タイトル画像

春の雪解け氷解け

2017.04.28(08:11) 832

 予報ではこの先も一時的な雨があっても、気温は安定するようです。
 つまり、吹雪が来たりすることは、ないということです。(多分)
 (昨年は4月30日にドッサリ雪が積もりました)

 で..昨日ようやくタイヤ交換をしました。
 どっちでも走りに影響は無いのですが、このタイミングで冬垢も落とすわけです。
 車も磨いて気分良くしたところで、ザァーっと本降りの雨!!
 夕方、歯医者の予約があったので、やむなく雨の中を出掛けました。
 まぁ、そんなもんでしょう。(-_-;)


 さて、仁頃山は足早に春へ向かっているようです。

 s-TG3-20170426-121128-0.jpg
 ダム湖からの眺めですが、ほぼ解氷状態になったと言えます。

 s-TG3-20170426-120850-0.jpg
 真ん中あたりは少し残っていますが、1-2日で消えるでしょう。

 s-TG3-20170426-090856-0.jpg
 久々に東新道から登山を開始しましたが、ほとんど雪が消えています。

 s-TG3-20170426-093237-0.jpg
 管理車道五合目に合流する手前、最後の急斜面あたりには雪があります。

 s-TG3-20170426-095526-0.jpg
 そして五合目を過ぎるとまだまだ大量の雪が残っています。ザクザクで歩きにくいです。

 s-Ca-20170426-101952-0.jpg
 山頂は風邪も弱く、温度計に陽射しが当たっているので11度にもなっていました。

 山からの眺めは特に変わらず、トットと下山を開始します。

 雪解けが進み、ザクザク雪の下側は水が染み込んでいる状態。
 冬のブーツも一応防水ですが、2年目であり、しかも一日置きに使用するので
 撥水効果も薄れたようです。 少し水が染みているようです。

 s-TG3-20170426-110417-1.jpg
 これからは花が楽しみです。 小さな「ヒメイチゲ」が土手に咲いています。 細く小さくひ弱な花です。

 s-TG3-20170426-112246-0.jpg
 エゾノリュウキンカは「この場所では」3割ほどが開花したようです。

 s-Ca-20170426-112318-0.jpg
 僅かしかない水芭蕉も咲きました。


 s-TG3-20170426-112748-0.jpg
 これは湿地に成長している「チシマネコノメソウ」という小さな花です。

 s-TG3-20170426-112647-0.jpg
 緑色と黄色の変わった花です。

 管理車道を降りてから、林道沿いを歩くとチョウチョがヒラヒラ舞っています。

 s-Ca-20170426-114933-0.jpg
 クジャクチョウに似てますが『コヒオドシ』という春の蝶です。

 s-Ca-20170426-113619-0.jpg
 この蝶は羽がボロボロになったように見えますが、そうではありません。
 『シータテハ』という蝶です。 本来は夏によく見られるようですが林道で沢山飛んでいました。

 もうすぐ駐車場所へ、という頃に嬉しい出会いがありました。
 今年はほとんど見ていない鳥が突然現れたのです。

 s-Ca-20170426-115917-0.jpg
 樹木の下のほうから、キョロキョロしながら幹をチェックしているのは『クマゲラ』でした。

 s-Ca-20170426-120210-0.jpg
 くるくる幹を周りながら虫を探しているのでしょうか。 頭の模様から雌のようですね。

 最後に嬉しい出来事があり、1人ニヤニヤしながら帰宅したのです。。。(^_^;)


 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(26) | [EDIT]
タイトル画像

三歩進んで二歩下がる

2017.04.25(09:04) 829

 昨日の仁頃山は、前日の雪で少し白くなっていました。
 それでも、春の雪は陽射しですぐに溶けてしまいます。

 寒さが一段落した24日〈月)、管理車道より登山道を歩いてきました。 

 入ってまもなくの登山道脇にある湿地、先日もぎとられた「エゾノリュウキンカ」を見に。

 s-Ca-20170424-111807-0.jpg  s-Ca-20170424-112048-0.jpg (拡大可)
 こんな風に仁頃山愛好会員手作りの注意書きと、区分するヒモが張ってある湿地です。

