タイトル画像

食欲の秋

2016.10.12(15:04) 636

今日は曇りで一時雨、一時晴れ間...秋らしい変わりやすいお天気です。
 曇ったので冷え込みも弱く朝は4度で、日中の最高気温は10度です。

 今日、子供の頃によく遊んだ里山の林へ行ってきました。
 目的は、栗拾い!  栽培している栗ではなく、林にある栗の木です(3本のみ)。

 今年はすっかり忘れていたのですが、昨日になって「あっ栗はどうなった?」
 で、今日午前に出かけました。
 林には所有者があっても、栗の木は自然に生えたもので「栗の実」に所有権はありません。  
 誠に身勝手な言い訳ですが...(栗が取れるのを知っているのは自分の他に、多分1-2名かも)

 s-C20161012-090815-0.jpg
 けっこう大きな木です。 今にも落ちそうな栗の毬も見えています。
 途中まで登って揺すってみました...バラバラッと栗が落ちてきます。
 割れかかった栗の実を靴底でパカっと割れば、栗がニッコリ微笑みます! \(^o^)/

 s-C20161012-104910-0.jpg
 これが今日の収穫です。はて何キロあるやら...処理が大変なので、アチコチ知人に分けました。
 煮ても焼いても、栗ご飯にしても甘くて美味しい!
 田舎住まいの良いところ=大自然に感謝です。

 秋ですから、得意のキノコは勿論、果物・木の実・草の実etc,,, 食べ物は豊富です。
 先日は市内のりんご園にりんご狩りへ行ってきました。
 昔はたくさんのりんご園がありましたが、今では二箇所かと思います。
 採りたてりんごは甘酸っぱく美味しい! 調子に乗って少し多く採りすぎました (-_-;)

 
 話は変わって別な写真も一緒くたに掲載します。

 s-C20161008-150053-0.jpg
 家の近くで蕎麦に似た花が色づいた葉の中で咲いています。
 タデ科の「タニソバ」でした。 ミゾソバに似ていますがトゲがありません。

 s-C20161008-150123-0.jpg
 こうして葉が赤くなるのもタニソバの特徴ですね。


 s-A20161008-115752-0.jpg
 これは北見駅の前にある植え込みの写真です。花が咲いていますが...

 s-A20161008-115745-0.jpg
 見てのとおり『ツツジの花』です。 5月に咲く花ですが、今頃ねぼけて咲いたようです。

 先日も公園で同じようにツツジが開花しました。
 秋のお天気の気まぐれに、花もおつきあいしたのでしょうか・・・
 春と秋を両方楽しんじゃいました!


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

野付牛・四季彩々(いろいろ)


大自然の恵み トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

きのこ採り行事

2016.09.25(08:46) 620

昨日も今日も、好天に恵まれました。
 明後日までは天気も落ち着いているようですね。

 昨日は終日、音楽関係の行事があり打ち上げでお酒も入り久々の午前様・・・
 今日はきのこの会の行事(展示会)のお手伝いで夕方までかかります。
 これが終わると、アレコレ行事も一段落・・・(10月後半にまだありますが)

 出掛けられない日々なので、過日のキノコ採集会の様子など...

 「きのこの会」の行事として山へキノコ採りへ出かけました。
 とにかく何でも見つけ次第に採ってきます。
 それを広げてキノコの勉強会...

 s-O20160922-105537-0.jpg
 今回は家族連れも数組参加、40名近い人数になりました。

 s-O20160922-110750-0.jpg
 かなりの種類が集まりました。図鑑で確認したりして名前の特定を試みています。

 s-O20160922-113018-0.jpg
 ベテラン会員による説明も行われます。

 s-O20160922-110902-0.jpg
 「北海道の松茸」とも言われる「オオモミタケ」も採取されました。(真ん中の太いものと隣の小さなもの)

 s-O20160922-120416-0.jpg
 一段落してから、全員でのお弁当タイムです。これが一番楽しいのかも。。。

 これらを持ち帰り、展示会が開催されます。(9/23-25)


 最後に野付ウシが食用に採った「ボリボリ」のキノコを。
 s-O20160924-090529-0.jpg

 s-O20160924-090632-0.jpg
 これは味噌汁で食べるのが一番かと思います。

 

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


野付牛・四季彩々(いろいろ)


大自然の恵み トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

山歩きでのキノコ

2016.09.08(14:38) 603

今日のお天気も「グズグズな天気」です。
 曇り・・・の予報でしたが、霧雨が降ったり止んだりで夜からは本降りになるとか。

きのこの会行事で、明日&明後日に「キノコ採集」を予定しています。
 ところが明日は強い雨が降る予報になっているので、中止の公算も強そう。
 実は11日に「キノコ中毒予防展」を開催します。
 そこに展示するキノコを二日間で集める計画をしていました。
 明日が中止となれば、展示するキノコの数が不足するのは明白!

