換します。
 多分、マシンにも余裕が出るはずで、あと数年使えるかと・・・
 何事もなければ、今日の夜には戻ってきます。
 もし遅れたら・・・リコメ&訪問ができないかもしれませんので、あしからず。


 最低気温 -20度になった昨日も、仁頃山をうろついてきました。
 出かける時には少し気温も上がっていましたが、それでも寒いですね。
 
 s-TG3-20180214-080806-0.jpg s-TG3-20180214-080741-0.jpg s-TG3-20180214-080719-0.jpg s-TG3-20180214-080702-0.jpg
 久々に、車庫の窓に着いた霜の模様を撮ってみました。(拡大可) これが見られるのもあと一ヶ月くらいかな?

 昨日は天気の崩れもなく、穏やかな登山ができました。
 ただ、前日から少し風があったようで、吹き溜まりと雪風紋がアチコチにできていました。

 s-TG3-20180214-093958-0.jpg
 s-TG3-20180214-094035-0.jpg
 s-TG3-20180214-094510-0.jpg
 s-TG3-20180214-095159-0.jpg
 この風紋は、同じ場所でも二度と同じ模様はできません。風があれば見る間に変わっていきます。

 s-TG3-20180214-095613-0.jpg
 時折落ちている「ドライフラワーもどき」のノリウツギの花が残っていました。

 s-TG3-20180214-101055-0.jpg
 太陽が出たり隠れたり・・・青空が見えているだけで気分もいいです。

 s-TG3-20180214-101233-0.jpg
 このダケカンバ群の上が山頂になります。

 s-TG3-20180214-101532-0.jpg
 サロマ湖方面を撮ったものです。ズーム4倍しかないので遠いかな? 流氷はサロマ湖沖では少し離れていますね。
 網走の東側&斜里から知床方面はまだ接岸状態のようです。風ですぐ動いたりしますので・・・

 s-TG3-20180214-101659-0.jpg
 阿寒の山は少し霞んでいます。 知床連山も目視では全部見えましたが、写真だとはっきりしないでしょう。

 オヤツと水を補給して、20分ほどですぐに降りてきました。

 s-TG3-20180214-103400-0.jpg
 s-TG3-20180214-103411-0.jpg
 s-TG3-20180214-103511-0.jpg
 相変わらずですが、雪の風紋と樹木の影・・・こんなものしか撮るものも無いですね。

 次回は雪ではなく、樹木の方に目を向けてみますね。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

晴れ&強風の山  

 久々にブログ更新お休みしました。
 まぁ、元々ネタ切れ続発する季節ですけどね..色々やることもありまして。
 連休となりましたが、皆さんはゆっくりと休養できましたでしょうか?

 インフルエンザが猛威を振るい、寒波の再来もあって散々な連休かも。
 スポーツ好きな方は平昌五輪の中継で楽しめたかもしれませんね。^_^;

 さて、昨日は青空がのぞくお天気でしたので、仁頃山へ行ってきました。
 2月はまだ登山回数も少なく、この登山でまだ4回目です。
 お天気やタイミングもありますので、気にはしませんけど。

 この時期としてはあまり寒くない -15度の最低気温でした。
 ただ日中はあまり気温が上がらず、最高気温は -7.5度ほど。
 弱いながらも風がとても冷たく感じた日でした。


 s-TG3-20180212-085307-0.jpg
 08:35頃に駐車場からスタート、東新道を淡々と進みます。 昨日降った雪で非常に歩きにくい雪道です。
 管理車道と合流する地点で、すでに足の付根あたりが疲れてしまいました。

 s-TG3-20180212-094525-0.jpg
 五合目を過ぎたあたりから、西寄りの風が強くなってきました。 細かい粒子状の雪が吹き付けます。

 s-TG3-20180212-094539-0.jpg
 場所によっては背丈ほどの吹き溜まりができていて、数分前に歩いた足跡も消されています。
 s-TG3-20180212-094636-0.jpg


 s-TG3-20180212-094649-0.jpg
 雪の壁沿いを歩いていきますが、時々吹き溜まりで途切れます。

 s-TG3-20180212-094654-0.jpg
 風が冷たく頬が凍りそうなので、手袋で抑えながら進みました。トレースは消えています。

 s-TG3-20180212-095951-0.jpg
 ふっと風が止まる時はとても綺麗な青空も見えます。 九合目の看板です。

 s-TG3-20180212-100036-0.jpg
 進行左側のダケカンバ群は野付ウシのお気に入り。

 s-TG3-20180212-100640-0.jpg
 時折強い風があり、ゴォ~っと山鳴りも聞こえてきます。

 s-TG3-20180212-100756-0.jpg
 温度計は -13度を指しています。 風があるので体感気温も低めです。
 山頂からはサロマ湖方面の流氷も見えていました。しっかり接岸しているようです。