 幸いにして、後から続々と成長するリュウキンカが採られた分を補っていました。

 s-TG3-20170424-112759-0.jpg

 s-TG3-20170424-112840-0.jpg
 この先、新たに採られなければ十分に鑑賞に耐えられる状態です。よかった。(^_^;)

 s-TG3-20170424-112555-0.jpg
 登山道周りでも春が進み、フキノトウに代わり、本物のフキも伸び始めました。
 10-20cm程度に伸びたフキも美味しいですよ。
 若いうちは湯がいたりする必要もなく、そのまま刻んで味噌汁の具にもなります。

 s-TG3-20170424-094817-0.jpg
 新たに降った雪で、すっかり地面が見えていた登山道の崖も雪化粧。
 新たに積もった分は、一日で消えてしまう程度です。

 s-TG3-20170424-102617-0.jpg
 山頂も穏やかで気温は4度ほど。 温度計にはまだ凍った水蒸気が付いています。

 s-TG3-20170424-103629-0.jpg
 山頂のすぐ下にある休憩場所、風よけのカマクラも役目を終えています。 カマクラ右端に何か見えます。

 その正体は?
 s-TG3-20170424-103543-0.jpg
 お地蔵さんのように見えたのは...ミニ雪だるまでした。真ん中の顔が消えていますが、可愛いですね。

 s-Ca-20170424-102719-0.jpg
 遠くは雲が掛かっていましたが、「武利岳」が頭を出しています。全部見えるよりカッコイイかもね。
 昨年は豪雨で林道が通行止めとなり断念しましたが、今年再チャレンジです。
 
 今日25日は急に気温も上り、20度までなるとか...本当に極端ですね。
 タイヤ交換も済ませようと思ってます。(^_^;)


 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村



野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(16) | [EDIT]
タイトル画像

4月も雪景色

2017.04.22(09:17) 826

 今朝起きた時は陽射しもありましたが、この後は雨か雪のお天気だとか。
 春を見つけて喜んでいるのに、水をさす(雪をさす?)ような状況です。
 花を撮って春だ、春だと前のめりになったのに、急ブレーキですね。

 最高気温は3度前後で明日も寒いとか・・・トホホ


 陽射しはあれど空気がヒンヤリした昨日(21日)、山へ行ったのですが・・・

 s-Ca-20170421-085225-0.jpg
 いつもの場所からダム湖と仁頃山を望みます。 空は青い!

 s-Ca-20170421-085202-0.jpg
 ん?? 山頂が白っぽいぞ? ズームしてみると...雪が降ったらしい。

 s-TG3-20170421-093629-0.jpg
 前日に街では雨でしたが、山はサラッと雪が降ったようです。(三合目付近)

 s-TG3-20170421-095444-0.jpg
 六合目手前の坂ですが、まだドッサリ雪が残っています。

 s-TG3-20170421-100247-0.jpg
 六合目過ぎたあたりで、昨日の雪の痕跡が木の枝に残っていました、樹氷ですね。

 s-TG3-20170421-100254-0.jpg
 4月20日過ぎて樹氷が見られるとは...陽射しと弱い風ですぐにも消えそうな樹氷です。

 s-Ca-20170421-100325-0.jpg
 七合目過ぎの尾根はケヤマハンノキが多く、茶色の花芽と雪の競演です。青空ならでの風景です。

 s-TG3-20170421-101024-0.jpg
 30分ほど遅く来て入れば見られなかったかもしれない景色です。

 s-Ca-20170421-101204-0.jpg
 春らしく雪解けのクマザサの緑も入った景色です。

 s-TG3-20170421-101624-0.jpg
 花はまだまだ先ですが、花園にも真っ白な花を添えてくれました。

 s-TG3-20170421-101650-0.jpg
 花園の後方へ回ってみました。

 s-TG3-20170421-101846-0.jpg
 実はこの場所からの眺めは初めてになります。夏は深い藪、冬は登山道から外れた深い雪です。
 今時期は溶けた雪が固くなって自在に歩ける場所になっています。 初めての場所にウキウキします。

 s-TG3-20170421-101917-0.jpg
 既にたくさんの樹氷が落ちたようで、雪原に痕跡を残していました。

 s-TG3-20170421-101941-0.jpg
 ここも今時期限定で歩ける場所です。 空も青いしルンルン気分でしたよ!