今朝早くに連絡があり、急遽今日有志数人で山へ出ることになりました。
 細かな雨がそぼ降る中で、少しでも展示用のキノコを確保しようと山中を徘徊・・・
 大した収穫はなかったのですが、少しは展示用の足しになったようです。

そんなこんなで、朝食後にバタバタと出掛け、戻ったのは14時でした。
 あらためてブログ更新に着手した次第です。(*_*)

で、写真は、と言うと過日の仁頃山登山で撮ったもので、モデルさんは「キノコ」です。
 興味のない方はごめんなさい。。。写真の対象としてオモシロイので撮っています。

 s-O20160907-091236-0.jpg
 既に登場したことのある『シロヒメホウキタケ』です。小さな塊から大きなサンゴ風なものまで多く見かけます。

 s-O20160907-トガリベニヤマタケ?-0
 傘も柄もヌルヌルして、正につかみ所がないキノコです。 多分『トガリベニヤマタケ』かと。

 s-O20160907-キララタケ?-0
 これなどはいかにも毒キノコですよね。よくみれば上に細かなキラキラした粉粒がついています。『キララタケ』かと。


 s-O20160907-093702-0.jpg
 倒木に生えていた小さなキノコです。こういった類はほぼ食べられませんが、写真素材としてオモシロイなと思います。
 s-O20160907-093741-0.jpg
 (名前不明;未確認)


 s-O20160907-104452-0.jpg
 このキノコ、実は仁頃山山頂にある休憩場所の椅子代わりの丸木に生えたものです。(右隣も)
s-O20160907-スエヒロタケ-0
 前回見た時は無かったので、新たに出現したものです。ちょっとオモシロイ様相ですね。
s-O20160907-104533-0.jpg
 上は細かな毛に覆われ、下は粗いシワ。調べてみたら『スエヒロタケ』のようです。(食不適)


 最後に綺麗というか不気味というか...エメラルドグリーンのキノコを。
 s-O20160907-ロクショウグサレキンモドキ-0
 そう多くはないですが、時々見つかるキノコです。腐った倒木に出るキノコで直径2-5mmの小さなものです。
 s-O20160907-094341-0.jpg
 名前を『ロクショウグサレキンモドキ』と言います。(ロクショウ=緑青) なんとも変わったキノコです。(食不適)
 
 はっきりしているだけで1,000種ほどもある北海道のキノコ。
 未確認のキノコ菌の方がまだ多いとも言われますので、興味も尽きません。

 山歩きで目に付く「オモシロきのこ」をこれからも撮ってみたいと思っています。

 最後にヒョッコリ顔をだした小狐クンの写真です。まだ若いように見えました。
 s-O20160908-114359-0.jpg

 そんなわけで、明日も終日雨の予定で、また外出できない可能性大!
 もういい加減に晴れて欲しい!

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村



野付牛・四季彩々(いろいろ)


大自然の恵み トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

実りの季節へ

2016.09.02(13:41) 597

9月になりましたが、蒸し暑い日が続いていますね。

 昨日のこと、故郷の山(と言っても林ですが)を歩きまわってきました。
 実りの季節を迎え、木の上や地面の上が気になります。
 ちょっとして林の中でも木の実や草の実、キノコなどが見つかります。

 s-A20160901-093148-0.jpg
 『タマゴタケ』が顔を出して、膜を破り広がるところです。 成長している段階です。(食べられます)
 s-A20160901-091946-0.jpg


 s-A20160901-092031-0.jpg
 傘が開く前の『アカヤマドリ』です。傘が開くとこんな感じにデカくなります。
 s-A20160901-091629-0.jpg
 和製ポルチーニと言われるキノコの種類です。パスタなどの洋風料理によく合います。


 s-A20160901-092221-0.jpg
 思いがけずに出会った舞茸の仲間 『ハナビラタケ』 です。横が約25cmですので特に大きな方ではありません。
 (あと半日も放っておけば虫がたくさん入ります) 歯ごたえも良くてとても美味しいキノコですよ \(^o^)/

 s-O20160831-100236-0.jpg
 古い倒木の割れ目の奥にあった小さなキノコです。食用になりませんが写真の素材として面白いですね。

 s-O20160831-093514-0.jpg
 どこでも見かける赤いキノコです。多分『ドクベニタケ』です。似た色で食べられるものもありますが、見てるだけにしましょう。