 刺さるような冷たい風なので、休憩なしでカッパを羽織ってすぐに下山します。


 s-TG3-20180212-102447-0.jpg
 七合目上は風も強く、すれ違ったばかりの登山者の足跡が、もう消えていました。

 s-TG3-20180212-102541-0.jpg
 冬山の怖いところですね。トレースはすぐに消え、道にまよったりします。冷たい風は体力を奪います。
 (仁頃山は目をつぶっても歩けるくらいなので、トレース無しでも野付ウシは大丈夫ですよ)


 s-TG3-20180212-102718-0.jpg
 s-TG3-20180212-102806-0.jpg
 s-TG3-20180212-102829-0.jpg
 顔に刺さるような冷たい風邪を受けながらも、淡々と道を下りました。 (本物の暴風雪はこんなチャチではありませんよ)
 

 風の弱い麓の方に近づくと、いつもの静けさが戻ってきました。

 s-TG3-20180212-104724-0.jpg
 いつみても気持ちが和むドライフラワーですね。 いつも周りを探しますが残った花は見当たりません。風で飛んでくるんですね。

 s-TG3-20180208-091540-0.jpg
 青空にカラマツがよく映えています。 木の枝に丸い雪の塊がチョンチョンと載っています。

 s-TG3-20180212-105607-0.jpg
 s-TG3-20180212-110054-0.jpg
 s-TG3-20180212-105709-0.jpg
 s-TG3-20180212-105720-0.jpg
 突いてみましたが、けっこう固くなっていて簡単には落ちそうもありません。



 s-TG3-20180212-110012-0.jpg
 興味深いものがあります。カラマツの枝がなくなって下にツルが絡まっていますが・・・何故でしょう???
 つい先日までは枝もついていました。

 s-TG3-20180212-110004-0.jpg
 野付ウシが出した結論は・・・枝とツルが絡まって密度の濃いところに雪が降り積もって行った...
 増えた雪の重みに耐えきれず枝が折れ、はずみで次々と下に落ちながら下層の枝も折ってしまった。
 下まで落ちたところでツルが団子状にまとまってしまった。
 カラマツの幹、枝は意外ともろく折れやすい性質もあります。

 めったに起きませんが、珍しい現象が起きたようです。
 カラマツ可哀想!! これで枯れてしまう可能性も大ですね。

 稀にこんなものに出くわしたりするのも、山の面白さです。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

ラッセル登山  

 今朝も晴れの天気で冷えました。
 又しても -20度を下回ったようです。 あと少しの辛抱かな?

 今朝から仁頃山を往復して、ちょっと海の様子を見てきましたので、15時帰宅でした。
 雪道を歩くのはドッと疲れますね。

 記事は今日のものではなく、二日間降った直後(2/6)の登山の様子から。
 毎回同じような記事ですが、同じ山なので、ね。
 
 s-TG3-20180206-090940-0.jpg
 林道は雪が深くなり通行不可となりました。 手前に車を置いて5-600mほど歩きます。
 大きなRV車でも、さすがに無理だったようで、引き換えした跡がありました。

 s-TG3-20180206-092037-0.jpg
 s-TG3-20180206-092046-0.jpg
 s-TG3-20180206-092105-0.jpg
 看板も、フクロウ雪像もすっかり雪をかぶってしまいました。風の無い降雪でしたので山になっています。

 s-TG3-20180206-092134-0.jpg
 スノーシュー1名、ツボ足2名の先行者あり。 野付ウシはスノーシューです。

 s-TG3-20180206-092230-0.jpg
 よく崩れないものですね。 降った文だけ積み上がっています。

 s-TG3-20180206-092416-0.jpg
 これはダイヤモンドダストのサンピラー・・・もどきです。 (雰囲気がにているので撮りました)

 s-TG3-20180206-093048-0.jpg
 真っ更な粉雪は気持ちいいですよ!

 s-TG3-20180206-094244-0.jpg
 朝日で煌めく雪が眩しかったです。

 s-TG3-20180206-100045-0.jpg
 三合目の雪ダルマさんも、すっかり隠れてしまいました。

 s-TG3-20180206-101233-0.jpg
 上空は少し風があるようで、青空が出たり消えたり忙しく動いていました。

 s-TG3-20180206-102032-0.jpg
 五合目上の休憩場所・他ルートの分岐点です。まだ誰も踏み込んでいません。
 ここから上が積雪も多いことから、ツボ足の二人は引き返しました。
 野付ウシの前にはスノーシューの足跡一人のみです。

 s-TG3-20180206-103847-0.jpg
 小枝に着いた雪ですが、一瞬「ネコヤナギ」かと思いました。

 s-TG3-20180206-104803-0.jpg
 同じ粉雪でも下層は密度の濃い細雪、上層はフワフワ粉雪です。 ズズッと後退して非常に歩きにくい雪です。

 s-TG3-20180206-104856-0.jpg
 s-TG3-20180206-104919-0.jpg
 s-TG3-20180206-105112-0.jpg
 七合目あたりから樹氷が見えてきました。