 s-TG3-20170421-102244-0.jpg
 今時期にこんな景色を見られるとは思っていなかったので、本当に嬉しかったです、しかも初めて踏み込んだ場所で。
 ダム湖から見えた白い景色は、これだったんですね。

 この後、まだ白い景色が続きますが、次回に持ち越しまーす。
 



 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村



野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(12) | [EDIT]
タイトル画像

更に一歩春へ

2017.04.19(09:08) 823

 昨日の大荒れ天気...結果論を言えば「予兆で収束」と言えます。
 雨は途中からみぞれに変わりましたが、風は弱い状態で推移しました。
 大したことなくて良かったです。(当地では)

 その前日に行った「仁頃山」の様子です。

 ※カエルの写真あります=嫌いな方は要注意

 s-TG3-20170417-123842-0.jpg
 まずまずのお天気でしたが、風が少し冷たい感じでした。


 s-K5-20170402-113347-0.jpg
 同じ位置で撮った4月初旬と今の様子。 雪解け水が増水しているのがわかります。
 s-TG3-20170417-125503-0.jpg


 s-K5-20170417-124735-0.jpg
 この小さな滝のゴォーっという音が、林道入口周辺に響いていました。

 少し林道を入ったところにある季節限定の水たまりに近づくと、凄い数と思われる「カエルの合唱」が聞こえてきます。l
  s-K5-20170417-125002-0.jpg
 多分百匹ほどいたはずです。手前から奥の方まで水面にポツポツと見えるのは全てエゾアカガエルです。

 s-K5-20170417-124931-0.jpg
 更に林道(車道)の上にも飛び回るカエルがたくさん見えました。 車にひかれるぞ!

 
 s-K5-20170417-131707-0.jpg
 登山道に入って間もなく現れたのはシマリスさん、チョロチョロ動き回りうまく撮れませんね。

 s-TG3-20170417-130630-0.jpg
 湿地にある『エゾノリュウキンカ』がようやく開花しました。 これから一気に花が開くはずです。

  s-TG3-20170417-131509-0.jpg
 たった一株だけ開花した『ヒメイチゲ』の可憐な花です。

 s-K5-20170417-134006-0.jpg
 五合目の看板の辺りから出てきたキタキツネくん、声を掛けましたが無視されてしまいました。急いでいたのかな。

 s-K5-20170417-141357-0.jpg
 雪が溶けてザクザクな登山道を進み、山頂に到着。 温度計は6度でした。


 s-K5-20170417-141716-0.jpg
 驚いたことに、オホーツク海沖合にまだ流氷の帯が停滞していました。

 s-K5-20170417-141414-0.jpg
 今年挑戦予定の「武利岳1,876m)」(右側)も見えています。雪深い山なので6月になってからかな?

 s-K5-20170417-135449-0.jpg
 昨年は6月末に登った「雌阿寒岳」、今年も行きますよ~!

 s-K5-20170417-140240-0.jpg
 過日、途中で撤退してきた知床半島付け根の「海別岳」も見えています。 山頂手前で戻って来た山・・・


 s-K5-20170417-142526-0.jpg
 下界を見れば、富里ダムの氷が変色しているのが、よくわかります。

 s-TG3-20170417-152139-0.jpg
 帰り際に湖畔に止まってパチリ! 湖岸は全てこんな感じですので、真ん中で大きな氷が浮いている状態ですね。

 一旦寒くなるので、次回の登山時で新たな花が見られるかどうか・・・
 お天気、早く回復し気温が上がることを期待しましょう!