 s-P20160831-シロヒメホウキタケ-0
 色違いのようですが別物です。『シロヒメホウキタケ』、『チャホウキタケモドキ』です。
 s-P20160831-チャホウキダケモドキ-0
 こんな形ですが「食べられるキノコ」なんです。(実際に食べる人は稀でしょう)

 s-P20160831-シロソウメンタケ-0
 上のキノコの親戚みたいで、まるでモヤシみたいな『シロソウメンタケ』です。これも食べられます。

 s-P20160831-094804-0.jpg
 傘の縁が特徴的ですが名前も未確認です。(わからないものには手を出さない)

 s-P20160831-ウスタケ-0
 これは『ウスタケ』でしょうか。(食べられません)

 キノコは北海道だけでも1,000種近くあると言われます。
 (野付ウシの図鑑には800種収録しています)
 その中で普通に食べられているキノコはほんの僅かです。
 自分の好きなもの、間違いなく食用になるものだけを採りましょう。

 野山では木の実、草の実も色づいてきました。
 s-P20160831-092740-0.jpg
 s-P20160831-111639-0.jpg
 これから赤や黒の実が増えてきますね。
 又の機会に紹介していきます。


 ※山歩きの記録は こちら にまとめてあります。

ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村



野付牛・四季彩々(いろいろ)


大自然の恵み トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

キノコのシーズン

2016.08.29(10:22) 593

いきなり気温が下がって、少し驚きましたが本来はそういう時期なのですね。
 野付ウシ地方は「お盆過ぎたら秋」が当たり前でしたから。
 未だに猛暑が続く地域の方にすれば、何とも羨ましいでしょうね。
 何と言っても最高気温が18度ですから・・・(昨日)

 今日は曇りのち雨...の予報ですが、起きた時から霧雨でした。(*_*)
 明日、明後日とも雨がちの天気らしく、8月のイメージは『蒸し暑く雨が多かった』です。
 北海道のカラッとした暑さはどこへ?

 さて、雨が降り涼しい空気が入ると喜ぶのはキノコでしょう(多分)。
 食べられないキノコの方が断然多いのですが、暫くはキノコの話題も増えそうです。
 (興味のない方はすっ飛ばして下さい)
 過日の登山時の様子を一部掲載します。

 s-C20160827-091842-0.jpg
 ゴロンと大きなキノコも良いですが、個人的にはこんな密集したキノコの姿も好きです。
 
 s-C20160827-ツエタケ?-0
 スーッと伸びた姿が気に入りました。たぶん『ツエタケ』というキノコでしょう。(一応食べられます)


 s-O20160827-111018-0.jpg
 倒木に高さ1cmくらいの黄色のツノのようなものが並んでいました。『ツノマタタケ』かと思います。(食不適)
 s-O20160827-111059-0.jpg


 s-O20160827-091814-0.jpg
 名前は不明です。大きさは1cm足らずで出たばかりかも。 (上の白い部分はカビの一種かと)
 s-O20160827-091918-0.jpg
 拡大して見ると、けっこう綺麗なキノコでした。


 s-O20160827-チチタケ-0
 これは食べられるキノコで『チチタケ』です。コスったりして傷つくと粘性の白い液が出ます。ちょっと不気味?

 s-O20160827-110327-0.jpg
 ボタンのようなキノコは直径2cmくらいでした。『フクロツチガキ』で食べられません。

 s-O20160827-090128-0.jpg
 『シロヒメホウキタケ』というキノコですが、純白の綺麗なもので草地にも生えます。


 最後は仁頃山山頂近くに群生する『ホザキナナカマド』の花の終わった後に姿を。
 s-O0160827-ホザキナナカマド-0
 この状態でも花に見えてしまいそうな雰囲気です。
 s-O20160827-103003-0.jpg
 実際は花が終わった後の種になる時の色です。

 s-s-O20160726-ホザキナナカマドc-0 ※これがホザキナナカマドの花姿

山の紅葉が終わるまでキノコも楽しもうと思います。
写真の被写体としても魅力的だと思いませんか?
食べる食べないは別にして、自然界で重要な役割を担うキノコ菌のユニークな姿です。
(キノコ菌が無ければ森も形成されなくなります)


ご覧いただきありがとうございます。m(_ _)m
 応援ポチッとお願い!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村



野付牛・四季彩々(いろいろ)


大自然の恵み トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
大自然の恵み
  1. 食欲の秋(10/12)
  2. きのこ採り行事(09/25)
  3. 山歩きでのキノコ(09/08)
  4. 実りの季節へ(09/02)
  5. キノコのシーズン(08/29)
次のページ
次のページ