 s-TG3-20180206-105355-0.jpg
 s-TG3-20180206-105741-0.jpg
 s-TG3-20180206-105812-0.jpg
 ここは九合目の様子です。九合目の看板は地面から170cmほどありますが、埋まりそう。
 

 s-TG3-20180206-105918-0.jpg
 反対側は傾斜になっていて、ダケカンバが密集している場所です。


 s-TG3-20180206-110207-0.jpg
 もうすぐ山頂です。松に着いた雪がバリバリに凍っています。
 s-TG3-20180206-110451-0.jpg


 s-TG3-20180206-110915-0.jpg
 降雪後二番手の山頂到着になりました。 深めの雪をスノーシューで漕いで登ったので、ドッと疲れました。
 いつもの倍ほど時間も要しました。

 s-TG3-20180206-110952-0.jpg
 温度計も見えませんが、 -6度を指していました。 気温の割にピリピリした寒さを感じます。

 s-TG3-20180206-111048-0.jpg
 出来て間もないカマクラは入り口が少し見えていました。 追って有志らが整備するでしょう。

 s-TG3-20180206-111104-0.jpg
 遠くは少し霞んだ状態で山並み展望は全方位ダメでした。


 山頂で撮った雪(氷)の結晶をご覧ください。
 s-TG3-20180206-111307-0.jpg
 s-TG3-20180206-111238-0.jpg
 s-TG3-20180206-111220-0.jpg
 柱にこびりついた雪の結晶をマクロズームで撮ったものです。 結晶がなんとか判別出来るかと思います。


 お腹がへったのでアンパン食べながら、即下山にかかりました。
 下りはラクチン!新雪を吹き飛ばしながら軽快に飛ぶように降りてきました。\(^o^)/

 s-TG3-20180206-114024-0.jpg
 先程まっさらだった場所も、常連さんによって雪が払われ、ベンチが見えていました。
 愛好会の方々の奉仕活動です。 ありがたいことです。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

2月最初の山歩き  

 4日~5日と丸2日間、小降りながらも雪が降り続きました。
 昨日は朝と夕方二度の雪かきをして、山へ行けない分の運動をしました。^.^;
 雪は初日が細雪、二日目は普通の粉雪・・・2日も降った割に積雪は25cmほどでした。

 今日は雪もパラツイていますが、状況を見ながら山へ行ってみます。(ラッセル覚悟で)
 (道路が除雪前なら戻りますが・・・)


 今回は、週末に行った山の様子などをUPします。

 s-TG3-20180202-124851-0.jpg
 林道手前に車を置いて登山口まで歩き、入り口でフクロウ雪像に挨拶。

 s-TG3-20180202-130856-0.jpg
 三合目では雪ダルマに挨拶。 頭の髪飾りが変化していました。^_^;

 s-TG3-20180202-134533-0.jpg
 山頂近くでは風で張り付いた雪が氷となっていました。(樹氷)

 s-TG3-20180202-134939-0.jpg

 s-TG3-20180202-135023-0.jpg

 s-TG3-20180202-135224-0.jpg
 既に日差しで落ちてしまったところもありますが、青空バックで綺麗でしたよ。

 s-TG3-20180202-135246-0.jpg
 山頂です。 登山者はあまり多くなかったようです。

 例年、山頂直下に雪のカマクラを作る常連さんがいますが、今年は雪の量がイマイチです。
 そこで・・・吹き溜まりが出来やすい反対側に目を付けたようです。
 
 s-TG3-20180202-135416-0.jpg
 例年より大きめのカマクラが出来上がっていました。

 s-TG3-20180202-135517-0.jpg
 風雪が強い時の避難場所、休憩場所にも利用出来ます。 時々焼肉とかもやってます(笑) 4-5人で満杯ですが・・・

 下りはアチコチよそ見をしながら、ゆっくり下山します。

 s-TG3-20180202-140359-0.jpg
 s-TG3-20180202-140410-0.jpg
 キラキラ光る雪の変化や・・・

 s-TG3-20180202-140434-0.jpg
 s-TG3-20180202-140536-0.jpg
 s-TG3-20180202-134730-0.jpg
 刻々と変化する木の影を楽しんだり・・・


 s-Ca-20180202-140140-0.jpg
 s-Ca-20180202-140131-0.jpg
 連日見ているのですが、飽きがこないものですね。


 鳥の影が雪の上を横切りました。 アカゲラです。
 s-Ca-20180202-132634-0.jpg
 クルクルと木の周りを回りながら、試しにコンコンと突いていました。
 s-Ca-20180202-132616-0.jpg
 お尻を向けて失礼します! 少しの間、上がったり下がったりして、去っていきました。

 これから春に掛けては目撃が増えるはずです。

 こんな僅かな変化を楽しみながら、雪山を歩いています。


 ※山歩きの記録は終了直後のものを除き、 こちら にまとめてあります。


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

▲Page top