 ★★夜遅くまで戻れませんので、今日はリコメ&訪問はできないかもしれません。


 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村



野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(14) | [EDIT]
タイトル画像

林道の雪解け

2017.04.16(09:00) 820

 昨日は20度、今日も予報は20度です。
 ちょっと極端な温度の乱高下です。

 「乱高下」と言えば、ブロ友さんへのコメントが「禁止用語」とかで、送信できませんでした。
 あれこれ文言を変えていて判明したのは「乱高下」だったようです。
 最近はFC2に限らず、この手の「禁止用語」があるようですね。

 厄介なのは、どの文言が該当するか提示がないことです。
 少し前に拒否されたコメントは、全部文言を入れ替えても頑なに拒否!
 そのブロガーさんへのコメントを諦めたこともあります。
 システムが拒否するのでしょうけど、どんな基準を設定しているやら・・・


 さて、過日の山歩きで下山してから林道沿いの様子などを。

 s-K5-20170414-112834-0.jpg
 分厚い雪で覆われた渓流も、雪解け水の勢いで全域で姿を現しました。

 s-K5-20170414-113308-0.jpg
 シャキッとして立っていた「オオウバユリ」の残骸も汚れた雪に倒れ、後は朽ち果てるのみ。

 s-K5-20170414-112955-0.jpg
 フキノトウの左側に出てきたのは、同じ地下茎でつながる「フキ」の若葉です。


 s-TG3-20170414-113937-1.jpg
 林道沿いの崖で新たに『エゾエンゴサク』を見つけました。葉の細いタイプで一時「ホソバエンゴサク」とも呼ばれていたものです。
 現在は単なる変種として扱われ、様々なタイプを「エゾエンゴサク」として扱います。

 s-K5-20170414-115240-0.jpg
 コレは一般的はエゾエンゴサクの葉のタイプです。 これから変わり種も出てきそうです。

 s-TG3-20170414-113914-0.jpg
 白~薄紫~紫、この色合が何とも言えませんね。

 
 雪解け水で出来た水たまりでは、野生の動きがみられました。

 s-K5-20170414-114830-0.jpg
 水たまりの浮き草も、水が無くなるまでの生命ですね。

 s-K5-20170414-114711-0.jpg
 そんな水たまりに「エゾアカガエル」が産卵したようです。毎年のことですが、これから何倍も増えてきます。

 s-K5-20170414-112341-0.jpg
 産卵した主がコレ...エゾアカガエルさんでした。 ※嫌いな方にはゴメンナサイ m(_ _)m・

 s-K5-20170414-115403-0.jpg
 すぐ近くの僅かな水たまりには『エゾサンショウウオ』の産卵です。 産卵主の姿はみつかりませんでした。
 ちょうど手のひらに乗るくらい(15cm前後)の大きさで、最近は山の湿地や川でしか見られません。

 
 s-K5-20170414-115122-0.jpg
 小川が流れ落ちる小さな滝も、これから更に水量が増してきます。
 後で気づいたら画像左下に人の頭が見えていますが、渓流釣りのオッサンでした。
 この辺では「よく釣れる」という話を聞いたことがないですね。

 s-K5-20170414-115600-0.jpg
 その源流が一旦流れ込むのは「富里ダム湖」です。 手前の方は解氷が進んでいます。

 山裾の春も静かに進んでいます。もうすぐコブシの花が咲くはずです・・・




 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村



野付牛・四季彩々(いろいろ)


山歩き:市内近郊 トラックバック(-) | コメント(14) | [EDIT]
山歩き:市内近郊
  1. 春の雪解け氷解け(04/28)
  2. 三歩進んで二歩下がる(04/25)
  3. 4月も雪景色(04/22)
  4. 更に一歩春へ(04/19)
  5. 林道の雪解け(04/16)
次のページ
次のページ